良質な肉原材料が全体の85%も占めているプレミアムフード「アートゥー(AATU)」。

今回は、アートゥーキャットフードを愛猫に食べさせている方々の口コミ・評判を104件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、「85/15 チキン」の原材料と成分をもとにして総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

アートゥーキャットフードの悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきが悪い 10件
価格が高い 2件
下痢気味になった 1件

通販サイトとSNSでアートゥーキャットフードの口コミを調査してみたところ、「食いつきが悪い」、「価格が高い」、「下痢気味になった」といった内容の悪評が見つかりました。

順番に見ていきましょう。

食いつきが悪い

悪い口コミで一番多かったのは、食いつきの悪さを指摘する悪評でした。

食いつきのよさを評価する口コミに比べれば遥かに少ないですが、どんな猫でも絶対に食いつきのいいフードはないというのも事実です。

ただ、アートゥーは【チキン・サーモン・ダック】といった3種類のドライフードを販売しており、愛猫の食の好みに合わせて選びやすいのは強みと言えます。

価格が高い

次に多かったのは、「アートゥーは価格が高い」という内容の悪評です。

良質な肉原材料がたっぷりと使われたグレインフリーフードというだけあって、アートゥーの価格は100gあたり約330円と安くはありません。

いくら品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、現実的に継続できる価格かどうかということまで考えて購入することをおすすめします。

下痢気味になった

そのほかには、「下痢気味になった」という悪評も。

アートゥーは猫の食物アレルギーの原因になりにくい原材料が使われたグレインフリーフードですが、餌を急に切り替えると消化の負担になって一時的に下痢をする可能性があります。

また、猫の食物アレルギーと聞くと穀物だけを連想しがちですが、実際には特定の肉原材料にアレルギーのある猫も少なくありません。

その場合、肉原材料が鶏肉だけのフードがダメなら次は魚肉だけに限定されているフードを、それでもダメなら牛肉だけに限定されているフードを・・・といったように、地道にアレルギーの原因を特定していくことになります。

▼最安値をチェックする
公式・楽天・Amazonでアートゥーの最安値を調査

アートゥーキャットフードの良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 67件
原材料に安心感がある 14件
成分バランスがいい 3件
吐く回数が減った 3件
便の状態が良くなった 3件
目やにが気にならなくなった 1件

良い口コミに関しては、上記のような内容の評判が見つかりました!

食いつきがいい

今回調査した104件の口コミの6割以上を占めていたのは、食いつきのよさを評価する口コミでした。

一般的には人工の香料や調味料で風味を整えたフードの方が食いつきがいい傾向があるものの、それらの人工添加物を一切使っていないアートゥーの食いつきのよさがここまで評価されているのは、たっぷりと使われた肉原材料そのものの香りで嗜好性が高められている証拠と言えますね。

アートゥーのドライフードからは200gお試しサイズも販売されているので、もし愛猫が食べてくれるかどうか心配な場合は200gサイズから試してみるといいでしょう。

原材料に安心感がある

次に多かったのは、「原材料に安心感がある」といった内容の評判です。

市販の激安品や一部のプレミアムフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、アートゥーは安全性を優先して猫の体に負担を与える人工添加物を使っていません。

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫目線で考えれば着色料を使ってまでフードに色味を付ける意味はないです。

人工の酸化防止剤は天然由来のものより効果が強力というメリットがあるものの、着色料で色味を付けるのは飼い主の気を引くための戦略なので、安全性を優先するならアートゥーのように余計な人工添加物が使われていないフードをおすすめします。

成分バランスがいい

そのほかには、「成分バランスがいい」という評判も見られました。

アートゥーのキャットフードには肉食動物の猫が健康な体を維持する上で重要な動物性タンパク質が豊富に含まれており、下部尿路の健康維持に配慮してミネラルバランスもしっかりと調整されています。

また、皮膚・被毛の健康維持をサポートするオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスも悪くないですし、繊維質も適度に含まれているため、メインクーンやラグドールといった長毛種にもバッチリ対応できますよ。

吐く回数が減った

「アートゥーに切り替えたら吐く回数が減った」、という評判もあり。

アートゥーは猫の食物アレルギーの原因になりやすい穀物が一切含まれていないグレインフリーフードなので、穀物が使われているフードから切り替えただけで飼い主にも分かるくらい吐き戻しが減る可能性はあります。

また、繊維質が適度に含まれたアートゥーは、便秘気味の愛猫の毎日のスッキリをサポートしたいという場合にもおすすめできます。

便の状態が良くなった

便の状態が良くなる理由として考えられるのも、吐き戻しが減る理由と同じです。

穀物が含まれているフードはアレルギーの原因になりやすいですし、肉食動物の猫は穀物に含まれてる炭水化物の消化吸収が苦手という問題もあります。

そのため、もし愛猫が下痢や嘔吐といった消化吸収に悩まされているなら、アートゥーのようなグレインフリーフードをお試ししてみる価値はあるでしょう。

目やにが気にならなくなった

目やにが気にならなくなる理由として考えられるのも食物アレルギーです。

食物アレルギーは下痢や嘔吐といった消化不良だけでなく、猫によっては皮膚炎や涙やけを起こすこともあります。

ただ、餌の急な切り替えは体調不良の原因を特定しづらくなってしまうので、1週間から10日ほどかけてゆっくりと新しいフードに慣れさせて、できれば2~3ヶ月は継続してみることをおすすめします。

アートゥーのお試しサンプルの配布・販売状況

残念ながら、アートゥーキャットフードのお試しサンプルの配布・販売は行われていません。

ただ、お試しサイズの200gが販売されているため、食に敏感な愛猫が気に入ってくれるかどうか不安な場合はいきなり1kg以上のサイズは買わず、200gサイズで様子を見てみるといいでしょう。

その代わり、200gサイズは大袋に比べてグラムあたりの価格が高いので、特に好き嫌いのない愛猫に与える場合やリピートする場合には1ヶ月前後で食べ切れるくらいのサイズを選んだ方がお得です。

▼最安値をチェックする
公式・楽天・Amazonでアートゥーの最安値を調査

アートゥー(AATU)キャットフードの種類

アートゥー(AATU)キャットフードからは現在、3種類のドライフードと5種類のウェットフードが販売されています。

ドライフード

  • 85/15 チキン
  • 85/15 サーモン
  • 85/15 ダック

アートゥーのドライキャットフードは上記の通りで、全ての商品が全年齢・全猫種対応の総合栄養食です。

基本的には愛猫の食の好みに合わせて選べば大丈夫ですが、「85/15 ダック」は100gあたりのカロリーが約434kcalと高カロリーなので、食欲旺盛で明らかに肥満気味の愛猫に与えるのはおすすめしません。

「85/15 チキン」と「85/15 サーモン」に関しては、どちらも100gあたりのカロリーは約370kcalとなっています。

ウェットフード

  • サーモン チキン&エビ
  • ダック&チキン・レバー
  • チキン&キジ
  • ターキー&グース
  • チキン&ウズラ

アートゥーのウェットフードは上記の5種類です。

ウェットフードも全年齢・全猫種対応の総合栄養食ですし、ドライフードと違ってカロリーの差はほとんどありません。

アートゥーキャットフードの原材料の評価

原材料一覧
85% 鶏肉(44% 鶏生肉(骨抜き)、41% 乾燥チキン)、サツマイモ、ヒヨコマメ、サーモンオイル、エンドウ、ルーサン、タピオカ、リンゴ、クランベリー、ナシ、ブルーベリー、マルベリー、オレンジ、ビルベリー、コケモモ、ニンジン、トマト、チコリ、ペパーミント、パセリ、シナモン、マリゴールド、セイヨウイラクサ、カモミール、ローズヒップ、ユッカ、スピルリナ、海藻、アニス果、フェヌグリーク、オレガノ、セージ、マジョラム、タイム、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

ここからは、アートゥーキャットフード(85/15 チキン)の原材料を徹底評価していきます!

安全性に配慮されたグレインフリーフード

危険性のある人工添加物が使われていないこと、人間も食べられる品質の原材料が使われていること、穀物が一切使われていないグレインフリーフードという3つの要素を満たしたアートゥーキャットフード。

グレインフリーフードの中には穀物の代わりにイモ類や豆類でかさ増ししている商品もありますが、アートゥーのドライフードは肉原材料の割合が全体の85%も占めています。

それだけでなく、肉原材料の種類も限定されているため、特定の肉原材料にアレルギーのある猫にも対応しやすいです。

 

また、毛玉の排出や毎日のスッキリをサポートするために野菜・フルーツを配合して、繊維質を補っている点も見逃せません。

ちなみに、商品名の”85/15″というのは肉原材料と野菜・フルーツの割合を指しているんですよ。

アートゥーキャットフードの成分の特徴

成分表
粗タンパク質 34.0%
粗脂質 18.0%
粗灰分 8.5%
粗繊維 3.5%
水分 8.0%
オメガ6脂肪酸 3.9%
オメガ3脂肪酸 1.2%
カルシウム 1.44%
リン 0.85%
ナトリウム 0.24%
マグネシウム 0.08%
カロリー
(100gあたり)
370kcal

原材料の次は、アートゥーキャットフードの成分を評価していきます!

マグネシウムとリンの含有量はかなり控えめ

アートゥーキャットフードの成分表に目を通してみると、マグネシウム含有量は0.08%リン含有量は0.85%とかなり控えめになっています。

尿路結石ができにくいミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」と考えられていますが、アートゥーの3つのミネラルバランスは「1:0.6:0.06」となっており、しっかりと下部尿路の健康維持に配慮されていることが分かりますね。

また、ナトリウム含有量も0.24%と、総合栄養食のドライフードの中ではかなり控えめです。

運動量が少ない室内飼い猫向けの成分バランス

「85/15 チキン」のタンパク質は34.0%、脂質は18.0%、100gあたりのカロリーは約370kcalと、適度に適度にタンパク質と脂質が含まれていてカロリーも平均的です。

運動量が少ない室内飼いの猫にはぴったりの成分バランスと言えますし、歳を取って消費カロリーが減った老猫にも問題なく与えられます。

アートゥーは高カロリーな「85/15 ダック」も販売しているので、まだたくさんの量を食べられない子猫や食が細い猫にはダックを選ぶといいでしょう。

▼最安値をチェックする
公式・楽天・Amazonでアートゥーの最安値を調査

子猫・成猫・老猫の給与量

体重 給餌量
2~3kg 35~45g
4~5kg 50~60g
6~7kg 65~75g

アートゥーキャットフード(85/15 チキン)のパッケージに書かれている給与量は上記の通りです。

ただ、実際には猫の体質や運動量によって給餌量に差が出るので、こまめに体重の増減をチェックして給餌量を調整するようにしてください。

老猫や運動量が少ない成猫の給与量に関しては、上記の表から1~2割くらい減らした量を目安にするといいでしょう。

また、子猫の給餌量に関してはそれほど神経質にならず、生後半年くらいまでの間は欲しがるだけ食べさせてあげれば大丈夫です。

アートゥー(AATU)キャットフードの総合評価

項目 得点
原材料 ★★★★★
成分 ★★★★★
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★★★
コスパ ★☆☆☆☆
総合評価 ★★★★☆
(4.2点)

アートゥー(AATU)は穀物と危険性のある人工添加物不使用、人間でも食べられる品質の原材料を使用と3拍子揃ったキャットフードということで、原材料と安全性の評価は文句なしの満点です。

また、運動量が控えめな室内飼い猫向けの成分バランス(チキンとサーモン)ということと、下部尿路の健康維持に配慮してミネラルバランスもしっかりと調整されていることを踏まえて成分の評価も満点に!

そして、食いつきの評価に関しても調査した口コミの比率を参考にして満点としています。

ただ、コスパの評価だけは100gあたり約330円という価格を踏まえて1点としました。

公式・楽天・Amazonでアートゥーの最安値を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
200g 830円
1kg 3,300円
3kg 6,500円

正規輸入代理店のネイチャーリンクスが運営している通販サイトと楽天市場、Amazonでアートゥーの「85/15 チキン」の販売価格を調査してみたところ、どこも同じ価格で販売されていました!
(※アートゥー公式サイトはこちら⇒AATU-フレッシュミート主原料のグレインフリーフード

アートゥーは通販以外では手に入りにくいプレミアムフードなので、ペットショップやホームセンターを何件も探し回るより販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがおすすめです。

販売価格はどこも変わらないと言っても、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店が多いですしね。

 

原材料の品質と安全性、成分バランスのどれを取っても文句のつけようがないアートゥー。

価格が高いというのが最大のネックになりますが、愛猫の体に配慮して高品質なフードを与えたいと考えているならお試ししてみる価値はありますよ。

Amazonで見る

楽天市場で見る