アカナキャットフードと猫

アカナキャットフードの口コミ・評判を徹底検証!

健康志向の愛猫家を中心に評判の良いアカナですが、口コミを見れば市販のキャットフードとの違いがよく分かるはずです。

また、全4種類あるアカナキャットフードの違いもあわせて解説しているので、アカナの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

アカナのキャットフードの特徴

アカナキャットフードは肉食動物である猫本来の食性を考慮し、穀物を一切使わず肉類が贅沢に使われたプレミアムキャットフードです。

肉原材料の割合は実に75%となっており、もちろん猫の身体に負担をかける人工酸化防止剤や香料、着色料といった人工添加物も使われていません。

また、世に出回っているグレインフリー(穀物不使用)フードの中には炭水化物が多い食品を使ってコストを抑えている商品も少なくありませんが、アカナは原材料を厳選して炭水化物量を30%まで制限しているのも特徴です。

 

  • 良質な肉原材料が贅沢に使われたフードを与えたい
  • 高タンパクかつ低炭水化物なフードを与えたい
  • 安心して愛猫に与えられる原材料が使われたフードを探している

 

あなたがこのように考えているなら、アカナの購入をじっくりと検討してみても決して損はしないでしょう。

【日本の正規販売業者】
▼アカナファミリージャパン▼

公式サイト

アカナキャットフードの口コミ・評判

それでは早速、アカナキャットフードの口コミをチェックしていきましょう!

まずはSNSで口コミを調査してみたところ、食いつきがいいという評判が多かったです。

そのほか、楽天市場で販売されているワイルドプレイリーキャットの口コミ、評判もまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください!
(※115件の口コミを参照)

良い口コミ

口コミ内容 件数
食いつきがいい 47件
安心できる原材料 25件
毛並み・毛艶が良くなった 9件
便の状態が良くなった 8件
吐き戻しが減った 5件

食いつきがいい(47件)

やはり一番多かった良い口コミは、「食いつきがいい」という口コミです。

アカナは肉原材料が違う4種類のレシピが販売されているため、愛猫の好みに合わせて切り替えられるのもいいですね♪

安心できる原材料(25件)

次に目立った評判は、「安心できる原材料」といった内容。

おそらくアカナに切り替えた方のほとんどが、原材料の安全性や栄養バランスを重視しているのではないでしょうか?

食いつきだけにこだわるのなら、市販の低価格帯のキャットフードで十分ですからね。

毛並み・毛艶が良くなった(9件)

中には毛並み・毛艶が良くなったという口コミも。

この理由としては、アカナのオメガ3脂肪酸含有量の高さが世界的に見てもトップクラスだからでしょう。

皮膚・被毛の健康維持にはオメガ3・オメガ6脂肪酸をバランス良く摂り入れることが大切で、この条件を満たしたアカナは長毛種の猫にも安心して与えられます(^^)

便の状態が良くなった(8件)

穀物メインのキャットフードからアカナに切り替えたところ、便の状態が良くなったという口コミも見られました!

肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手なので、過剰に穀物が含まれたキャットフードは下痢・嘔吐といった消化不良の原因になります。

また、小麦アレルギーの猫も多いことから、愛猫家の間では小麦グルテンフリー・グレインフリーのキャットフードが主流になりつつあるんですよ。

吐き戻しが減った(5件)

吐き戻しが減ったという口コミの理由も、それ以前のフードに含まれていた原材料が原因で消化不良を起こしていた可能性が高いです。

現時点で愛猫に穀物主体のキャットフードを食べさせていて下痢、嘔吐といった消化不良に悩まされているなら、アカナキャットフードを試してみる価値はあります。

悪い口コミ

口コミ内容 件数
食いつきが悪い 15件
粒の形が食べづらそう 3件
価格が高い 3件

食いつきが悪い(15件)

食いつきがいいという評判が目立った反面、食いつきが悪いという悪評もあり。

アカナは香料や調味料、動物性油脂を使って粒をコーティングしておらず、新鮮な原材料そのものの香りで嗜好性が高められています。

とは言え、一般的には人工的に味が整えられたフードの方が食いつきがいい傾向にあるため、そういったフードを食べ慣れている猫はアカナを食べない可能性もあるのも事実です。

粒の形が食べづらそう(3件)

粒が大きい、平べったくて食べづらそうという悪評も見られました。

これは子猫に食べさせている私自身が感じたことでもありますが、固形物を食べ始めた子猫や顎の力が弱ってきたシニア猫には確かに食べづらい形だと思います。

フードの切り替えが完了した頃には上手に食べれるようになりましたが、もし気になるのなら粒を砕いたりふやかして食べさせるといった工夫が必要です。

価格が高い(3件)

アカナのようなプレミアムフードでは定番ですが、価格が高いという悪評も。

特にアカナは良質な肉原材料をたっぷりと使い、炭水化物量を制限している高タンパク低炭水化物のフードなので、プレミアムフードの中でも高額な部類に入ります。

いくら品質のいいフードを食べさせたいからといって継続できなければ意味がないので、金銭的に継続できる価格かどうかというのが購入のポイントになってくるでしょう。

【日本の正規販売業者】
▼アカナファミリージャパン▼

公式サイト

愛猫にアカナを食べさせてみた

我が家のレイちゃんも生後4ヶ月まで育ち、固形物も食べ慣れてきたのでアカナに切り替えてみました!

それまでは鶏肉ベースのドライフードを与えていたので、“ワイルドプレイリーキャット”を試してみることに。

公式サイトで注文すると、3日ほどで届きました。

アカナキャットフード(表面)

アカナはカナダから輸入していることもあり、袋には英語で説明が書かれています。

アカナキャットフード(裏面)

ただ、正規品には正規品ラベルが貼られており、日本語で原材料と成分、1日あたりの給餌量といった説明が書かれているので安心です(^^)

アカナキャットフード(正規品ラベル)

袋を開けた瞬間の率直な感想は、金魚の餌のような香り(笑)

ワイルドプレイリーキャットは鶏肉ベースのドライフードではあるものの、2種類の魚肉も使っているためか鶏よりも魚の香りの方が強いです。

 

とは言え、動物性油脂でオイルコーティングしてあるドライフードとは違って、思わず「うっ」と感じてしまうようなキツい匂いではありません。

ノンオイルコーティングのアカナの粒はベタつきがなく、フードボウルを洗うのもお手軽です♪

愛猫のレイちゃんがアカナを食べている動画も撮影してみたので、食いつきの参考にしてみてください。

アカナの粒の大きさにはバラつきがあり、平均すると約8~9mmくらいです。

アカナキャットフード(粒の大きさ)

粒の大きさに加えて、形が平べったいこともあってか生後4ヶ月のレイちゃんは最初は食べづらそうにしていましたが、10日ほどかけてフードを切り替え終わった頃には上手に食べれるようになりました(^^)

アカナキャットフードの種類と違い

現在、アカナキャットフードは「ワイルドプレイリーキャット」、「パシフィカキャット」、「グラスランドキャット」、「ランチランドキャット」といった4種類のレシピが製造されています。

このうち、ランチランドキャットは日本の正規輸入元であるアカナファミリージャパンは取り扱っていませんが、せっかくなのでランチランドキャットを含めた4種類の違いを説明しますね。

 

と言っても、アカナキャットフードは種類によって成分バランスが変えられているわけではありません。

ラインナップ別の明確な違いは肉原材料の種類くらいなので、愛猫の好みに合わせて選んであげるだけで大丈夫です。

それぞれのレシピに使われている肉原材料を抜き出してみたので、参考にしてみてください。

ワイルドプレイリーキャット

  • 鶏肉
  • 七面鳥肉
  • 全卵
  • ウォールアイ
  • マス

パシフィカキャット

  • ニシン
  • イワシ
  • アブラガレイ
  • シルバーヘイク
  • レッドストライプ・ロックフィッシュ

グラスランドキャット

  • ラム肉
  • 鴨肉
  • ノーザンパイク
  • 七面鳥肉

ランチランドキャット

  • アンガスビーフ
  • ラム肉
  • ヨークシャーポーク
  • バイソン肉
  • ウォールアイ

ウォールアイ、シルバーヘイク、ノーザンパイクといった原材料は聞いたことがないかもしれませんが、これらの原材料は全て魚です。

愛猫が鶏肉好きならワイルドプレイリーキャット、魚好きならパシフィカキャットを選んでおけば気に入ってくれる確率は高いでしょう。

【日本の正規販売業者】
▼アカナファミリージャパン▼

公式サイト

原材料・成分をもとにアカナを徹底評価!

アカナキャットフードと猫2

アカナキャットフードの原材料と成分の詳細はこちら!

アカナキャットフードの原材料

アカナキャットフードの成分
これらの原材料と成分をもとにしながら、アカナキャットフードを徹底評価していきます!!

肉原材料を贅沢に使ったグレインフリーフード

アカナキャットフードは、猫がほとんど消化できない穀物が一切使われていないグレインフリーフードです。

穀物を使っていない分だけ肉原材料の割合が75%と多く、そのうちの半分が新鮮肉、もしくは生肉となっています。

肉原材料を贅沢に使ったアカナキャットフードは、肉食動物の猫本来の食性を忠実に再現したプレミアムフードと言えますね(^^)

猫の身体に負担をかける人工添加物を使っていない

市販のキャットフードやプレミアムフードの一部には発がん性のある人工の酸化防止剤が使われている商品もありますが、アカナは猫の身体に配慮して天然の成分で酸化を防いでいます。

また、食いつきを良くするために粒をオイルコーティングしたり、香料や調味料を使って味を整えているフードも少なくありませんが、新鮮な原材料をたっぷりと使っているアカナは自然な香りで嗜好性が高められているんですよ。

成長期の子猫に最適な高カロリーフード

アカナキャットフードの100gあたりのカロリーは402~410kcalと高く、1度にたくさんの量を食べられない子猫でも効率よく栄養を摂り入れることができます。

また、グレインフリーフードの中には穀物を使わない代わりに炭水化物を多く含んだ食品でコストを抑えている商品もありますが、アカナは原材料を厳選して炭水化物含有量を30%まで制限しています。

炭水化物が多いフードはすぐに体内脂肪になってしまうのに対して、低炭水化物かつ高タンパク質のアカナは引き締まった身体を作るサポートをしてくれます。

ダイエット中の猫は食べすぎに注意

いくら低炭水化物のキャットフードと言っても、食べ過ぎれば肥満に繋がってしまいます。

ただでさえアカナは一般的な総合栄養食よりも高カロリーなので、ダイエットが必要な猫向けに作られているような低カロリーフードと同じ量を食べさせるのはいけません。

もし愛猫の給餌量を調整する自信がないなら切り替えるのは避けるか、愛猫にも分からないくらいのペースで餌を切り替えましょう。

前の餌より食いつきが悪くなる可能性も

先ほども説明した通り、アカナは香料を使ったりオイルコーティングをして香りが整えられていません。

一般的には人工添加物を使って香りが整えられたフードの方が食いつきがいい傾向があるので、愛猫がそういったフードを食べ慣れている場合はアカナに切り替えると食いつきが悪くなる可能性はあります。

5種類の肉が使われている

アカナキャットフードはどのレシピも5種類の肉が使われています。

そのため、愛猫が何かしらの肉類にアレルギーを持っている場合は、アカナに切り替えると下痢や嘔吐、皮膚炎を起こす可能性があります。

ただ、原材料自体は人間でも食べられる高品質なものが使われていますし、今までに特に食物アレルギーの心配がないなら安心して食べさせられるキャットフードですよ♪

【日本の正規販売業者】
▼アカナファミリージャパン▼

公式サイト

アカナキャットフードの基本情報

アカナキャットフードと猫3

商品名 アカナキャットフード
第一原材料 肉類
(レシピにより異なる)
穀物 不使用
人工添加物 不使用
内容量 340g/1.8kg/5.4kg
賞味期限 開封前:製造日から1年3ヶ月
開封後:約1ヶ月
原産国 カナダ
販売業者 アカナファミリージャパン
問い合わせ先
電話番号
0120-44-0923

1日の給餌量の目安

アカナキャットフードは全年齢対応の総合栄養食ですが、猫のステージ(年齢)や体重に応じて給餌量の調整は必要です。

また、子猫やシニア猫は1度に食べられる量が少ないので、成猫よりも食餌の回数を増やして少しずつ食べられるようにするのがいいでしょう。

ステージや体重別の詳しい給餌量については、こちらの記事を参考にしてみてください。

アカナキャットフードの子猫・成猫・シニア猫の給餌量

開封前・開封後の賞味期限

開封前の賞味期限は製造日から約1年3ヶ月と日持ちします。

ただ、アカナキャットフードは人工の酸化防止剤を使っていないため、開封後に関しては直射日光、高温多湿を避けて1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

1ヶ月経ったら食べられないということはないですが、時間が経つにつれて香りが薄れて食いつきが落ちる原因になります。

○○ミールは副産物?

もしかすると原材料に○○ミールと書かれているのを見て、栄養価がほとんどなく人間用の食肉として流通しない副産物を連想する方もいるかもしれません。

しかし先ほども説明したように、アカナに使われているのは全て人間も食べられる高品質な原材料です。

ミールというのは”粉末状に砕いた”という本来の意味なので、副産物の心配しなくても大丈夫ですよ(^^)

レシピ別の塩分相当量

キャットフードを切り替えるにあたって塩分相当量が気になる方は多いと思うので、ナトリウム含有量をもとにして計算してみました。

種類 塩分相当量
(100gあたり)
ワイルドプレイリー 1.06g
パシフィカ 1.27g
グラスランド 1.02g
ランチランド 0.91g

一般的な総合栄養食のドライキャットフードの塩分相当量は0.8~1.3gくらいなので、アカナの塩分相当量は至って平均的と言えますね。

マグネシウム量とpH値

アカナキャットフードは動物性原材料がたっぷりと使われているため、マグネシウム含有量は0.10%と控えめです。

このことからpH値は5.5と弱酸性で、ストルバイト結石ができにくい健康的な尿pHの維持をサポートしてくれます。

腎臓病の猫も食べられる?

腎臓病(腎不全)の猫は進行を抑えるためにタンパク質、リンの量を制限しなければならないので、ご自身だけの判断でアカナを食べさせるのはおすすめしません。

療法食の食いつきが悪くて他のキャットフードへの切り替えを検討しているなどの事情がある場合には、必ずかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

リコール情報

アカナキャットフードは今までにリコールされたことはないです。

過去に中国産の原材料が使われたキャットフードが一斉リコールされたことがありますが、アカナの原材料は全てカナダで生産されたものなので、この時のリコールとは関係ありません。

2017年の春にリニューアル

アカナは2017年の春にリニューアルされました。

リニューアル前に比べると肉原材料の割合が増し、”フリーズドライレバー”が追加されています。

また、低G1食品の豆類を使って炭水化物量を30%に制限し、新鮮な野菜と果物を使って食物繊維も増量。

リニューアルに伴いパッケージが変更され、価格も以前より値上がりしています。

お試しサンプル品について

アカナファミリージャパンはお試しサンプル品の販売は行っていませんが、不定期でサンプル品を販売しているショップはあります。

お金をかけずにお試しすることができない以上、愛猫がサンプル品を食べずに無駄にしてしまう可能性はありますが、できる限り出費を抑えてアカナをお試しすることができますよ。

お試しサンプル品の販売状況に関しては、こちらの記事で随時更新しています。

アカナキャットフードのお試しサンプル品の配布・販売状況

オリジンとの違いは?

アカナとオリジンはどちらもチャンピオンペットフーズ社が製造しているキャットフードですが、「肉の含有量」と「新鮮肉の量」、そして「肉の種類」が違います。

いずれに関してもオリジンの方が多く、オリジンはアカナ以上に高タンパク質・低炭水化物のキャットフードです。

そして、肉原材料の割合が多い分だけオリジンの方が販売価格が高くなっています。

キャットフード・オリジンとアカナの違いを解説!【比較表あり】

アカナキャットフードの取扱店

最近では、アカナを取り扱っているペットショップやホームセンターも増えてきました。

公式サイトでは取扱店リストが紹介されていないので、どの店舗に行けばアカナキャットフードが手に入ると明言はできませんが、どうしても実店舗でアカナを購入したい場合には近くの店舗のキャットフードコーナーをチェックしてみるといいでしょう。

ただ、サイズがでかくなると持ち運びが大変ですし、アカナの取扱店を1軒1軒探す手間を考えたらネットで購入した方がお手軽ですけどね(笑)

アカナキャットフードがおすすめな人

  • 良質な肉原材料が贅沢に使われたフードを与えたい
  • 高タンパクかつ低炭水化物なフードを与えたい
  • 安心して愛猫に与えられる原材料が使われたフードを探している

もしあなたがこのように考えているなら、アカナはおすすめできるキャットフードです。

その逆に、原材料の品質や穀物、人工添加物が使われているかどうかにこだわりがなく、少しでも愛猫の餌代を抑えたいという方にはおすすめできません。

最安値は楽天・Amazon・公式サイトのどれ??

内容量 販売価格
(税抜)
340g 1,250円
1.8kg 5,800円
5.4kg 14,000円

アカナキャットフードの通常販売価格は上記の通り。

公式サイトで注文する場合、これに加えて送料と支払手数料がかかります。

それに対して、楽天市場とAmazonでは公式サイトよりも安く販売しているショップも少なくありません。

それなら公式サイトで買うメリットはないじゃないかと思うかもしれませんが、公式サイトで注文した場合は絶対に正規品を購入できるというメリットは大きいです。

というのも、公式サイト以外の通販サイトで販売されているものは、管理状態が悪く品質に問題のある並行輸入品やアウトレット品の可能性があるからです。

並行輸入品やアウトレット品はトラブルがあった時に対応してもらうのが難しいですし、品質面やアフターフォローがしっかりしているという点を考えれば、公式サイトで購入するのが一番安心できますよ。

アウトレット品について

アウトレット品というのは袋に汚れや傷がついていたり、賞味期限が近い訳あり商品のことです。

袋に少し汚れがあったり賞味期限が残り2~3ヶ月のものであれば品質には問題ないので、通常よりもお得に買えるのは間違いないのですが、安く販売している理由を具体的に説明していないショップは要注意!

「袋に穴が空いていた」、「賞味期限が残り僅かな商品が届いた」といった口コミも見かけるため、“最安値”という言葉に釣られて購入しないよう気をつけてください。

 

ちなみに、アカナファミリージャパンが販売している正規品には長方形、もしくは丸形の正規品ラベルが裏面に貼り付けてあるので、正規品か並行輸入品かの判断は裏面を見れば一目瞭然です。

確かにアカナは高額なプレミアムキャットフードですが、体重4kgの成猫に主食として食べさせると仮定した場合、通常価格で購入しても1日あたりの餌代は190円程度です。

実際にはそこまで負担になるような価格ではないので、愛猫の健康に配慮して良質なプレミアムフードへの切り替えを検討しているなら、ぜひアカナキャットフードを試してみてくださいね。

【日本の正規販売業者】
▼アカナファミリージャパン▼

公式サイト