アカナ パシフィカキャット

アカナキャットフードは全部で4種類のレシピが販売されていますが、ここでは「パシフィカキャット」の特徴や購入者のレビューをまとめてみました。

もしあなたが愛猫にどのレシピを購入しようか悩んでいるのなら、この記事を読めばパシフィカキャットを選ぶべきかどうかがハッキリと分かるはずです。

レシピによって使われている肉原材料が違うので、選んだレシピによって食いつきが全く違う可能性もありますよ。

アカナ「パシフィカキャット」の基本情報

商品名 アカナ パシフィカキャット
第一原材料 ニシン
穀物 不使用
原材料の品質 ヒューマングレード
人工の酸化防止剤 無添加
香料・着色料 無添加
対応年齢 全年齢
原産国 カナダ
販売業者
(日本の正規輸入元)
アカナファミリージャパン
問い合わせ先
電話番号
0120-44-0923

パシフィカキャットの特徴はズバリ、主原料に魚が使われていることです。

もちろん「グレインフリー(穀物不使用)」、「ヒューマングレード(人間も食べられる品質)の原材料」、「猫の身体に負担のかかる人工添加物不使用」という3つの条件はきちんとクリアしています。

そのため、愛猫に安心・安全な原材料が使われているキャットフードを食べさせたいと考えていて、なおかつ愛猫が魚好きならパシフィカキャットはうってつけの総合栄養食と言えます(^^)

パシフィカキャットの原材料詳細

原材料詳細
新鮮丸ごと太平洋ニシン(16%), 新鮮丸ごと太平洋イワシ(13%), 新鮮丸ごとアブラカレイ(8%), 丸ごとニシンミール(8%), 太平洋タラミール(8%), 丸ごとシロガネダラミール(8%), 丸ごとグリンピース, 丸ごと赤レンズ豆, 丸ごとヒヨコ豆, 丸ごと緑レンズ豆, タラ油(6%), 新鮮丸ごとシルバーヘイク(4%), 新鮮丸ごとレッドストライプメバル(4%), 丸ごとピント豆, 丸ごとイエローピース, コールドプレスヒマワリ油, 日干しアルファルファ, 乾燥ブラウンケルプ, 新鮮カボチャ, 新鮮バターナッツスクワッシュ, 新鮮パースニップ, 新鮮グリーンケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮カブラ菜, 新鮮ニンジン, 新鮮レッドデリシャスリンゴ, 新鮮バートレット梨, フリーズドライタラレバー(0.1%), 新鮮クランベリー, 新鮮ブルーベリー, チコリー根, ターメリックルート, オオアザミ, ゴボウ, ラベンダー, マシュマロルート, ローズヒップ,フェシウム菌(ビタミンEとローズマリーで天然保存) 添加栄養素:ビタミンE、K、コリン、亜鉛、銅

アカナの他のレシピは鶏肉や魚、ラム肉や牛肉といった様々な肉原材料が配合されているのに対して、パシフィカキャットは“魚だけ”が使われているのも大きな特徴です。

肉原材料が限定されていることから穀物全般にアレルギーがあるだけでなく、魚以外の肉類にアレルギーがある愛猫にも対応できます。

パシフィカキャットの成分表

保証成分
粗タンパク質
(以上)
37%
粗脂肪
(以上)
20%
粗灰分
(以下)
7.5%
粗繊維
(以下)
3%
水分
(以下)
10%
カルシウム
(以上)
1.5%
リン
(以上)
1.1%
タウリン
(以上)
0.15%
オメガ6脂肪酸
(以上)
2%
オメガ3脂肪酸
(以上)
2.20%
DHA
(以上)
1%
EPA
(以上)
0.8%
代謝エネルギー
(100gあたり)
408kcal

成分バランスに関しては基本的にどのレシピも同じで、アカナは高タンパク&高脂質&高カロリーなドライキャットフードとなっています。

こういった成分バランス上、育ち盛りの子猫や運動量の多い成猫には特におすすめできる総合栄養食です。

ただし、高タンパクなフードは消化器官の働きが衰えてきたシニア猫には消化の負担になってしまう可能性があるため、11歳以上の愛猫用に与えようと思っているならもう少しタンパク質とカロリーが控えめなフードを選ぶことをおすすめします。

パシフィカキャットのレビュー

SNSや通販サイトでパシフィカキャットのレビューを集めてみました!

この投稿をInstagramで見る

昨日から #キャットフード を #アカナ の #パシフィカキャット に切り替えました🐱❣️ これの前はアカナの #グラスランド をあげてたのですが… 猫さん的にあんまり美味しくないらしく最初全然たべなくて😥 他に食べるものないと気付いてからは食べてたけど… ラム肉?人間的にもちょっと臭いが😥強いかも…くさい ・ おさかな系フードはまだ試してなかったので試しに買ってみたら、最初からガツガツ食べてて☺️ 偏食ちくわ♀さんがもりもり食べてるからいい感じかも☺️ あとはうんち💩かな😥 #オリジン のチキンでうんちがゆるくなったので…😭 アカナの方がうんちの調子良いからアカナ3種食べ比べ中🤔 ・ #ウェットフード は、偏食ちくわ♀さんは #ニュートロ 匂い嗅いで無視でした無視☺️ #シシア は食べてました☺️❣️ おもち♂さんとぽんず♀さんはフードエリートなのにちくわ♀さんには困ったものだ(´・ω・`)… ・ ・ #フードジプシー #猫の餌 #猫のエサ #プレミアムフード #スーパーフード #はちわれ猫 #はちわれねこ #はちわれ #ハチワレ #ハチワレ部 #さばしろ #さばしろ猫 #白黒猫 #きょうだいねこ #兄弟猫 #ちゃおちゅーる #にゃんすたぐらむ #ねこすたぐらむ #ねこのきもち #にゃん #健康ごはん #ねこらぶ

🐱ねこたろう🐱さん(@a_necotaro)がシェアした投稿 –

まずはSNSを使ってレビューを調査してみましたが、食いつきに関するレビューが圧倒的に目立ちました。

SNSで調査したレビューに加えて、通販サイトで調査したパシフィカキャットのレビューもまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。
(※調査したレビュー件数は137件)

高評価のレビュー

 

口コミ内容 件数
食いつきがいい 58件
安心できる原材料 37件
毛並み・毛艶が良くなった 9件
便の状態が良くなった 5件
粒の形が食べやすそう 1件

食いつきがいい(58件)

通販サイトでも一番多かったのは「食いつきがいい」というレビューでした。

もちろん魚風味のフードが好きな猫に食べさせることを前提に購入している方が多いことも理由でしょうが、人工の香料や調味料に頼らず新鮮な肉原材料をたっぷりと使い、素材そのものの香りで嗜好性を高めているのも大きな要因と言えます。

安心できる原材料(37件)

パシフィカキャットに限った話ではないですが、アカナの購入の決め手となるのはやはり原材料の安全性でしょう。

そもそも、食いつきや価格を優先するなら市販のキャットフードで十分間に合いますし、わざわざグレインフリーかつ危険な添加物が使われていないフードの購入を検討しないですもんね(笑)

そして、これだけ原材料の安全性に関してのレビューが多いのは、アカナがそれだけ信頼されている証拠と捉えることができます。

毛並み・毛艶が良くなった(9件)

毛並み・毛艶が良くなったというレビューも、アカナの商品全体を通して多いレビューです。

この理由としては、アカナキャットフードには皮膚と被毛の健康維持に関わるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているから。

 

ただ、パシフィカキャットは魚が主原料ということもあり、オメガ3脂肪酸がその他のレシピよりかなり多く含まれているのが個人的に気になります。

というのも、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸はバランス良く摂取することが大切で、猫の皮膚・被毛の健康維持に最適なバランスは5:1とされています。

しかし、これはあくまで暫定的な見解であってハッキリとしたとした割合は解明されていないため、あまり気にする必要はないのかもしれません。

便の状態が良くなった(5件)

アカナに切り替えたら便の状態が良くなった、というレビューも見かけます。

アカナは炭水化物の消化吸収が苦手な肉食動物の猫に配慮して、穀物を一切使っていないだけでなく低炭水化物の原材料を厳選して配合しています。

そのため、穀物が過剰に使われたフードからアカナに切り替えた場合には、特に便の状態や吐き戻しの軽減を実感する方が多いようです。

粒の形が食べやすそう(1件)

アカナの粒は平べったい丸形で、粒の大きさは約8~9mmほど。

大きすぎず小さすぎないサイズなので、固形物を食べ慣れた子猫~中高齢猫までは問題なく食べられるでしょう。

実際、私は生後4ヶ月の愛猫にアカナを食べさせていたのですが、10日ほどかけて餌を切り替え終わるくらいには上手に食べられるようになりましたよ(^^)

低評価のレビュー

口コミ内容 件数
食いつきが悪い 18件
吐き戻しが増えた 3件
価格が高い 3件
便の状態が悪くなった 2件
痒がるようになった 1件

食いつきが悪い(18件)

高評価レビューで最も多かったのは食いつきがいいというレビューですが、低評価レビューで最も多かったのは食いつきが悪いという対照的な結果に。

猫は好き嫌いがハッキリしている動物なので、もし愛猫が魚風味のフードを食べ慣れていない場合には、いきなり大袋を購入するのは避けた方が無難かもしれません。

幸いアカナにはお試しサイズの340gがありますし、1ヶ月分近い量のフードを丸々無駄にしてしまうという事態は避けられます。

吐き戻しが増えた(3件)

低評価のレビューでは、パシフィカキャットに切り替えたら吐き戻しが増えたというレビューがありました。

まず原因として考えられるのは魚アレルギー

この場合には、魚が使われていないフードに切り替えて様子を見る必要があります。

また、急な餌の切り替えでも消化不良を起こす可能性があるため、餌の切り替えを急ぎすぎないことも大切です。

価格が高い(3件)

アカナの商品全体のレビューを眺めていると必ずといっていいほど目にするのが、”価格が高い”というレビュー。

アカナは新鮮な肉原材料をたっぷりと使い、猫の消化吸収の負担にならないように炭水化物量も制限している高タンパク低炭水化物なキャットなので、市販のキャットフードよりも価格が高くなるのは仕方がないです。

いくら品質のいいフードを与えたいからといって継続できなければ意味がないので、アカナに切り替える前には金銭的に継続できるかどうかまで考えておくことをおすすめします。

便の状態が悪くなった(2件)

吐き戻しと同じく、食物アレルギーや急な餌の切り替えが原因で便が緩くなることがあります。

また、切り替え前のフードに便を固める作用に期待できる”ビートパルプ”という原材料が含まれていた場合、アカナに切り替えたら便が緩くなったと感じるかもしれません。

ただ、ビートパルプは過剰に摂取すると便を固めすぎて便秘の原因になってしまいますし、アカナを食べていて明らかな下痢が続いていなければさほど心配しなくても大丈夫ですよ。

痒がるようになった(1件)

そのほか、アカナを食べると痒がるようになったという低評価レビューもあり。

痒みに関しても、食物アレルギーが原因の可能性が高いですね。

もちろん、事前に魚アレルギーということを知っているならパシフィカキャットを与えるべきではありませんが、そうでない場合は「食べさせてみないことには分からない」というのが正直なところ。

アレルギーのリスクや金銭的な損失を最小限に抑えたいなら、340gサイズを試してみてから大袋を購入するのがいいでしょう。

パシフィカキャットがおすすめな人

  • 愛猫が魚風味のフードが好み
  • 愛猫が穀物アレルギーかつ魚以外の肉原材料にアレルギーがある
  • 安心・安全な原材料で作られたフードを与えたい

もしあなたがこのように考えているなら、アカナ パシフィカキャットはおすすめできるキャットフードです。

特に、愛猫が穀物アレルギーかつ魚以外の肉原材料にアレルギーに悩まされているなら、パシフィカキャットを試してみる価値はあります。

ただ、好き嫌いがあるわけでもなくアレルギーも気にならないのであれば、食べ慣れている肉原材料が主原料として使われているレシピから選ぶことをおすすめします!

【日本の正規販売業者】
▼アカナファミリージャパン▼

公式サイト

アカナキャットフードの総合評価や購入前の注意点はこちらの記事
アカナキャットフードの口コミ・評判と種類別の違いを徹底解説!