アカナ ワイルドプレイリーキャット

チャンピオンペットフーズ社が製造している、アカナ「ワイルドプレイリーキャット」の特徴や購入者のレビューをまとめてみました。

アカナキャットフードには他にも3種類のレシピがありますが、この記事を読めばアカナを購入すべきかどうかだけでなくワイルドプレイリーキャットを選ぶべきか、それとも他のレシピを選ぶべきかがハッキリするでしょう。

アカナはどのレシピにも高品質な原材料が使っているものの、レシピによって食いつきが全く違う可能性がありますよ。

アカナ「ワイルドプレイリーキャット」の基本情報

商品名 アカナ ワイルドプレイリーキャット
第一原材料 鶏肉
穀物 不使用
原材料の品質 ヒューマングレード
人工の酸化防止剤 無添加
香料・着色料 無添加
対応年齢 全年齢
原産国 カナダ
販売業者
(日本の正規輸入元)
アカナファミリージャパン
問い合わせ先
電話番号
0120-44-0923

アカナはグレインフリー(穀物不使用)、ヒューマングレード(人間も食べられる原材料)、猫の身体に負担のかかる人工添加物不使用といった3つの要素をオールクリアしたキャットフード。

ワイルドプレイリーキャットとその他のレシピの大きな違いは、使われている肉原材料です。

ワイルドプレイリーキャットは鶏肉が主原料として使われているので、あなたが健康志向のキャットフードを探していてなおかつ愛猫が鶏肉好きなら、ワイルドプレイリーキャットを試してみてもきっと後悔はしないでしょう。

ワイルドプレイリーキャットの原材料詳細

原材料詳細
新鮮鶏肉(9%), 新鮮七面鳥肉(9%), 新鮮鶏臓器(レバー、ハツ、腎臓) (9%), 鶏肉ミール(8%), 七面鳥肉ミール(8%), 丸ごとニシンミール(8%), 丸ごとグリンピース, 丸ごと赤レンズ豆, 丸ごとヒヨコ豆, 鶏脂肪(5%), 新鮮全卵(4%), 新鮮天然ウォールアイ(4%), 新鮮天然トラウト(4%), 新鮮七面鳥臓器(レバー、ハツ、腎臓)(4%), 丸ごと緑レンズ豆, 丸ごとピント豆, 丸ごとイエローピース, タラ油(2%), 日干しアルファルファ, 乾燥鶏軟骨(1%), 乾燥ブラウンケルプ, 新鮮カボチャ, 新鮮バターナッツスクワッシュ, 新鮮パースニップ, 新鮮グリーンケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮カブラ菜, 新鮮ニンジン, 新鮮レッドデリシャスリンゴ, 新鮮バートレット梨, フリーズドライレバー(鶏と七面鳥) (0.1%), 新鮮クランベリー, 新鮮ブルーベリー, チコリー根, ターメリックルート, オオアザミ, ゴボウ, ラベンダー, マシュマロルート, ローズヒップ,フェシウム菌(ビタミンEとローズマリーで天然保存) 添加栄養素:コリン、亜鉛、銅

ワイルドプレイリーキャットには鶏肉だけでなく、七面鳥や天然マスといった複数の肉原材料が使われています。

肉原材料の割合は70%以上と非常に高く、レバーや心臓、腎臓や軟骨といった部分も配合することで、狩りをして獲物を捕食していた肉食動物の猫本来の食生活を再現しているのが特徴です。

 

ワイルドプレイリーキャットには食物アレルギーの原因になりやすい穀物が一切使われていないため、食に敏感な猫にもおすすめできるキャットフードですが、鶏肉や魚アレルギーの猫には対応できません。

もし愛猫のアレルギーの原因が特定できている場合には、事前に原材料をしっかり確認した上で購入を検討するようにしてくださいね。

ワイルドプレイリーキャットの成分表

保証成分
粗タンパク質
(以上)
37%
粗脂肪
(以上)
20%
粗灰分
(以下)
7%
粗繊維
(以下)
3%
水分
(以下)
10%
カルシウム
(以上)
1.5%
リン
(以上)
1.1%
タウリン
(以上)
0.15%
オメガ6脂肪酸
(以上)
2.9%
オメガ3脂肪酸
(以上)
0.9%
DHA
(以上)
0.2%
EPA
(以上)
0.2%
代謝エネルギー
(100gあたり)
410kcal

アカナは一般的なドライキャットフードと比べると、かなり高タンパク&高脂質&高カロリーになっています。

こういった成分バランス上、歳を取って消化器官の働きが衰えてきた老猫には消化の負担になってしまう可能性がありますが、育ち盛りの子猫や運動量が多い成猫の健康維持には最適なバランスです。

また、高脂質&高カロリーなキャットフードと言っても、低炭水化物の原材料を厳選して配合していることから体脂肪が増えづらく、これ以上体重を増やしたくない愛猫の体重管理用フードとしてもおすすめできます(^^)

ワイルドプレイリーキャットのレビュー

SNSや通販サイトでワイルドプレイリーキャットのレビューを集めてみました!

この投稿をInstagramで見る

2018.8.6(月) キャットフードをアカナのワイルドプレイリーに変えました。 ずっとヤラーのグレインフリーをあげていましたが関税や輸入運賃の影響で価格が跳ね上がったので、それ以来違うプレミアムフードをいくつか試しましたが、なかなかお気に召してくれず今回初めて肉ベースのグレインフリーにしてみたところ、昨日今日は喜んで食べてくれました! 猫は穀物の消化が負担になるので、高タンパク低炭水化物の穀物フリー(グレインフリー)が理想的。 アカナは使用する材料はヒューマングレードのもので化学物質も不使用。肉に関しても抗生物質やホルモン強化剤を使用していないです。 気になる油もなんの油かきちんと明記されているので安心😊 昔飼っていたオス猫をキャットフードの影響で泌尿器系の病気にさせてしまい辛い思いをさせたので、次飼う時はきちんとしたフードをあげようと心に決めていました🌿 ちなみにシニア(7歳)を超えたら高タンパクは負担になるので、30%ぐらいのものがいいそうです。(アカナは37%) ・ ・ #猫 #子猫 #キジシロ #シャム猫ミックス #にゃんすたぐらむ #キャットフード #プレミアムフード #アカナ #ワイルドプレイリー #穀物フリー #グレインフリー

asaさん(@asa_am3)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

フードレポート。最初はアカナ ワイルド プレーリー。3種類買ったアカナの1つ。鶏肉と七面鳥がメインです。 実は前回のサンプルで試した際、どれもよく食べたので今回一種類で試そうと思ったのですが、セールをしていてつい3つともポチりました。 多分賞味期限が短いのでアカナからのスタートとなります。 セールを全くしないフードが多いので、セールの時に買ってサイクルに入れるのもアリだな。と、思いました。新鮮レバーが入っているので、肝臓の弱いチョビには良い気がします。 ✴️形状と好み 良く食べます。黒くて、サイズは普通。平たいタイプで食べやすそうです。少し固めなのかカリカリ良い音がします。 ✴️食べた感想 味は煮干しのような風味があります。固い!人間にはかなり固いです。でも美味しい😁後味もいいです。そんなこと猫が感じてるかどうかはわからないけど😁 ✴️価格 セール中につき、340gで852円。通常は確か1000円くらいだったと思います。1.8キロで4500円くらい。 ✴️その他 便も普通。調子も良好! . . #フードレポート#フードジプシー#キャットフード#アレルギー体質#免疫力アップ #食生活#アカナ#ワイルドプレイリー#七面鳥#鶏肉#フード探し#肝臓#喘息

チャイ&チョビ&こむぎさん(@miho14140107)がシェアした投稿 –

まずはSNSを使ってレビューを調査してみましたが、一番多かったのは食いつきに関するレビューです。

ただ、市販のキャットフードに比べると原材料の安全性や栄養バランスについてのレビューが多く、やはり愛猫の健康維持に配慮して購入している方が大半だという印象を受けました。

そのほか、Amazonで販売されているワイルドプレイリーキャットのレビューもまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。
(※調査したレビュー件数は65件)

高評価のレビュー

口コミ内容 件数
食いつきがいい 32件
安心できる原材料 12件
便の状態が良くなった 6件
毛並み・毛艶が良くなった 4件

食いつきがいい(32件)

愛猫が鶏肉ベースのフードが好きだからという理由でワイルドプレイリーキャットを選んでいる方が多いこともあるでしょうが、それを差し引いても”食いつきがいい”というレビューが目立ちます。

人工の香料や調味料を使って風味を整えていないにも関わらず食いつきがいいというレビューが多いのは、新鮮な肉原材料をたっぷりと使って素材そのものの香りで嗜好性を高めているからでしょう。

安心できる原材料(12件)

通販サイトのレビュー数を見る限りでも、”原材料の安全性”がアカナ購入の決め手になっているようです。

そもそも、価格や食いつきを重視するならプレミアムキャットフードの購入は検討しないでしょうしね(笑)

レビュー数に対して原材料の安全性に関しての高評価が多いのは、それだけアカナの品質に満足している方が多いという証と言えます。

便の状態が良くなった(6件)

肉食動物の猫は炭水化物の消化吸収が苦手ですが、アカナは炭水化物含有量を制限していることから消化の負担になりづらいです。

こういった理由から、穀物が過剰に使われているような高炭水化物のフードからアカナに切り替えると、便の状態の改善や吐き戻しの軽減を実感する方が多いんですよ(^^)

毛並み・毛艶が良くなった(4件)

そのほかにも、”アカナに切り替えたら毛並み・毛艶が良くなった”というレビューもよく見かけます。

これは、アカナに配合されているオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が関係しています。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸はバランス良く摂り入れることで皮膚・被毛の健康維持をサポートしてくれるのですが、バランスが取れていないキャットフードが多いのも事実です。

そういった商品に対して、ワイルドプレイリーキャットのオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の比率は3.2:1と中々バランスが取れているため、愛猫のフワフワ・フサフサな毛並みを維持したいという場合にも試してみる価値はあります。

低評価のレビュー

口コミ内容 件数
食いつきが悪い 4件
便の状態が悪くなった 2件
目やに・顎ニキビが出るようになった 2件
粒の形が食べづらそう 1件
価格が高い 1件

食いつきが悪い(4件)

どんな猫でも絶対に気に入る万能キャットフードは存在しないので、どうしても”食いつきが悪い”というレビューも出てきます。

鶏肉ベースのフードが好みの猫なら気に入ってくれる可能性は高いものの、一般的には人工の香料や調味料を使って風味を整えたフードの方が食いつきがいい傾向にあります。

そのため、あなたの愛猫が香料や調味料が添加されたフードを食べ慣れていると、フードの切り替えに苦労するかもしれません。

便の状態が悪くなった(2件)

低評価レビューの中には、”便の状態が悪くなった”というレビューもあり。

原因として考えられるのは、餌の急な切り替えか食物アレルギーです。

急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうため、最低でも1週間はかけて徐々に餌を切り替えていく必要があります。

 

また、ワイルドプレイリーキャットは穀物アレルギーには対応していますが、肉類のアレルギーには対応していません。

もし餌をゆっくりと切り替えたのに便の状態が悪い場合には、肉類が限定されたキャットフードを試してみることで便の状態が改善する可能性があります。

目やに・顎ニキビが出るようになった(2件)

目やに・顎ニキビの原因として考えられるのも食物アレルギーです。

食物アレルギーの原因は猫によって様々ですし、食べさせてみないと分からないというのが正直なところ。

小麦をはじめとした穀物が使われているフードに比べれば食物アレルギーのリスクは低いですが、いずれかの肉原材料が原因でアレルギーを起こす可能性があることは頭に入れておくといいでしょう。

粒の形が食べづらそう(1件)

“粒の形が食べづらそう”というレビューは、固形物を食べ始めた子猫に与えた方のレビューです。

アカナは全年齢対象の総合栄養食なので、確かに固形物を食べ始めた子猫に与えても大丈夫です。

しかし、粒は平べったい丸形で大きさが8~9mm程度あるので、固形物に食べ慣れていない段階だと食べるのが大変かもしれません。

 

そのほか、歳を取って顎の力が弱くなった老猫も食べづらい可能性はありますね。

ただ、私は生後4ヶ月の頃に愛猫のフードをアカナに切り替えましたが、完全に餌を切り替え終わる頃には上手に食べられるようになったので、固形物を食べ慣れた子猫~まだまだ活発な中高齢猫に与える分には問題ないでしょう。

価格が高い(1件)

アカナに限らずプレミアムキャットフードのレビューでは定番ですが、”価格が高い”といった低評価レビューも見かけました。

高品質な原材料、危険な人工添加物を排除するとなると、その分だけ価格が高くなってしまうのは仕方がないことです。

いくら品質のいいフードを与えたいからといって継続できないと意味がないので、金銭的に継続できるかどうかまで事前に考えて購入することをおすすめします。

ワイルドプレイリーキャットがおすすめな人

アカナキャットフードと猫

  • 愛猫が鶏肉ベースのフードが好み
  • 高タンパク&低炭水化物なフードを与えたい
  • 安心・安全な原材料で作られたフードを与えたい

あなたがこのように考えているなら、アカナ ワイルドプレイリーキャットはおすすめできるキャットフードです。

特に、今まで穀物が主原料として使われているフードを食べさせていて消化不良に悩まされているなら、ぜひグレインフリーかつ低炭水化物のアカナを試してみてください。

愛猫が鶏肉ベースの好みではない場合には魚ベースのパシフィカキャット、あるいはラム肉ベースのグラスランドを選んであげるといいでしょう。

【日本の正規販売業者】
▼アカナファミリージャパン▼

公式サイト

アカナキャットフードの総合評価や購入前の注意点はこちらの記事
アカナキャットフードの口コミ・評判と種類別の違いを徹底解説!