カナガンキャットフードの商品画像1

愛猫の健康に気遣ってグレインフリーフードを与えたいと思った時に、イギリス発のプレミアムフードであるカナガンキャットフードの購入を検討する方は多いと思います。

ただ、愛猫が太り気味でダイエットが必要な場合、今のフードからカナガンに切り替えても大丈夫なのか気になるところですよね。

そこで今回は、カナガンキャットフードがダイエットに向いているのか、それとも向いていないのかを掘り下げて解説していきます!

カナガンキャットフードはダイエット向き

最初に結論を言ってしまうと、カナガンキャットフードはダイエット向きのフードと言えます。

なぜならカナガンは、高タンパク高脂質で低炭水化物なキャットフードだからです。

肉食動物の猫は炭水化物をほとんど消化することができないため、炭水化物を摂取しすぎるとすぐに体脂肪に変換されて肥満に繋がってしまいます。

 

しかし、動物性タンパク質がたっぷりと含まれたフードは消化吸収率が高くて体脂肪が増えにくく、さらに高脂質なフードは満腹感を感じやすくて食べすぎ防止に期待できるというメリットもあり!

もし今の時点で炭水化物源となる穀物が過剰に含まれたフードを食べさせているのなら、カナガンに切り替えることで愛猫の体脂肪を減らして筋肉質で健康的な身体づくりをサポートしてくれるでしょう。

ダイエットに不向きな要素

カナガンのダイエットに不向きな要素は、高カロリーなドライキャットフードということ。

カナガンに限らず、肉原材料の割合を増やした高タンパク高脂質なキャットフードはどうしてもカロリーが高くなります。

そのため、愛猫が欲しがるからといって際限なく与えてしまうとカロリーオーバーから肥満に繋がってしまいます。

 

ただ、先ほど説明した通り、高脂質なフードは少量でも満腹感を感じやすいです。

それなのに高カロリーなフードがダイエットに不向きという印象が強いのは、愛猫にとっての適切な給餌量を守れている飼い主が少ないことが原因です。

また、現在は室内で猫を飼うことが主流になったため、昔の猫に比べて運動量が少なくなったこともカロリー過多の要因と言えます。

 

つまり、愛猫を太らせないようにするためには飼い主が愛猫の食事管理をしっかりと行い、体重を定期的にチェックしておくことが大切ということです。

毎日フードを計量するのが手間に感じるかもしれませんが、計量カップに印を付けておけば二回目以降の計量が楽になりますよ(^^)

カナガンキャットフードがおすすめな猫

少し肥満が気になる猫、これ以上太らないよう体重管理をしたい猫にはカナガンキャットフードはおすすめです。

愛猫が太っているかどうかは感覚的に判断するのではなく、かかりつけの獣医師から聞いた理想体重を参考にするのがいいでしょう。

一般的には生後1年の体重が理想体重とされていますが、メインクーンなどの大型種は成長しきるまでに3年ほどかかりますし、定期検診などで動物病院に行った時に獣医師に聞くのが一番確実ですよ。

カナガンキャットフードの総合評価と口コミ・評判の詳細はこちら
カナガン キャットフードの口コミ・評判|評価が分かれるプレミアムフード

どうしても餌を食べすぎてしまう場合

見た目からして明らかに肥満で餌を食べすぎてしまう猫には、カナガンよりも低カロリーなフードをおすすめします。

カナガンよりも低カロリーなフードと言っても、動物性タンパク質が豊富に含まれたフードを選ぶべきなのは変わりません。

カロリーを抑えるために肉原材料を減らして穀物の割合を増やしたようなフードは、炭水化物が体脂肪に変換されて肥満の原因になるだけでなく、満腹感を得られにくいことから食べすぎにも繋がります。

また、消化吸収率が悪い高炭水化物なキャットフードは下痢、嘔吐といった消化不良の原因にもなりますよ。

 

参考までに低炭水化物かつ低カロリーという条件を満たしたグレインフリーフードを挙げるなら、“オリジンのフィット&トリム”あたりがおすすめです。

フィット&トリムは高タンパクで脂質も適度に含まれており、健康的にダイエットさせるのに最適な栄養バランスと言えます。

ただ、オリジンはカナガンよりも価格が高いので、ある程度のダイエットに成功したらカナガンに切り替えて餌代を抑えるといった工夫をするのもいいですね(^^)

オリジンキャットフードの口コミ・評判を徹底検証!【納得の高評価】