カナガンキャットフードの商品画像2

カナガンキャットフードの袋の裏面には、子猫と成猫の給餌量の目安が書かれています。

ただ、どちらに関してもザックリとした給餌量しか書かれていないので、何となくの目分量で与えてる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、獣医師広報板のカロリー計算ツールの計算結果をもとにライフステージ別の給餌量の一覧表を作ってみました!

パッケージに書かれている給餌量

子猫
年齢 給餌量
2ヶ月以下 20~30g
2~4ヶ月 30~55g
4~6ヶ月 55~75g
6~12ヶ月 75g~
成猫
体重 給餌量
2.5kg以下 25~35g
2.5~3.5kg 35~45g
3.5~4.5kg 45~60g
4.5kg以上 60g~

カロリー計算ツールで求めた給餌量を紹介する前に、パッケージや公式サイトに書かれている給餌量の目安も紹介しておきます。

子猫に関しては月齢ごとの給餌量の目安が書かれているものの、体重別の給餌量の目安が書かれていないのでイマイチ把握しづらいですね・・・(苦笑)

また、成猫に関しては5kg以降の給餌量が書かれていないため、それよりも大きく育った大型種の給餌量を把握することができません。

子猫の給餌量

体重 給餌量 餌代
1.0kg 44g 116円
1.5kg 60g 158円
2.0kg 75g 198円
2.5kg 89g 235円
3.0kg 102g 269円

こちらが獣医師広報板のカロリー計算ツールの計算結果をもとにした、子猫の1日あたりの給餌量です。

なお、餌代に関しては1.5kgで3,960円(税抜)という価格を参考にしています。

 

まだ身体が十分に発達していない子猫は一度にたくさんの量を食べられないため、食事の回数は4~5回に分けてあげましょう(^^)

仕事や家事の関係で食事の回数を細かく分けるのが難しい場合は置き餌をしても仕方がないですが、フードを長時間出しっぱなしにしておくと風味が落ちて食いつきが悪くなりますし、何よりフードが傷んで衛生面で不安があります。

そのため、置き餌するにしても1日中出しっぱなしにするのではなく、できる範囲でフードを取り替えてあげてくださいね。

子猫の給餌量についての補足

成長期の子猫はたくさんのエネルギーを必要としていることから、成猫に比べて体重に対しての餌の割合が多くなります。

ただ、成猫に近づくにつれて必要なエネルギー量が減っていくため、成長段階に合わせてフードの割合を減らしていかないと肥満に繋がってしまいます。

とは言え、ほとんどの猫は自分が必要な餌の量を本能的に把握しているので、必要以上に餌を食べ過ぎる猫は少数派です。

 

こういった理由もあり、生後5~6ヶ月くらいまでの間はそれほど神経質にはならずに、基本的には欲しがるだけ食べさせてあげれば大丈夫ですよ。

また、目安の給餌量ほど餌を食べない子猫もいますが、体重が順調に増えていればよほど問題ありません。

成猫の給餌量

体重 給餌量 餌代
3.0kg 48g 127円
4.0kg 61g 161円
5.0kg 72g 190円
6.0kg 82g 216円
7.0kg 92g 243円

カナガンキャットフードの成猫の給餌量の目安は上記の通り。

成猫になれば一度に食べられる餌の量が増えるので、食事の回数は2~3回を目安にするのがいいでしょう。

老猫の給餌量

体重 給餌量 餌代
3.0kg 45g 119円
4.0kg 55g 145円
5.0kg 65g 172円
6.0kg 75g 198円
7.0kg 84g 222円

老猫の給与量は上記表の通りです。

猫も人間と同じように、歳を取ると運動量が落ちて必要なカロリーが減っていくため、成猫の頃に比べて体重に対しての給餌量が少なくなります。

また、顎の力や消化器官が弱ってくるると一度にたくさんの餌を食べられなくなるので、食事の回数は成猫より多めの3~5回程度に調整してあげるといいでしょう。

 

それと、カナガンキャットフードは高タンパクかつ高カロリーなキャットフードということもあり、消化器官の働きが衰えた老猫には負担になってしまう可能性があります。

身体が衰えるペースは猫によってバラつきがあるので一概には言えないものの、11歳以上の老猫にはタンパク質とカロリーが控えめなフードを検討してみることをおすすめします。