カナガンキャットフードとモグニャン

キャットフードのランキングサイトやレビューブログを見てみると、必ずと言っていいほど紹介されているのがカナガンとモグニャン。

しかし、どちらに関しても”グレインフリー”、”人工添加物不使用”、”食いつき抜群”といったような紹介がされていることが多く、具体的な違いが分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、原材料と成分を中心にしてカナガンとモグニャンを徹底的に比較していきます!

カナガンとモグニャンの原材料を比較!

まずはカナガンとモグニャンの原材料を比較してみましょう。

カナガン
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ
モグニャン
白身魚63%、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュフープ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

それぞれの原材料で特に注目していただきたいのは、第一原材料に何が使われているのかという点と穀物が使われているかどうか、そして人工の酸化防止剤や香料、着色料が使われているかどうかです。

第一原材料が違う

カナガンは第一原材料に乾燥チキンが使われているのに対して、モグニャンは白身魚が第一原材料として使われています。

このことから、鶏肉ベースのフードが好みの猫にはカナガンを、魚肉ベースのフードが好みの猫にはモグニャンといった使い分けができますね(^^)

どちらもグレインフリー

カナガンとモグニャンは、どちらもグレインフリー(穀物不使用)のドライキャットフードです。

そのため、穀物全般にアレルギーのある食に敏感な猫にも安心して与えられます。

また、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物をほとんど消化することができないという問題もあるため、肉原材料をたっぷりと使ったカナガンとモグニャンは猫本来の食事に近いフードと言えます。

猫の身体に負担のかかる人工添加物は不使用

安価なキャットフードや一部のプレミアムフードには酸化を防ぐために発がん性のある人工の酸化防止剤が使われていますが、カナガンとモグニャンは天然の成分を使って酸化を防いでいます。

また、安価なキャットフードは食いつきをよくするために香料を使ったり、見た目をよくするために着色料を使って色味を付けていたりしますが、カナガンとモグニャンは猫の健康に配慮して香料と着色料も使っていません。

ヒューマングレードの原材料

粗悪なキャットフードには人間の食品として出回らない栄養価のほとんどない原材料が使われている可能性があります。

それに対して、カナガンとモグニャンはヒューマングレード(人間も食べられる品質)の原材料を使っており、安全面だけでなく品質面もクリアした猫の身体に優しいキャットフードと言えます!

カナガンとモグニャンの成分を比較!

原材料の比較が終わったところで、今度はカナガンとモグニャンの成分を比較してみましょう。

成分 カナガン モグニャン
粗タンパク質 37% 30%
脂質 20% 16%
粗繊維 1.5% 3.5%
粗灰分 9% 8%
水分 7% 7%
オメガ6 3% 1%
オメガ3 0.82% 2.10%
代謝エネルギー
(100gあたり)
約390kcal 約365kcal

タンパク質・脂質・カロリーに注目!!

カナガンとモグニャンの成分に関して特に注目していただきたいのは、タンパク質・脂質・カロリーの3つです。

成分表を見比べてみると、いずれに関してもカナガンの方が高くなっていますね。

どちらも全年齢・全猫種を対象とした総合栄養食ではあるものの、カナガンは高タンパク&高脂質&高カロリーに仕上がっているため、育ち盛りの子猫や運動量の多い成猫向きのフードと言えるでしょう。

それに対してモグニャンは、運動量が少ない成猫や歳をとって消化器官の働きが衰えた老猫向きのフードと言えます。

コスパがいいのはどっち?

モグニャンとカナガンの販売価格に関しては、どちらも1袋(1.5kg)で税抜3,980円となっています。

これだけ聞くとコスパは変わらないと思えるかもしれませんが、給餌量が違うことから餌代も変わってきます。

参考までに、2.5kg以下の成猫と3.5~4.5kgの成猫の1日の給餌量の目安を抜き出してみました!

1日の給餌量の目安
体重 カナガン モグニャン
2.5kg以下 25~35g 35~45g
2.5~3.5kg 35~45g 45~55g

先ほど説明した通り、カナガンの方が高カロリーなキャットフードなので、モグニャンよりも1日あたりの給餌量が少なくなるわけです。

なお、販売価格と給餌量をもとにして体重3.5kgの成猫の1日あたりの餌代を計算すると、カナガンは約118円モグニャンは約145円となります。

つまり、単純にコスパという面だけで見ると、モグニャンよりもカナガンの方が優れているということになりますね。

カナガンがおすすめな人

  • 鶏肉ベースのグレインフリーフードを探している
  • 成長期の子猫向けのフードを探している
  • 愛猫の体重を健康的に増やしたい

成長期の子猫や運動量の多い成猫には、高タンパク&高脂質&高カロリーなカナガンがおすすめです。

また、高タンパク低炭水化物のキャットフードは体脂肪が増えづらいため、痩せ気味の猫の体重を健康的に増やしたいという場合にも効果的ですよ♪

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

カナガン公式サイト

モグニャンがおすすめな人

  • 魚肉ベースのグレインフリーフードを探している
  • 運動量の少ない成猫や老猫向けのフードを探している
  • 愛猫が肥満気味でダイエットさせたい

運動量の少ない成猫や、歳をとって消化器官の働きが衰えた老猫にはモグニャンを選ぶといいでしょう。

また、タンパク質&脂質&カロリーが控えめなヘルシーなドライキャットフードなので、肥満気味でダイエットさせたい場合にはモグニャンがおすすめです。

ただ、適切な給餌量さえ守れるならカナガンを選んでも大丈夫なので、まずは愛猫が餌を食べすぎてしまう傾向があるのかどうかをしっかり見極めてくださいね。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

モグニャン公式サイト

モグニャンの口コミや管理人の評価の詳細はこちら
モグニャン・キャットフードの口コミや評判・原材料を徹底検証!