キャラットミックスのパッケージ画像

日清ペットフードが製造・販売している国産キャットフードの「キャラットミックス」。

今回はキャラットミックスを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を107件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、「かつお仕立ての味わいブレンド」の原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、キャラットミックスの購入を検討しているならぜひ参考にしてみてください。

キャラットミックスの悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
軟便・下痢気味になった 6件
食べない・食べなくなった 6件
吐き戻しが増えた 4件
人工の着色料が気になる 2件

通販サイトやSNSでキャラットミックスの口コミを調査したところ、「軟便・下痢気味になった」、「食べない・食べなくなった」、「吐き戻しが増えた」、「人工の着色料が気になる」という悪評が見つかりました。

順番に見ていきましょう。

軟便・下痢気味になった

キャラットミックスの悪い口コミで一番多かったのが、「キャラットミックスに切り替えたら軟便・下痢になった」というもの。

原因として考えられるのは、餌の急な切り替え食物アレルギーです。

まず、餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、キャラットミックスに慣れるまで一時的に便が緩くなる可能性があります。

 

また、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手なため、穀物が主原料に使われているキャラットミックスを食べて消化不良を起こした可能性も考えられます。

小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫も少なくないので、もし愛猫が食に敏感な場合はキャラットミックスを与えるのは避けた方がいいでしょう。

食べない・食べなくなった

そのほかには、「食べない・食べなくなった」という悪評もあり。

キャラットミックスには何種類も風味がありますが、猫は好き嫌いが激しい動物なので絶対に気に入るとは限りません。

こればかりは食べさせてみないことには分からないので、最初はできるだけ愛猫が好きそうな風味を選ぶしかありませんね。

ただ、「食いつきがいい」という評判が圧倒的に上回っていたことを踏まえると、餌の切り替えに時間をかければキャラットミックスを受け入れてくれる可能性は高いと思います。

吐き戻しが増えた

キャラットミックスに切り替えて吐き戻しが増えるのも、軟便・下痢気味になる原因と同じです。

もし穀物が主原料に使われたフードを与えていて消化不良が目立つようなら、小麦グルテンを含まないグルテンフリーの商品や穀物を含まないグレインフリーの商品をおすすめします。

また、特定の肉原材料や食いつきをよくするために使われている油脂類がアレルギーの原因になることもあるので、食物アレルギーに関しては地道に原因を特定していくしかありません。

人工の着色料が気になる

中には、「人工の着色料が気になる」という悪評も。

キャラットミックスには赤色3号、黄色5号といった人工の着色料が使われていますが、これらの人工添加物はガンやアレルギーを起こす原因になります。

もちろん、定められた最大基準を超えないように使われているでしょうが、私たち人間よりずっと体の小さな猫が長期的に食べ続けて絶対に悪影響が出ないという保証はありません。

 

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているため、猫目線で考えれば着色料を使ってまで色味を付ける意味はないです。

着色料を使う意味があるとすれば私たち飼い主の興味を惹くためなので、キャラットミックスは猫目線ではなく人間目線で作られたフードと捉えられます。

キャラットミックスの良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 61件
お手頃な価格 28件

良い口コミに関しては「食いつきがいい」、「お手頃な価格」という評判でした。

食いつきがいい

今回調査した107件の口コミのうち、「食いつきがいい」という評判が6割近くを占めていました。

食いつきが悪いという悪評との比率から考えても、キャラットミックスは嗜好性の高いキャットフードと捉えて良さそうですね(^^)

キャラットミックスには5種類の風味があり、愛猫の好みに合わせて選びやすいのは強みと言えます。

お手頃な価格

食いつきがいいという評判の次に多かったのは、「キャラットミックスはお手頃な価格」という評判です。

穀物が主原料として使われていることや品質が不明瞭な原材料が使われていること、そして危険性のある人工添加物が使われていることが不安要素ですが、どうしても猫の餌代にお金をかけられない事情があるなら魅力的なフードと言えるでしょう。

無理をして品質のいいフードを購入したとしても、継続できなければほとんど意味がありませんしね。

キャラットミックス(猫用フード)の種類

  • かつお仕立ての味わいブレンド
  • まぐろ仕立ての味わいブレンド
  • ささみ風味のまろやかブレンド
  • お魚づくしの味わいブレンド
  • お肉とお魚味のよくばりブレンド
  • 毛玉をおそうじ まぐろ味ブレンド
  • 11歳からの高齢猫用+毛玉をおそうじ かつお味ブレンド
  • 15歳からの高齢猫用+腎臓の健康に配慮 かつお味ブレンド

現在販売されているキャラットミックスの商品は上記の通り。

かつお、まぐろ、ささみ、お魚づくし、お肉とお魚といった風味の違う商品だけでなく、毛玉に配慮した商品や高齢猫に配慮した商品も販売されています。

ただ、成分表を見る限りではミネラルバランスはほとんど変わりませんし、原材料に関してもほとんど同じものが使われています。

 

一応、”毛玉をおそうじ”は繊維質が多めに配合されているものの、「どれを選んでも大差はない」・・・というのが率直な感想です。

それと、キャラットミックスの商品はタンパク質とカロリーが控えめなので、育ち盛りでたくさんのエネルギーを必要としている子猫に与えるのはおすすめしません。

なお、キャラットミックスの商品はドライフードだけで、ウェットフード(猫缶詰)の製造・販売はしていません。

原材料と成分をもとにキャラットミックスを徹底評価!

ここからは、「かつお仕立ての味わいブレンド」の原材料と成分をもとにキャラットミックスを徹底評価していきます!

キャラットミックスの原材料の特徴

原材料一覧
穀類(とうもろこし小麦粉コーングルテンミールホミニーフィード/中白糠)/肉類(ミートミール/チキンミール/ささみパウダー)/魚介類(フィッシュミール/フィッシュパウダー/かつおパウダー、等)/油脂類(動物性油脂/月見草オイル)/大豆ミール/オリゴ糖/野菜類(キャベツパウダー/にんじんパウダー/ほうれん草パウダー/かぼちゃパウダー)/ビール酵母/ビートパルプ/β-グルカン/でんぷん類/馬鈴薯たんぱく/セルロース粉末/ミルクカルシウム/グルコサミン/ローズマリー/バジル/ミネラル類(カルシウム/リン/カリウム/ナトリウム/塩素/鉄/銅/マンガン/亜鉛/ヨウ素)/アミノ酸類(メチオニン/タウリン)/ビタミン類(A/D/E/K/B1/B2/B6/パントテン酸/ナイアシン/葉酸/コリン)/食用赤色3号食用黄色5号食用青色1号食用黄色4号食用赤色102号/酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

分かりやすいように、食物アレルギーの原因になりやすい原材料と品質が不明瞭な原材料、危険性のある人工添加物は赤色で記載しました。

まず、キャラットミックスは第一原材料に穀物を使用しています。

口コミの項目で説明したように、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーを持つ猫は少なくなく、穀物が過剰に使われたフードを食べると消化不良を起こす猫もいます。

 

また、”動物性油脂”という原材料の記載がありますが、これだけでは具体的に何が使われているのか全く分かりません。

そして、動物性油脂に酸化防止剤を使っていても原材料に表記する必要はなく、酸化を防ぐためにガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤が大量に使われている可能性があるのが不安な要素。

具体的な原材料や製造方法の詳細はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるのかという問題になってきます。

それに加えて、キャラットミックスには何種類もの人工着色料が使われているのも不安な要素です。

キャラットミックスの成分の特徴

成分表
タンパク質 23.4%以上
脂質 8.1%以上
粗繊維 4.0%以下
灰分 9.0%以下
水分 10.0%以下
食物繊維 6.4%
マグネシウム 0.12%
カルシウム 0.7%以上
リン 0.6%以上
リノール酸 0.9%以上
タウリン 0.09%以上
カロリー
(100gあたり)
330kcal

キャラットミックスのドライフードはタンパク質と脂質、カロリーが控えめになっています。

特にタンパク質に関しては23.4%とかなり低く、穀物が主原料として使われていることから植物性タンパク質の割合がかなり多いと予想できます。

しかし、肉食動物の猫が健康な体を維持するには良質な動物性タンパク質をたっぷりと摂り入れることが大切なので、キャラットミックスは肉食動物の猫本来の食事とはかけ離れたキャットフードと言えます。

 

また、消化吸収できなかった炭水化物は体脂肪として蓄積されるため、低タンパク高炭水化物のフードは肥満にも繋がりやすいです。

それと、パッケージには下部尿路の健康維持に配慮してマグネシウム量を調整していると書かれていますが、カルシウムに対してマグネシウム量が多めなのも気になるところ。

下部尿路の健康維持にはマグネシウムだけでなく、カルシウムとリンとのバランスが重要です。

 

尿路結石ができにくいとされるミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」とされていますが、かつお仕立ての味わいブレンドのミネラルバランスは「1:0.9:0.17」となっています。

こういった理由もあり、愛猫の尿路結石のリスクに配慮したいという場合はキャラットミックスはおすすめできません。

賞味期限と保存方法

キャラットミックスの開封前の賞味期限は製造日から約1年6ヶ月と日持ちします。

ただ、原材料一覧を見た限りでは人工の酸化防止剤が使われていないため、開封後に関しては直射日光と高温多湿を避けて保存して1ヶ月程度で使い切るようにしましょう。

とは言え、キャラットミックスは3kgの大袋の中に500gずつ小分けされた状態で販売されているので、保存方法に関してはそこまで神経質にならなくても大丈夫です。

成猫・高齢(シニア)猫の給餌量

体重 給餌量
2kg 40g
3kg 65g
4kg 85g
5kg 110g

キャラットミックスの袋に書かれている成猫の給餌量の目安は上記の通りですが、実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってきます。

そのため、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

高齢(シニア)猫の給餌量に関しては、成猫の給餌量から1~2割減らしたくらいの量を目安にしてみてください。

キャラットミックス・キャットフードの総合評価

項目 得点
原材料 ★☆☆☆☆
成分 ★☆☆☆☆
安全性 ★★★☆☆
食いつき ★★★★★
総合評価 ★★☆☆☆
(2.5点)

原材料の評価はグレインフリー・小麦グルテンフリーではないこと、穀物が主原料として使われていること、肉類の品質が不明瞭なことを踏まえて1点としました。

成分の評価に関しても、タンパク質がかなり控えめなことと植物性タンパク質の割合が多いと考えられること、カルシウムに対してマグネシウムが多いことから1点に。

安全性の評価に関しては、動物性油脂に人工の酸化防止剤が使われている可能性と人工の着色料が使われていることを考慮して2点減点しています。

全体的に辛口な評価となりましたが、食いつきの評価だけは調査した口コミの比率を参考にして満点にしました!

楽天・Amazon・ヤフーでキャラットミックスの最安値を調査!

内容量 楽天 Amazon ヤフー
3kg 710円 694円 635円

楽天市場とAmazon、ヤフーショッピングでかつお仕立ての味わいブレンド(3.0kg)の価格を調査してみたところ、ヤフーが最安値という結果になりました。

ペットショップやホームセンターでも取り扱っている店鋪は多いですが、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もあるので、継続購入する場合は通販サイトでまとめ買いするのがおすすめです。

通販ならわざわざ重い袋を運ぶ手間も省けますしね。

 

穀物が主原料として使われたキャラットミックスは猫本来の食事とはかけ離れたキャットフードと言わざるをえませんし、危険性のある人工添加物が使われていることも不安な要素です。

ただ、その代わりに価格が安くて継続購入しやすいキャットフードというメリットがあります。

たとえ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです(^^)