コンボ キャットのパッケージ画像

日本ペットフードが製造・販売しているペットフード「コンボ」。

今回はコンボを愛猫に食べさせている方々の口コミ・評判を112件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、【コンボ キャット】のドライフード「まぐろ味・かつお節・小魚添え」の原材料と成分をもとにして総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

コンボ(猫用)の悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食べない・食べなくなった 7件
着色料が気になる 4件
吐く回数が増えた 2件

Amazonや楽天市場、SNSでコンボの口コミを調査してみたところ、「食べない・食べなくなった」、「着色料が気になる」、「吐く回数が増えた」といった悪評が見つかりました。

順番に見ていきましょう。

食べない・食べなくなった

コンボの悪い口コミで一番多かったのが「食べない」、「食べなくなった」という悪評でした。

コンボは猫の好みに合わせて選べるように様々な風味を販売しているものの、猫は好き嫌いが激しい動物なので絶対に気に入ってくれるとは限りません。

こればかりは食べさせてみないことには分からないので、愛猫が好きそうな風味をお試ししてみるしかないですね。

着色料が気になる

その次に多かった悪評は、「着色料が気になる」というレビューです。

コンボには赤色102号、黄色5号といった人工の着色料が使われていますが、これらの人工添加物はガンやアレルギーを起こす原因になります。

もちろん定められた最大基準を超えないように使われているでしょうが、長期的に食べ続けて絶対に悪影響が出ないという保証もないため、安全性を最優先に考えてフードを選びたいと考えている愛猫家からは、着色料が使われたフードは避けられがちな傾向があります。

 

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているため、猫目線で考えれば着色料を使ってまで色味を付ける意味はないです。

着色料を使う意味があるとすれば私たち飼い主の興味を惹くためなので、コンボは猫目線ではなく人間目線で作られた猫の餌と捉えらても仕方ありませんね・・・

吐く回数が増えた

そのほかには、「吐く回数が増えた」という悪評も見られました。

餌を切り替えて吐き戻しが増える原因として考えられるのは、急な餌の切り替え食物アレルギーです。

急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうため、コンボに慣れるまでの間に吐き戻しが増えたり下痢をすることがあります。

 

また、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手なので、穀物が過剰に使われたフードを与えると消化不良を起こすこともあります。

小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫も少なくないですし、食に敏感でお腹が弱い愛猫には穀物が主原料として使われたフードを与えるのは避けた方がいいでしょう。

コンボ(猫用)の良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 88件
価格が安い 6件
小分けされているのがいい 5件

良い口コミに関しては「食いつきがいい」、「価格が安い」、「小分けされているのがいい」といった評判でした。

食いつきがいい

食いつきの悪さを指摘する悪評が7件だったことに対して、食いつきがいいという評判は88件。

口コミの比率を踏まえると、コンボは嗜好性の高いキャットフードと捉えて良さそうですね。

コンボは総合栄養食のドライフードだけでなく一般食のウェットフードも販売しており、主食の食いつきが悪い時にトッピングとして使えることも強みと言えます。

価格が安い

食いつきに関する口コミのほかに、「コンボは価格が安い」という評判も目立ちました。

猫の立場になって考えれば必要のない人工の着色料と、穀物が主原料として使われていることが不安要素ですが、【どうしても愛猫の餌代にお金をかけられない】という方にとっては継続購入しやすい価格帯のフードです。

小分けされているのがいい

コンボのドライフードはどれも小分けされているため、開封後に風味が落ちる前に使い切ることができます。

食いつきの良さを評価する口コミが特に多いのは、小分けパックが理由の一つかもしれませんね。

袋の中で小分けされていれば保存方法にも気を使わなくてすみますし、色々な風味をまとめ買いしてローテションして与えたとしても、よほどのことが無い限りは賞味期限を切らしてしまう心配はないでしょう。

▼コンボの最安値をチェックする
最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

キャットフード「コンボ」の種類

猫用コンボには【コンボ キャット】というシリーズと【コンボ プレゼント キャット】というシリーズがあり、それぞれのシリーズで猫の年齢や体質、食の好みに合わせた商品が販売されています。

順番に解説していきますね。

コンボ キャット

【コンボ キャット】からは総合栄養食のドライフード(ドライ/連パック)と一般食のウェットフード(プチ連カップ/海の味わいスープ)が販売されており、【コンボ プレゼント キャット】よりも種類が多くなっています。

ドライ

商品(シリーズ)名 特徴
シーフードアソート 3種類の風味(シーフード)が入ったアソートタイプ
かつお節入りアソート 3種類の風味(かつお節)が入ったアソートタイプ
まぐろ味・カニカマ・小魚添え 4種類の粒にカニカマ・小魚をトッピング
まぐろ味・かつお節・小魚添え 4種類の粒にかつお節・小魚をトッピング
かつお味・鮭チップ・かつお節添え 4種類の粒に鮭チップ・かつお節をトッピング
子猫用 まぐろ・かつお味 成猫用フードと比較すると高タンパク・高脂質・高カロリー
肥満が気になる猫用 全年齢対応フードよりも脂質・カロリーが控えめ
下部尿路の健康維持 全年齢対応フードよりもマグネシウムが控えめ
毛玉対応 全年齢対応フードよりも繊維質を豊富に配合
11歳以上 毛玉対応 シニア猫に配慮してタンパク質・リンが控えめ
15歳以上 毛玉対応 成分値は「11歳以上」と同じ

【コンボ キャット ドライ】は全年齢対応フードが1種類、子猫用フードが1種類、成猫用フードが3シリーズ、シニア猫用フードが2シリーズというラインナップになっています。

ドライの内容量は”300g/350g/600g/700g”の4種類で、300gサイズは60gの小袋が5袋、350gサイズは70gの小袋が5袋、600gサイズは120gの小袋が5袋、700gサイズは140gの小袋が5袋という内容で販売されています。
(※商品によって販売されているサイズに違いがあります)

子猫用フードに関しては、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫に配慮してタンパク質と脂質とカロリーが高めに調整されており、体の小さな子猫でも食べやすい小粒タイプになっているのも特徴です。

 

「肥満が気になる猫用」は商品名の通り、肥満気味でダイエットが必要な猫に配慮して全年齢対応フードよりも脂質とカロリーが控えめです。

「下部尿路の健康維持」はマグネシウム含有量が0.08%とかなり控えめで、全年齢対応フードよりも尿路結石(ストルバイト)ができにくいと考えられているミネラルバランスに近くなっています。

そして、「毛玉対応」は毛玉のスムーズな排出をサポートするために全年齢対応フード以上に繊維質が配合されてます。

 

シニア猫用フードに関しては、「11歳以上 毛玉対応」と「15歳以上 毛玉対応」の2種類が販売されています。

腎臓の健康維持に配慮してタンパク質とリンがかなり控えめになっていますが、15歳以上はよりタンパク質とリンが控えめに調整されているわけではなく、成分表の数値は11歳以上も15歳以上も全く同じです。

連パック

商品(シリーズ)名 特徴
海の味わいメニュー 「カニカマ&小魚」、「かつお節&小魚」、「鮭チップ&かつお節」といったトッピング素材が違う3種類の風味あり
毛玉対応メニュー トッピング素材は「かつおチップ&小魚」、「かつお節&ささみチップ」の2種類
子猫用 ミルクチップ添え うす型の粒にミルクチップをトッピング
肥満が気になる猫用 トッピング素材は「かつお節&小魚」の1種類
下部尿路の健康維持 トッピング素材は「減塩かつお節」の1種類
毛玉対応メニュー 11歳以上 トッピング素材は「かつお節&細切りかつおチップ」の1種類
毛玉対応メニュー 15歳以上 トッピング素材は「焼きタラチップ&りめん」の1種類

【コンボ キャット 連パック】は総合栄養食のドライフードの4連パックで、”35gか40gの小袋が4袋で1セット”という内容で販売されています。

小袋は1食で使い切れるサイズなので、愛猫と一緒にお出かけする時の携帯用フードとして鞄に入れておいたり、いつもの主食とは違う風味を買っておやつ感覚で与えることもできますね。

プチ連パック

【コンボ キャット プチ連カップ】はムースとジュレの2層構造になったウェットフードです。

プチ連カップはそれだけだと猫に必要な栄養を十分に摂り入れることができない一般食なので、おやつとして与えたり主食にトッピングして与えるようにしてください。

サイズに関しては、”17gのカップが6カップで1セット”という内容になっています。

海の味わいスープ

【コンボ キャット 海の味わいスープ】も、プチ連カップと同じ一般食のウェットフードです。

水分量が多いスープタイプということで、食欲不振の時のトッピング用としてだけでなく水分補給にも使いやすいです。

サイズに関しては、1袋40gのパウチタイプとなっています。

コンボ プレゼント キャット

【コンボ プレゼント キャット】からは現在、ドライフードとゼリータイプのウェットフード(レトルト)に加えて、ドライタイプの猫用おやつが販売されています。

ドライフード(カリカリ)

【コンボ プレゼント キャット】のドライは、毎日の主食として与えることができる総合栄養食です。

【コンボ キャット】の「まぐろ味・かつお節・小魚添え」と【コンボ プレゼント キャット】の「まぐろの旨み4種アソート」を比較してみると、成分バランスはほとんど変わりません。

原材料もほぼ同じものが使われていますが、【コンボ プレゼント キャット】には調味料が使われているといった違いがありました。

内容量に関しては20gの小袋が12袋1セット(240g)ということで、連パックのような与え方ができます。

レトルト(ウェット)

【コンボ プレゼント キャット】のレトルトは、ゼリー仕立てのウェットフードです。

これだけでは必要な栄養を十分に摂り入れられない一般食なので、主食にトッピングして与えたりおやつとして与えることが前提になります。

猫用おやつ

【コンボ プレゼント キャット】のおやつはシリーズ名の通り、完全におやつとして与えることを目的としたドライフードです。

使われている原材料の内容自体は総合栄養食のドライフードと一緒で、人工の着色料や調味料も含まれています。

おやつばかりを与えすぎると栄養が偏ってしまうため、主食とは別におやつを与える場合、【1日の必要カロリーの20%以内までの量】という目安を守って与えるようにしてください。

キャットフード「コンボ」の原材料の評価

原材料一覧
穀類(トウモロコシコーングルテンミール小麦粉パン粉)、肉類(チキンミール牛肉粉豚肉粉)、魚介類(小魚、フィッシュミール、カツオブシ、フィッシュパウダー、マグロ節粉、マグロエキス、小魚粉末、カツオエキス、シラスパウダー)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂、γ-リノレン酸)、脱脂大豆、オリゴ糖、ハーブ(タイム、ディル、フェンネル)、野菜類(トマト、ニンジン、ホウレンソウ)、クランベリーパウダー、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、銅、亜鉛、ヨウ素)、pH調整剤、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、酵母細胞壁、着色料(二酸化チタン、食用赤色102号、食用赤色106号、食用黄色5号、食用青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、グルコサミン、コンドロイチン

※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物は赤色で記載

ここからは、【コンボ キャット】の全年齢対応ドライフード(まぐろ味・かつお節・小魚添え)の原材料を評価していきます!

穀物が主原料のドライフード

まず、コンボは第一原材料に「トウモロコシ・コーングルテンミール・小麦粉・パン粉」といった穀物を使用しています。

口コミの項目で説明したように、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーを持つ猫は少なくなく、穀物が過剰に使われたフードを食べると下痢・嘔吐といった消化不良を起こす猫もいます。

それと、”ミール”という原材料を見て人間用の食肉として出回らない肉骨粉(肉副産物)を連想する方もいると思いますが、公式サイトやパッケージにはミールの品質についての説明はされていませんでした。

内容や製造方法が不明瞭な原材料あり

そのほかの不安要素は、具体的に何の動物の油脂が使われているかが分からない”動物性油脂”です。

さらに、動物性油脂に酸化防止剤を使っていても原材料一覧に表記する必要はなく、酸化を防ぐためにガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤が使われている可能性があります。

具体的な原材料や製造方法の詳細はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるのかという問題になります。

また、人工の着色料は猫にとっては不要な添加物ですし、腐敗や変色を防ぐ目的で使われているpH調味料は複数の添加物を一括で表記できるため、具体的に何が使われているかが分からないということも不安要素です。

▼コンボの最安値をチェックする
最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

キャットフード「コンボ」の成分の評価

成分表
たんぱく質 27.0%以上
脂質 9.0%以上
粗繊維 3.0%以下
灰分 9.0%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 0.9%以上
リン 0.8%以上
マグネシウム 0.12%
カロリー
(100gあたり)
360kcal

原材料の次は、猫用コンボの成分を評価していきます。
(※表は【コンボ キャット】の全年齢対応ドライフードの成分値です)

タンパク質・脂質・カロリーが控えめなフード

【コンボ キャット】のドライフードは穀物が主原料に使われているためか、肉原材料が主原料に使われているドライフードに比べると脂質が控えめです。

タンパク質が27%と低いことも気になりますが、穀物が主原料主原料として使われていることを踏まえると植物タンパク質の割合がかなり多いと予想できますね。

肉食動物の猫が健康な体を維持するためには良質な動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることが大切なので、タンパク質量と内容に配慮して愛猫のフードを選びたいという場合には、高品質な肉原材料が主原料として使われたフードを選ぶといいでしょう。

それと、【コンボ キャット】は脂質だけでなくカロリーも100gあたり360kcalと控えめですが、低タンパク・高炭水化物のフードは肥満に繋がりやすいことから、肥満猫用フードとしてもおすすめできません。

カルシウム・リン・マグネシウムのバランス

尿路結石ができにくいミネラルバランスは”カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08″と考えられていますが、全年齢対応ドライフード(まぐろ味・かつお節・小魚添え)のミネラルバランスは“1:0.9:0.13”と、マグネシウムがやや多めになっています。

ただ、”下部尿路の健康維持シリーズ”はマグネシウム含有量が控えめで、3つのミネラルバランスは”1:0.8:0.09″と理想的なバランスに近いです。

そのため、愛猫の尿路結石のリスクに配慮したいという意図がある場合には、”下部尿路の健康維持シリーズ”を選んだ方が安心できるでしょう。

コンボ(猫用)の給餌量について

体重 給餌量
2kg 40g
3kg 55g
4kg 70g
5kg 85g
6kg 95g
7kg 110g

コンボの「まぐろ味・かつお節・小魚添え」の成猫の給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのパッケージにも給餌量の目安が掲載されていますが、実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってきます。

そのため、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

シニア猫の給餌量に関しては、成猫の給餌量から1~2割減らしたくらいの量を目安にしてみてください。

 

なお、成長期の子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間は愛猫にあげる量にあまり神経質になりすぎず、基本的には欲しがるだけ食べさせて大丈夫です。

生後半年以降は必要なエネルギー量が減っていくため、表を参考にしながら徐々に給餌量を調整しましょう。

中には目安の給餌量ほど餌を食べない子猫もいますが、体重が順調に増えていればよほど問題ありません。

キャットフード「コンボ」の総合評価

項目 得点
原材料 ★☆☆☆☆
成分 ★☆☆☆☆
安全性 ★★☆☆☆
食いつき ★★★★★
コスパ ★★★★★
総合評価 ★★☆☆☆
(2.8点)

まず、原材料の評価はグレインフリー・小麦グルテンフリーではないこと、穀物が主原料として使われていること、肉原材料の品質が不明瞭なことを踏まえて1点としました。

成分の評価は「まぐろ味・かつお節・小魚添え」の成分表を参考にしつつ、タンパク質が控えめなことに加えて植物性タンパク質の割合が多いと考えられること、脂質がやや控えめなこととミネラルバランスに乱れがあることから1点に。

安全性の評価に関しては、人工の着色料が使われていることとpH調整剤と動物性油脂を不安要素と捉えて2点としています。

 

全体的に辛口な評価となりましたが、食いつきの評価は調査した口コミ結果をもとに満点にしました!

コスパの評価に関しては、100gあたり約63円というドライフードの価格を踏まえて満点としています。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

サイズ 公式 楽天 Amazon
350g 264円 253円
700g 440円 479円

公式サイトとAmazon、楽天市場で「まぐろ味・かつお節・小魚添え」の販売価格を調査してみたところ、公式サイトでの販売はなく350gサイズはAmazon、700gサイズは楽天が最安値という結果になりました!

ペットショップやホームセンターでもコンボを取り扱っている店鋪は多いですが、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もあるので、継続購入する場合は通販サイトでまとめ買いするのがお手軽です。

通販ならわざわざ重い袋を運ぶ手間も省けますしね。

 

穀物が主原料として使われたコンボは猫本来の食事とはかけ離れた餌と言わざるをえませんし、猫にとって必要のない人工添加物が使われていることも不安要素です。

ただ、その代わり価格が安くて継続購入しやすいというメリットがあります。

たとえ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る