可愛い眼差しの猫

「人間がキャットフードを食べるとどうなる?」

そんな疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか?

私自身、愛猫があまりにもおいしそうにキャットフードを食べているのを見て、どんな味がするんだろうと気になったことがありましたが、人間が食べたらお腹を壊したりするのではないかと思い悩んだ経験があります(笑)

人間が食べても大丈夫?

現在は様々なキャットフードが販売されていますが、出回っているキャットフードの多くは人間が食べられる食材を使っているので、人間が食べたとしても健康面で影響が出る可能性は低いです。

ただ、人間の身体に害があるような原材料を含んでいるキャットフードが絶対にないとも言い切れません。

興味本位でキャットフードを食べてみたいけど、できる限り身体的なリスクを排除したいという場合は、「ヒューマングレード」をうたったキャットフードを食べてみるのが無難だと思います。

ヒューマングレードとは?

「ヒューマングレード(Human grade)」とはそのままの意味で、要は人間の食べ物と同じ品質ということです。

ただ、ヒューマングレードというのはメーカーが自主的に表記しているもので、実は表記するにあたって厳格な決まりがあるわけではありません。

万全を期すならメーカーのHPの商品ページなどで、原材料の品質や衛生管理面の情報もあわせてチェックしておくことをおすすめします。

安価なキャットフードは避けるのが無難

冷ややかな目で飼い主を見る猫

コストパフォーマンス(安さだけ)を追求したキャットフードには、人間が食べられないような肉や人間の食べ物に使うことが禁止されている酸化防止剤が使われている可能性があります。

例えば、人間用の食肉として流通しない肉のことを肉副産物と言い、具体的には家畜の骨や嘴、病死や薬殺した家畜、犬や猫の肉などが該当します。

・・・想像しただけで身震いしますね(苦笑)

 

こういったものを口にするリスクを避けるためにも、安過ぎるキャットフードや聞いたことのないような怪しげなメーカーのキャットフードは避けた方がいいでしょう。

もちろん、人間の身体に害が出るようなものは猫にも害が出る可能性があるので、大事な愛猫のことを思うなら多少高くても品質のいいキャットフードを普段から買うことをおすすめします。

猫と人間では必要な栄養素が違う

人間がキャットフードを食べられるかどうかといった疑問に対し、もう一点覚えておくといいのが、そもそも猫と人間では必要な栄養素が全然違うということです。

仮に食品衛生上全く問題がなく、人間の食べ物と同等の品質のキャットフードがあったとしても、それを人間が毎日のように主食として食べれば栄養バランスが偏って体調を崩す可能性があります。

 

まあキャットフードを主食にして生活する人は、まずいないと思いますけどね(笑)

その逆に、よっぽど粗悪なものでなければ非常食として食べる程度には問題ないと思うので、この知識が緊急時に役立つ可能性もありますね。

キャットフードの味について

ちゅーるに夢中な猫

さて、キャットフードの味についてですが、最初に結論を言ってしまうとおいしくはないです(笑)

強烈な香りとは裏腹に、ほとんど味がしなくておいしいと思うのは少数派だと思います。

 

理由としては、人間の食べ物と比べて塩分が少なめになっているから。

これは先ほどの栄養素と関連し、猫が人間と同じ味付けのものを食べると腎機能に障害を起こす可能性があるためなんですよ。

実際に食べた感想

キャットフードを食べた人の中には、醤油やマヨネーズをかければ意外においしいといった声もあります。

でも、私が以前に思い悩んだ末、勇気を持ってキャットフードを食べた時は全くおいしいとは思えませんでした・・・

どれだけ水分を取ったり葉を磨いても、後味やキャットフードの匂いがいつまでも口の中に残って気持ち悪かった、というのが率直な感想です(苦笑)

 

ただ、最近販売されている猫用のおやつは色んな味付けがありますし、もしかしたらおいしいものもあるかもしれません。

私は昔の記憶が印象に残りすぎて、とても試食してみる気にはなれませんけどね(;´∀`)

ちなみに、私はキャットフードをおいしいとは思えませんでしたが、お腹が痛くなったとか熱が出たといった体調不良は特にありませんでしたよ。

まとめ

餌を食べる3匹の猫

品質もよく衛生管理がしっかりとした環境で作られているキャットフードであれば、人間が食べてもよっぽど害はないと思います。

また、衛生管理が行き届いた環境でキャットフードを作っているメーカーでは、開発や製造に関わっている人間が味見をしているそうです。

しかし、安価なキャットフードの場合は品質も落ちますし、どのような衛生環境でキャットフードが作られているかわからないので、口にするのは避けた方がいいでしょう。

 

興味本位でキャットフードを食べてみたいという場合は、人間も食べられるものが使われていることを念入りに確認してください。

ただし、おいしくはないということは覚悟しておくべきです(笑)