イタリア発のナチュラルペットフード「ELMO(エルモ)」。

今回はエルモを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を調査し、悪い口コミと良い口コミに分けてまとめてみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

エルモキャットフードの悪い口コミ・評判

ELMO(エルモ)キャットフードの悪い口コミ・評判は「思っていたよりも食いつきが悪い」、「消化不良を起こしてしまった」、「市販の国産フードに比べると高い」といった内容のレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、エルモは風味の種類が限定されていることに加えて、猫は好き嫌いが激しい動物ということが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食べない・食べなくなった(6件)
  • 軟便(下痢)気味になった(2件)
  • 固めの便をするようになった(1件)
  • 値段が高い(1件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は楽天市場とAmazonとSNSで調査しましたが、エルモは流通量の少ないペットフードということもあってか通販サイトではほとんどレビューが書かれておらず、確認できた口コミ・評判の件数は全18件と非常に少なかったです。

食べない・食べなくなった

悪い口コミで一番多かったのは、食いつきの悪さを指摘する悪評でした。

ただ、口コミ件数自体が少ないこともあり、食いつきに関わる口コミはほとんど当てにならないというのが率直な感想です。

あえてデメリットを挙げるとすればエルモは風味が1種類しかないことで、愛猫の食の好みに合わせてフードを選ぶことができません。

軟便(下痢)気味になった

今回調査した口コミの中には「軟便(下痢)気味になった」、「血便が出た」といった悪評も見つかりました。

軟便や血便の理由としてまず考えられるのは食物アレルギーです。

食物アレルギーの主な症状は下痢・嘔吐といった消化不良や皮膚炎ですが、猫によっては血便をすることもあります。

エルモには猫の食物アレルギーの原因になりやすいトウモロコシ、コーングルテンミールが使われているため、食に敏感でお腹が弱い愛猫にはあまりおすすめできません。

固めの便をするようになった

「エルモに切り替えたら固めの便をするようになった」といった悪評も確認できました。

固めの便をするようになった理由として考えられるのは、”ビートパルプ”という原材料です。

ビートパルプに含まれている不溶性食物繊維には便を固める作用があるものの、摂取しすぎるとお腹の中で便を固めすぎて便秘や血便に繋がるというリスクがあります。

原材料の内容を見る限りではビートパルプの配合量は多くはなさそうですが、今の時点で便秘気味の愛猫に与えるのは避けた方がいいかもしれません。

値段が高い

「エルモのキャットフードは値段が高い」、といった内容の悪評も確認できました。

エルモには肉原材料が主原料として使われており、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物も使われていないため、確かに市販の激安フードと比べると高いです。

ただ、100gあたり約149円という販売価格は決して高すぎるわけではなく、2~3倍以上の値段で販売されているプレミアムフードも珍しくありません。

そのため、品質と価格のバランスが取れたフードを与えたいと考えている場合には有力候補の一つになるでしょう。

▼総合評価をチェックする
ELMO(エルモ)キャットフードの総合評価

エルモキャットフードの良い口コミ・評判

ELMO(エルモ)キャットフードの良い口コミ・評判は「おねだりされるくらい食いつきがいい」、といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、エルモは良質な肉原材料が主原料として使われたドライフードということが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(8件)

という結果になっています。

口コミの詳細を詳しくみていきましょう。

食いつきがいい

調査した全18件の口コミのうち、食いつきのよさを評価する口コミは全体の4割弱でした。

ただ、悪い口コミの項目でも触れた通り、食いつきに関わる口コミはほとんど参考にならないと思っておいた方がいいでしょう。

そのため、いきなり大袋を購入したりまとめ買いするのは避けた方が無難ですが、”家に迎え入れる前からエルモを食べていて食いつきもいい”ということであれば、まとめ買いするのも悪くないと思います。

エルモキャットフードの口コミ・評判まとめ

ELMO(エルモ)キャットフードの悪い口コミ・評判は「思っていたよりも食いつきが悪い」、「消化不良を起こしてしまった」、「市販の国産フードに比べると高い」といった内容のレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ELMO(エルモ)キャットフードの良い口コミ・評判は「おねだりされるくらい食いつきがいい」、といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、エルモは良質な肉原材料が主原料として使われたドライフードということが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食べない・食べなくなった
  • 軟便(下痢)気味になった
  • 固めの便をするようになった
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい

Amazonで見る

楽天市場で見る

ELMO(エルモ)の定期購入サービスについて

Coo&RIKU(クーアンドリク)というペットショップでは、エルモの定期購入サービスが導入されています。

そして、クーアンドリクの定期購入サービスには【犬猫を割引価格で購入できる】、もしくは【譲渡負担金0円で犬猫を譲渡してもらえる】といった特典があります。

 

前者の最大割引率は50%となっており、途中解約する場合も割引価格以上の解約金が発生することはありません。

解約金に関しては配送回数に応じて変動し、配送回数が多いほど解約金が減っていきます。

例えば、1年間継続して配送回数が8回だった場合の解約金は割引価格の70%、3年間継続して配送回数が18回だった場合の解約金は割引価格の30%となります。

なお、満期以降に解約する場合には解約金は発生しません。

 

後者(譲渡)の定期購入サービスは途中解約できないことになっているので、よく考えてから契約したいところです。

ちなみに、譲渡された場合に途中解約できない理由は”健全な飼育環境の一環・飼育状況確認を含んでいる”とのことで、簡単に言えば”飼い主としての責任を放棄せず、餌をしっかりと与えているかどうかの確認を兼ねて”・・・ということでしょう。

ELMO(エルモ)キャットフードの種類

ELMO(エルモ)からは現在、猫の年齢や体質に合わせて原材料の割合と成分バランスを調整した4種類のドライフードが販売されています。

子猫用

エルモの子猫用フードは「グローアップ」の1種類です。

鶏肉が主原料として使われており、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫に配慮して高タンパク・高脂質・高カロリーになっています。

成猫用

商品名 特徴
インドア 運動量が少ない室内飼いの猫に配慮して成分バランスを調整
ユリナリーケア 尿路結石のリスクに配慮してミネラルバランスを調整
ヘアボールケア 毛玉の排出をサポートするために繊維質を増量

エルモの成猫用フードは「インドア」、「ユリナリーケア」、「ヘアボールケア」の3種類です。

「インドア」は室内飼いで運動量が控えめな猫に配慮して、一般的な成猫用の総合栄養食よりも脂質が控えめになっています。

「ユリナリーケア」に関しては、尿路結石(ストルバイト結石)のリスクに配慮してマグネシウム含有量が0.06%とかなり控えめで、マグネシウムに合わせてカルシウムとリンの含有量も調整されています。

そして、「ヘアボールケア」は商品名の通り毛玉ケアに配慮されたドライフードで、そのほかの種類よりも繊維質が多めに配合されています。

ELMO(エルモ)キャットフードの原材料の評価

原材料一覧
鶏肉(生肉10%、乾燥肉26%)、米、動物性脂肪(鶏脂肪99.6%、天然抗酸化剤で保存)、トウモロコシ加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、コーングルテンミール、乾燥全卵、乾燥サーモン、サーモンオイル、ビール酵母(MOS源、B12源)、不溶性エンドウ豆繊維、タウリン、XOS(キシロオリゴ糖3g / kg)、加水分解酵母(MOS)、ユッカ、ローズヒップ

※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、ELMO(エルモ)キャットフードの「グローアップ(子猫用)」の原材料を評価していきます!

肉類が主原料のイタリア産キャットフード

安さ重視の激安フードには穀物が主原料として使われていますが、エルモには肉類が主原料として使われており、肉類の種類と割合も明記されています。

また、ペットフードの品質基準が厳しいイタリア(ヨーロッパ)産のキャットフードということもあってか、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物は一切使われていません。

トウモロコシ・コーングルテンミールといった原材料が使われていることから小麦グルテン、穀物全般にアレルギーのある猫には対応できませんが、特にこれといったアレルギーがないなら気にせず与えることができます。

 

穀物が使われていること以外に不安要素を挙げるとすれば、製造方法によっては発がん性物質を作り出す”加水分解動物性タンパク”が使われていることです。

製造方法の詳細はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるかという問題になってきます。

ELMO(エルモ)キャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 34%以上
粗脂質 20%以上
粗繊維 3%以下
粗灰分 7%以下
カルシウム 1%以上
リン 1%以上
オメガ6脂肪酸 8%以上
オメガ3脂肪酸 1%以上
タウリン 0.2%以上
カロリー
(100gあたり)
422kcal

原材料の次は、ELMO(エルモ)キャットフードの成分を評価していきます。
(※表はグローアップの成分値です)

年齢に合わせて成分バランスを調整

グローアップは成長期の子猫向けフードということでタンパク質は34%、脂質は20%、100gあたりのカロリーは422kcalと、高タンパク・高脂質・高カロリーな成分バランスになっています。

また、繊維質は3%と適度に含まれており、毛玉ケアや毎日のスッキリにもしっかりと配慮されている印象を受けますし、皮膚・被毛の健康維持をサポートするオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスも悪くありません。

 

エルモのキャットフードの成分に関して気になったことは、どの商品にもマグネシウム含有量が掲載されていないことです。

尿路結石ができにくいミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」と考えられていますが、マグネシウム含有量が分からないことには判断しようがありません。

そのため、愛猫の尿路結石のリスクに配慮してフードの切り替えを検討している場合は各ミネラル含有量がしっかりと掲載されており、ミネラルバランスの比率が「1:0.8:0.08」に近いフードを選んだ方が安心できるでしょう。

▼総合評価をチェックする
ELMO(エルモ)キャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで値段を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
400g 1,026円
2kg 3,209円 2,970円

公式サイトと楽天市場、Amazonでエルモのグローアップの販売価格を調査してみたところ、公式サイトでは販売されておらず2kgサイズはAmazonが最安値、400gは楽天市場だけの販売という結果になりました!

エルモは取扱店が少ないイタリア産のキャットフードなので、お試し購入するなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがおすすめです。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、送料無料となる販売店もありますからね。

ELMO(エルモ)キャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3/5点
成分 4/5点
安全性 4/5点
食いつき 1/5点
コスパ 3/3点
総合評価 Dランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 1,026円/400g
2,970円/2kg
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 イタリア
販売会社 株式会社ATSU.Trading

当サイトのELMO(エルモ)キャットフードの総合評価はDランクです。

食いつきの悪さを指摘する口コミが目立ったのが気になるところですが、そもそもの口コミ件数自体が少なすぎるため、食いつきの項目は暫定での評価ということにしておきます。

また、肉食動物の猫の消化不良の原因になりやすい穀物が使われているのはデメリットと言えますが、グレインフリー(穀物不使用)フードよりも値段がお手頃というメリットでもあります。

たとえ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る