猫の年齢や体質、飼育環境や食の好みに合わせた豊富なキャットフードを取り揃えている「FORZA10(フォルツァ10)」。

今回はそんなフォルツァ10を愛猫に与えている方々の口コミ・評判を140件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

フォルツァ10(猫用)の悪い口コミ・評判

フォルツァ10(猫用)の悪い口コミ・評判は「中々食べてくれない」、「消化不良を起こしてしまった」、「成分バランスで気になる部分がある」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、フォルツァ10には嗜好性を高めるための人工添加物が使われていないことや、原材料の内容が関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食べない・食べなくなった(36件)
  • 軟便・下痢気味になった(8件)
  • 成分バランスが気になる(4件)
  • 値段が高い(4件)
  • 吐く回数が増えた(4件)

という結果になっています。

食べない・食べなくなった

フォルツァ10の悪い口コミ・評判で一番多かったのは「あまり食べない」、「食べなくなってしまった」といった食いつきが悪いというレビューでした。

猫は好き嫌いが激しい動物ということも原因として考えられますが、フォルツァ10には嗜好性を高めるための人工添加物が使われていないことも原因の一つと考えられます。

一般的には人工の香料や調味料で風味が整えられたフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、それらの人工添加物が使われたフードを食べ慣れている猫にとっては、フォルツァ10の香りにそれほど魅力を感じないのかもしれません。

軟便・下痢気味になった

次に多かった悪い口コミ・評判は、「軟便・下痢気味になった」といった内容のレビューでした。

軟便・下痢の原因として考えられるのは、餌の急な切り替えや食物アレルギーです。

まず、餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、フォルツァ10に慣れるまで一時的に便が緩くなる可能性があります。

 

次の食物アレルギーに関しては、穀物全般にアレルギーがある愛猫に穀物が含まれたフードを与えたことが原因かもしれませんし、チキンやサーモンといった特定の肉原材料がアレルギーの原因になることもあります。

食物アレルギーの原因は食べさせてみないことには判断しづらいので、穀物が含まれたフードがダメならグルテンフリーやグレインフリーのフードを試し、それでもダメなら次は肉類の種類が限定されたフードを・・・といったように、地道に原因を特定していくしかありません。

成分バランスが気になる

そのほかには「成分バランスについて気になる部分がある」、といった内容のレビューも確認できました。

フォルツァ10の総合栄養食のドライフードの成分表に目を通してみると、全体的にタンパク質がかなり控えめになっています。

その一方で、肉食動物の猫にとってタンパク質は重要な栄養素ということから、タンパク質量を気にするレビューが見られました。

また、フォルツァ10はマグネシウム含有量が掲載されていないフードもあり、カルシウム・リン・マグネシウムのバランスを気にするレビューも見つかりました。

値段が高い

今回調査した口コミ・評判の中には、「フォルツァ10は値段が高い」という悪評もありました。

フォルツァ10は良質な原材料が使われたキャットフードということで、100gあたりの値段は約235円と決して安くはありません。
(※ドライフードのエブリデイビオラインの値段を参考にしています)

いくら品質のいいフードを与えたいからと言っても継続できなければ意味がないので、現実的に継続して購入できる値段かどうかという点まで考慮して購入を検討することをおすすめします。

吐く回数が増えた

フォルツァ10に切り替えて吐く回数が増えたのも、軟便・下痢気味になる理由と同じです。

餌の急な切り替えは消化不良の原因を特定しづらくなってしまうので、最低でも1週間から10日はかけてゆっくりと新しい餌に切り替えていくのがいいでしょう。

餌の切り替え方と食物アレルギー以外では、一気食いが吐き戻しの原因になっている可能性も考えられます。

▼総合評価をチェックする
フォルツァ10キャットフードの総合評価

フォルツァ10(猫用)の良い口コミ・評判

フォルツァ10(猫用)の良い口コミ・評判は「残さず最後まで食べてくれる」、「消化不良が解消された」、「安心して愛猫に食べさせられる」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、フォルツァ10は天然由来の原材料の香りで嗜好性が高められていることや、消化不良の原因になりにくい原材料が使われていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(51件)
  • いい便が出るようになった(11件)
  • 原材料に安心感がある(8件)
  • 吐く回数が減った(5件)
  • 毛並み・毛艶が良くなった(5件)
  • お手頃な値段(4件)

という結果になっています。

食いつきがいい

フォルツァ10の良い口コミ・評判で一番多かったのは、食いつきのよさを評価するレビューでした。

ただ、食いつきの悪さを指摘するレビューが36件、食いつきのよさを評価するレビューが51件という比率を踏まえると、フォルツァ10は一般的なドライフードより嗜好性が低めという印象を受けます。

それと、フォルツァ10は一般食のウェットフードの風味の種類は豊富なものの、総合栄養食のドライフードの風味が限定されていることもデメリットと言えます。

いい便が出るようになった

次に多かった良い口コミ・評判は、「いい便が出るようになった」といった内容のレビューです。

フォルツァ10は穀物不使用のグレインフリーフードではないですが、消化不良の原因になりにくい原材料が使われているため、穀物が過剰に使われたフードから切り替えるだけで飼い主にも分かるくらい便の固さが変わる可能性はあります。

また、フォルツァ10には繊維質も適度に含まれているので、便秘気味の愛猫の毎日のスッキリをサポートしたいという場合にも試してみる価値はあるでしょう。

原材料に安心感がある

そのほかには、「フォルツァ10は原材料に安心感がある」というレビューも確認できました。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、フォルツァ10は安全性に配慮してそれらの人工添加物を使っていません。

人工の酸化防止剤は天然由来のものより効果が強力というメリットもあるものの、長期的に愛猫に食べさせ続けて絶対に悪影響が出ないという保証もないことから、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは敬遠されがちな傾向があります。

 

また、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないフォルツァ10は、人間目線ではなく猫目線で作られたキャットフードと捉えることができますね。

吐く回数が減った

フォルツァ10に切り替えて吐く回数が減るのも、便の状態が良くなる理由と同じです。

穀物全般にアレルギーのない猫にとってはグレインフリーは必須ではありません。

そのため、愛猫の消化不良が気になっている場合は、まずはフォルツァ10のような消化不良の原因になりにくい原材料が使われたフードからお試ししてみて、しばらく様子を見てみるのもいいでしょう。

毛並み・毛艶が良くなった

「毛並み・毛艶が良くなった」というレビューや、「痒がらなくなった」というレビューも確認できました。

痒がらなくなった理由として考えられるのは、小麦グルテンにアレルギーのある愛猫のフードをグルテンフリーのフードに切り替えた結果、皮膚炎が解消されたことです。

毛並み・毛艶が変わった理由として考えられるのは、皮膚・被毛の健康維持をサポートするオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が関係していると考えられますが、残念ながら成分表には2つの脂肪酸の含有量が掲載されていませんでした。

ちなみに、皮膚・被毛の健康維持をサポートする理想的なバランスは、「オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=5:1」と考えられています。

お手頃な値段

良い口コミ・評判の中には、「フォルツァ10はお手頃な値段で販売されている」といったレビューもありました。

市販の国産フードと比較するとかなり高額と言わざるをえませんが、肉原材料が贅沢に使われたグレインフリーフードの中にはフォルツァ10の1.5~2倍以上の値段で販売されている商品もあります。

結局のところ、フードの品質と価格のバランスは飼い主それぞれで違うので、自分なりにバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。

フォルツァ10(猫用)の口コミ・評判まとめ

フォルツァ10(猫用)の良い口コミ・評判は「残さず最後まで食べてくれる」、「消化不良が解消された」、「安心して愛猫に食べさせられる」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、フォルツァ10(猫用)の良い口コミ・評判は「残さず最後まで食べてくれる」、「消化不良が解消された」、「安心して愛猫に食べさせられる」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、フォルツァ10は天然由来の原材料の香りで嗜好性が高められていることや、消化不良の原因になりにくい原材料が使われていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食べない・食べなくなった
  • 軟便・下痢気味になった
  • 成分バランスが気になる
  • 値段が高い
  • 吐く回数が増えた
  • 食いつきがいい
  • いい便が出るようになった
  • 原材料に安心感がある
  • 吐く回数が減った
  • 毛並み・毛艶が良くなった
  • お手頃な値段

Amazonで見る

楽天市場で見る

FORZA10(フォルツァ10)キャットフードの種類

FORZA10(フォルツァ10)のキャットフードはドライフードが5シリーズ、ウェットフードが4シリーズというラインナップになっています。

ドライフード

シリーズ名 特徴
アクティブ 特別に成分バランスが調整された療法食【皮膚・被毛の健康維持:デルモアクティブ】、【体重管理:ウェイトコントロールアクティブ】、【健康加齢と免疫の健康維持:イムーノアクティブ】、【泌尿器の健康維持:ウリナリーアクティブ】、【腎臓の健康維持:リナールアクティブ】、【胃腸の健康維持:インテスティナルアクティブ】
ダイエット タンパク制限が行われた療法食(種類はレギュラーダイエット ローグレインフィッシュのみ)
メンテナンス 食物アレルギーに配慮された総合栄養食(種類はメンテナンスフィッシュのみ)
ミスターフルーツ 年齢と飼育環境に合わせて成分バランスを調整した総合栄養食【子猫用:キトン】、【成猫用:アダルトインドア、避妊・去勢猫用、ライト】、【シニア猫用:シニア】
エブリデイビオライン 世界認証オーガニック食の総合栄養食(種類はエブリデイビオのみ)

フォルツァ10の猫用ドライフードは「アクティブ」、「ダイエット」、「メンテナンス」、「ミスターフルーツ」、「エブリデイビオライン」の5シリーズです。

アクティブとダイエットは特別に成分バランスが調整された療法食で、アクティブからは【皮膚・被毛の健康維持/体重管理/健康加齢と免疫の健康維持/泌尿器の健康維持/腎臓の健康維持/胃腸の健康維持】を目的としたフードが販売されています。

ダイエットの種類に関しては、”レギュラーダイエット ローグレインフィッシュ”の1種類だけです。

メンテナンスとミスターフルーツ、エブリデイビオラインの3シリーズは総合栄養食となっており、ミスターフルーツは猫の年齢と飼育環境に合わせた4種類のドライフードを取り揃えています。

ウェットフード(トレイ/缶詰)

シリーズ名 特徴
アクティウェット 特別に成分バランスが調整された療法食【腎臓:リナールアクティウェット フラットフィッシュ、リナールアクティウェット ラム】、【糖の調整:D・B・Tアクティウェット】、【胃腸:インテスティナルアクティウェット】、【泌尿器:ウリナリーアクティウェット】
プレミアムフォルツア10 12種類の風味がある一般食【まぐろと海藻、ササミとカボチャ、 サバとマグロとチキン、サバと小エビ、チキンとマグロとチーズ、チキン エンドウ豆と人参添え、マグロとチキンとパパイア、マグロと小エビ、サバとチキンと白ブドウ、チキンとマグロと人参 アロエ添え、チキンと小エビ、マグロとプロシュート】
メンテナンス 食物アレルギーに配慮された一般食(全12種類【マグロ&ササミ、マグロ&アンチョビ、イワシ&エビ、イワシ&白身魚、イワシ&サーモン、サバ&シラス、サバ&サーモン、マグロ&シラス、マグロ&白身魚、マグロ&ライス、マグロ&サーモン、マグロ&イカ】
エブリデイビオライン 世界認証オーガニック食の総合栄養食【エブリデイビオビーフ、エブリデイビオチキン】

フォルツァ10の猫用ウェットフードは「アクティウェット」、「プレミアムフォルツァ10」、「メンテナンス」、「エブリデイビオライン」の4シリーズです。

アクティウェットはトレイタイプの療法食で、【腎臓/糖の調整/胃腸/泌尿器】に対応した4種類のウェットフードが販売されています。

 

プレミアムフォルツァ10とメンテナンスは缶詰タイプの一般食で、食の好みに合わせやすように12種類の風味を取り揃えています。

また、メンテナンスは食物アレルギーに配慮された内容になっているのも特徴です。

エブリデイビオラインに関してはトレイタイプの総合栄養食で、トッピング用やおやつ用としてだけでなく主食として与えることもできます。

▼総合評価をチェックする
フォルツァ10キャットフードの総合評価

フォルツァ10(猫用)の原材料の評価

原材料一覧
有機鶏(26%)・有機そら豆・有機スイートコーン・有機スペルト小麦・有機鶏脂肪・有機ヒマワリ油・有機海藻(アスコフィラム結節)・ミネラル(リン酸カルシウム・炭酸カルシウム・硫酸第一鉄・酸化亜鉛・硫酸塩・マンガン酸化物・ヨウ素酸カルシウム・亜セレン酸ナトリウム)・タウリン・天然ビタミン(E・PP・A・ビオチン・B12・パントテン酸・B2・B6・葉酸・B1・D3)・天然トコフェロールとローズマリー抽出物(酸化防止剤として使用)

※食物アレルギーの原因になりやすい原材料は赤色で記載

ここからは、フォルツァ10(猫用)の「エブリデイビオライン」の原材料を評価していきます!

猫にとって必要のない人工添加物は不使用

フォルツァ10(猫用)の大きな特徴の一つは、猫にとって必要のない人工添加物が使われていないことでしょう。

口コミの項目でも説明した通り、一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、フォルツァ10は安全性に配慮してそれらの人工添加物を使っていません。

また、「エブリデイビオライン」は世界認証オーガニック食の総合栄養食ということも安心できる要素の一つです。

肉原材料の割合はそこまで多くはないものの、穀物が主原料かつ猫にとって必要のない人工添加物が使われたフードよりワンランク上のフードと言えるでしょう。

フォルツァ10(猫用)の成分の評価

成分表
粗タンパク質 26.7%
粗脂肪 15.6%
粗灰分 6.5%
粗繊維 3.1%
水分 8.0%
カルシウム 1.6%
リン 1.0%
カロリー
(100gあたり)
366kcal

原材料の次は、フォルツァ10(猫用)の「エブリデイビオライン」の成分を評価していきます。

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

フォルツァ10のエブリデイビオライン(ドライフード)のタンパク質は26.7%、脂質は15.6%、100gあたりのカロリーは約366kcalと、タンパク質・脂質・カロリーが控えめに調整されています。

脂質とカロリーに関しては運動量が少ない室内飼いの猫には丁度いいくらいですが、タンパク質量が物足りないというのが率直な感想です。

また、原材料一覧の肉類の割合を見る限りでは、植物性タンパク質の割合もそれなりに多いと予想できます。

こういった成分バランス上、肉食動物の猫にとって大切な栄養素である動物性タンパク質がたっぷりと含まれたフードを与えたい・・・と考えている場合にはおすすめできません。

カルシウム・リン・マグネシウム含有量

エブリデイビオラインのカルシウム含有量は1.6%、リン含有量は1.0%とのことですが、マグネシウム含有量は掲載されていませんでした。

下部尿路の健康維持には3つのミネラルバランスが重要ですが、マグネシウム含有量が分からないことには判断のしようがありません。

ちなみに、尿路結石ができにくいミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」と考えられています。

そのため、尿路結石のリスクに配慮してフードの切り替えを検討している場合は各ミネラル含有量がしっかりと掲載されており、ミネラルバランスの比率が「1:0.8:0.08」に近いフードを選んだ方が安心できるでしょう。

▼総合評価をチェックする
フォルツァ10キャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
1.5kg 3,520円

FORZA10(フォルツァ10)の公式サイトと楽天市場、Amazonで「エブリデイビオライン(ドライフード)」の販売価格を調査してみたところ、公式サイトからは直接購入することができず、楽天とAmazonの最安値は同じという結果になりました!

フォルツァ10は取扱店が少ないプレミアムフードなので、フォルツァ10をお試しするなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、送料無料となる販売店もありますからね。

フォルツァ10キャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3/5点
成分 3/5点
安全性 5/5点
食いつき 1/5点
コスパ 2/5点
総合評価 Dランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 3,520円/1.5kg
(ドライフード「エブリデイビオライン」)
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 ドライフード:イタリア
ウェットフード:タイ
販売会社 株式会社トリッコインターナショナル

当サイトのフォルツァ10キャットフードの総合評価はDランクです。

猫にとって必要のない人工添加物が使われていないことは評価できますが、全体的にタンパク質が控えめでミネラルバランスが不明瞭なことが気になるところです。

また、食いつきの悪さを指摘する口コミ・評判が多く、決して購入しやすい価格帯のフードではないということも評価に影響しています。

ただ、どれだけ内容のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る