ペットキュリアンが販売するグレインフリーのキャットフード「go!」。

今回はgo!を愛猫に与えている方々の口コミ・評判を48件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

go!キャットフードの悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食べない・食べなくなった 10件
小粒で食べづらそう 4件

楽天市場とAmazonのレビュー、SNSでgo!キャットフードの口コミを調査してみたところ、「食べない・食べなくなった」、「小粒で食べづらそう」といった内容の悪評が見つかりました。

順番に見ていきましょう。

食べない・食べなくなった

悪い口コミで一番多かったのは、「食べない・食べなくなった」といったような食いつきの悪さを指摘する悪評でした。

go!には肉原材料が贅沢に使われており、天然の原材料そのものの香りで風味が整えられていますが、一般的には人工の香料や調味料を使って風味が整えられたフードの方が食いつきがいい傾向にあります。

そのため、愛猫が人工の香料や調味料が使われていないフードを食べ慣れていない場合、フードの切り替えに苦労するかもしれません。

小粒で食べづらそう

そのほかに見つかったのは、「go!は小粒で食べづらそう」という悪評です。

実際、go!は一般的な成猫用ドライフードと比べるとかなり小粒になっています。

まだ体が小さな子猫や顎の力が衰えた老猫にとっては食べやすいサイズと思いますが、メインクーンやラグドールなど体格が大きい猫にとっては物足りないかもしれません。

粒の大きさの好みは猫それぞれなので、もし愛猫が小粒なフードが苦手な場合は慎重に購入を検討した方がいいでしょう。

go!キャットフードの良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 22件
原材料に安心感がある 5件
小粒で食べやすそう 2件
吐く回数が減った 2件
便の状態が良くなった 2件
成分バランスがいい 1件

良い口コミに関しては、上記のような内容の評判を確認できました!

食いつきがいい

良い口コミで一番多かったのは、食いつきのよさを評価するレビューでした。

とは言え、食いつきの悪さを指摘する悪評が10件だったのに対して、食いつきのよさを評価する口コミが22件という比率を踏まえると、go!の嗜好性は高くも低くもない平均レベルという印象を受けます。

ただ、go!からは肉原材料の種類や割合が違う5種類のドライフードが販売されており、愛猫の食の好みに合わせやすいのはメリットと言えます。

原材料に安心感がある

次に多かったのは、「go!は原材料に安心感がある」といった内容の評判です。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、go!は安全性を優先してそれらの人工添加物を一切使っていません。

人工の酸化防止剤は天然由来のものより効果が強力というメリットがあるものの、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫の立場になって考えれば危険性のある着色料を使ってまで色味を付ける意味がないです。

猫の体に負担を与える人工添加物が使われていないgo!は、人間目線ではなく猫目線で作られたナチュラルフードと捉えることができますね。

小粒で食べやすそう

小粒で食べづらそうという悪評とは対照的に、「小粒で食べやすそう」という評判もあり。

結局は愛猫の好みや飼い主の判断によって意見が分かれる要素なので、粒の大きさに関する口コミはあまり当てにならないと思っておいた方がよさそうです。

吐く回数が減った

そのほかには、「go!に切り替えたら吐く回数が減った」という評判も見つかりました。

吐き戻しが減った理由として考えられるのは、穀物が使われているフードからgo!に切り替えたことです。

肉原材料の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手で、過剰に穀物が使われているフードは吐き戻しの原因になります。

また、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫も少なくなく、猫の体質によってはgo!のようなグレインフリー(穀物不使用)フードに切り替えることで吐き戻しが解消されることもあります。

便の状態が良くなった

go!に切り替えて便の状態が良くなる理由も、吐く回数が減る理由と同じです。

もし穀物が使われたフードを与えている愛猫の下痢や嘔吐が気になるようなら、go!のようなグレインフリーフードをお試ししてみる価値はありますよ。

なお、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、新しい餌に慣れるまで一時的に下痢や嘔吐をする場合があります。

消化不良の原因を特定しやすくするためにも、1週間から10日かけてゆっくりと餌を切り替えるのがおすすめです。

成分バランスがいい

今回調査した口コミの中には、「go!は成分バランスがいい」といった内容の評判もありました。

go!のキャットフードは全体的に高カロリーになっているので、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫や運動量が多い成猫の主食にぴったりです。

また、カルシウムに対してマグネシウムが控えめに調整されており、ストルバイト結石のリスクに配慮されたグレインフリーフードを探している場合にもおすすめできます。

▼go!の最安値をチェックする
最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

go!キャットフードの種類

  • SS LID ポラック キャット
  • LID ダック キャット
  • カーニボア グレインフリー チキンターキー+ダック キャット
  • カーニボア グレインフリー ラム+ワイルドボア キャット
  • カーニボア グレインフリー サーモン+コッド キャット

現在販売されているgo!のキャットフードは上記の5種類です。

全ての商品が穀物不使用のグレインフリーフードで、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物は一切使われていません。

また、口コミの項目で触れた通り、100gあたりのカロリーが400kcal以上と高カロリーに仕上げられています。

 

なお、【カーニボア】というのは【肉食】という意味です。

商品名の通り、カーニボアという言葉が入った3商品はタンパク質の70~87%が動物性原材料由来で、非常に高タンパク質なドライフードになっています。

go!キャットフードの原材料の評価

原材料一覧
チキンミール, チキン生肉 (骨抜き), ターキー生肉 (骨抜き), ダックミール, ターキーミール, サーモンミール, マス生魚 (骨抜き), チキン脂肪 (ミックストコフェロールで酸化防止), フィッシュ香味料, エンドウ豆, ポテト, 乾燥鶏卵, 片栗粉, タピオカ, サーモン生魚 (骨抜き), ダック生肉 (骨抜き), サーモン油, カボチャ, リンゴ, ニンジン, バナナ, ブルーベリー, クランベリー, レンズ豆, ブロッコリー, カッテージチーズ, アルファルファ, スイートポテト, ブラックベリー, スクワッシュ (カボチャ類), パパイヤ, ザクロ, リン酸, 塩化ナトリウム, 塩化カリウム, DL-メチオニン, タウリン, 塩化コリン, 乾燥チコリ根, 乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵生成物, 乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵生成物, 乾燥アスペルギルス・オリザエ発酵抽出物, 乾燥バチルス・サブティリス発酵抽出物, ビタミン類 (ビタミンAサプリメント, ビタミンD3サプリメント, ビタミンEサプリメント, ナイアシン, L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源), 硝酸チアミン, d-パントテン酸カルシウム, リボフラビン, 塩酸ピリドキシン, β-カロテン, 葉酸, ビオチン, ビタミンB12サプリメント), ミネラル類 (タンパク質キレート亜鉛, タンパク質キレート鉄, タンパク質キレート銅, 酸化亜鉛, タンパク質キレートマンガン, 硫酸銅, ヨウ素酸カルシウム, 硫酸第一鉄, 酸化マンガン, 亜セレン酸ナトリウム), ユッカシジゲラ抽出物, 乾燥ローズマリー

ここからは、go!の「カーニボア グレインフリー チキンターキー+ダック キャット」の原材料を評価していきます。

安全性に配慮されたグレインフリーフード

危険性のある人工添加物が使われていないこと、厳選した高品質な原材料が使われていること、穀物が一切使われていないグレインフリーフードという3つの要素を満たしたgo!。

特に、肉原材料が贅沢に使われたカーニボアは肉食動物の猫本来の食事に近いドライフードと言えます。

ただ、カーニボアの「グレインフリー チキンターキー+ダック キャット」と「グレインフリー ラム+ワイルドボア キャット」には複数の肉原材料が使われていることもあり、特定の肉原材料にアレルギーのある猫には対応しづらいです。

もし愛猫が特定の肉原材料にアレルギーがある場合には、そのほかの種類を選んであげましょう。

▼go!の最安値をチェックする
最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

go!キャットフードの成分の評価

成分表
タンパク質 46%以上
脂質 18%以上
粗繊維 1.5%以下
水分 10%以下
灰分 9%以下
カルシウム 1.3%以上
リン 1.1%以上
マグネシウム 0.09%以上
タウリン 0.21%以上
オメガ6脂肪酸 2.9%以上
オメガ3脂肪酸 0.3%以上
カロリー
(100gあたり)
約430kcal

原材料の次は、go!の「カーニボア グレインフリー チキンターキー+ダック キャット」の成分を評価していきます。

育ち盛りの子猫向けの成分バランス

肉原材料が贅沢に使われていることもあり、「カーニボア グレインフリー チキンターキー+ダック キャット」はタンパク質が46%、100gあたりのカロリーが約430kcalと、非常に高タンパク・高カロリーなドライフードになっています。

口コミの項目でも解説した通り、こういった成分バランス上、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫や運動量が多い成猫にはぴったりのフードと言えるでしょう。

その逆に、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい肥満気味の猫にはおすすめできません。

ただ、高タンパク・低炭水化物のフードは消化吸収率が高くて体脂肪が増えにくいという特徴があるので、給餌量の調整ができるなら体重維持用フードとして問題なく与えられます。

go!キャットフードの総合評価

項目 得点
原材料 ★★★★★
成分 ★★★★☆
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★☆☆
コスパ ★★☆☆☆
総合評価 ★★★☆☆
(3.8点)

go!は肉類が主原料かつ穀物不使用のグレインフリーフードということで、原材料の評価は満点としました!

ただ、成分の評価は全体的に高カロリーで運動量が少ない猫や給餌量の調整が難しい猫には与えづらいことを考慮して、少し辛口に1点減点しています。

安全性の評価に関しては、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われていないことから文句なしの満点です。

そして、食いつきの評価は調査した口コミの比率を参考に平均点の3点とし、コスパの評価は100gあたり約250円という価格を踏まえて2点としました。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
100g 340円
1.36kg 3.400円
3.63kg 6.800円

公式サイトと楽天市場、Amazonでgo!の価格を調査してみたところ、どこも同じ価格で販売されていました。
(※Amazonでは100gサイズの販売はされていません)

go!は取扱店が少ないプレミアムフードなので、go!を買うなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、送料無料となる販売店もありますからね。

 

ガンやアレルギーの原因になる人工添加物だけでなく、消化不良の原因になりやすい穀物が一切使われていないgo!キャットフード。

もし愛猫の体に配慮して高品質なフードを与えたいと考えているなら、ぜひ一度お試ししてみてください。

Amazonで見る

楽天市場で見る