グランツキャットフードと猫

猫を愛する国フランス発のグレインフリーのプレミアムフードということで、愛猫家の間で話題になっているグランツ(GRANDS)キャットフード。

今回はグランツキャットフードを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を42件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、我が家の愛猫と一緒にお試しした感想と、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、グランツの購入を検討しているならぜひ参考にしてみてください。

グランツキャットフードの悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきが悪い 3件
目やにが増えた 1件
大粒で食べづらそう 1件
吐き戻しが増えた 1件
値段が高い 1件

インスタグラムとツイッターでグランツの口コミを調査してみたところ、「食いつきが悪い」、「目やにが増えた」、「大粒で食べづらそう」、「吐き戻しが増えた」、「値段が高い」といった悪評が見つかりました。

食いつきが悪い

今回調査した全42件の口コミのうち、”食いつきが悪い”という悪評を3件確認できました。

一般的には香料や調味料で風味を整えた餌の方が食いつきがいい傾向があるので、普段からそういった餌を食べ慣れている場合は切り替えに苦労するかもしれません。

ただ、逆に物珍しさからムシャムシャ食べる猫もいますし、こればかりは猫は気分屋だからと割り切って食べさせてみるしかないですね(^^;

目やにが増えた

猫の餌をグランツに切り替えた結果、目やにが増えたという悪評もあり。

おそらく食物アレルギーが原因だと思われますが、穀物フリーのフードでアレルギーを起こすとなれば肉原材料にアレルギーがあるのかもしれません。

グランツにはチキンとサーモンが使われているので、グレインフリーがダメなら今度は鶏肉が使われていないフードを試し、それでもダメなら次は魚が使われていないフードを・・・といった具合に、地道にアレルギーの原因を突き止めるしかないです。

大粒で食べづらそう

中には、”グランツは大粒で食べづらそう”という悪評もありました。

グランツは現在チキン&サーモンとチキンの2種類を販売しており、どちらも粒の大きさは平均すると8mm程度となっています。

ただ、成猫用のチキンは全年齢対応のチキン&サーモンに比べて厚みがあるので、もしかすると小柄な猫には食べづらかったのかもしれません。

値段が高い

そのほかには、”グランツは値段が高い”という口コミも。

グランツは良質な肉原材料をたっぷりと使ったグレインフリーフードなので、穀物がメインに使われている市販のキャットフードに比べると高額です。

いくら品質のいいフードを食べさせたいからといって継続できなければ意味がないので、金銭的に継続できる値段かどうかというのが購入のポイントになってくるでしょう。

グランツキャットフードの良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 23件
安心できる原材料 8件
毛並み・毛艶が良くなった 2件
吐き戻しが減った 1件
小粒で食べやすそう 1件

良い口コミに関しては「食いつきがいい」、「安心できる原材料」、「毛並み・毛艶が良くなった」、「吐き戻しが減った」、「小粒で食べやすそう」といった評判が見つかりました。

順番に見ていきましょう。

食いつきがいい

View this post on Instagram

クロエの好きなグランツ。 グレインフリーの中で食い付き一番✨

Chloeさん(@chloko24)がシェアした投稿 –

食いつきがいいという口コミと合わせて、チキンとサーモンのいい香りがするという口コミも目立ちました。

猫は食べ物の匂いで良し悪しを判断するので、キャットフードの香りは食いつきに直結する要素です。

グランツには人工の香料は使われていませんが、天然の肉原材料が70%以上(チキン&サーモン)も占めていることが猫の食欲を刺激する香りを引き出す秘訣でしょうね。

安心できる原材料

次に多かった良い口コミは、”安心できる原材料が使われている”という評判です。

猫を愛する国フランスで作られているキャットフードというだけあって、グランツには人間も食べられる品質の原材料が使われていますし、グレインフリーかつ危険な人工添加物不使用のキャットフードというのも安心して愛猫に食べさせられる理由ですね♪

 

グランツは安全性を優先して天然由来の酸化防止剤を使い、たっぷりと使われている肉原材料の自然な香りで嗜好性が高められています。

それに対して、安価なキャットフードや一部のプレミアムフードにはBHAやBHTといった人工の酸化防止剤が使われていますが、これらの人工添加物はガンやアレルギーの原因になります。

また、赤色○号、青色○号といった着色料を使って色味を付けているキャットフードもありますが、これらの着色料にも発がん性が確認されています。

 

そもそも猫は食べ物の見た目で良し悪しを判断していないですし、それなのに人工の着色料を使って色味を付けているのは飼い主に美味しそうと思わせるための戦略です。

危険性のある人工添加物が使われたフードをジャンクフードのようなものだと仮定すると、グランツは猫の健康に配慮したヘルシーなフードと捉えることができますね(^^)

毛並み・毛艶が良くなった

この投稿をInstagramで見る

#🐱 うちのアンディおーちゃん兄妹がお気に入りのグランツ食べてマルマルモリモリ育っている🍙🐈🐈 食い意地はってる子たちなんだけど体調、お通じ、毛並みまで良くなって、最近はほとんど吐かない🤨 どうやら猫が消化できない穀物、人工着色料、香料、保存料が使われてないかららしい🌱 その代わりにチキンとサーモンをベースに豊富なタンパク質、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが含まれてるんだってこれ #絶対私より良いもの食べてる グランツ キャットフード で検索すると…\( ´꒳`)/💕 しかしこの子たちにカメラを向けると、あのすみません猫様がお食事中だが?って顔をされる お行儀いいね _ #GRANDS #グランツ #プレミアムキャットフード #GRANDSプレミアムキャットフード #ペットフード #キャットフード #CAT #고양이 #고양이그램 #고양이입양 #猫 #ねこ部 #catfood #PR

R!$A 前田リサ(@risakichiz)がシェアした投稿 –

“グランツに切り替えたら毛並み・毛艶が良くなった”という評判も。

この理由として考えられるのは、グランツには猫の皮膚・被毛の健康維持をサポートするオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がしっかりと含まれているから。

成猫用のチキンは全年齢対応のチキン&サーモンよりバランスよくオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が含まれているので、1歳以上の愛猫の毛並みと毛艶に特に配慮したいという場合にはチキンをおすすめします(^^)

吐き戻しが減った

以前のフードを食べていた時より吐き戻しが減ったという口コミもあり。

吐き戻しが改善される要因として考えられるのは、以前までは穀物が主原料に使われたキャットフードを与えていたこと。

安さ重視のキャットフードにはかさ増し目的で穀物が過剰に使われていますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手です。

上手く消化できなければ下痢や嘔吐に繋がってしまいますし、小麦(グルテン)アレルギーの猫も多く、食物アレルギーが原因で下痢や嘔吐をする可能性もあります。

小粒で食べやすい

この投稿をInstagramで見る

今日2月22日はにゃんにゃんにゃんで年に一度の猫の日ー!! 獣医師推奨のプレミアムキャットフード【GRANDS グランツ】。 日本でプロデュース、英国で開発されたものです。 穀物フリー、人工着色料・保存料フリーなので小さい猫にも安心です。 うちのように年齢の離れた多頭飼いには全年齢対象なので、年齢ごとにあわせたご飯を用意しなくて済むのもポイントです。 小粒なので、子猫(うちのこたろうはもう子猫とはいえない大きさ…)でもバクバク食べられます。 GRANDSの75%はチキンとサーモンで出来ているので、良質なたんぱく質がたっぷり。 愛猫には元気で長生きして欲しいのでご飯は大事です! #GRANDS #グランツ #プレミアムキャットフード #GRANDSプレミアムキャットフード グランツ キャットフードで検索してね! #ペットフード #キャットフード #cat #猫 #ねこ部 #catfood #pr #猫の日 #シャムミックス #猫好きさんと繋がりたい #ねこら部 #ふわもこ部 #猫好き #にゃんすたぐらむ #ねこすたぐらむ #4ヶ月 #猫テロ #猫好きさんと繋がりたい #猫動画 #シャムミックスこたろう #白黒猫 #鼻黒猫 #鼻黒ごんたちゃん

3cats_jp(@3cats_jp)がシェアした投稿 –

グランツの粒の大きさには多少のバラつきがあるものの、大きめの粒でも10mmくらいのサイズです。

小さいものだと5mmくらい、平均すると7~8mmくらいの小粒のドライキャットフードなので、子猫や小柄な成猫にも食べやすいと思います(^^)

ただ、悪い口コミの項目で紹介したようにチキンの粒は少し厚みがあるので、心配ならチキン&サーモンを選ぶのが無難でしょう。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

グランツ公式サイト

愛猫と一緒にグランツ(GRANDS)をお試し!

グランツキャットフードの表面

私の愛猫のレイちゃんは鶏肉ベースのドライフードを食べ慣れているので、きっとグランツも気に入ってくれると思い大袋を注文してみました!
(※お試し感想はリニューアル前の商品のものです)

グランツを注文してから到着するまでは3日ほど。

これだけ早く発送してくれると、うっかり餌を切らしてしまいそうになった時にも間に合いますね(^^)

 

グランツはイギリス発のキャットフードですが、裏面には日本語で原材料や成分、給餌量の説明が書かれているため、英語が苦手な私でも安心です。
(※グランツは2019年12月にリニューアルされ、原産国がイギリスではなくフランスになりました)

グランツキャットフードの裏面

袋を開けた瞬間の匂いはかなり強烈!!

てっきり鶏肉の香りが強いと思い込んでいたのですが、ツーンとするような独特の香りで思わず鼻をつまみたくなりました・・・(苦笑)

ただ、レイちゃんにとっては食欲をそそる匂いのようで、今まで食べたフードの中で一番といっていいほどの食べっぷり!

実際にグランツを食べている動画を撮影してみたので、食いつきの参考にしてみてください。

グランツの粒の大きさは多少バラつきがあるものの、平均すると約8mm程度の小粒サイズです。

グランツキャットフードの粒の大きさ

粒の形も完全に均一ではなく、まん丸な粒からおむすびのような形の粒もありますが、極端に変形して食べづらそうな粒は見当たりません。

これなら固形物を食べ始めた子猫や、歳をとって顎の力が衰えてきた老猫にもそのまま食べさせられますね(^^)

原材料と成分表をもとにグランツを徹底評価!

チキン&サーモンの原材料一覧
脱水チキン(30.00%)、フレッシュチキン(15.00%)、脱水サーモン(14.00%)、チキンファット(10.00%)、チキンプロテイン(2.00%)、サーモンオイル(0.80%)、さつまいも、じゃがいも、エンドウ豆、チコリ、マンナンオリゴ糖、ビール酵母、ユッカエキス、クランベリー、ブロッコリー、ブルーベリー、グルコサミン、コンドロイチン、ビタミン類(A、D3、E)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(銅、ヨウ素、鉄、マンガン、セレン、亜鉛)
チキンの原材料一覧
脱水チキン(27.00%)、フレッシュチキン(25.00%)、チキンファット(7.00%)、チキンプロテイン(6.00%)、サーモンオイル(0.80%)、さつまいも、エンドウ豆、ひよこ豆、チコリ、ビール酵母、マンナンオリゴ糖、クランベリー、ブロッコリー、ブルーベリー、ユッカエキス、スピルリナ、グルコサミン、コンドロイチン、ビタミン類(A,D3,E)、アミノ酸類(タウリン,L-カルニチン)、ミネラル類(銅,ヨウ素,鉄,マンガン,セレン,亜鉛)
成分 チキン&
サーモン
チキン
粗タンパク質 36% 32%
粗脂肪 17% 15%
粗繊維 4.50% 4.50%
粗灰分 8.50% 10.00%
水分 10% 10%
オメガ6 0.70% 2.00%
オメガ3 0.50% 0.30%
リン 1.10% 1.00%
マグネシウム 0.09% 0.06%
ナトリウム 0.60% 0.60%
カルシウム 1.60% 1.20%
代謝エネルギー
(100gあたり)
361kcal 358kcal

ここからは、グランツ(GRANDS)キャットフードの原材料と成分表をもとに徹底評価していきます!

現在は全年齢対応のチキン&サーモンと成猫用のチキンを販売していますが、リニューアル前の商品もリニューアル後の商品もグレインフリーかつ危険な人工添加物を使っていないという点は変わりません。

ただ、リニューアル後の商品は成分値が大きく変わっているため、リニューアル後の成分値をもとに再評価しています。

グレインフリーのドライフード

危険性のある人工添加物が使われていないこと、ヒューマングレード(人間も食べられる品質)の原材料が使われていること、穀物が一切使われていないグレインフリーフードという3つの要素を満たしたグランツキャットフード。

猫が健康な体を維持するために必要な動物性タンパク質源である肉原材料を贅沢に使っているだけなく、炭水化物量が少なく消化の負担になりにくい”さつまいも”を使っているのも特徴の一つです。

さつまいもには食物繊維が豊富に含まれていることに加えて”ヤラピン”という成分が含まれており、毎日のスッキリをサポートしてくれるんですよ♪

高タンパク質なのに低カロリー

高タンパク質なのに低カロリーなチキン&サーモンは、完全室内飼いで運動量が控えめな成猫向けの成分バランスと言えます。

また、低炭水化物のフードは体脂肪が増えづらく、脂質が高めなフードは満腹感を得られやすいといった特徴もあるため、今よりも体重を増やしたくない肥満気味の猫用フードとしてもおすすめです(^^)

成猫用のチキンに関してはチキン&サーモンよりタンパク質と脂質が控えめで、さらに運動量が少ない成猫向けの成分バランスになっています。

マグネシウム量はかなり控えめ

チキン&サーモンのマグネシウム量は0.09%と、一般的なドライキャットフードの中では控えめな方です。

尿路結石ができにくいミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」とされていますが、チキン&サーモンのバランスは「1:0.7:0.06」ということで、チキン&サーモンはカルシウムに対してマグネシウムが少なめでストルバイト結石のリスクに配慮したフードと捉えられます。

 

そして、成猫用のチキンのマグネシウム量は0.06%と、チキン&サーモン以上に控えめです。

ただ、カルシウムとリンとマグネシウムのバランスは「1:0.08:0.05」と極端な差はないので、ストルバイト結石のリスクに配慮したいという点で選ぶならどちらでも大丈夫ですよ(^^)

グランツ(GRANDS)キャットフードの総合評価

グランツキャットフード(リニューアル後)1

項目 得点
原材料 ★★★★★
成分 ★★★★☆
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★★★
総合評価 ★★★★☆
(4.8点)

グランツはグレインフリーかつ危険な人工添加物が使われていないフランス発のプレミアムフードということで、原材料と安全性の評価は文句なしの満点です!

成分の評価は育ち盛りの子猫用フードとしてはやや低カロリーな猫餌ということを踏まえて1点減点しましたが、完全室内飼いで運動量が少ない成猫にはぴったりな成分バランスと言えるでしょう。
(※リニューアル後の商品の成分バランスをもとに再評価しました)

食いつきの評価に関しては、食いつきがいいという口コミが多いだけでなく愛猫の食いつきも抜群によかったことから満点にしました!

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

グランツ公式サイト

販売は通販のみ|Amazon・楽天での取り扱いはなし

公式サイト Amazon 楽天
価格
(税抜)
3,900円
送料 660円

グランツキャットフードはペットショップやホームセンターで店鋪販売されていないだけでなく、通販でのみ購入できます。

また、Amazonや楽天といった通販サイトでも販売されておらず、公式サイトを通してしか購入できません。

店頭で実物を確認してから購入したいと考えている方にとっては不便に感じるかもしれませんが、公式サイトだけで販売する場合は販売会社が賞味期限や品質の管理を徹底できるというメリットがあります。

 

そのほかにも、”直販することで流通にかかるコストを抑えることができる”というメリットも。

販売会社と購入者の間に業者が増えれば中間コストが多くかかり、その分だけ価格を高くせざるをえませんからね。

割引価格でグランツを購入する方法

グランツの通常販売価格は3袋で1セットの3,900円となっていますが、定期コースで注文すると10%割引された3,510円で購入できます。

定期コースといっても最低継続回数の縛りはありませんし、解約金や違約金といった手数料もかからないので安心してください(^^)

 

そして、グランツの定期コースは継続すればするほど割引率が上がっていき、最大で20%割引された価格で購入することができるのが特徴です!

継続回数別の割引率は下記の通り。

継続回数 割引率
初回 10%OFF
2回目 12%OFF
3回目 14%OFF
4~5回目 16%OFF
6~7回目 17%OFF
8~9回目 18%OFF
10~11回目 19%OFF
12回目以降 20%OFF

また、6袋以上まとめ買いすると送料無料サービスが適用されます。

配送周期は1~10週間までの1週間単位で設定できるので、愛猫がグランツを気に入ってくらたらまとめて注文した方がお得に購入できますね♪

そのほかにも、定期コースで注文すると”フードスクープ”を貰えるといった特典もあります。

 

そのため、まずは定期コースで1袋だけ注文してみて、愛猫の食いつきや状態を確認しながら継続するか解約するかを検討するのがおすすめです(^^)

それと、1人1回限りにはなってしまいますが、1袋500gだけのお試しサンプル品を送料無料の500円(税抜)で注文することもできるので、ざっくりとした食いつきだけでも判断したいという場合はサンプル品から注文するといいでしょう。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

グランツ公式サイト