グランツキャットフードと猫

グランツ(GRANDS)キャットフードの口コミ・評判を徹底検証!

動物愛護先進国イギリス発のプレミアムフードということで、販売開始直後から愛猫家の間で話題になっているグランツキャットフード。

口コミ・評判の検証だけでなく、我が家の愛猫に食べさせた反応や原材料と成分をもとにした総合評価もしているので、あわせて参考にしてみてください。

グランツキャットフードの基本情報

商品名 グランツキャットフード
第一原材料 鶏肉
穀物 不使用
原材料の品質 ヒューマングレード
(※一部を除く)
人工の酸化防止剤 無添加
香料・着色料 無添加
対応年齢 全年齢
原産国 イギリス
販売業者 シー・コネクト
問い合わせ先
電話番号
03-4400-1068
(11:00~17:00/土日祝除く)

グランツは猫が消化吸収するのが苦手な穀物を一切使っていない、グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードです。

穀物でかさ増ししていない代わりに良質な肉原材料がたっぷりと使われており、タンパク質保有量は驚きの75%!

そして、猫の身体の負担になる人工の着色料や香料、酸化防止剤も使われておらず、素材そのものの香りで猫の食いつきを良くすることにこだわったイギリス産プレミアムフードなんです(^^)

 

  • 愛猫にいつまでも元気でいて欲しいから良質なフードを食べさせてあげたい
  • 食いつきを良くするために人工添加物が使われたフードは食べさせたくない
  • 以前にグレインフリーフードの切り替えが上手くいかなかった

 

もしあなたがこのような悩みを抱えてこの記事にたどり着いたなら、グランツへの切り替えを熟考してもきっと後悔はしないはずです。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

グランツ公式サイト

グランツキャットフードの口コミ・評判

それでは早速、グランツ・キャットフードの口コミ・評判をチェックしていきましょう!

View this post on Instagram

我が家には16歳になる おばあちゃん猫がいます @soragram35 自由奔放かなりのツンデレ、 自由でいたいときと、かまってちゃんのときの 温度差がはんぱないのは誰に似たの?w Soraのご飯は @grandspets の キャットフード❤️ 動画はストーリーにて??? 内臓が弱くなってる老にゃんにも優しい 穀物フリー×人工着色料/保存料フリー プレミアムキャットフードだよ! 口に入るものから気をつけてあげて もっともっと長生きしてね❤️ 3枚目、めちゃ嫌がられてる笑 She is grumpy;)haha ? #pr #GRANDS #グランツ #プレミアムキャットフード #GRANDSプレミアムキャットフード #ペットフード #キャットフード #cat #猫 #ねこ部 #catfood #東京 #tokyo #港区 #港区女子 #高身長女子 #美女gram #model #モデル #influencer #インフルエンサー #instagramer #インスタグラマー #ambassador #アンバサダー #お洒落さんと繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい

??.さん(@saogram34)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

クロエの好きなグランツ。 グレインフリーの中で食い付き一番✨

Chloeさん(@chloko24)がシェアした投稿 –

グランツは楽天市場やAmazonといったネットショップで販売されていないため、SNS(Twitter・インスタグラム)から口コミを集めてみました。

全体的には食いつきがいいという口コミが大多数で、人間も食べられる高品質な原材料の評判もいいです!

そのほかの良い口コミ、悪い口コミの内容もまとめてみたので参考にしてみてください。
(※口コミ件数は全21件)

良い口コミ

口コミ内容 件数
食いつきがいい 13件
安心できる原材料 5件
吐き戻しが減った 1件
小粒で食べやすそう 1件

食いつきがいい(13件)

食いつきがいいという口コミと合わせて、チキンとサーモンのいい香りがするという口コミも目立ちました。

猫は食べ物の匂いで良し悪しを判断するので、キャットフードの香りは食いつきに直結する要素です。

グランツには人工の香料は使われていませんが、天然の肉原材料が75%も占めていることが猫の食欲を刺激する香りを引き出す秘訣でしょうね。

安心できる原材料(5件)

次に多かったのが、安心できる原材料が使われているという口コミ。

ペット先進国のイギリスで作られているキャットフードというだけあって、グランツには人間も食べられる品質の原材料が使われていますし、グレインフリーかつ人工添加物不使用のキャットフードというのも安心して愛猫に食べさせられる理由ですね♪

吐き戻しが減った(1件)

以前のフードを食べていた時より吐き戻しが減ったという口コミもあり。

吐き戻しが改善される要因として考えられるのは、以前までは穀物が主原料に使われたキャットフードを与えていたこと。

安さ重視のキャットフードにはかさ増し目的で穀物が過剰に使われていますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手です。

上手く消化できなければ下痢や嘔吐に繋がってしまいますし、小麦(グルテン)アレルギーの猫も多く、食物アレルギーが原因で下痢や嘔吐をする可能性もあります。

小粒で食べやすい(1件)

グランツの粒の大きさには多少のバラつきがあるものの、大きめの粒でも10mmくらいのサイズです。

小さいものだと5mmくらい、平均すると7~8mmくらいの小粒のドライキャットフードなので、子猫や小柄な猫も食べやすいでしょう。

悪い口コミ

口コミ内容 件数
食いつきが悪い 1件

食いつきが悪い(1件)

唯一発見できた悪い口コミは、食いつきが悪いというものでした。

正確には最初はペロリと完食してしまったけど、徐々に食いつきが悪くなって最終的には見向きもしなくなってしまったとのこと。

う~ん、猫は気分屋なのでこればっかりはどうしようもないですね・・・(苦笑)

私はサーモンの香りが結構強めに感じたので、魚系のフードが嫌いの猫に与えるのは避けた方がいいかもしれません。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

グランツ公式サイト

グランツキャットフードの原材料

グランツキャットフードと猫(その2)

原材料
フレッシュチキン(20%)、ドライチキン(19%)、フレッシュサーモン(17%)、ドライサーモン(10%)、チキンファット(5%)、チキンストック(2%)、サーモンオイル(2%)、サツマイモ(22%)、※その他(3%)

※じゃがいも、醸造用イースト、ビタミン及びミネラル、ニンジン

グレインフリーのドライキャットフード

安価なキャットフードは穀物を主原料として使っていますが、グランツは穀物を一切使わない”グレインフリー”のドライキャットフードです。

安価なキャットフードが穀物を過剰に使っているのは、穀物は肉類よりも安く仕入れることができるから。

要するに、“コスト削減のために穀物でかさ増ししている”ということです。

 

しかし、肉食動物の猫は穀物をそのまま食べる習慣がなく、穀物に含まれている炭水化物をほとんど消化できません。

また、穀物アレルギーの猫もおり、穀物が下痢や嘔吐といった消化不良や皮膚炎の原因に繋がってしまうことも・・・

 

それに対して、グランツは猫が健康な身体を維持するために必要な動物性タンパク質源である肉原材料を贅沢に使っており、さらに穀物の代わりに炭水化物量が少なく消化の負担になりにくい”さつまいも”を使っています。

また、さつまいもには食物繊維が豊富に使われていることに加えてヤラピンという成分が含まれており、これらが愛猫の毎日のスッキリをサポートしてくれるんですよ♪

不要な人工添加物が一切使われていない

猫は食べ物の匂いを嗅いで良し悪しを判断しているため、キャットフードの香りが食いつきに大きく関わります。

そのため、安価で粗悪なキャットフードは、猫の身体に負担のかかる香料や調味料を使ってまで香りを良くしていることが多いです。

 

しかし、グランツは“食いつく香り”をテーマに掲げ、香料や調味料を使わず素材本来の自然な香りで猫の食いつきを良くするために研究を繰り返したとのこと!

不要な人工添加物が使われた粗悪なフードをジャンクフードのようなものだと仮定すると、グランツは猫の健康に配慮したヘルシーなフードと捉えることができますね(^^)

2種類の肉原材料を使用

グランツにはチキンとサーモンが使用されています。

それぞれの原材料自体は全く問題がありませんが、猫の食物アレルギーは穀物だけではなく、鶏肉や魚アレルギーの猫もいる点に注意です。

もしどちらかの肉原材料にアレルギーがある場合、グレインフリーのフードに切り替えたところで下痢や嘔吐は改善されないので、まずは下痢や嘔吐の原因を特定することが先決ですよ。

開封後は長期保存できない

グランツは発がん性のある人工の酸化防止剤が使われていない健康志向のキャットフードです。

しかしそれは、人工の酸化防止剤が使われているキャットフードと比べて酸化が早く、開封後に長期保存できないというデメリットでもあります。

 

時間が経てば風味が落ちて食いつきが悪くなる原因になりますし、ローテーション用のキャットフードとして1ヶ月以上かけて使い切りたいと考えているなら、グランツはあまりおすすめできません。

ただ、保存しやすいように袋にはジッパーもついていますし、毎日の主食として与えるなら気にするほどの問題ではないでしょう。

グランツキャットフードの成分表

成分
粗タンパク質 38%
粗脂肪 18%
粗繊維 2.30%
粗灰分 8.00%
水分 7%
オメガ6 2.46%
オメガ3 0.81%
カルシウム 1.55%
リン 1.10%
代謝エネルギー
(100gあたり)
約379kcal

成長期の子猫も食べられる総合栄養食

高タンパク高脂質のグランツは、成長期の子猫や運動量が多い成猫の健康維持に最適な成分バランスと言えます。

また、低炭水化物のレシピは体脂肪が増えづらく、高脂質のレシピは満腹感を得られやすいといった特徴もあり!

それに加えてグランツの100gあたりのカロリーは約379kcalと、そこまで高カロリーなグレインフリーフードではないので、今よりも体重を増やしたくない成猫向けフードとしてもおすすめです。

老猫にはやや高タンパクなキャットフード

グランツは全年齢対象の総合栄養食ではあるものの、歳をとって消化器官の働きが衰えてきた老猫にとっては高タンパク過ぎて消化の負担になってしまう可能性があります。

身体が衰えるペースは個体差があるので一概には言えませんが、11歳以上の老猫にはもう少しタンパク質が抑えられたフードを選んであげるといいでしょう。

マグネシウム量にもしっかりと配慮

グランツのマグネシウム量は0.09%。

一般的な総合栄養食のドライキャットフードの中では控えめで、下部尿路の健康維持にもしっかりと配慮されている印象を受けます。

ただ、尿路結石を予防するような成分は含まれていないため、愛猫が以前に尿路結石にかかったことがある場合にはかかりつけの獣医師に相談してから購入する方が安心でしょう。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

グランツ公式サイト

愛猫がグランツを実食!

グランツキャットフードの表面

私の愛猫のレイちゃんは鶏肉ベースのドライフードを食べ慣れているので、きっとグランツも気に入ってくれると思い大袋を注文してみました!

グランツを注文してから到着するまでは3日ほど。

これだけ早く発送してくれると、うっかり餌を切らしてしまいそうになった時にも間に合いますね(^^)

 

グランツはイギリス発のキャットフードですが、裏面には日本語で原材料や成分、給餌量の説明が書かれているため、英語が苦手な私でも安心です(笑)

グランツキャットフードの裏面

袋を開けた瞬間の匂いはかなり強烈!!

てっきり鶏肉の香りが強いと思い込んでいたのですが、ツーンとするような独特の香りで思わず鼻をつまみたくなりました・・・(苦笑)

ただ、レイちゃんにとっては食欲をそそる匂いのようで、今まで食べたフードの中で一番といっていいほどの食べっぷり!

実際にグランツを食べている動画を撮影してみたので、食いつきの参考にしてみてください。

グランツの粒の大きさは多少バラつきがあるものの、平均すると約8mm程度の小粒サイズです。

グランツキャットフードの粒の大きさ

粒の形も完全に均一ではなく、まん丸な粒からおむすびのような形の粒もありますが、極端に変形して食べづらそうな粒は見当たりません。

これなら固形物を食べ始めた子猫や、歳をとって顎の力が衰えてきた老猫にもそのまま食べさせられますね(^^)

グランツキャットフードの総合評価

項目 得点
原材料 ★★★★★
成分(子猫) ★★★★★
成分(成猫) ★★★★★
成分(老猫) ★★★☆☆
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★★★
総合評価 ★★★★☆
(4.7点)

グランツはグレインフリーかつ危険な人工添加物が使われていないイギリス発のプレミアムフードということで、原材料と安全性の評価は文句なしの満点です!

ただ、高タンパク&高脂質なフードは老猫にとっては消化の負担になってしまうため、成分(老猫)の評価の項目は減点しています。

食いつきの評価に関しては、食いつきがいいという口コミが多いだけでなく愛猫の食いつきも抜群によかったことから満点にしました。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

グランツ公式サイト

グランツ購入前のQ&A

グランツキャットフード01

グランツを購入するにあたって気になる点をまとめてみました!

給餌量の目安

年齢 1日の給与量
2ヶ月未満 20~35g
2~3ヶ月 35~50g
3~4ヶ月 50~60g
4~6ヶ月 60~80g
6~10ヶ月 80~110g
10~12ヶ月 110~125g
成猫(2~5kg) 30~60g
成猫(5~10kg) 60~100g
高齢猫(2~5kg) 30~50g
高齢猫(5~10kg) 50~75g

公式サイトに書かれている給餌量の目安は上記の通り。

グランツに限った話ではありませんが、実際には猫の体質や運動量によって給餌量に差が出るので、こまめに体重の増減をチェックして給餌量を調整することをおすすめします!

開封前・開封後の賞味期限

開封前の賞味期限は製造日から約1年と日持ちします。

ただ、グランツは人工の酸化防止剤を使っていないため、開封後に関しては直射日光、高温多湿を避けて1ヶ月以内に使い切れるのが理想的です。

全額返金保証について

販売当初は全額返金保証制度があったグランツですが、現在は全額返金保証は廃止されています。

古い情報のまま更新されていないサイト、誤った情報に気づかずそのまま掲載しているサイトも見かけるので、鵜呑みにしてしまわないよう気をつけてください。

お試しサンプル品はある?

残念ながら全額返金保証制度は廃止されましたが、グランツはお試しサンプル品を販売しています。

サンプルの内容量は100g、販売価格は送料無料の300円。

サンプル品にしてはかなりの量が入っているので、お試しで食いつきを確認してみたいという場合はサンプルを取り寄せてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、サンプルの時は食いつきがよくても1.5kgを注文してから食いつきが悪くなった、あるいは1週間ほど食べさせ続けたら食いつきがよくなったというケースもありえます。

そのため、時間をかけて食いつきを確認したいなら大袋がいいでしょう。

グランツをおすすめしたい人

  • 猫の健康に配慮した安心・安全なキャットフードを食べさせたい
  • 食いつきの良いグレインフリーフードを探している
  • 動物愛護先進国イギリス産のフードを試してみたい

もしあなたがこのような考えを持っているなら、ぜひグランツ・キャットフードを試してみることをおすすめします!

ただし鶏肉、もしくは魚アレルギーなら与えるのは避けるべきですし、高タンパクなグランツを11歳以上の老猫の主食にするのはおすすめしません。

 

また、質より量を重視したフードで構わないという場合もおすすめできません。

穀物や人工添加物にこだわらなければ、市販のキャットフードで十分間に合いますからね。

最安値は公式・Amazon・それとも楽天?

公式サイト Amazon 楽天
価格 3,900円
送料 648円

グランツ・キャットフードはAmazonや楽天では販売されておらず、公式サイトからしか購入できません。

販売価格は1袋3,900円(1.5kg)ということで、標準サイズの成猫(2~5kg)の1日あたりの餌代は約78~156円と、缶コーヒー1本分程度の費用で賄うことができます。

また、”ある条件”を満たせばこの価格よりもお得に購入することができるんです!

お得に購入する方法

普通に購入すると1袋3,900円のグランツですが、定期コースで購入すると初回から10%オフの3,510円で購入できます。

さらに期間に応じて割引率が上がっていき、最大で20%オフの価格で購入することができるんですよ。

20%オフで購入した場合は3,120円と、通常購入した場合に比べて780円も差が付くことになりますね。

 

なお、継続回数別の割引率は下記の通りです。

継続回数 割引率
初回 10%OFF
2回目 12%OFF
3回目 14%OFF
4~5回目 16%OFF
6~7回目 17%OFF
8~9回目 18%OFF
10~11回目 19%OFF
12回目以降 20%OFF

また、送料は全国一律648円となっていますが、2袋以上まとめて頼むと送料無料サービスが適用されます。

配送周期は1~10週間まで1週間単位で設定できるので、もし愛猫が気に入ってくれたら長めの周期に設定しておき、2袋まとめて配送してもらった方がお得に注文できますよ♪

 

ちなみに、定期コースと聞くと「最低○回は継続しないといけない」といったイメージが強いかもしれませんが、グランツの定期便は1回目から解約することができるんです!

これを知らずに通常価格で1ヶ月1袋ペースで購入した場合、半年間で2,340円の損をすることになるので、せっかくなら割引特典を効果的に活用して手に入れてくださいね。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

グランツ公式サイト