ハッピーキャットキャットフードと猫1

ペット先進国ドイツ発のプレミアムキャットフード「ハッピーキャット(HAPPY CAT)」。

今回はハッピーキャットで特に人気のあるダイエットニーレの口コミ・評判を109件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けてまとめてみました!

私が愛猫と一緒にお試しした結果も踏まえて総合的な評価もしているので、ハッピーキャットの購入を検討しているならぜひ参考にしてみてください。

また、猫の年齢や体質に合わせて原材料や成分バランスが調整された15種類の商品の違いについても解説しています。

ハッピーキャットの悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食べない・食べなくなった 4件
大粒で食べづらそう 3件
値段が高い 1件
保存がしにくい 1件

SNSや通販サイトで口コミを調査した結果、「食いつきが悪い」、「大粒で食べづらそう」、「価格が高い」、「保存がしにくい」といった悪評が見つかりました。

食べない・食べなくなった

良い口コミに比べるとかなり割合が落ちますが、調査した全109件の口コミのうち「食いつきが悪い」という悪評が4件ありました。

また、最初から全く食べないという口コミよりも、「飽きてしまったのか徐々に食いつきが落ちてしまった」という悪評の方が多かったです。

腎不全の猫に療法食として食べさせるなら難しいところですが、食いつき次第では複数のメーカーの腎臓サポート系の療法食をローテーションするといった工夫が必要になるかもしれません。

大粒で食べづらそう

口コミの中には、大粒で食べづらそうという悪評もありました。

ただ、食いつきがいいという口コミに合わせて大粒で食べごたえがあるという口コミも見かけたので、大粒というのが一概に食べづらい要素というわけでもありません。

 

また、大粒のドライフードをよく噛んで食べることで歯垢除去に期待できますし、メインクーンやラグドールといった大型種なら食べづらいほどのサイズではないはずです。

逆にシンガプーラなどの小型種に試してみようとしている場合には、食べやすいように粒を砕いたりふやかして食べさせた方がいいかもしれませんね。

値段が高い

この投稿をInstagramで見る

福お嬢のお気に入り 福お嬢は時々食欲が落ちて その度どうしたものかと悩みます。 サンプルで貰った#ハッピーキャット のワイデーラムがhit❗ 試しにシニア用のハッピーキャットも注文しましたがいまいち… 丸母さん全く食べず…残念。 他にハッピーキャットから色んな種類が出てて腎臓、肝臓、心臓に適した#ダイエットニーレ ってのがありました。 腎臓が悪い子はタンパク質少な目がよくて 肝臓が悪い子はタンパク質大目が良いと色んなサイトに書いてますが… ハッピーキャットのダイエットニーレはタンパク質少な目なのに肝臓にも良いのは何故だろう? タウリンや毒素排出する効果のハーブ等入ってるようなのでそれでかな? まぁ…よくはわからないですが 福お嬢は肝臓 丸母さんは腎臓 が心配なのでいいかな と思い取り寄せてみはました。 福お嬢またまたhit❗ ちょこっとあげたら 『おかわりー❗』を連発。 丸母さんはシブシブ… 超シブシブ… 少しづつ混ぜて慣れてくれたらいいなぁ ハッピーキャットって名前 日本訳にしたら『福猫』だよね それもナイス✨ 私にしたらかなりお高いカリカリだけど体に良いもの食べて元気元気でいてくれたらな。 しかし猫って好き嫌い激しいわね #ねこ#cat #猫のカリカリ #ハッピーキャット #ワイデーラム #ダイエットニーレ #にゃんすたぐらむ #ねこら部 #ねこ部

福猫屋みっちー(お名前で作る詩・アート作家)(@fukunekosan3)がシェアした投稿 –

ハッピーキャットは値段が高い、という悪い口コミもありました。

今までプレミアムフードを食べさせていた方にとっては高いと感じるほどの価格ではないですが、市販の安いキャットフードをずっと食べさせていた場合、ほぼ確実に金額を見た瞬間に高いと驚くはずです(苦笑)

 

使われている原材料の品質を考えれば仕方がないことではあるものの、無理をして家計を圧迫してしまえば元も子もないですし、療法食として食べさせる場合には継続できなければ意味がありません。

キャットフードの頻繁な切り替えは消化の負担にもなるので、購入前には金銭的に無理なく継続できるかまで考えておくことをおすすめします!

保存がしにくい

中には「密封性が低くて保存がしにくい」という悪評もありました。

ハッピーキャットはダイエットニーレ以外の商品でもジッパー部分が脆いという悪評が多く、別の密封容器に移し替えて保管することを推奨している販売店もあるくらいです・・・

 

また、ハッピーキャットは人工の酸化防止剤が使われていない分、市販の安いキャットフードに比べると開封後は日持ちしません。

直射日光、高温多湿を避けて1ヶ月以内に使いきれるならよほど問題はないですが、心配であればフードストッカーに移し替えたりジップロックに小分けした方がいいでしょう。

ハッピーキャットの良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 71件
数値・状態が安定した 15件
安心して食べさせられる 12件
吐き戻しが減った 1件

良い口コミ・評判に関しては「食いつきがいい」、「数値・状態が安定した」、「安心して食べさせられる」、「吐き戻しが減った」というものでした。

順番に見ていきましょう。

食いつきがいい

この投稿をInstagramで見る

* #レオにゃん 慢性腎不全のフード探し お気に入りだったフードを食べなくなってから数ヶ月! #やっとやっと #ハッピーキャットダイエットニーレ #フォルツァ10アクティウェット 薬も飲ませるのが本当大変で ウェットでカロリー・水分も摂りつつ、バランス的にはドライも必要だから、ここまで来るのにいろんな食べさせ方挑戦して10種類以上フード試して… 悩みすぎてハゲそうやった このフードで今は落ち着いて、食欲モリモリ元気マンマン✊ このまま飽きずに食べてくれますように * * * #ミルにゃん FLUTDのフード探し フードジプシー陥り中☠️ #偏食かつ米アレルギー 今日動物病院で貰ったサンプルも食べない FLUTDケアしつつ、ミネラル成分・脂質のバランスが良くて、米アレルギーのミルが食べれるフードが少ない☹️☹️☹️ その中でもロ◯カナ、ヒ◯ズ、動物病院推奨のフードは出来れば食べさせたくない 原材料考えるとちょっと‍♀️ #あくまでも主観なので色んな意見あるのはわかってる 療法食としてはバランスがいいんだろうけどね‍♀️ * ドイツとか欧米のフードの方が飼い主としては安心できるものが多いです◎ かといって欧米のフード全てがいいわけじゃないしの体質や生活習慣、症状で必要なフードは変わるのでブランドに惑わされずちゃんと原材料、成分表示みて選んでください◎ * フードに限らず殺処分とかもそうだけど、欧米に比べるとまだまだ日本はペットへの認識は遅れてるなー いつかのブログで読んだ 「日本はペット大国でしかなく、ペット後進国である」 って言葉が本当にその通りで衝撃だった 何にもできないというかしてない自分が悔しくてしょうがないー #口だけ ペットブームとかやめてほしいなー * とりあえず今は自分のにゃんこを守るしかできないけど ミルに合うフードが見つかるまで探しまくろう✊✊✊ #目指せ健康寿命20歳 * フード、病気に詳しい方アドバイスくださいませ * #猫 #cat #にゃんすたぐらむ #ねこすたぐらむ #猫のいる暮らし #雑種 #アメリカンショートヘアー #フードジプシー #ハッピーキャット #ダイエットニーレ #フォルツァ10 #慢性腎不全 #FLUTD #にゃんこ #腎不全猫 #シュウ酸カルシウム #ストラバイト

Ryoko☺︎♥︎(@nnn.rrr.0919)がシェアした投稿 –

楽天市場でも大多数を占めた良い口コミは、やはり食いつきがいいという口コミです。

口コミの内容を掘り下げてみると、「他の腎臓サポート系の療法食の食いつきは悪かったけどダイエットニーレの食いつきはいい」という声が目立ちました。

 

腎臓サポート系の療法食はタンパク質やリンを制限するために肉原材料の割合を減らすのですが、中には食物アレルギーの原因になりやすい小麦やトウモロコシを使ってかさ増しされている商品もあります。

しかし、ハッピーキャットのダイエットニーレは食物アレルギーの原因になりにくい米粉を使っていますし、使っている肉原材料も人間が食べられる高品質なものなので、割合を落としても猫の食欲を刺激する香りを維持することができるのでしょう。

数値・状態が安定した

次に多かったのが、「ダイエットニーレに切り替えてから腎臓の数値や体調が安定した」という口コミ。

ダイエットニーレは腎不全の猫向けに栄養バランスが調整された療法食なので、しっかりと食べてくれさえすれば症状の進行を緩やかにすることができます。

安心して食べさせられる

3番目に多かった良い口コミは、安心して食べさせられる原材料と成分という口コミです。

先ほども触れた通り、ハッピーキャットに使われている原材料は人間も食べられる品質ですし、腎不全の猫向けにタンパク質とリンの量が制限されているのも安心して食べさせられる要因ですね。

 

また、市販の安いキャットフードには日持ちを良くするためにBHAやBHTといった人工の酸化防止剤が使われていますが、それらの添加物はガンやアレルギーの原因になります。

もちろん、定められた最大基準を超えないようには使われていますが、長期的に愛猫に食べさせ続けた場合に悪影響が出ないという保証はありません。

それに対してハッピーキャットは危険性のある人工添加物が使われておらず、猫目線で作られた健康志向のキャットフードと言えます(^^)

吐き戻しが減った

良い口コミの中には、吐き戻しが減ったというものもありました。

嘔吐が減る理由として考えられるのは、ハッピーキャットにはダイエットニーレを含めて小麦グルテンフリーのドライフードということ!

肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手なことに加えて、小麦グルテンに対してアレルギーを持っている猫も多いです。

これらが原因で消化不良を起こせば下痢、嘔吐といった症状に繋がるので、以前に食べさせていたフードが穀物主体のドライフードなら吐き戻しが減る可能性はあります。

【実質10%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

公式サイト

ハッピーキャット(キャットフード)の種類

ハッピーキャット・キャットフード

ハッピーキャットのドライフードは、「スプリーム/センシティブ」という2シリーズに加えて、腎臓にトラブルがある猫向けの療法食ダイエットニーレ(腎臓サポート)が販売されています。

そして、総合栄養食のスプリームとセンシティブは原材料に大きな違いがあります。

スプリームとセンシティブの違い

スプリームはセンシティブよりも種類が多く、ハッピーキャットの商品の中では一番スタンダードなシリーズと言えます。

センシティブに関しては小麦グルテンフリー、グレインフリー(穀物不使用)、肉原材料を限定した商品が揃った食物アレルギーの猫向けのシリーズです。

 

また、センシティブは食物アレルギーに配慮して原材料を限定しているため、スプリームに比べて値段が高くなっています。

どちらのシリーズも成分バランスは健康な猫向けにしっかりと調整されているので、愛猫が穀物全般や特定の肉原材料にアレルギーがあるならセンシティブを、特に食物アレルギーの心配がなければスプリームを選ぶといいでしょう。

なお、食物アレルギーの原因になりやすい原材料は赤色で記載しています。

ジュニア

ジュニアの原材料

チキンプロテイン(29%)、トウモロコシ粉、ポルトリー脂肪、ミートミール(ビーフ・ポーク)、米粉、ポテトフレーク、サーモンミール(4%)、リグノセルロース、ビートファイバー、塩化カリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、乾燥全卵、塩化ナトリウム、アップルポマス(0.4%)、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (乾燥ハーブ:0.18%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)

ジュニアの成分表
粗タンパク質 34.0%
粗脂肪 19.0%
粗繊維 2.5%
粗灰分 7.5%
粗炭水化物 28.0%
カルシウム 1.30%
リン 0.85%
カリウム 0.60%
ナトリウム 0.35%
マグネシウム 0.08%
オメガ6脂肪酸 3.00%
オメガ3脂肪酸 0.30%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
378.5kcal

ジュニア(キトン)は名前の通り、生後4ヶ月~12ヶ月の子猫向けのドライフード

育ち盛りの子猫向けに高タンパク質かつ高脂肪の栄養バランスになっているので、生後1年未満の愛猫が穀物アレルギーでなければスプリームのジュニアを選ぶのがおすすめです。

ワイデ ラム

ワイデ ラムの原材料
チキンミール(21%)、米粉、トウモロコシ粉、家禽脂、グリーブス(脱脂内臓肉)、トウモロコシ、ラムミール(8%)、ポテトフレーク、セルロース、ビートファイバー、乾燥全卵、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、アップルファイバー(0.4%)、塩化カリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、緑イ貝(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.17%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
ワイデ ラムの成分表
粗タンパク質 32.0%
粗脂肪 18.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 7.0%
粗炭水化物 31.0%
カルシウム 1.40%
リン 0.90%
カリウム 0.65%
ナトリウム 0.45%
マグネシウム 0.08%
オメガ6脂肪酸 2.80%
オメガ3脂肪酸 0.30%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
373.5kcal

ワイデ ラム(牧畜のラム)は消化吸収しやすいラム肉が使われたドライフードなので、便が緩くなりがちな愛猫におすすめです。

また、原材料に魚が使われていないので、魚アレルギーの愛猫にも安心して食べさせられます。

アトランティックラックス

アトランティックラックスの原材料
チキンミール(18.5%)、家禽脂、サーモンミール(11%)、米粉、トウモロコシ粉トウモロコシ、グリーブス(脱脂内臓肉)、ポテトフレーク、セルロース、ヘモグロビン、ビートファイバー、塩化ナトリウム、乾燥全卵、サッカロマイセス・セレビシエ、塩化カリウム、アップルポマス(0.4%)、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、緑イ貝(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.18%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
アトランティックラックスの成分表
粗タンパク質 32.0%
粗脂肪 18.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 6.5%
粗炭水化物 31.5%
カルシウム 1.30%
リン 0.90%
カリウム 0.65%
ナトリウム 0.50%
マグネシウム 0.08%
オメガ6脂肪酸 3.00%
オメガ3脂肪酸 0.40%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
375.3kcal

アトランティックラックス(アトランティックサーモン)は、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているサーモンが使われたドライフード。

オメガ3は皮膚と被毛の健康維持に役立つ成分なので、長毛種の愛猫には特におすすめです。

フォアアルペン リンド

フォアアルペン リンドの原材料一覧
グリーブス(脱脂内臓肉/内ビーフ13%)、トウモロコシ粉トウモロコシ、チキンミール(13%)、家禽脂、ポテトフレーク、米粉、セルロース、ミートミール(ビーフ0.8%)、ヘモグロビン、ビートファイバー、乾燥全卵、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、アップルポマス(0.4%)、塩化カリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、緑イ貝(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.17%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
フォアアルペン リンドの成分表
粗タンパク質 32.0%
粗脂肪 18.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 6.0%
粗炭水化物 32.0%
カルシウム 1.05%
リン 0.70%
カリウム 0.65%
ナトリウム 0.45%
マグネシウム 0.07%
オメガ6脂肪酸 2.80%
オメガ3脂肪酸 0.30%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
377.0kcal

フォアアルペン リンド(アルバインビーフ)は脂肪分が少ない牛肉が使われており、その他の商品に比べて大粒になっているのが特徴です。

愛猫のデンタルケアにも気を配りたいなら、1度試してみる価値はあるでしょう。

また、ワイドラムと同じように魚が使われていません。

ラージブリード

ラージブリードの原材料
チキンミール(22%)、トウモロコシ粉トウモロコシ、家禽脂、グリーブス(脱脂内臓肉)、米粉、ポテトフレーク、ラムミール(4%)、ヘモグロビン、セルロース、ビートファイバー、塩化ナトリウム、乾燥全卵、サッカロマイセス・セレビシエ、アップルポマス(0.4%)、塩化カリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.19%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
ラージブリードの成分表
粗タンパク質 32.0%
粗脂肪 16.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 6.5%
粗炭水化物 33.5%
カルシウム 1.25%
リン 0.75%
カリウム 0.65%
ナトリウム 0.45%
マグネシウム 0.08%
オメガ6脂肪酸 2.60%
オメガ3脂肪酸 0.30%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
365.3kcal

ラージブリードも噛みごたえのある大きめの粒が特徴で、ドライフードを噛まずに丸飲みしてしまう大型種の猫におすすめの商品と言えます。

ラージブリードにも魚が使われておらず、フォアアルペンリンドと成分バランスもそこまで変わらないので、迷ったら愛猫の好みに合いそうな方を選べばいいでしょう。

ライト

ライトの原材料
チキンミール(24%)、トウモロコシ粉トウモロコシ、米粉、グリーブス(脱脂内臓肉)、サーモンミール(5%)、セルロース、家禽脂、ビートファイバー、乾燥全卵、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、アップルポマス(0.4%)、塩化カリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.19%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
ライトの成分表
粗タンパク質 35.0%
粗脂肪 8.5%
粗繊維 4.0%
粗灰分 6.5%
粗炭水化物 37.0%
カルシウム 1.25%
リン 0.80%
カリウム 0.65%
ナトリウム 0.45%
マグネシウム 0.08%
オメガ6脂肪酸 1.80%
オメガ3脂肪酸 0.20%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
324.3kcal

ライトは脂肪分が8.5%、カロリーが約324kcal/100gまで抑えられており、肥満気味の猫におすすめのドライフードです。

脂肪分とカロリーは抑えられていてもタンパク質は35%と高く、猫に必要な栄養はしっかりと摂り入れることができますよ。

ステアライズド

ステアライズドの原材料
チキンプロテイン(18%)、ミートミール(ビーフ・ポーク)、サーモンミール(11%)、米粉、トウモロコシ粉トウモロコシ、リグノセルロース、ポテトフレーク、ビートファイバー、ポルトリー脂肪、牛脂、ヘモグロビン、アップルポマス(0.8%)、塩化カリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、塩化ナトリウム、乾燥全卵、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.1%)、チコリの根(0.05%)、緑イ貝、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (乾燥ハーブ:0.19%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
ステアライズドの成分表
粗タンパク質 37.0%
粗脂肪 10.5%
粗繊維 5.5%
粗灰分 7.5%
粗炭水化物 30.5%
カルシウム 1.25%
リン 0.80%
カリウム 0.65%
ナトリウム 0.45%
マグネシウム 0.09%
オメガ6脂肪酸 1.60%
オメガ3脂肪酸 0.20%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
325.5kcal

ステアライズドは避妊・去勢した猫向けのドライフード。

カロリーは約326kal/100gまで抑えられていますが、食物繊維が多めに配合されていて満腹感が長続きしやすいので、餌を食べ過ぎる猫全般におすすめです。

ベストエイジ 10+

ベストエイジ 10+の原材料
チキンミール(19%)、米粉、ポテトフレーク、トウモロコシトウモロコシ粉、家禽脂、グリーブス(脱脂内臓肉)、セルロース、サーモンミール(2%)、ラムミール(2%)、ビートファイバー、乾燥全卵、アップルポマス(0.4%)、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、塩化カリウム、海藻(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、緑イ貝(0.02%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.12%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
ベストエイジ 10+の成分表
粗タンパク質 26.0%
粗脂肪 15.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 5.5%
粗炭水化物 41.5%
カルシウム 0.95%
リン 0.65%
カリウム 0.65%
ナトリウム 0.35%
マグネシウム 0.07%
オメガ6脂肪酸 2.90%
オメガ3脂肪酸 0.30%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
363.8kcal

ベストエイジ 10+は名前の通り老猫向けのドライフードで、歳を取って消化器官の機能が衰えてくる老猫に配慮してタンパク質、リン、ナトリウム(塩分)量が控えめになっています。

ただ、カロリーは約364kcal/100gと極端には抑えられていないため、少量でもしっかりと必要なエネルギーを摂取することができます。

グレインフリー ジュニア

グレインフリー ジュニアの原材料
チキンプロテイン(24.5%)、乾燥ポテト、ポテトフレーク、ミートミール(ビーフ・ポーク)、ポルトリー脂肪、ダックプロテイン(8%)、リグノセルロース、ひまわり油、ビートファイバー、アップルポマス(0.4%)、塩化カリウム、菜種油、サッカロマイセス・セレビシエ、塩化ナトリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (乾燥ハーブ:0.15%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
グレインフリー ジュニアの成分表
粗タンパク質 34.0%
粗脂肪 19.0%
粗繊維 2.5%
粗灰分 8.0%
粗炭水化物 27.5%
カルシウム 1.35%
リン 0.85%
カリウム 0.95%
ナトリウム 0.40%
マグネシウム 0.08%
オメガ6脂肪酸 3.50%
オメガ3脂肪酸 0.40%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
376.8kcal

グレインフリー ジュニアは名前の通り、穀物不使用の子猫向けドライフードです。

使われている原材料は違いますが、成分バランス自体はスプリームのジュニアとそれほど変わりません。

ビオ ゲフルーゲル

ビオ ゲフルーゲルの原材料
オーガニックチキンミール (23%)、米粉(22%)、ライスプロテイン(19.5%)、家禽脂、ポテトフレーク(5%)、加水分解レバー、セルロース、ヒマワリ油、ビートファイバー、塩化ナトリウム、アップルポマス(0.5%)、サッカロマイセス・セレビシエ、菜種油、塩化カリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.18%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
ビオ ゲフルーゲルの成分表
粗タンパク質 30.0%
粗脂肪 18.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 6.5%
粗炭水化物 33.5%
カルシウム 1.30%
リン 0.80%
カリウム 0.95%
ナトリウム 0.45%
マグネシウム 0.06%
オメガ6脂肪酸 2.80%
オメガ3脂肪酸 0.30%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
375.3kcal

ビオ ゲフルーゲル(オーガニックチキン)はグルテンフリーのドライフード。

また、使われている肉原材料が鶏肉だけなので牛肉や豚肉、魚にアレルギーがある愛猫にも安心して食べさせられます。

エンテ

エンテの原材料
ダックミール(23%)、米粉(22%)、ライスプロテイン(19%)、家禽脂、ポテトフレーク(5%)、加水分解レバー、セルロース、ヒマワリ油、ビートファイバー、クランベリー(0.5%)、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、アップルポマス(0.4%)、菜種油、塩化カリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.18%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
エンテの成分表
粗タンパク質 30.0%
粗脂肪 18.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 6.5%
粗炭水化物 33.5%
カルシウム 1.30%
リン 0.85%
カリウム 0.95%
ナトリウム 0.40%
マグネシウム 0.06%
オメガ6脂肪酸 2.80%
オメガ3脂肪酸 0.30%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
375.3kcal

エンテ(鴨)はグルテンフリーかつ鴨肉が使われたドライフード。

鴨肉以外の肉原材料は使われていないので、こちらもその他の肉にアレルギーがある猫におすすめです。

グレインフリー シーフィッシュ

グレインフリー シーフィッシュの原材料
チキンミール(29.5%)、ポテト(16%)、ポテトフレーク(16%)、ポテトプロテイン(11%)、家禽脂、海水魚のフィッシュミール(7%)、セルロース、ヒマワリ油、ビートファイバー、イチジク(0.5%)、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、アップルポマス(0.4%)、菜種油、塩化カリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.18%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
グレインフリー シーフィッシュの成分表
粗タンパク質 34.0%
粗脂肪 18.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 7.5%
粗炭水化物 28.5%
カルシウム 1.35%
リン 0.95%
カリウム 0.95%
ナトリウム 0.45%
マグネシウム 0.08%
オメガ6脂肪酸 3.50%
オメガ3脂肪酸 0.40%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
371.8kcal

グレインフリー シーフィッシュ(チキン&シーフィッシュ)は穀物不使用かつオメガ3、オメガ6脂肪酸が豊富に配合されたドライフードです。

そのため、穀物アレルギーの長毛種におすすめの商品と言えますね。

グレインフリー カニンヘン

グレインフリー カニンヘンの原材料
ラビットミール(25%)、ポテト(19%)、ポテトフレーク(19%)、グリーブス(脱脂内臓肉/内ビーフ12%)、牛脂(5.5%)、加水分解レバー、ヒマワリ油、セルロース、ミートミール(ビーフ1%)、ビートファイバー、菜種油、キャロット(0.5%)、アップルポマス(0.4%)、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、塩化カリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.18%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
グレインフリー カニンヘンの成分表
粗タンパク質 32.0%
粗脂肪 14.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 6.5%
粗炭水化物 35.5%
カルシウム 1.0%
リン 0.85%
カリウム 0.95%
ナトリウム 0.45%
マグネシウム 0.08%
オメガ6脂肪酸 2.50%
オメガ3脂肪酸 0.25%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
355.3kcal

グレインフリー カニンヘン(ラビット&ビーフ)は穀物不使用かつ、うさぎと牛肉が使われたドライフード。

愛猫が鶏肉と魚にアレルギーがある場合には試してみる価値はありますし、カロリーと脂肪分が控えめになっているので老猫にもおすすめですよ。

グレインフリー レンティア

グレインフリー レンティアの原材料
ポテト(39%)、トナカイミール(18%)、グリーブス(脱脂内臓肉/内ビーフ13%)、ポテトプロテイン(6%)、牛脂(5.5%)、加水分解レバー、ヒマワリ油、セルロース、ビートファイバー、菜種油、キャロット(0.5%)、アップルポマス(0.4%)、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ、塩化カリウム、海草(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、ユッカシジゲラ(0.05%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.18%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
グレインフリー レンティアの成分表
粗タンパク質 32.0%
粗脂肪 14.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 7.5%
粗炭水化物 34.5%
カルシウム 1.3%
リン 1.00%
カリウム 0.95%
ナトリウム 0.45%
マグネシウム 0.08%
オメガ6脂肪酸 2.80%
オメガ3脂肪酸 0.30%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
351.8kcal

グレインフリー レンティア(トナカイ&ビーフ)は穀物不使用かつ、トナカイと牛肉が使われたドライフードです。

成分バランスはカニンヘンとそれほど変わらないので、カニンヘンとレンティアで迷ったら愛猫の好みやアレルギーに合わせて選べばいいでしょう。

ダイエットニーレ

ダイエットニーレの原材料
米粉、ポテトフレーク、家禽脂、チキンミール、グリーブス(脱脂内臓肉)、ポテトプロテイン、セルロース、フィッシュミール、ヘモグロビン、ビートファイバー、ミートミール、アップルポマス(0.7%)、塩化ナトリウム、亜麻仁(0.45%)、サッカロマイセス・セレビシエ、塩化カリウム、海草(0.06%)、ユッカシジゲラ(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.05%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
ダイエットニーレの成分表
粗タンパク質 24.0%
粗脂肪 20.0%
粗繊維 3.5%
粗灰分 4.0%
粗炭水化物 39.5%
カルシウム 0.5%
リン 0.35%
カリウム 0.50%
ナトリウム 0.40%
マグネシウム 0.05%
オメガ6
脂肪酸
3.10%
オメガ3
脂肪酸
0.30%
水分 9.00%
代謝エネルギー
(100gあたり)
392.3kcal

ダイエットニーレはロイヤルカナンで言うところの腎臓サポートに相当する療法食で、腎不全の猫向けにタンパク質、リン、ナトリウム(塩分)、マグネシウムの量が制限されています。

また、慢性腎不全の猫は血液が酸性に傾きやすいため、他の商品よりもpH値が高めに調整されています(6.6~6.9)。

 

グルテンフリーのドライフードということもあり、小麦アレルギーの猫にも安心して与えられますが、予防目的で健康な愛猫に与えるのはおすすめしません。

あくまで腎不全の猫向けに栄養バランスが調整された療法食ということを踏まえて、もし愛猫に与えたいならかかりつけの獣医師に相談してからにするようにしましょう。

【実質10%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

公式サイト

愛猫と一緒にハッピーキャットをお試し!

ハッピーキャット(グレインフリーシーフィッシュ)の袋の表面

評判のいいドイツ産プレミアムフードは気になっていたので、実際に私の愛猫のレイちゃんとハッピーキャットをお試ししてみました!

レイちゃんには鶏肉が主原料に使われたフードと魚肉が主原料に使われたフードを交互に食べさせているので、今回は”グレインフリー シーフィッシュ”をお試ししてみることにしました。

ちなみに、これといった食物アレルギーがないのにセンシティブシリーズを選んだのは、せっかくなら穀物不使用の商品を試してみたかったからです(笑)

 

本当は1ヶ月近くは持つ1.8~2.0kgくらいのサイズが良かったのですが、2016年7月のリニューアルで1.8kgサイズの販売が終了して1.4kgサイズに変更されたとのことなので、1.4kgサイズを注文することに。

ハッピーキャット(グレインフリーシーフィッシュ)の袋の裏面

ハッピーキャットの袋にはドイツ語と英語でびっしりと説明が書かれています。

ただ、袋の裏側には日本語で説明が書かれたシールが貼られているので、原材料や成分の確認をするのには困りません(^^)

 

到着したハッピーキャットの袋を開封してみると、今までに体験したことのないくらいの強烈な臭いが!!!

グレインフリー シーフィッシュの香りは魚の生臭さのような臭いという印象ですが、餌の切り替え完了後には便も同じような臭いになったので、臭いに敏感な方は耐えられないかもしれません(苦笑)

 

「ここまで独特な臭いだとレイちゃんも警戒して食べないかな?」と不安に感じたものの、いざ切り替えてみると意外なほど食いつきが良かったです。

完全切り替え後の実食動画も撮影してみたので、食いつきの参考にしてみてください。

ハッピーキャットの粒の大きさは平均8~9mm程度と、一般的な成猫用フードと大差はないです。

ハッピーキャット(グレインフリーシーフィッシュ)の粒の大きさ

ただ、かなり厚みがあって食べごたえがある形なので、もしかしたら小柄な猫には食べづらいかもしれません。

その代わり、「ご飯をしっかりと噛んで食べて欲しい」という意図があるならぴったりだと思います(^^)

原材料と成分をもとにハッピーキャットを徹底評価!

ここからは、原材料と成分をもとにハッピーキャットを徹底評価していきます!

ミールは副産物ではない

もしかするとミールという原材料を見て、人間用の食肉としては出回らない肉骨粉(副産物)を連想する方もいるかもしれません。

しかし、ドイツでは2001年からペットフードに肉骨粉を使うことが禁止されており、ハッピーキャットのミールと書かれている肉原材料は人間にも食べられる品質のものだけが使われているので安心してください。

また、家禽というのは家畜として飼育されている鳥類のことを指しますが、ハッピーキャットの公式サイトには「ドイツとEU圏内から仕入れたチキンと七面鳥を使っている」、と明記されています。

毛玉排出と腸内環境にも配慮

ハッピーキャットはグルーミングした時に飲み込んだ毛を便と一緒に排出させるために、天然の食物繊維が使われています。

また、腸内環境を整えるチコリの根、毎日のスッキリをサポートするペクチンが含まれるりんごを使われているため、便秘気味の猫にもおすすめできるドライフードです(^^)

ストルバイト結石のリスクに配慮してpH値を調整

ハッピーキャットの商品はストルバイト結石やシュウ酸カルシウム結石のリスクに配慮して、pH値を6.0~6.5に維持できるよう調整されています。
(※腎臓ケアフードのダイエットニーレだけは6.5~6.9になるよう調整されています)

適切なpH値に保つことで尿路結石を予防できれば、結果的に膀胱炎の予防にも繋がりますね♪

 

ただし、ハッピーキャットの療法食は腎臓にトラブルのある猫向けのダイエットニーレだけで、泌尿器系のトラブルを抱えている猫や糖尿病の猫向けの療法食はありません。

今の時点でそういったトラブルを抱えている猫には特別に成分バランスが調整された療法食を与えるべきなので、ご自身だけの判断でハッピーキャットを与えるのは避け、必ずかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

塩分(ナトリウム)量も適切な範囲

ハッピーキャットのナトリウム含有量は、一番高いアトランティック ラックスで0.50%。

これを100gあたりの塩分相当量に置き換えると1.27gとなり、一般的な総合栄養食のドライキャットフードの範囲内(0.8~1.3g)に収まっているので、塩分量に関しても特に心配する必要はありません(^^)

賞味期限と保存方法

ハッピーキャットの開封前の賞味期限は製造日から約1年半と日持ちします。

ただ、人工の酸化防止剤が使われていないことを踏まえると、開封後は直射日光と高温多湿を避けて保存して1ヶ月くらいで使い切った方がいいでしょう。

なお、私はジッパー部分の作りが脆いとは感じませんでしたが、しっかりと閉まっているかが少し分かりづらいとは思いました。

そのため、心配なら別の容器に移し替えて保存した方が安心です。

【実質10%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

公式サイト

子猫・成猫・シニア猫の給餌量

ハッピーキャットキャットフードと猫2

ハッピーキャットの袋の裏側には給餌量の目安が掲載されていますが、実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってきます。

また、育ち盛りの子猫は成猫よりもたくさんの栄養を必要としているので、生後半年くらいまでの間は欲しがるだけ食べさせても大丈夫です。

生後半年以降は給餌量の目安を参考にしながら調整してきましょう。

急な餌の切り替えによる軟便・下痢には注意

食物アレルギーに配慮したドライフード、療法食まで取り扱っているハッピーキャットはどんな猫にも対応できるといっても過言ではないですが、急な餌の切り替えによる軟便・下痢には注意してください。

急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、最初はそれまでのフードに少しずつ混ぜ込んで食べさせ、1週間から10日はかけてゆっくりと餌を切り替えることが大切ですよ。

それでも下痢をしたり軟便になるようなら食物アレルギーの可能性が考えられるので、グルテンフリーの商品でダメならグレインフリーを、それでもダメなら肉原材料が限定されている種類を試しましょう。

お試しサンプル品の配布・販売状況

ハッピーキャットの公式サイトでは無料サンプルの配布はしていませんが、一部のレシピで50gのお試しサイズを販売しています。

また、公式サイト以外でお試しサンプル品の詰め合わせセットを販売しているお店も確認できました。

例えば、「トイプードルのスマイル」というお店では、お試しサンプル品2種類を税込300円で販売しています。

ただし、タイミングによってはお試しセットの販売がされていないこともあることと、お試しセットには賞味期限が短いものが含まれている可能性があることに注意してください。

それと、少量のお試しサンプル品はざっくりとした食いつきは確認できても状態の変化までは確認できません。

また、1食分くらいの量だと物珍しさで食べただけの可能性も考えられるので、できれば大袋を1袋は購入して食いつきや体調の変化をじっくりと確認することをおすすめします。

ハッピーキャット(キャットフード)の総合評価

項目 得点
原材料 ★★★★☆
成分 ★★★★☆
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆
(4.3点)

ハッピーキャットは猫の身体に負担がかかる人工添加物を使用していない健康志向のドライキャットフードなので、安全性に関しては文句なしの満点です。

ヒューマングレード(一部を除く)の原材料が使われた肉類メインのドライフードという点も評価できますが、グレインフリーのレシピに炭水化物が多いジャガイモがそれなりに使われていることを考慮して原材料の項目を減点しています。

 

また、子猫用フードはもう少し高タンパク&高カロリーな方がいいと感じたので、成分の項目も少し辛口に1点減点しましたが、成猫・シニア猫用フードに関しては気になる点はありません。

年齢や嗜好性だけでなく、体質や状態に応じて商品を選べるのは大きなプラスポイントですね(^^)

購入は通販がおすすめ|楽天・Amazonでの取り扱いもあり

ハッピーキャットは東京近郊や大阪近郊を中心に取扱店が増えてきています。
ハッピーキャット-販売店一覧|パッピーキャット

とは言え、まだまだ取り扱いがない店鋪も多いので、通販サイトを利用して購入するのがお手軽です。

なお、公式サイトとアマゾン、楽天市場でハッピーキャットの値段を調査してみたところ、どこもほとんど同じ値段で販売していました。

シリーズ 内容量 値段
(税抜)
スプリーム 50g 250円
300g 1,000円
1.4kg 3,500円
4kg 7,100円
センシティブ 50g 250円
300g 1,300円
1.4kg 4,400円
4kg 9,600円
ダイエットニーレ 50g 250円
300g 1,050円
1.4kg 3,700円

タイミングによってはこれより安い値段で取り扱っている販売店もあるかもしれませんが、公式サイト以外でセール価格で販売されている商品は並行輸入品や転売品の可能性があるので気をつけてください。

なぜなら、非正規品は管理状態が悪く品質が劣化していたり、賞味期限切れ間近という理由で安く販売されている可能性が高いから。

また、非正規品はトラブルが起きた時に対応してもらうことも難しいので、正規販売代理店のワールドプレミアムが運営している公式サイトから購入するのが一番安心です。

公式サイト独自の割引情報

絶対に正規品が買える以外で公式サイトで注文するメリットは、公式サイトでは定期購入プログラムが導入されており、定期購入プログラムを使って購入した時のポイント還元率が10%と高いこと!

ポイントは1ポイント1円として使えるので、定期購入した場合は実質的に10%オフの価格で購入することができます。

 

それと、公式サイトから購入する場合は、1回の注文金額が5,500円を超えると通常770円の送料が無料になるという特典もあります。
(※沖縄の送料は通常1,320円で、1回の注文金額が5,500円を超えると送料無料)

そのため、愛猫がハッピーキャットを気に入ってくれるようなら、定期購入プログラムを利用するのがおすすめです(^^)

【実質10%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

公式サイト