株式会社パーパスが販売している小麦グルテンフリーのドライキャットフード「ホリスティックレセピー」。

今回はホリスティックレセピーを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を125件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けてまとめてみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ホリスティックレセピー(猫用)の悪い口コミ・評判

ホリスティックレセピー(猫用)の悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「我が家の猫には合わなかった」といった内容のレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、猫は食の好みが激しい動物ということだけでなく、ホリスティックレセピーには食いつきをよくするための人工の香料と調味料が使われていないことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食べない・食べなくなった(24件)
  • 我が家の猫には合わなかった(6件)

という結果になっています。

食べない・食べなくなった

ホリスティックレセピーの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「食べない」、「食べなくなった」といったような、食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

原因として考えられるのは、ホリスティックレセピーは天然の原材料そのものの香りで風味を整えていることです。

一般的には人工の香料や調味料で風味が整えられたフードの方が嗜好性が高い傾向があるので、愛猫が人工添加物で風味が整えられたフードを食べ慣れている場合、フードの切り替えに苦労するかもしれません。

我が家の猫には合わなかった

次に多かった悪い口コミ・評判は「我が家の猫には合わなかった」という内容のレビューで、具体的には「吐く回数が増えた」といったレビューや、「軟便・下痢気味になった」というレビューを確認できました。

下痢・嘔吐といった消化不良の原因として考えられるのは、餌の急な切り替え食物アレルギーです。

まず、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、ホリスティックレセピーに慣れるまで一時的に下痢・嘔吐が増える可能性があります。

 

次の食物アレルギーに関してですが、ホリスティックレセピーには猫の食物アレルギーになりやすい小麦グルテンが含まれていないものの、猫によっては米や豆類、鶏肉がアレルギーの原因になることもあります。

食物アレルギーで消化不良を起こしている場合、グルテンフリーのホリスティックレセピーがダメなら次は穀物不使用のグレインフリーフードを試し、それでもダメなら今度は肉原材料の種類が限定されたフードを・・・といったように、地道にアレルギーの原因を特定するしかありません。

また、餌の切り替えが急すぎると消化不良の原因を特定しづらくなってしまうので、1週間から10日はかけてゆっくりと餌を切り替えることをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
ホリスティックレセピー(猫用)の総合評価

ホリスティックレセピー(猫用)の良い口コミ・評判

ホリスティックレセピー(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「我が家の猫には合っている」、「お手頃な値段で販売されている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ホリスティックレセピーは天然由来の原材料の香りで嗜好性が高められていることや、消化不良の原因になりにくい原材料が使われていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(45件)
  • 我が家の猫には合っている(26件)
  • お手頃な値段(10件)
  • 原材料に安心感がある(8件)
  • 成分バランスがいい(6件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ホリスティックレセピーの良い口コミ・評判で一番多かったのは、食いつきのよさを評価するレビューでした。

とは言え、食いつきの悪さを指摘するレビューが24件、食いつきのよさを評価するレビューが45件という比率を踏まえると、ホリスティックレセピーは一般的なキャットフードよりも嗜好性が低めという印象を受けます。

また、ホリスティックレセピーは風味が1種類だけで、愛猫の食の好みに合わせにくいのもデメリットと言えます。

我が家の猫には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は「我が家の猫には合っている」という内容のレビュー、その中でも特に目立ったのが「いい便が出るようになった」、「吐く回数が減った」というレビューです。

ホリスティックレセピーには猫の消化不良の原因になりやすい小麦グルテンが含まれておらず、肉原材料が主原料として使われているため、穀物が過剰に使われたフードから切り替えることで下痢・嘔吐が減る可能性はあります。

もし愛猫に穀物が主原料に使われているフードを与えていて消化不良が気になるようなら、小麦グルテンが含まれておらず肉原材料が主原料に使われているホリスティックレセピーをお試ししてみる価値はあるでしょう。

それと、ホリスティックレセピーには繊維質も豊富に含まれているため、便秘気味の愛猫のスッキリに配慮したいという場合にもおすすめです。

 

また、「毛並み・毛艶が良くなった気がする」というレビューを確認できました。

この理由は、食物アレルギーの原因になりにくい原材料が使われていることや、毛並み・毛並みに関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量が関係していると考えられます。

そこで、ホリスティックレセピーの成分表を確認してみたのですが、残念ながら成分表には2つの脂肪酸の含有量が掲載されていませんでした。

なお、暫定的な情報ではあるものの、2つの脂肪酸のバランスは【オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=5:1】くらいがいいのではないかと考えられているので、愛猫のフード選びの参考にしてみてください。

お手頃な値段

そのほかには、「ホリスティックレセピーはお手頃な値段」といった内容のレビューも確認できました。

肉原材料が主原料に使われたフードは100gあたり200円近くの商品が多いですが、ホリスティックレセピーは100gあたり約100円とお手頃な値段で販売されています。

穀物全般にアレルギーのない猫にとってはグレインフリーは必須ではありませんし、品質と価格のバランスを重視したい方にとっては手に取りやすいフードと言えるでしょう。

原材料に安心感がある

今回調査した口コミ・評判の中には、「ホリスティックレセピーは原材料に安心感がある」といったレビューもありました。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、ホリスティックレセピーは安全性に配慮してそれらの人工添加物を一切使っていません。

もちろん、それらの人工添加物が使われているフードは定められた基準を超えないように使っていますが、人工の酸化防止剤は天然由来のもので代用することができます。

 

また、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫の立場になって考えれば危険性のある着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

そして、どちらの人工添加物も必ずしも使う必要のない添加物ということから、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは避けられがちな傾向があります。

それに対して、猫にとって必要のない人工添加物が使われていないホリスティックレセピーは、人間目線ではなく猫目線で作られたキャットフードと捉えることができますね。

成分バランスがいい

「ホリスティックレセピーは成分バランスがいい」、というレビューも見つかりました。

ホリスティックレセピーは室内飼いされていことが多く、運動量が控えめな日本の飼い猫に配慮して成分バランスが調整されています。

また、子猫・成猫向けフードだけでなくシニア猫向けフードも販売されていることも強みと言えるでしょう。

ホリスティックレセピー(猫用)の口コミ・評判まとめ

ホリスティックレセピー(猫用)の悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「我が家の猫には合わなかった」といった内容のレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ホリスティックレセピー(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「我が家の猫には合っている」、「お手頃な値段で販売されている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ホリスティックレセピーは天然由来の原材料の香りで嗜好性が高められていることや、消化不良の原因になりにくい原材料が使われていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食べない・食べなくなった
  • 我が家の猫には合わなかった
  • 食いつきがいい
  • 我が家の猫には合っている
  • お手頃な値段
  • 原材料に安心感がある
  • 成分バランスがいい

Amazonで見る

楽天市場で見る

ホリスティックレセピー(猫用)の原材料の評価

原材料一覧
鶏肉、鶏肉粉、米、豆粉、鶏脂、乾燥卵製品、豆タンパク、ポテトタンパク、ツナミール、ナチュラルフレーバー、酵母エキス、ひまわり油、アルファルファミール、ビートパルプ、オーツ麦繊維、トマト粗、醸造酵母、亜麻仁、クランベリーパウダー、チコリエキス、ユッカフォーム抽出物、塩化カリウム、塩化ナトリウム、リン酸、DL-メチオニン、タウリン、アスコルビン酸、イノシトール、塩化コリン、ミネラル類(アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化コバルト、鉄、亜鉛、炭酸カルシウム、銅、マンガン、セレン、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、B1、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)、サッカロマイセス・セレビシエ、ラクトバチルス・アシドフィルス、エンテロコッカスフェシウム、アスペルギウス・ニガー、バチルス・サブチルス、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)

ここからは、ホリスティックレセピー(猫用)の原材料の安全性を評価していきます!
(※表は「7歳まで」の原材料一覧です)

猫にとって必要のない人工添加物は不使用

口コミ・評判の項目でも説明したように、ホリスティックレセピーにはガンやアレルギーの原因になる人工添加物が一切使われていないのが大きな特徴です。

また、キャットフードの中には”動物性油脂”、”たんぱく加水分解物”といった原材料が掲載されている商品がありますが、ホリスティックレセピーの原材料一覧にはそれらの原材料は掲載されていません。

動物性油脂とたんぱく加水分解物は必ずしも危険性のある原材料というわけではないのですが、動物性油脂に酸化防止剤を使っていても原材料に表記する必要はなく、酸化を防ぐために人工の酸化防止剤が使われている可能性があることが不安要素です。

 

そして、たんぱく加水分解物は製造方法によってはガンの原因になる物質を作り出すことがあるのが不安要素。

危険性のある人工添加物と品質が不明瞭な原材料が使われていないことに加えて、食物アレルギーの原因になりやすい小麦グルテンも含まれていないホリスティックレセピーは、【安全性にしっかりと配慮されたワンランク上のフード】と言っていいでしょう。

ホリスティックレセピー(猫用)の成分の評価

成分表
タンパク質 32%以上
脂質 19%以上
粗繊維 5%以下
粗灰分 8%以下
水分 10%以下
マグネシウム 0.1%以下
カルシウム 1.0%以下
リン 0.8%以上
タウリン 0.18%以上
カロリー
(100gあたり)
365kcal

原材料の次は、ホリスティックレセピー(猫用)の成分を評価していきます。
(※表は「7歳まで」の成分値です)

子猫・成猫用フードの成分の特徴

ホリスティックレセピーの子猫・成猫用フードは、日本の飼い猫向けに成分バランスが調整されています。

「7歳まで」はタンパク質が32%と適度に含まれており、100gあたりのカロリーは365kcalとやや控えめなので、室内飼いで運動量が少ない猫にはぴったりの成分バランスと言えます。

ただ、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫には高タンパクかつ高カロリーなフードを与えるべきなので、子猫用フードとしてのおすすめ度は下がります。

なお、ホリスティックレセピーは食欲旺盛で給餌量の調整が難しい猫向けに、タンパク質と脂質とカロリーが控えめな「ライト」という成猫用フードも販売しています。

シニア猫用フードの成分の特徴

シニア猫用フードの「7歳から」は、若い頃よりも運動量が落ちて消費カロリーが減るシニア猫に配慮して脂質が9%、100gあたりのカロリーが324kcalと、脂質とカロリーがかなり控えめになっています。

若い頃より食が細くなってしまったシニア猫用としては向いていませんが、運動量が落ちているのに食事量が変わらないシニア猫には「7歳から」のような低カロリーなフードがおすすめです。

ホリスティックレセピーのナトリウム含有量

ホリスティックレセピーにはカルシウム・リン・マグネシウム含有量は掲載されているものの、ナトリウム含有量が掲載されていません。

ただ、全体的にミネラル含有量が控えめなことを踏まえると、おそらくナトリウム含有量も控えめなのではないかと予想しています。

そのため、ホリスティックレセピーのナトリウム含有量に関してそこまで神経質になる必要はないと考えています。

▼総合評価をチェックする
ホリスティックレセピー(猫用)の総合評価

ホリスティックレセピー(猫用)の給餌量

体重 子猫 成猫
1kg 35~50g 21g
2kg 55~75g 44g
3kg 75~95g 66g
4kg 85~110g 90g
5kg 100~125g 109g
6kg 110~140g 131g
7kg 153g
8kg 175g
9kg 198g
10kg 219g

ホリスティックレセピー(猫用)の「7歳まで」の給餌量の目安は表の通りです。

その他のラインナップもパッケージに体重別の給餌量が掲載されていますが、いずれに関してもあくまで目安量でしかありません。

実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってくるので、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

ただ、育ち盛りの子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間はあまり神経質になりすぎずに欲しがるだけ食べさせて大丈夫ですよ。

最安値は?公式・楽天・アマゾンで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
330g 627円 430円 489円
1.6kg 2,530円 1,580円 1,800円
4.8kg 6,050円 3,900円 4,176円
15kg 15,950円 9,114円 9,180円

公式サイトと楽天市場、アマゾンでホリスティックレセピー(猫用)の販売価格を調査してみたところ、公式サイトでは販売されておらず、楽天市場が最安値という結果になりました!
(※公式サイトには定価だけが掲載されており、公式サイトで直接購入することはできません)

ホリスティックレセピーは取扱店が少ないプレミアムフードなので、ホリスティックレセピーを買うなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、送料無料となる販売店もありますからね。

ホリスティックレセピー(猫用)の総合評価

項目 詳細
原材料 4/5点
成分 4/5点
安全性 5/5点
食いつき 2/5点
コスパ 4/5点
総合評価 Bランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 430円/330g
1,580円/1.6kg
3,900円/4.8kg
9,114円/15kg
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 アメリカ
販売会社 株式会社パーパス

当サイトのホリスティックレセピー(猫用)の総合評価はBランクです。

ライトとシニアのタンパク質がかなり控えめなことと、「食べない・食べなくなった」という口コミ・評判が目立つのが気になるホリスティックレセピーですが、安全性に配慮された原材料が使われており、お手頃な価格で販売されていることが大きな強みと言えます。

たとえ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る