カルカン(キャットフード)のパッケージ画像

CMのかわいいモデル猫や、【猫まっしぐら】というフレーズが印象的なペットフード「カルカン」。

今回はそんなカルカンを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を120件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、ドライフードの「成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味」の原材料と成分をもとにしながら総合的な評価をしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

カルカン(猫用)の悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食べない・食べなくなった 25件
不安な原材料が多い 5件
吐く回数が増えた 3件
尿路結石ができた 2件

楽天市場とAmazonのレビュー、SNSでカルカンの口コミを調査してみたところ、「食べない・食べなくなった」、「不安な原材料が多い」、「吐く回数が増えた」、「尿路結石ができた」といった内容の悪評が見つかりました。

順番に見ていきましょう。

食べない・食べなくなった

カルカンの悪い口コミで一番多かったのは「食べない」、「食べなくなった」といったような食いつきの悪さを指摘する悪評です。

口コミ全体を通してみれば「食いつきがいい」という評判の方が多いものの、どんな猫でも食いつきがいいフードはまずありません。

こればかりは食べさせてみないことには分からないので、最初はできるだけ愛猫が好きそうな風味を選ぶしかありませんね。

不安な原材料が多い

次に多かったのは、「カルカンは不安な原材料が多い」といった飼い主の声です。

具体的には「カルカンには体に悪い人工添加物が使われている」、「消化吸収しにくい穀物が主原料として使われている」という悪評です。

実際、カルカンにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤と着色料が使われています。

 

また、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫も少なくないです。

こういった事情もあり、食に敏感な愛猫に安全性の高いフードを与えたいと考えているならカルカンはおすすめしません。

吐く回数が増えた

カルカンに切り替えて吐く回数が増える理由として考えられるのは、餌の急な切り替えか食物アレルギーです。

餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、カルカンに慣れるまで一時的に便が緩くなる可能性があります。

また、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫にカルカンを与えると下痢や嘔吐といった消化不良に繋がってしまいますし、猫によっては血便をすることもあります。

尿路結石ができた

そのほかには、「カルカンを与えたら尿路結石ができた」という悪評も。

とは言え、尿路結石の予防にはしっかりと水分補給をすることも大切ですし、一概に切り替えたフードだけが原因とは言えません。

気になってドライフードの「成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味」の成分表に目を通してみましたが、下部尿路の健康維持に関わるミネラルバランスはしっかりと調整されていました。

ただ、カルシウムに対して少しだけマグネシウムが多めではあるので、もし以前にストルバイト結石ができたことがある猫に与えようと考えている場合は、念の為かかりつけの獣医師に相談してみるといいでしょう。

カルカン(猫用)の良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 70件
お手頃な値段 15件

良い口コミに関しては「食いつきがいい」、「お手頃な値段」といった内容の評判が確認できました!

食いつきがいい

カルカンの商品全体を通して目立ったのが、食いつきのよさを評価する口コミです。

カルカンは風味や形状が違うドライフードとウェットフードを何種類も販売しているのが強みで、愛猫の好みの商品を探し当ててローテーションして与えている方も目立ちました。

ただ、「ゼリー仕立てのまぐろは食べないけどお肉シリーズのやわらかチキンは食べる」といった口コミもあり、猫の好みによる差が大きいと捉えた方が良さそうです。

お手頃な値段

食いつきのよさを評価する口コミの他には、「お手頃な値段で販売されている」という評判も見られました。

ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われていることや、下痢や嘔吐の原因になりやすい穀物が主原料として使われているのが不安要素ではあるものの、カルカンはドライフードもウェットフードも最安値クラスの商品です。

どうしても愛猫の餌代にお金をかけられない事情があり、価格最優先でフードを選びたいという場合には有力候補になるでしょう。

▼カルカンの最安値をチェックする
最安値は?公式・Amazon・楽天で販売価格を調査

キャットフード「カルカン」の種類

カルカンは毎日の主食として食べさせられる総合栄養食のドライフードとウェットフードを販売しており、ウェットフードにはパウチタイプと缶詰タイプがあります。

どのタイプにしても年齢と食の好みに合わせた様々な商品を取り揃えていますが、その中でも特にパウチタイプの種類が豊富です。

パウチタイプ・ドライタイプ・缶詰タイプの商品をまとめてみたので、参考にしてみてください。

パウチ(ウェットフード)

年齢 形状 風味
子猫用
(~1歳まで)
ゼリー仕立て まぐろ
かにかま入りまぐろ
まぐろ・たい入り
まぐろ入りかつお
ミックスシリーズ まぐろ・かつお・白身魚入り
まぐろ・かつお・たい入り
まぐろ・かつお・ささみ入り
お肉シリーズ やわらかチキン
スープ仕立て かにかま入りかつお
成猫用
(1~7歳)
ジューシーゼリー仕立て まぐろ
まぐろ・たい入り
まぐろ・舌平目入り
まぐろ・さけ入り
かにかま入りまぐろ
かつお節入りまぐろとささみ
まぐろ入りかつお
まぐろ・かつお節入り
まぐろ・白身魚入り
ミックスシリーズ まぐろ・かつお・白身魚入り
まぐろ・かつお・ささみ入り
まぐろ・かつお・たい入り
まぐろ・白身魚・さけ入り
まぐろ・ほたて・ささみ入り
まぐろ・かつお・さけ入り
まぐろ・たい・かにかま・ささみ入り
まぐろ・たい・白身魚・さけ入り
お肉シリーズ とりささみ・まぐろ入り
味わいチキン
スープ仕立て まぐろ
かつお・たい添え
チキン入り 味わいお魚
2種のセレクションタイプ まぐろ入りかつお&かにかま入りまぐろ
かつお節入りまぐろとささみ&まぐろ・白身魚入り
まぐろ・かつお節入り&まぐろ・さけ入り
シニア猫用
(8歳から)
ジューシーゼリー仕立て まぐろ
かにかま入りまぐろ
かつお節入りまぐろとささみ
シニア猫用
(11歳から)
ジューシーゼリー仕立て まぐろ
かつお節入りまぐろとささみ
お肉シリーズ 味わいチキン
スープ仕立て まぐろ
シニア猫用
(15歳から)
ジューシーゼリー仕立て まぐろ
まぐろ・たい入り
まぐろ入りかつお
ミックスシリーズ まぐろ・かつお・ささみ入り
お肉シリーズ 味わいチキン
スープ仕立て まぐろ
かつお・かつお節・たい入り
シニア猫用
(18歳から)
やわらかゼリー仕立て まぐろ
まぐろ・たい入り
まぐろ入りかつお
ミックスシリーズ まぐろ・かつお・白身魚入り
まぐろ・かつお・ささみ入り
まぐろ・かつお・たい入り
まぐろ・白身魚・さけ入り
2種のセレクションタイプ お魚ミックス まぐろ・かつお・たい入り&海の幸ミックス まぐろ・白身魚・さけ入り

パウチタイプのラインナップは子猫用が9種類、成猫用が25種類、シニア猫用が22種類となっています。

さらにシニア用は「8歳から/11歳から/15歳から/18歳から」に分かれており、愛猫の年齢に合わせて段階的に商品を切り替えることができるようになっています。

様々な風味と形状が販売されているので、偏食気味の愛猫もどれか1つくらいは気に入ってくれる可能性は高いです。

カリカリ(ドライフード)

年齢 風味
子猫用
(~1歳)
かつおと野菜味 ミルク粒入り
成猫用
(1~7歳)
かつおと野菜味
まぐろと野菜味
チキンと野菜味
毛玉ケア|かつおとチキン味
毛玉ケア|肥満が気になる猫用 まぐろと野菜味
毛玉ケア|まぐろとかつお味
下部尿路の健康維持|まぐろと野菜味
下部尿路の健康維持|まぐろとかつお味
腎臓の健康維持用|まぐろとかつお味
室内ねこ用|まぐろとかつお味
シニア猫用
(11歳から)
毛玉ケア|かつおとチキン味
シニア猫用
(15歳から)
かつおと野菜味

ドライフードのラインナップは子猫用が1種類、成猫用が10種類、シニア猫用が2種類となっています。

成猫用には「毛玉ケア/下部尿路の健康維持/腎臓の健康維持/室内ねこ用」という商品が販売されていますが、特にこだわりがないならどれを選んでも大丈夫です。

使われている原材料はほとんど同じですし、成分バランスにもそこまでの差はありません。

缶詰(ウェットフード)

年齢 風味
成猫用
(1~7歳)
まぐろ味
まぐろ入り白身魚
まぐろ・たい入り
まぐろ・ささみ入り
まぐろ入りかつお
ビーフ&フィッシュ
シニア猫用
(8歳から)
まぐろ味
まぐろ入り白身魚
まぐろ・ささみ入り
シニア猫用
(11歳から)
まぐろ味
まぐろ入り白身魚

猫缶詰に関しては子猫用は販売されておらず成猫用が6種類、シニア猫用が5種類となっています。

缶詰タイプはパウチタイプより容量が大きいので、ウェットフードをメインで与える場合は缶詰タイプ、ドライフードと併用して与える場合はパウチを選ぶといいでしょう。
(※缶詰タイプは1缶160g、パウチタイプは1袋70g)

なお、パウチタイプは1袋からでも購入できますが、缶詰タイプは3缶1セットでの販売になっています。

▼カルカンの最安値をチェックする
最安値は?公式・Amazon・楽天で販売価格を調査

カルカン(猫用)の原材料から安全性を評価

ここからは、ドライフードの「成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味」の原材料からカルカンの安全性を評価していきます!

原材料一覧を見る
カルカン(猫用)の原材料一覧
※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物は赤色で記載

人工の酸化防止剤と着色料を使用

口コミの項目で説明したように、カルカンにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤と人工の着色料が使われているのが不安要素です。

もちろん定められた最大基準を超えないよう使われているでしょうが、毎日の主食として与えるのであれば安全性に配慮された原材料が使われたフードを与えたいところ。

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目で良し悪しを判断していないので、危険性のある着色料を使ってまで色味を付ける意味はありません。

人工の酸化防止剤に関しては天然由来のものより効果が強力というメリットもあるものの、着色料を使って飼い主の目を惹き付けようとしているフードは、猫目線でなく人間目線で作られた商品と捉えることができます。

表記が曖昧な原材料と品質が不明瞭な原材料あり

カルカンには”等・家禽・類”という曖昧な表記な原材料があることに加えて、”ミール”の品質についての説明がないのも不安要素です。

人間でも食べられる高品質なミールが使われているフードもあるものの、その逆に人間の食肉としては出回らない肉骨粉(副産物)が使われているフードもあります。

具体的な原材料の詳細はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるのかという問題になってきます。

軟便・下痢をしやすい猫向けのフードではない

カルカンのドライフードには、主原料として穀物が使われています。

しかし、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーを持つ猫は少なくなく、穀物が過剰に使われたフードを食べると下痢・嘔吐といった消化不良を起こす猫もいます。

それだけでなく、猫によっては血便が出たり皮膚炎を起こすことも。

穀物アレルギーではない猫にとってはグレインフリーは必須ではありませんが、下痢や嘔吐といった消化不良が心配なら肉類が主原料に使われているフードをおすすめします。

カルカン(猫用)の成分の評価

原材料の次は、カルカン(成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味)の成分を評価していきます。

成分表を見る
カルカン(猫用)の成分表

カロリー・脂質・タンパク質が控えめ

「成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味」の100gあたりのカロリーは約355kcalとやや低カロリーで、穀物がメインのドライフードということもあってかタンパク質と脂質も控えめです。

また、毛玉の排出を促すために繊維質は多めに配合されています。

脂質とカロリー、繊維質のバランスを踏まえると太り気味の猫向けの成分バランスに思えますが、やはり炭水化物の割合が多いのが気になるところ。

炭水化物の割合が多くなれば消化不良だけでなく高血糖のリスクも高まるので、太り気味でダイエットが必要な猫には低脂質・低カロリーかつ低炭水化物なフードをおすすめしています。

尿路結石のリスクに配慮したミネラルバランス

ドライフードの「成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味」は、尿路結石や膀胱炎のリスクに配慮してミネラルバランスが調整されています。

尿路結石ができにくいミネラルバランスは“カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08”と考えられていますが、「成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味」の3つのミネラルの比率は“1:0.9:0.09”と理想的なバランスに近いです。

ただ、カルカンは健康な猫向けに成分バランスが調整された総合栄養食であって療法食ではないので、現時点で下部尿路にトラブルを抱えている愛猫にご自身だけの判断であたえるのは避けてくださいね。

▼カルカンの最安値をチェックする
最安値は?公式・Amazon・楽天で販売価格を調査

カルカン(猫用)の餌の量は?給餌量の注意点

カルカン(猫用)の給餌量

「成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味」の給餌量の目安は表の通りです。

その他のラインナップもパッケージに体重別の給餌量が掲載されていますが、いずれに関してもあくまで目安量でしかありません。

実際には飼育環境や体質によって適量が変わってくるので、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

例えば、運動量が控えめで消費カロリーが少ない成猫の場合には、餌の量を1~2割程度減らすのがおすすめです。

 

餌を食べすぎてしまう傾向のある場合は、ご飯の回数を増やすことで空腹を感じにくくさせることができるので、一度試してみてください。

なお、生後1年未満の子猫には子猫用フードを与えるべきですが、成長期の子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間はあまり神経質になりすぎずに欲しがるだけ食べさせて大丈夫ですよ。

キャットフード「カルカン」の総合評価

項目 得点
原材料 ★☆☆☆☆
成分 ★★☆☆☆
安全性 ★★☆☆☆
食いつき ★★★☆☆
コスパ ★★★★★
総合評価 ★★☆☆☆
(2.6点)

まず、原材料の評価はグレインフリー・小麦グルテンフリーではないこと、穀物が主原料として使われていること、肉類の品質が不明瞭なことを踏まえて1点としました。

成分の評価はドライフードの「成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味」の成分表を参考にしつつ、タンパク質が控えめなことに加えて植物性タンパク質の割合が多いと考えられること、脂質がやや控えめなことから2点に。

安全性の評価に関しては、人工の酸化防止剤と着色料が使われていることと、曖昧な表記の原材料が目立つことを考慮して2点としています。

 

そして、食いつきの評価は調査した口コミの比率を参考にして平均点の3点としました!

コスパの評価に関しては、100gあたり約37円)というドライフードの価格を踏まえて満点としています。

最安値は?公式・Amazon・楽天で販売価格を調査

サイズ 公式 楽天 Amazon
800g 397円 471円
1.6kg 591円 629円

公式サイトとAmazon、楽天市場でドライフードの「成猫用 毛玉ケア かつおとチキン味」の価格を調査してみたところ、公式サイトでは販売されておらず楽天が最安値という結果になりました!

ペットショップやホームセンターでもカルカンを取り扱っている店鋪は多いですが、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もあるので、継続購入する場合は通販サイトでまとめ買いするのがおすすめです。

通販ならわざわざ重い袋を運ぶ手間も省けますしね。

 

穀物が主原料として使われたカルカンは猫本来の食事とはかけ離れた餌と言わざるをえませんし、危険性のある人工添加物が使われていることも不安な要素です。

ただ、その代わり価格が安くて継続購入しやすいというメリットがあります。

たとえ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る