厳選された高品質な原材料が使われているグレインフリーフードのKiaOra(キアオラ)キャットフード。

今回はそんなキアオラを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を101件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

キアオラキャットフードの悪い口コミ・評判

キアオラキャットフードの悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「市販の国産フードと比べるとかなり高い」といった内容のレビューあり、特に食いつきが悪いというレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、キアオラには食いつきをよくするための人工添加物が使われていないことや、猫は食の好みが激しい動物ということが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食べない・食べなくなった(14件)
  • 値段が高い(5件)

という結果になっています。

食べない・食べなくなった

キアオラの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「あまり食べない」、「だんだん食べなくなってしまった」といったような、食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

食いつきのよさを評価するレビューに比べれば件数は少ないですが、どんな猫でも絶対に食いつきがいいフードはまず存在しないというのも事実です。

ただ、キアオラからは肉原材料の種類が違う3種類のドライフード(ラム&レバー/グラスフェッドビーフ&レバー/カンガルー)が製造・販売されており、愛猫の食の好みに合わせやすいのはメリットと言えます。

それと、「”カンガルー”は大好きだけど”ラム&レバー”は食べない」というレビューも見られたので、もし食にこだわりのあるグルメな愛猫にキアオラを与えようと考えている場合には、お試しサイズの300gから与えてみて様子を見た方がいいかもしれません。

値段が高い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「キアオラは値段が高い」といった内容のレビューです。

キアオラは高品質な原材料が使われたグレインフリーフードというだけあって、100gあたりの値段は約270円と安くはありません。
(※”グラスフェッドビーフ&レバー”の販売価格を参考にしています)

いくら品質のいいフードを愛猫に与えたいからといって、継続して与えることができなければあまり意味がないので、現実的に継続購入できる値段かどうかという点まで踏まえて購入を検討することをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
キアオラキャットフードの総合評価

キアオラキャットフードの良い口コミ・評判

キアオラキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「飼い主にも分かるくらいの変化があった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、キアオラは良質な天然由来の原材料そのものの香りで嗜好性が高められていることや、猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(58件)
  • 原材料に安心感がある(11件)
  • 便の形・固さが変わった(10件)
  • 毛並み・毛艶が変わった(3件)

という結果になっています。

食いつきがいい

キアオラの口コミ・評判で一番多かったのは、食いつきのよさを評価するレビューでした!

食いつきの悪さを指摘するレビューが14件、食いつきのよさを評価するレビューが58件という比率を踏まえると、キアオラの嗜好性は一般的なキャットフードよりもワンランク上と捉えてよさそうです。

ただ、キアオラには人工の香料・調味料が使われていないため、愛猫がそれらの人工添加物が使われていないフードを食べ慣れていない場合には、フードの切り替えに苦労するかもしれません。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「キアオラは原材料に安心感がある」といった内容のレビューです。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われていますが、キアオラには猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていません。

また、キアオラは猫の消化不良の原因になりやすい穀物が使われていないグレインフリーフードということも、食に敏感でお腹が弱い愛猫と暮らしている方にとっては安心できる要素です。

便の形・固さが変わった

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「キアオラに切り替えたらいい便が出るようになった」というレビューでした。

この理由として考えられるのは、穀物が過剰に使われていたフードからキアオラに切り替えたことです。

肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化が苦手なので、猫によっては穀物が過剰に使われているフードを食べると下痢や嘔吐といった消化不良を起こすことがあります。

 

また、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫も少なくなく、最近は小麦グルテン不使用のグルテンフリーフードや穀物不使用のグレインフリーフードに注目が集まっています。

もし穀物が使われているフードを与えている愛猫の下痢・嘔吐が気になるようなら、キアオラのようなグレインフリーフードをお試ししてみる価値はあるでしょう。

毛並み・毛艶が変わった

SNSでキアオラの口コミ・評判を調査する中で「毛並み・毛艶が良くなった気がする」といった内容のレビューもありました。

この原因としては、毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が関係していると思われます。

ただ、キアオラの公式サイトとパッケージの成分表にはオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量は掲載されていないため、フードを切り替えたことが直接的な原因になったのかは定かではありません。

ちなみに、2つの脂肪酸の理想的なバランスは【オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=5:1】と考えられているので、愛猫のフード選びの参考にしてみてください。

キアオラキャットフードの口コミ・評判まとめ

キアオラキャットフードの悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「市販の国産フードと比べるとかなり高い」といった内容のレビューあり、特に食いつきが悪いというレビューが多い傾向にありました。

その一方で、キアオラキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「飼い主にも分かるくらいの変化があった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、キアオラは良質な天然由来の原材料そのものの香りで嗜好性が高められていることや、猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食べない・食べなくなった
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • 便の形・固さが変わった
  • 毛並み・毛艶が変わった

Amazonで見る

楽天市場で見る

キアオラキャットフードの原材料の評価

ビーフ生肉、ビーフレバー生肉、フィッシュミール、えんどう豆、タピオカスターチ、全粒亜麻仁、鶏脂、天然フレーバー、乾燥ビーフ、ビネガー、キャノーラ油、ミネラル類(塩化カリウム、塩化ナトリウム、炭酸カルシウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、硫酸銅、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、硫酸コバルト、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(塩化コリン、ナイアシン、ビタミンEサプリメント、パントテン酸カルシウム、リボフラビンサプリメント、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、ビタミンAサプリメント、ビオチン、ビタミンB12サプリメント、葉酸、ビタミンK1サプリメント、ビタミンD3サプリメント)、タウリン、酸化防止剤(天然ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物、グリーンティ抽出物、スペアミント抽出物)

参照:KiaOra CAT グラスフェッドビーフ&レバー|BACK TO BASICS

ここからは、キアオラキャットフードの原材料を評価していきます!
(※表は「グラスフェッドビーフ&レバー」の原材料一覧です)

グレインフリー(穀物不使用)のドライフード

キアオラの大きな特徴と言えば、やはり食物アレルギーに配慮されたドライフードということでしょう。

口コミ・評判の項目でも説明した通り、キアオラには猫の食物アレルギーの原因になりやすい穀物が一切使われていません。

それだけでなく、「グラスフェッドビーフ&レバー」には牛肉と魚肉以外の肉類が使われていないため、鶏肉や豚肉にアレルギーのある猫にも与えることができます。

 

なお、「ラム&レバー」にはラム肉と魚肉以外の肉類が使われておらず、「カンガルー」にはカンガルー肉と魚肉以外の肉類が使われていないので、愛猫の食の好みと体質に合わせて選んであげるといいでしょう。

【穀物不使用のグレインフリーフード】、【ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われていない】、【厳選された高品質な原材料が使われている】という3つの要素を満たしたキアオラは、人間目線ではなく猫目線で作られたキャットフードと言えますね。

キアオラキャットフードの成分の評価

成分表
タンパク質 30.0%以上
脂質 18.0%以上
粗繊維 4.0%以下
灰分 10.0%以下
水分 9.0%以下
リン 1.35%
マグネシウム 0.13%
カロリー
(100gあたり)
約375kcal

原材料の次は、キアオラキャットフードの成分を評価していきます。
(※表は「グラスフェッドビーフ&レバー」の成分値です)

室内飼いの猫向けの成分バランス

キアオラのキャットフードのタンパク質は30%、脂質は18%、100gあたりのカロリーは約375kcalとタンパク質・脂質がやや控えめで、カロリーは標準的なドライフードです。

こういった成分バランス上、室内飼いされていることが多くて運動量が控えめな日本の飼い猫向けのフードと言えるでしょう。

また、繊維質も4%と豊富に含まれているため、便秘気味の愛猫のスッキリに配慮したいという場合にもおすすめできます。

ただ、育ち盛りの子猫には高タンパク・高脂質・高カロリーなフードを与えるべきなので、生後半年以内の子猫向けフードとしてのおすすめ度は下がります。

カルシウム・リン・マグネシウム含有量

キアオラの「グラスフェッドビーフ&レバー」の成分表を見て気になったのは、リン含有量は1.35%、マグネシウム含有量は0.13%と掲載されているものの、カルシウム含有量が掲載されていないことです。

3つのミネラルの理想的なバランスは【マグネシウム:リン:カルシウム=1:0.8:0.08】と考えられていますが、カルシウム含有量が分からないことには比較のしようがない・・・というのが率直な感想です。

ちなみに、「ラム&レバー」と「カンガルー」の成分表にもカルシウム含有量は掲載されていません。

▼総合評価をチェックする
キアオラキャットフードの総合評価

キアオラのお試しサンプル(試供品)について

公式サイトではお試しサンプルの無料配布や販売は行われていませんが、楽天市場では不定期で有料のお試しサンプルが販売されていることがあります。

1食分くらいの量だと物珍しさで何でも食べる猫もいますが、3~4食分くらいのお試しサンプルなら愛猫の好みの香り・味かどうかのざっくりとした判断はできるでしょう。

ただ、タイミングによってはお試しサンプルの取り扱いがないことや、開封してしばらく経った状態のフードを愛猫が食べてくれるかどうかの判断ができないのがネックです。

こういった理由もあり、できれば本商品を1袋購入して愛猫の食いつきと変化をじっくりと確認することをおすすめしています。

キアオラキャットフードの給餌量

体重 運動量少なめ 運動量多め
1kg 13g 16g
2kg 27g 32g
3kg 40g 48g
4kg 53g 64g
5kg 67g 80g
6kg 80g 96g
7kg 93g 112g
8kg 107g 128g

キアオラキャットフードの「グラスフェッド&レバー」の成猫の給餌量は表の通りです。

その他のラインナップもパッケージに体重別の給餌量が掲載されていますが、いずれに関してもあくまで目安量でしかありません。

実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってくるので、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

 

ただ、育ち盛りの子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間はあまり神経質になりすぎずに欲しがるだけ食べさせて大丈夫ですよ。

7歳以上の中高齢猫の給餌量に関しては、成猫の給餌量から1~2割くらい減らした量を目安にしてみてください。

▼総合評価をチェックする
キアオラキャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
300g 1,089円
900g 2,420円
2.7kg 6,270円

公式サイトと楽天市場、Amazonでキアオラキャットフードの「グラスフェッドビーフ&レバー」の販売価格を調査してみたところ、公式サイトでは販売されておらず、楽天とAmazonの最安値は同じという結果になりました!
(※公式サイトには定価だけが掲載されており、公式サイトから直接購入することはできません)

キアオラは取扱店が少ないプレミアムフードなので、キアオラを購入するなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがおすすめです。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、まとめ買いで送料無料になる販売店もありますからね。

キアオラキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 5/5点
成分 4/5点
安全性 5/5点
食いつき 4/5点
コスパ 2/5点
総合評価 Aランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 1,089円/300g
2,420円/900g
6,270円/2.7kg
(グラスフェッドビーフ&レバー)
対応年齢 全年齢対応
原産国 ニュージーランド
販売会社 レッドハート株式会社

当サイトのキアオラキャットフードの総合評価はAランクです。

ミネラルバランスが分からないのが不安要素と言えますが、猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないだけでなく、消化不良の原因になりにくい原材料が使われたグレインフリーフードという点が魅力的です。

また、室内飼いで運動量が控えめな成猫向けの成分バランスになっている点も見逃せません。

もし【食に敏感でお腹が弱い愛猫に配慮して高品質なドライフードを与えたい】と考えているなら、ぜひ一度お試ししてみてください。

Amazonで見る

楽天市場で見る

▼人気キャットフードのおすすめランキングはこちら
キャットフードのおすすめ人気ランキング【5つの項目で徹底比較】