ペット先進国ドイツ発のプレミアムフード「LEONARDO(レオナルド)」。

今回はそんなレオナルドを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を122件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

レオナルドキャットフードの悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食べない・食べなくなった 13件
軟便・下痢気味になった 6件
値段が高い 2件

楽天市場とAmazonのレビュー、SNSでレオナルドキャットフードの口コミを調査してみたところ、「食べない・食べなくなった」、「軟便・下痢気味になった」、「値段が高い」といった内容の悪評を確認できました。

順番に見ていきましょう。

食べない・食べなくなった

レオナルドの悪評で一番多かったのは「食べない」、「食べなくなった」といったような食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

割合としては非常に少ないものの、どんな猫でも絶対に気に入るフードはまず存在しないというのも事実です。

ただ、レオナルドは様々な風味のドライフードとウェットフードを取り揃えており、愛猫の好みに合わせて選びやすいのは強みと言えます。

軟便・下痢気味になった

次に多かった悪評は「軟便気味になった」、「下痢気味になった」という悪評でした。

軟便・下痢の理由として考えられるのは、餌の急な切り替え食物アレルギーです。

まず、餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、レオナルドに慣れるまで一時的に便が緩くなる可能性があります。

 

次の食物アレルギーに関してですが、商品名に”GF”というアルファベットが含まれていないドライフードには食物アレルギーの原因になりやすい穀物が含まれているため、穀物アレルギーが原因で消化不良を起こしているのかもしれません。

また、猫によっては特定の肉類やイモ類・豆類がアレルギーの原因となることもあり、グレインフリー(穀物不使用)の商品を与えて消化不良が解消されない場合には肉原材料の種類が限定されたフードを・・・といったように、地道にアレルギーの原因を特定していくことになります。

値段が高い

そのほかには、「レオナルドは値段が高い」という悪評もあり。

レオナルドは高品質な原材料が使われたプレミアムフードということもあり、市販の激安フードと比べるとかなり高額です。

いくら品質のいいフードを愛猫に与えたいからといって継続できなければあまり意味がないので、現実的に継続購入できるかどうかという点まで考慮して購入を検討することをおすすめします。

レオナルドキャットフードの良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 71件
原材料に安心感がある 14件
成分バランスがいい 6件
便の状態が良くなった 5件
吐く回数が減った 5件

良い口コミに関しては「食いつきがいい」、「原材料に安心感がある」、「成分バランスがいい」、「便の状態が良くなった」、「吐く回数が減った」といった内容の評判が見つかりました!

食いつきがいい

今回調査した口コミで一番多かったのは、「食いつきがいい」という評判でした。

食いつきが悪いという悪評が13件、食いつきがいいという評判が71件という比率を踏まえると、レオナルドの嗜好性は一般的なキャットフードよりもワンランク上と捉えて良さそうです。

もし食にこだわりがあるグルメな愛猫がレオナルドのドライフードを食べてくれるか心配な場合には、まずは400gサイズからお試ししてみるといいでしょう。

原材料に安心感がある

次に多かったのは、「レオナルドは原材料に安心感がある」といった内容の評判です。

一部のキャットフードにはBHA・BHTといった人工の酸化防止剤や、赤色●号・黄色●号といった人工の着色料が使われていますが、それらの人工添加物はガンやアレルギーの原因になります。

それに対して、レオナルドは安全性に配慮して余計な人工添加物が一切使われていません。

猫の体に負担を与える可能性のある人工添加物が使われていないレオナルドは、人間ではなく猫の立場になって作られたナチュラルフードと捉えることができますね。

成分バランスがいい

そのほかには、「レオナルドは成分バランスがいい」といった内容の評判もあり。

具体的には、ミネラルバランスやカロリーを評価する口コミが目立ちました。

レオナルドのキャットフードは下部尿路の健康維持に配慮してミネラルバランスがしっかりと調整されていますし、猫の年齢と体質に合わせて様々な商品を取り揃えているのが強みです。

また、レオナルドのドライフードは全体的にカロリーが高く、運動量が多い活発な猫や食が細い猫向けの成分バランスと言えます。

便の状態が良くなった

「レオナルドに切り替えたら便の状態が良くなった」、という評判も見つかりました!

レオナルドには良質な肉原材料が主原料として使われているので、穀物が過剰に使われたフードから切り替えるだけで飼い主にも分かるくらい便の状態が良くなる可能性はあります。

また、穀物全般にアレルギーのある愛猫のフードをグレインフリーの商品に切り替えた結果、消化不良が解消された可能性も考えられますね。

吐く回数が減った

レオナルドに切り替えて吐く回数が減るのも、便の状態が良くなる理由と同じです。

なお、穀物全般にアレルギーのない猫にとってはグレインフリーは必須ではありません。

食に敏感でお腹の弱い愛猫のフードの切り替えを検討している場合、まずは穀物が含まれている商品から試して様子を見てみるのもいいでしょう。

▼レオナルドの最安値をチェックする
最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

レオナルドキャットフードの種類

レオナルドからは現在、1種類の離乳食と10種類のドライフード、そして22種類のウェットフードが販売されています。

離乳食

  • グラニュラースタート

“グラニュラースタート”はパレットタイプの離乳食です。

ミルクや水とも混ぜやすく、固形物を食べられない子猫にも問題なく与えることができます。

ドライフード

  • キトン
  • アダルト フィッシュ
  • アダルト ダック
  • アダルト ラム
  • アダルト 32/16
  • アダルト ライト
  • シニア
  • アダルト GF マキシム
  • アダルト GF ポートリー
  • アダルト GF サーモン

レオナルドのドライフードの種類は上記の通りで、成猫向けに成分バランスが調整された商品(アダルト)を8種類、子猫向けに成分バランスが調整された商品(キトン)とシニア猫向けに成分バランスが調整された商品(シニア)を1種類ずつ取り揃えています。

なお、”アダルト 32/16″は運動量が少ない成猫向けに、”アダルト ライト”は太り気味の成猫向けに脂質とカロリーが控えめに調整されており、「ライト<32/16<その他」の順に脂質とカロリーが多くなっています。

ウェットフード(缶詰)

  • キトン(子猫)
  • 豊富なダッグ(鴨)
  • 豊富なビーフ
  • ピュアポートリー
  • 豊富なレバー
  • 豊富なオーシャンフィッシュ
  • 豊富なウサギ

缶詰タイプのウェットフード(クオリティーセレクション)は全7種類。

缶詰タイプは200gと400gの大容量サイズで販売されているので、多頭飼いしている場合にはパウチよりも缶詰タイプの方が便利です。

ウェットフード(パウチ)

  • キトン(子猫用)
  • キジとクランベリー
  • ピュアターキー
  • 鹿+ブルーベリー
  • ラム&クランベリー
  • 子牛&ベジタブル
  • ポートリー+卵
  • ダック&チーズ
  • ウサギ&クランベリー
  • カンガルー+キャットニップ(またたび)
  • マス+キャットニップ(またたび)
  • ミートメニュー
  • ピュアチキン
  • フィッシュ&シュリンプ
  • ピュアビーフ

パウチタイプのウェットフード(ファイネストセレクション)は全15種類。

パウチタイプの内容量は85gとなっているため、1匹だけにウェットフードを与える場合はパウチタイプをおすすめします。

▼レオナルドの最安値をチェックする
最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

レオナルドキャットフードの原材料の評価

原材料一覧
サーモン(30 %)、米、フィッシュミール(海魚より)(12,5 %)、低灰分家禽タンパク質乾燥(12,5 %)、トウモロコシ、家禽肉脂肪、海洋動物プランクトン粉(オキアミ, 5 %)、加水分解された家禽肉レバー、ライ麦モルト、乾燥卵、乾燥醸造酵母(2,5 %)、圧搾されたブドウ種 (1,5 %)、チアシード (1,3 %)、乾燥イナゴマメさや、塩化ナトリウム、塩化カリウム、チコリイヌリン

※食物アレルギーの原因になりやすい原材料は赤色で記載

ここからは、レオナルドキャットフードの”アダルト フィッシュ”の原材料を評価していきます!

原材料と無添加にこだわったドイツ産フード

ペット先進国ドイツ産フードということもあり、レオナルドには人間でも食べられる高品質な原材料が使われているのが大きな特徴です。

また、口コミの項目でも触れた通り、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物は一切使われていません。

それと、”アダルト フィッシュ”には穀物が含まれていますが、レオナルドからは3種類のグレインフリー(穀物不使用)フードも販売されており、穀物全般にアレルギーのある猫にも対応できることも強みです。

原材料一覧には肉原材料の割合まで明記されていますし、【レオナルドは品質と安全性にこだわり抜かれたワンランク上のフード】と言っていいでしょう。

レオナルドキャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 32%
粗脂肪 20%
粗灰分 8.5%
粗繊維 2.3%
水分 10%
カルシウム 1.2%
リン 0.8%
ナトリウム 0.4%
マグネシウム 0.09%
カロリー
(100gあたり)
413kcal

原材料の次は、レオナルドキャットフード(アダルト フィッシュ)の成分を評価していきます。

運動量が多い活発な猫向きの成分バランス

“アダルト フィッシュ”のタンパク質は32%、脂質は20%、100gあたりのカロリーは約413kcalと、適度にタンパク質を含みつつ高脂質・高カロリーになっています。

こういった成分バランス上、運動量が多い活発な成猫や食が細くてたくさんの量を食べられない成猫の主食にぴったりです。

その逆に、運動量が控えめで消費カロリーが少ない成猫や太り気味の成猫の主食としてはおすすめできません。

 

なお、レオナルドからは運動量が控えめな成猫向けに”アダルト 32/16″、太り気味の成猫向けに”アダルト ライト”も販売されていますが、32/16の100gあたりのカロリーは約396kcal、ライトの100gあたりのカロリーは約375kcalと、そこまでカロリーが抑えられていないです。

そのため、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい成猫には、よりローカロリーなドライフードを選んであげるといいでしょう。

▼レオナルドの最安値をチェックする
最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

レオナルドキャットフードの総合評価

項目 得点
原材料 ★★★★★
成分 ★★★★☆
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★★☆
コスパ ★★☆☆☆
総合評価 ★★★★☆
(4.0点)

レオナルドには人間も食べられる品質の原材料が使われており、穀物アレルギーに配慮したグレインフリーフードも販売されていることから、原材料の評価は満点としました!

成分の評価に関しては、全体的にカロリーが高めで運動量が控えめな猫や太り気味の猫には与えづらいことを踏まえて1点減点しています。

ただ、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われていないことを評価して、安全性の項目は文句なしの満点です!!

そして、食いつきの評価も調査した口コミの比率を参考に4点とし、コスパの評価は100gあたり約228円(アダルト フィッシュ)という価格を考慮して2点としました。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
400g 1,120円
2kg 4,550円

公式サイトと楽天市場、Amazonでレオナルドの”アダルト フィッシュ”の価格を調査してみたところ、どこも同じ価格で販売されていました。

レオナルドは取扱店が少ないプレミアムフードなので、レオナルドを買うなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、送料無料となる販売店もありますからね。

 

全体的にカロリーが高めで太り気味の猫用としてはおすすめ度が下がりますが、危険性のある人工添加物が一切使われておらず、穀物アレルギーに配慮したグレインフリーフードも販売している点は魅力的です。

食いつきのよさを評価する口コミも多かったので、運動量が多い活発な猫や食が細い猫向けに嗜好性の高いフードを探している場合には、ぜひ一度お試ししてみてくださいね。

Amazonで見る

楽天市場で見る