ミャウミャウのパッケージ画像

コクや濃厚感が強くて食いつきがいい傾向にある素材、”a-iペプチド”を配合したアイシアのペットフード「ミャウミャウ(MiawMiaw)」。

今回はそんなミャウミャウを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を103件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ミャウミャウ(猫用)の悪い口コミ・評判

ミャウミャウ(猫用)の悪い口コミ・評判は「消化不良を起こしてしまった」、「期待していたのにあまり食べない」、「市販のフードの中では少し価格が高い」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ミャウミャウには消化不良の原因になりやすい小麦グルテンが含まれていることや、猫は食の好みが激しい動物ということが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 吐く回数が増えた(4件)
  • 食べない・食べなくなった(3件)
  • 軟便・下痢気味になった(3件)
  • 価格が高い(2件)
  • 穀物の割合が多い(2件)

という結果になっています。

吐く回数が増えた

ミャウミャウの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「吐く回数が増えた」というレビューでした。

この原因として考えられるのは、餌の急な切り替えか食物レルギーです。

まず、餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、ミャウミャウに慣れるまで一時的に吐く回数が増えることがあります。

 

次の食物アレルギーに関してですが、ミャウミャウにはアレルギーの原因になりやすい小麦グルテンが含まれています。

また、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手という問題もありますが、ミャウミャウのドライフードには穀物が主原料として使われているため、体質によってはミャウミャウが合わない可能性があります。

食べない・食べなくなった

次に多かった悪い口コミ・評判は「あまり食べない」、「途中で食べなくなった」といった内容のレビューです。

食いつきがいいというレビューの方が圧倒的に多いものの、どんな猫でも絶対に食いつきがいいフードはありません。

ただ、ミャウミャウは風味や食感が違う様々なドライフードとウェットフードを取り揃えており、愛猫の好みに合わせて選びやすいことは強みと言えます。

軟便・下痢気味になった

ミャウミャウに切り替えて軟便・下痢気味になるのは、吐く回数が増える理由と同じです。

餌を急に切り替えると消化不良の原因を特定しにくいので、1週間から10日ほどかけてゆっくりと餌を切り替えるようにしましょう。

私がおすすめしているのは1日1割ずつ新しい餌の割合を増やしていく方法で、これならちょうど10日で餌の切り替えが完了します。

価格が高い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「ミャウミャウは価格が高い」というレビューです。

ただ、実際にはミャウミャウの100gあたりの価格は約90円と安く、4倍以上の価格差が付けられているプレミアムフードも少なくありません。
(※ドライフードのカリカリ小粒タイプの販売価格を参考にしています)

最安値クラスのドライキャットフードではありませんが、安全性に配慮してガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料は使っていないので、安さ重視のフードよりもワンランク上のフードを与えたいという場合には有力候補の一つになるでしょう。

穀物の割合が多い

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していると、「ミャウミャウは穀物の割合が多い」というレビューも見つかりました。

先ほども説明した通り、確かに猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手ですが、穀物が含まれているフードを食べても消化不良を起こさない猫もいます。

穀物全般にアレルギーのない猫にはグレインフリーは必須ではないので、下痢や嘔吐といった消化不良が心配なら肉原材料が主原料に使われているフードからお試ししてみることをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「ミャウミャウ」の総合評価

ミャウミャウ(猫用)の良い口コミ・評判

ミャウミャウ(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「お手頃な価格だから気軽に買える」、「飼い主にも分かるくらいの変化があった」といった内容のレビューがあり、特に食いつきのよさを評価するレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ミャウミャウからは様々な風味と食感のドライフードとウェットフードが販売されていることや、”a-iペプチド”が配合されていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(64件)
  • 小粒で食べやすそう(21件)
  • お手頃な価格(2件)
  • 吐く回数が減った(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ミャウミャウの口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

食いつきの悪さを指摘するレビューが3件だったのに対して、食いつきのよさを評価するレビューが64件という割合を踏まえると、ミャウミャウは嗜好性の高いキャットフードと捉えてよさそうです。

ミャウミャウには嗜好性を高めるための人工の香料・調味料は使われていませんが、ここまで食いつきがいいというレビューが多いのは”a-iペプチド”が含まれていることが関係しているのかもしれませんね。

小粒で食べやすそう

食いつきに関する口コミ・評判の次に多かったのは、「ミャウミャウのドライフードは小粒で食べやすそう」というレビューです。

例えば、”カリカリ小粒タイプ”は商品名の通り粒がかなり小さめなので、体格の小さい猫や顎の力が弱い猫にも食べやすいです。

また、ミャウミャウには水分量が多くて柔らかいセミモイストタイプのフードもあるため、何かしらの事情があって固形物を食べづらい猫にも対応できます。

お手頃な価格

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「お手頃な価格で買いやすい」というレビューでした。

品質を最優先するなら穀物が主原料に使われているミャウミャウはおすすめできませんが、「価格を重視しつつも安全性に配慮されたフードを与えたい」・・・ということであれば選択肢に入れておいてもいいと思います。

吐く回数が減った

そのほかに見つかった良い口コミ・評判、「ミャウミャウに切り替えたら吐く回数が減った」というレビューです。

原材料一覧を見る限りでは消化性の高い原材料は特に使われていないようですが、それ以前に与えていたフードによっては吐き戻しが目立たなくなる可能性はあります。

ミャウミャウのカリカリ小粒タイプは270gサイズと580gがあるので、下痢や嘔吐が心配なら少量サイズの270gで様子見することをおすすめします。

ミャウミャウ(猫用)の口コミ・評判まとめ

ミャウミャウ(猫用)の悪い口コミ・評判は「消化不良を起こしてしまった」、「期待していたのにあまり食べない」、「市販のフードの中では少し価格が高い」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ミャウミャウ(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「お手頃な価格だから気軽に買える」、「飼い主にも分かるくらいの変化があった」といった内容のレビューがあり、特に食いつきのよさを評価するレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ミャウミャウからは様々な風味と食感のドライフードとウェットフードが販売されていることや、”a-iペプチド”が配合されていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 吐く回数が増えた
  • 食べない・食べなくなった
  • 軟便・下痢気味になった
  • 価格が高い
  • 穀物の割合が多い
  • 食いつきがいい
  • 小粒で食べやすそう
  • お手頃な価格
  • 吐く回数が減った

Amazonで見る

楽天市場で見る

ミャウミャウ(猫用)の原材料の評価

原材料一覧
穀類(とうもろこしコーングルテンミール小麦粉)、肉類(ビーフミール、チキンレバーパウダー、鶏ささみパウダー)、魚介類(魚粉、フィッシュエキス、かつおペプチド)、動物性油脂、セルロース、オリゴ糖、ミネラル類(Na、Cl、K、Ca、P、Zn、Fe、Mn、Cu、Co、I)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)

※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、ミャウミャウ(猫用)の原材料の安全性を評価していきます!
(※表は成猫用ドライフードの「カリカリ小粒タイプ ささみ味」の原材料一覧です)

品質・内容が不明瞭な原材料あり

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、ミャウミャウには猫にとって必要のない人工添加物が使われていない点は評価できます。

ただ、“ミール”の品質についての説明がなく、“動物性油脂”は具体的に何の動物の油なのか分からないことが不安要素です。

また、動物性油脂に使われている酸化防止剤は原材料に表記する必要がなく、酸化を防ぐために人工の酸化防止剤が使われている可能性もあります。

 

原材料の品質や製造方法はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるかという問題になってきます。

それに加えて、ミャウミャウには猫の消化不良の原因になりやすい穀物が主原料として使われていることも不安要素です。

ミャウミャウ(猫用)の成分の評価

成分表
タンパク質 30.0%以上
脂質 10.0%以上
粗繊維 4.0%以下
灰分 10.0%以下
マグネシウム 0.10%
水分 10.0%以下
カロリー
(100gあたり)
340kcal

原材料の次は、ミャウミャウ(猫用)の成分を評価していきます。
(※表は成猫用ドライフードの「カリカリ小粒タイプ ささみ味」の成分値です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ミャウミャウの「カリカリ小粒タイプささみ味」は脂質が10%、100gあたりのカロリーが340kcalと控えめです。

タンパク質に関しては30%となっていますが、穀物が主原料に使われていることを踏まえると植物性タンパク質の割合がかなり多いと予想できますね。

それに対して、肉食動物の猫にとって大切な栄養素は動物性タンパク質ということを踏まえると、タンパク質の内容にも配慮してフードを選びたいと考えている場合は、良質な肉類が主原料として使われているフードをおすすめしています。

ミャウミャウの成分表を見てそのほかに気になったことは、カルシウムとリンの含有量が掲載されておらず、マグネシウムとリンとカルシウムのバランスが分からないことです。

子猫用フードの成分の特徴

カリカリ小粒タイプには子猫用も販売されており、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫に配慮して、成猫用よりもタンパク質と脂質とカロリーが高めに調整されています。

なお、原材料の内容は成猫用とシニア猫用もほとんど変わりません。

シニア猫用フードの成分の特徴

シニア猫用フードに関しては、「シニア猫向けにミネラルバランスが調整されている」という説明が書かれているのは確認できました。

ただ、公式サイトやパッケージには各ミネラル含有量が掲載されておらず、実際のところは評価のしようがない・・・というのが率直な感想です。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「ミャウミャウ」の総合評価

通販(公式・Amazon・楽天)で最安値を調査!

内容量 公式 楽天 Amazon
270g 305円 316円
580g 547円 509円

公式サイトとAmazon、楽天市場でミャウミャウの「カリカリ小粒タイプ ささみ味」の販売価格を調査してみたところ、公式サイトでは販売されておらず270gサイズは楽天、580gサイズはAmazonが最安値という結果になりました!

ペットショップやホームセンターでも取り扱っている店鋪は多いですが、通販サイトは定価より安く販売されていたり一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もあるので、継続購入する場合は通販サイトでまとめ買いするのがお得です。

通販ならわざわざ重い袋を運ぶ手間も省けますしね。

キャットフード「ミャウミャウ」の総合評価

項目 詳細
原材料 1/5点
成分 2/5点
安全性 4/5点
食いつき 5/5点
コスパ 5/5点
総合評価 Cランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量 305円/270g
509円/580g
(ドライフード)
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 ドライフード:日本
ウェットフード:タイ
販売会社 アイシア株式会社

当サイトのキャットフード「ミャウミャウ」の総合評価はCランクです。

穀物が主原料のミャウミャウのドライフードは【猫本来の食事とはかけ離れたキャットフード】と言わざるをえませんが、安全性に配慮して猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことは評価できます。

また、肉類が主原料に使われたプレミアムフードよりも価格が安く、継続して購入しても金銭的な負担になりにくいというメリットもあります。

たとえ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る