モグリッチのイメージ画像1

ちゅ~るのようなスティックタイプの猫用おやつ「モグリッチ」。

手軽に与えられるサイズというだけでなく、危険性のある人工添加物が使われていないグレインフリーのレシピということで、健康志向の愛猫家から注目を集めています。

今回はそんなモグリッチの口コミと評判を整理し、原材料と成分をもとに徹底評価してみました!

モグリッチ(猫用おやつ)の口コミ・評判

それでは早速、モグリッチの口コミ・評判をチェックしていきましょう!

この投稿をInstagramで見る

* * #プレミアムフード #モグリッチ #mogmog #mogrich ちゅーる下部配慮系あげていたけど こちらに変えてみた🤫 もちろん、食いつき最高😍 できればこのシリーズで 下部配慮系出して欲しいなぁ * * #高くても体に良いものが大切 #健康第一 #おやつ大好きマン #でもダイエットしなきゃいけない #顔は赤ちゃん、お腹はおっさん #短足だからお腹が床に着いちゃいそうで心配🤣 #scottishfold#折れ耳#ルイ #スコティッシュフォールド#短足猫#骨瘤#スコティッシュルイちゃん #scottishfoldlovers#ルイ王子#職業かわいい #にゃんすたぐらむ #猫のいる生活#猫好きさんと繋がりたい #고양이#Unchat#一只猫#ねこすたぐらむ#多頭飼い#catstagram#catsofinstagram

Kinoe Seino(@noestagram0108)がシェアした投稿 –

袋に歯形がついてしまうくらい、食いついていました。カロリーも低いので、ご褒美にあげるのにいいと思います。

原材料が少なく、不要なものが入っていないのが一目でわかりやすいです。

モグリッチは販売が開始されて間もない新商品ということもあり、今の時点では口コミはまだ多くはありません。

愛猫とスキンシップ取るためのおやつということもあってか、食いつきに関わる評判が圧倒的に多いですね!

また、安全性を評価する口コミも見つかりました。

【最大20%割引】
▼公式サイトをチェックしてみる▼

モグリッチ公式サイト

原材料と成分をもとにモグリッチを徹底評価!

モグリッチのイメージ画像2

原材料一覧
水、チキンささみ肉、チキンレバー、タピオカ加工デンプン、増粘安定剤(グアーガム、キサンタンガム)、ヒマワリオイル、タウリン、グルコサミン硫酸、コンドロイチン硫酸
成分表
粗タンパク質 5.5%以上
脂質 0.6%以上
粗繊維 1.0%以上
粗灰分 2.0%以下
水分 90.0%以下
カロリー
(1本あたり)
7.1kcal

ここからは、原材料と成分をもとにモグリッチを徹底評価していきます!

人工の酸化防止剤・着色料・香料・調味料は無添加

モグリッチの大きな特徴は、安全性を優先して人工の酸化防止剤や着色料、香料や調味料を使っていないことです。

粗悪な激安フードには酸化を抑えるためにBHA・BHTといった人工の酸化防止剤や、赤色●号・青色●号といった人工の着色料が使われていますが、これらの人工添加物はガンやアレルギーの原因になります。

そもそも、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫目線で考えれば危険性のある着色料を使ってまで色味を付ける意味はありません。

 

また、食いつきをよくするために香料や調味料を使って風味を整えているフードもありますが、香料や調味料が過剰に使われているフードは猫の身体に負担を与えてしまいます。

愛猫の健康に配慮して塩分量が控えめなおやつを買っている方も少なくないと思いますが、モグリッチの塩分量はたったの0.08%なので安心してください。

良質な肉原材料を贅沢に使用

モグリッチには人間でも食べられる品質の”チキンささみ”と”チキンレバー”が贅沢に使われています。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれているだけでなく、猫にとって非常に魅力的な香りが漂うチキンレバーを使うことで、香料や調味料を使わなくても猫の食欲を刺激することができるわけですね。

「食いつきがいい」という評判が圧倒的に多いことを踏まえても、モグリッチは安全性と食いつきのよさを両立した猫用おやつと言っていいでしょう。

それに加えて、モグリッチは穀物が一切含まれていないグレインフリーフードなので、穀物全般にアレルギーのある食に敏感な愛猫にも安心して与えることができますよ。

低脂質・低カロリーな猫用おやつ

モグリッチに使われているチキンささみは低脂質・低カロリーということもあり、モグリッチの脂質は0.6%、1本(14g)あたりのカロリーは約7kcalと控えめです。

愛猫におねだりされてついついおやつをあげすぎてしまう方も多いでしょうが、ヘルシーな成分バランスのモグリッチなら肥満に繋がりにくいです。

また、モグリッチは成分のほとんどが水分なので、普段あまり水を飲まない愛猫に水分補給を兼ねて与えたり、夏場の水分補給にも活躍してくれるでしょう。

それだけでなく、モグリッチには関節の健康維持をサポートするグルコサミン硫酸とコンドロイチン硫酸が配合されているのも特徴です。

【最大20%割引】
▼公式サイトをチェックしてみる▼

モグリッチ公式サイト

モグリッチ(猫用おやつ)の総合評価

モグリッチのイメージ画像3

項目 得点
原材料 ★★★★★
成分 ★★★★★
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★★★
コスパ ★★☆☆☆
総合評価 ★★★★☆
(4.4点)

原材料と安全性の項目は、危険性のある人工添加物を使っていないグレインフリーのレシピということを評価して満点としています。

また、脂質とカロリーが控えめなおやつということを踏まえて成分の項目も満点に。

そして、食いつきの評価も調査した口コミをもとに満点としました!

コスパの評価に関しては、モグリッチの1本あたりの価格は約69円と安くはないものの、割引特典を活用すれば定価より安く購入できることを加点要素として2点としています。

公式・Amazon・楽天でモグリッチの価格を調査!

公式サイト Amazon 楽天
価格
(税抜)
2,880円 3,520円
送料
(税抜)
640円 無料

モグリッチはペットショップやホームセンターでは店頭販売されておらず、通販でのみ購入することができます。

また、正規輸入代理店のレティシアン以外の販売店はなく、取り扱いがあるのは公式サイトとAmazonだけです。

楽天市場などの通販サイトでモグリッチが販売されていた場合は転売品ですし、Amazonにも転売業者が紛れ込んでいる可能性があるので、必ず販売業者(販売店)が正規輸入代理店の”レティシアン”になっているかどうかを確認するようにしてください。

転売品は利益を出すために正規品より高額で販売されていることがほとんどですし、激安価格で販売されていれば賞味期限が近かったり管理状態に不安のある商品の可能性が高いです。

 

なお、公式サイトの販売価格は3袋セット(1袋=14g×14本)で税抜2,880円、Amazonの販売価格は同じ内容で税抜3,520円です。

販売価格だけに注目すると公式サイトの方が安いですが、送料込みで見ればAmazonで購入しても総額は変わりません。

ただ、公式サイトでモグリッチを注文する場合には確実に正規品を購入できるというメリットのほかに、まとめ買い割引などを利用すればAmazonよりも安く購入できるというメリットがあるので、最安値で購入したいなら公式サイトを利用しましょう。

モグリッチをお得にお試しする方法

モグリッチの通常販売価格は2,880円となっていますが、公式サイトでは定期購入コースが導入されており、定期購入コースで注文すると10%オフの2,592円で購入できます。

さらにまとめ買いするほど割引率が上がっていき、最大割引率は20%となっています。

定期購入コースの割引率と割引後の販売価格は下記の通り。

個数 割引率 販売価格
(税抜)
1セット以上 10% 2,592円
3セット以上 15% 2,448円
7セット以上 20% 2,304円

また、4セット以上まとめ買いすると送料と代引き手数料が無料になるといった特典もあり!

定期コースの配送周期は1~13週間までの1週間単位で選べるので、愛猫がモグリッチを気に入ってくれたら2回目以降は配送周期を長めに設定してまとめ買いした方がお得に購入できますよ。

 

ちなみに、定期購入コースと聞くと継続回数の縛りがあるんじゃないかと心配かもしれませんが、モグリッチの定期購入コースは1回だけで解約することもできますし、解約金や違約金といった費用もかからないので安心してください。
(※解約したい場合には、次回発送日の7日前までに連絡する必要があります)

そのため、まずは定期購入コースで1セットお試し注文してみて、愛猫の食いつきや状態を確認しながら継続するか解約するかを検討するのがおすすめです。

【最大20%割引】
▼公式サイトをチェックしてみる▼

モグリッチ公式サイト