株式会社マルカンのペットフードブランド「サンライズ」のグレインフリーフードの「NaturaHa(ナチュラハ)」。

今回はナチュラハ グレインフリーを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を42件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ナチュラハグレインフリー(猫用)の悪い口コミ・評判

猫用ナチュラハグレインフリーの悪い口コミ・評判は、「思っていたより食いつきが悪い」、「気になる原材料がある」、「成分がよくなさそう」といったレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は”グレインフリー(穀物不使用)”、”無添加(保存料・酸化防止剤・着色料)”ということを押し出して販売しているからでしょう。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食べない・食べなくなった(6件)
  • 原材料の内容が気になる(2件)
  • 成分バランスが悪い(2件)

という結果になっています。

食べない・食べなくなった

悪い口コミで一番多かったのが、食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

原因として考えられるのは、ナチュラハは猫の体に配慮して香料・調味料を使っていないことです。

ナチュラハは肉原材料がたっぷり含まれたウェットフードではあるものの、一般的には人工の香料・調味料で風味が整えられているフードの方が嗜好性が高い傾向にあります。

そのため、それらの人工添加物が使われているフードを食べ慣れている猫の場合、ナチュラハの香りにあまり魅力を感じない可能性はあります。

原材料の内容が気になる

そのほかには、「ナチュラハの原材料の内容が気になる」といった内容の悪評もあり。

ナチュラハの原材料一覧を見てみると”油脂類”、”増粘多糖類”といった記載がありますが、具体的に何が使われているのか全く分かりません。

また、油脂類に使われている酸化防止剤は原材料一覧に記載する必要がないので、酸化を防ぐためにガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤が使われている可能性も否定できません。

それと、増粘多糖類というのは2種類以上の多糖類が使われている時に記載される原材料ですが、多糖類の中にはガンやアレルギーの原因になるものがあることも不安要素と言えます。

成分バランスが悪い

中には、「ナチュラハは成分バランスが悪い」という悪評もありました。

具体的には「油分が多すぎる」という悪評や、「塩分が多すぎる」という悪評です。

成分表を見る限りでは、確かに脂質がやや高めな印象を受けます。

 

塩分に関しては成分表に記載がないので深く言及はできませんが、原材料一覧を見る限りではナトリウム(塩分)が添加されているわけではないので、原材料そのものの塩っぽさを感じたのだと思います。

ウェットフードはほとんどが水分ということもあり、ドライフードよりもヘルシーな食事ではあるものの、「油分が多い」という悪評が気になるなら購入はおすすめしません。

▼総合評価をチェックする
ナチュラハ グレインフリー(猫用)の総合評価

ナチュラハグレインフリー(猫用)の良い口コミ・評判

猫用ナチュラハグレインフリーの良い口コミ・評判は、「美味しそうに食べる」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「値段が安くて良心的」といったレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、肉原材料がたっぷりと使われていることに加えて、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われていないからでしょう。

良い口コミ・評判の内容別の件数に関しては、

  • 食いつきがいい(24件)
  • 原材料に安心感がある(5件)
  • お手頃な値段(3件)

という結果になっています。

順番に見ていきましょう。

食いつきがいい

今回調査した口コミで一番多かったのは、食いつきのよさを評価する口コミでした。

食いつきの悪さを指摘する口コミとの比率を踏まえると、ナチュラハの嗜好性は一般的なキャットフードよりもワンランク上と捉えてよさそうです。

また、ナチュラハ グレインフリーからは食の好みに合わせやすいように、6種類の風味が製造・販売されていることも強みと言えます。

原材料に安心感がある

次に多かったのは、「ナチュラハは原材料に安心感がある」といった内容の評判です。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、ナチュラハは安全性に配慮してそれらの人工添加物を一切使っていません。

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はないです。

猫にとって必要のない人工添加物が使われていないナチュラハは、人間目線ではなく猫目線で作られたキャットフードと捉えることができますね。

お手頃な値段

そのほかには、「ナチュラハはお手頃な値段で販売されている」という評判も確認できました。

“グレインフリー(穀物不使用)”、”無添加(保存料・酸化防止剤・着色料)”という条件を満たしたウェットフードは100gあたり400~500円以上するものも珍しくありませんが、ナチュラハ グレインフリーの100gあたりの値段は約103円と、購入しやすい価格帯におさまっています。

一部の原材料の品質と内容が不明瞭という不安要素もありますが、品質と価格のバランスが取れたコスパのいいウェットフードを与えたいと考えているなら有力候補の一つになるでしょう。

ナチュラハ グレインフリーの口コミ・評判まとめ

猫用ナチュラハ グレインフリーの悪い口コミ・評判は、「思っていたより食いつきが悪い」、「気になる原材料がある」、「成分がよくなさそう」といったレビューが多い傾向にありました。

その一方で、猫用ナチュラハ グレインフリーの良い口コミ・評判は「美味しそうに食べる」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「値段が安くて良心的」といったレビューが多い傾向にありました。

この理由は、肉原材料がたっぷりと使われていることに加えて、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われていないことが考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食べない・食べなくなった
  • 原材料の内容が気になる
  • 成分バランスが悪い
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • お手頃な値段

Amazonで見る

楽天市場で見る

キャットフード「ナチュラハ」の種類

サンライズのナチュラハから現在、「ナチュラハ グレインフリー」というシリーズと「ナチュラハ グレインフリー Premium」というシリーズのキャットフードが製造・販売されています。

どちらもパウチタイプのウェットフードで、「ナチュラハ グレインフリー」は成猫用とシニア用の商品を6種類ずつ、「ナチュラハ グレインフリー Premium」は全年齢対応の商品を3種類取り揃えています。

様々な風味を取り揃えていることから愛猫の食の好みに合わせやすいですし、全ての商品が毎日の主食として食べさせられる総合栄養食なので、主食・トッピング用・おやつ用など色々な与え方ができるのが強みです。

ナチュラハ(猫用)の原材料から安全性を評価

上を見上げる猫

原材料一覧
魚介類(かつお、まぐろ)、油脂類増粘多糖類、ミネラル類(Ca、Fe、Cu、Mg、Zn、I)、ビタミン類(ビタミンA、B1、B2、B6、K、パントテン酸、葉酸、コリン

※品質・内容が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、”ナチュラハ グレインフリー まぐろ(成猫用)”の原材料をもとにして、ナチュラハの安全性を評価していきます!

グレインフリーのキャットフード

ナチュラハ グレインフリーは商品名の通り、穀物が一切使われていないキャットフードです。

ウェットフード自体、肉原材料がたっぷりと使われているという特徴がありますが、米や小麦が含まれている商品も少なくはありません。

穀物全般にアレルギーのない猫にとってはグレインフリーは必須ではないですが、穀物が含まれたウェットフードを食べている愛猫の消化不良が気になるようなら、ナチュラハのようなグレインフリーフードをお試ししてみる価値はありますよ。

品質と内容が不明瞭な原材料あり

“無添加(保存料・酸化防止剤・着色料)”という言葉から安全性にしっかり配慮されていると思えますが、品質と内容が不明瞭な原材料があるのが気になるところです。

口コミの項目でも触れましたが、ナチュラハ グレインフリーの原材料一覧に目を通してみると”油脂類”、”増粘多糖類”という原材料が記載されています。

ただ、油脂類には何の油が使われているのか分かりませんし、酸化を防ぐために人工の酸化防止剤が使われている可能性があるのが不安要素です。

 

また、増粘多糖類も何が使われているのか分からず、種類によってはガンやアレルギーの原因になりえます。

原材料の詳細はメーカーにしか分からないので、これらの原材料に関しては最終的にメーカーをどこまで信頼できるかという問題になってきます。

▼総合評価をチェックする
ナチュラハ グレインフリー(猫用)の総合評価

ナチュラハグレインフリー(猫用)の成分の評価

成分表
タンパク質 8.5%以上
脂質 3.0%以上
粗繊維 0.5%以下
灰分 3.0%以下
水分 88.0%以下
カロリー
(100gあたり)
100kcal

原材料の次は、ナチュラハ グレインフリーの成分を評価していきます。
(※表は成猫用まぐろの成分値です)

主食として食べさせられるウェットフード

ナチュラハ グレインフリーは、毎日の主食として食べさせられる総合栄養食のウェットフードです。

実は、総合栄養食のウェットフードは意外に少なく、トッピング用やおやつ用として販売されている一般食のウェットフードが多いです。

総合栄養食と一般食の違いを知らずに一般食だけを食べさせていると、栄養バランスが偏って体調不良の原因になってしまいますが、ナチュラハ グレインフリーなら主食としてもトッピング用としても気にせず与えることができます。

また、ウェットフードはほとんどが水分なので、普段あまり水を飲まない愛猫にドライフードと併用して与えるのもいいでしょう。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
60g 62円 100円

公式サイトと楽天市場とAmazonで”ナチュラハ グレインフリー まぐろ”の価格を調査してみたところ、公式サイトでは販売されておらず、楽天が最安値という結果になりました!

ナチュラハは取扱店が少ないキャットフードなので、お試し購入するなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがおすすめです。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、まとめ買いで送料無料になる販売店もありますからね。

ナチュラハ グレインフリー(猫用)の総合評価

項目 詳細
原材料 4/5点
成分 5/5点
安全性 4/5点
食いつき 4/5点
コスパ 4/5点
総合評価 Aランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 成猫用:62円/60g
シニア猫用:62円/60g
Premium:73円/30g
対応年齢 全年齢対応
(※種類により異なる)
原産国 ベトナム
販売会社 株式会社マルカン

当サイトのナチュラハ グレインフリーの総合評価はAランクです。

食いつきがいいという口コミも多いですし、安全性と食物アレルギーに配慮したレシピを採用していることも評価できます。

品質と内容が不明瞭な原材料が含まれていることが気になりますが、「品質と価格のバランスが取れたウェットフードを与えたい」と考えているなら有力候補の一つになるでしょう。

ただ、ウェットフードはドライフードよりも高額なので、口内トラブルなどの特別な事情がない限りはドライフードと併用して与えることをおすすめします。

Amazonで見る

楽天市場で見る