ナチュラルチョイス(室内猫用 アダルトターキー)と愛猫1

厳選した高品質な肉原材料を主原料として使い、猫の年齢や体質に合わせた様々な商品を取り揃えているキャットフード「ナチュラルチョイス」。

今回はナチュラルチョイスを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を93件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、ナチュラルチョイスを愛猫とお試しした感想や、「室内猫用 アダルト チキン」の原材料と成分をもとにしながら総合的な評価をしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ナチュラルチョイス(猫用)の悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食べない・食べなくなった 9件
尿路結石・膀胱炎になった 3件
血便・下痢気味になった 3件
価格が高い 2件

楽天市場とAmazonのレビュー、SNSで猫用ナチュラルチョイスの口コミを調査してみたところ、「食べない・食べなくなった」、「尿路結石・膀胱炎になった」、「血便・下痢気味になった」、「価格が高い」、「血便が出た」といった内容の悪評が見つかりました。

順番に見ていきましょう。

食べない・食べなくなった

悪い口コミで一番多かったのは「食べない」、「食べなくなった」という食いつきの悪さを指摘する悪評でした。

一般的には人工添加物で味や香りを整えたフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、普段から人工の香料や調味料が使われたフードを食べ慣れている猫の場合、ナチュラルチョイスの食いつきが悪い可能性があります。

これは私たち人間に置き換えてみた場合、健康に配慮したナチュラルフードよりも安価なジャンクフードの方が美味しいと感じる人がいるのと同じですね。

尿路結石・膀胱炎になった

次に多かったのは「尿路結石になった」、「膀胱炎になった」といったような下部尿路のトラブルに関する悪評でした。

気になってナチュラルチョイスの成分表に目を通してみましたが、残念ながらカルシウム以外のミネラル含有量が記載されていませんでした。

そこで、リニューアル前の商品の成分表を探してみたところ、尿路結石ができにくいと考えられているミネラルバランスよりもマグネシウムがやや多いことが分かりました。

現在販売されている商品とリニューアル前の商品のミネラル含有量が全く同じかどうかは分かりませんが、心配な場合は念の為かかりつけの獣医師に相談してから購入を検討することをおすすめします。

血便・下痢気味になった

そのほかには、「下痢気味になった」という悪評も見つかりました。

ナチュラルチョイスに切り替えて下痢気味になる理由として考えられるのは、餌の急な切り替え食物アレルギーです。

まず、餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、ナチュラルチョイスに慣れるまで一時的に便が緩くなる可能性があります。

 

次の食物アレルギーに関してですが、ナチュラルチョイスには猫の食物アレルギーの原因になりにくい原材料が使われているものの、全てのアレルギーに対応できるわけではありません。

穀物全般にアレルギーがあるならグレインフリーの商品で対応できますが、猫によっては特定の肉原材料が原因で下痢や血便に繋がることがあるので、食に敏感な愛猫を飼っている場合は地道にアレルギーの原因を特定していくことになります。

価格が高い

今回調査した口コミの中には、「ナチュラルチョイスは価格が高い」という悪評も。

ナチュラルチョイスは良質な肉原材料を主原料に使い、危険性のある人工添加物を使っていないプレミアムフードなので、安さ重視の激安フードと比較すると高額です。

いくら品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、プレミアムフードを購入する時には現実的に継続できる値段かどうかまで考えておくことをおすすめします。

▼最安値をチェックする
楽天・Amazonでナチュラルチョイスの最安値を調査!

ナチュラルチョイス(猫用)の良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 34件
便の状態が良くなった 14件
吐く回数が減った 10件
小粒で食べやすそう 5件
安心できる原材料 4件
お手頃な価格 4件
皮膚・被毛の状態が良くなった 4件

良い口コミに関しては、上記のような評判が見つかりました!

食いつきがいい

ナチュラルチョイスの口コミで一番多かったのは、食いつきのよさを評価する口コミでした。

ナチュラルチョイスには人工の香料や調味料は使われていませんが、全商品を通して食いつきがいいという評判が目立つのは、肉原材料そのものの香りで嗜好性を高めている証拠と言えるでしょう。

食いつきの悪さを指摘する悪評との比率を踏まえても、ナチュラルチョイスの嗜好性は一般的なキャットフードよりもワンランク上と捉えて良さそうです。

便の状態が良くなった

次に多かったのは、「便の状態が良くなった」という評判です。

安さ重視の激安フードはコストを抑えるために穀物でかさ増しされていますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手という問題があります。

それに対して、ナチュラルチョイスには良質な肉原材料が主原料として使われているので、穀物が過剰に使われているフードからナチュラルチョイスに切り替えただけで吐き便の状態が良くなったと実感する方が多いようです。

また、ナチュラルチョイスは穀物アレルギーに配慮したグレインフリーフードを販売しているのも強みですね。

吐く回数が減った

ナチュラルチョイスに切り替えて吐く回数が減るのも、便の状態が良くなる理由と同じです。

ちなみに、穀物全般にアレルギーのない猫にとってはグレインフリーは必須ではありません。

穀物が含まれている種類の方が価格が安くなっているので、愛猫が穀物にアレルギーがあるかどうか分からない場合には、まずはグレインフリーではない種類から試して様子を見てみるのもいいでしょう。

小粒で食べやすそう

そのほかには、「ナチュラルチョイスは小粒で食べやすそう」という評判もあり。

全年齢対応のドライフードは大粒に作られているものもありますが、ナチュラルチョイスのドライフードは猫の年齢に合わせて粒の大きさも変えられており、例えば子猫用のキトンはかなり小粒な形状になっています。

そのため、これから固形物を食べ始める子猫にも安心して与えられますよ。

安心できる原材料

「ナチュラルチョイスには安心できる原材料が使われている」、という評判も。

激安フードや一部のプレミアムフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、ナチュラルチョイスは安全性に配慮してそれらの人工添加物を使っていません。

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫目線で考えられば着色料を使ってまで色味を付ける意味はないです。

人工の酸化防止剤は天然由来のものより効果が強力というメリットがあるものの、色料で色味を付けるのは飼い主の気を引くための戦略なので、安全性を優先するならナチュラルチョイスのように余計な人工添加物が使われていないフードをおすすめします。

お手頃な価格

調査した口コミの中には「お手頃な価格」、「コスパがいい」という評判も見られました。

さすがに穀物が主原料として使われており、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われた商品に比べれば価格は高くなりますが、同じくらいの価格帯の商品と比較すると品質面の安心感が違います。

また、他のメーカーのグレインフリーフードと比べて穀物フリーの価格が抑えられていますし、ナチュラルチョイスは品質と価格のバランスが取れたキャットフードと言っていいでしょう。

皮膚・被毛の状態が良くなった

ほかには「皮膚の状態が良くなった」という評判や、「毛並みがフワフワになった」という評判もあり。

食物アレルギーは下痢や嘔吐といった消化不良だけでなく、猫によっては皮膚炎を起こすこともあるため、ナチュラルチョイスに切り替えることで皮膚炎がおさまる可能性はあります。

毛並みの状態が変わった理由に関しては、ナチュラルチョイスには猫の皮膚・被毛の健康維持に関わる脂肪酸がしっかりと含まれているためでしょう。

▼最安値をチェックする
楽天・Amazonでナチュラルチョイスの最安値を調査!

ナチュラルチョイス(猫用)の種類

  • 室内猫用 キトン チキン
  • 室内猫用 アダルト チキン
  • 室内猫用 アダルト ターキー
  • 室内猫用 エイジングケア チキン
  • 室内猫用 アダルト サーモン
  • 避妊・去勢猫用 アダルト 白身魚
  • 避妊・去勢猫用 エイジングケア 白身魚
  • 減量用 アダルト チキン
  • 食にこだわる猫用 アダルト チキン
  • 穀物フリー アダルト チキン
  • 穀物フリー アダルト ダック
  • 穀物フリー アダルト サーモン
  • 毛玉トータルケア アダルト チキン

猫用ナチュラルチョイスの13種類のドライフードは上記の通り。

特にこれといった食物アレルギーがなければ室内猫用の中から選ぶのがおすすめですが、愛猫が食欲旺盛で明らかに太っている場合は減量用を選ぶといいでしょう。

なお、避妊・去勢後にはホルモンバランスが変わって太りやすくなるものの、ナチュラルチョイスの避妊・去勢猫用の脂質とカロリーは室内猫用とそれほど変わりません。

そのため、避妊・去勢をしたタイミングで切り替えるというより、愛猫の食の好みにあわせて選ぶくらいの感覚で問題ないでしょう。

 

食にこだわる猫用と穀物フリーはグレインフリー(穀物不使用)の商品です。

もし愛猫が穀物全般にアレルギーがある場合には、グレインフリーの商品の中から選んであげてください。

毛玉トータルケアに関しては、その名の通り毛玉の形成や吐き出しに配慮した商品となっています。

▼最安値をチェックする
楽天・Amazonでナチュラルチョイスの最安値を調査!

愛猫と一緒にナチュラルチョイスをお試し!

ナチュラルチョイス(室内猫用 アダルトターキー)の表面

愛猫のレイちゃんと一緒にナチュラルチョイスを実際にお試ししてみました!

レイちゃんは鶏肉が主原料に使われたフードを食べ慣れているので、今回は「室内猫用 アダルト ターキー」をお試しすることに。

ナチュラルチョイスはアメリカ産のキャットフードですが、パッケージには日本語で説明が書かれています。

今回購入した2.0kgサイズはちょうど1ヶ月くらいで食べ切れるくらいの量で、保存がしやすいようにジッパーが付いているのも嬉しいポイントです。

ナチュラルチョイス(室内猫用 アダルトターキー)の裏面

袋を開けて香りを嗅いでみるとそんなに匂いがキツくなかったため、もしかしたら香りが薄くて食いつきが悪いのではと心配だったのですが、いい意味で予想を裏切るような食いつきのよさでした!

ナチュラルチョイスへの完全切り替え後の実食動画も撮影したので、食いつきの参考にしてみてください。

「室内猫用 アダルト チキン」の粒の大きさは約11~12mmほどですが、細長くて厚みがない形状ということから小柄な猫にも食べやすそうです。

ナチュラルチョイス(室内猫用 アダルトターキー)の粒の大きさ

また、ナチュラルチョイスの粒はそんなにベタついていないので、フードボウルを洗うのが楽で飼い主としても助かりました。

原材料と成分をもとにナチュラルチョイスの安全性を徹底評価!!

原材料一覧
チキン(肉)、チキンミール、粗挽き米、エンドウタンパク、玄米、アルファルファミール、鶏脂、ポテトタンパク、ビートパルプ、亜麻仁、大豆油、オーツ麦繊維、タンパク加水分解物、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料、危険性のある原材料は赤色で表記

成分表
タンパク質 33.0%以上
脂質 14.0%以上
粗繊維 7.0%以下
灰分 10.5%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 0.9%以上
ビタミンE 250IU/kg以上
タウリン 0.18%以上
オメガ6脂肪酸 3.0%以上
カロリー
(100gあたり)
360kcal

ここからは、「室内猫用 アダルト チキン」の原材料と成分をもとにナチュラルチョイスの安全性を徹底評価していきます!

高品質な原材料を使ったキャットフード

ナチュラルチョイスの特徴と言えばやはり、高品質な肉原材料を主原料に使ったキャットフードということでしょう。

そのほかに使われている原材料の品質も高く、安全性を優先してガンやアレルギーの原因になる人工添加物は使われていません。

ただ、使われている肉原材料の割合が分からないこと、製造工程によっては発がん性物質を作り出す”たんぱく加水分解物”が使われていることが不安な要素です。

製造工程に関してはメーカーをどこまで信頼できるかという問題になってきますが、肉原材料の割合は販売価格を踏まえると飛び抜けて多いわけではないと予想できます。

運動量が少ない猫向けに脂質・カロリーは控えめ

室内猫用は運動量が少ない猫向けに脂質が14.0%、100gあたりのカロリーが360kcalと控えめに調整されています。

とは言え、猫が健康な体を維持するために欠かせないタンパク質は33.0%としっかり含まれているため、安心して愛猫に毎日の主食として与えることができますよ。

ナチュラルチョイスは肥満気味の猫向けにカロリーがさらに控えめな減量用フードも取り揃えていますが、特に肥満が気にならない室内飼いの愛猫には室内猫用で十分対応できるでしょう。

カルシウム・リン・マグネシウム含有量について

現在販売されている室内猫用の商品ページやパッケージには、カルシウム・リン・マグネシウム含有量が記載されていませんでした。

ただ、旧商品には各ミネラル含有量が記載されておりカルシウムは0.90%、リンは0.50%、マグネシウムは0.10%となっていました。

現在の商品が全く同じ数値とは限りませんが、あくまで旧商品のミネラル含有量を参考にして考えた場合、カルシウムに対してマグネシウム量がやや多いことは気になります。

 

下部尿路の健康維持にはマグネシウムだけでなく、カルシウムとリンとのバランスが重要です。

尿路結石ができにくいとされるミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」とされていますが、「室内猫用 アダルト チキン」のミネラルバランスは「1:0.6:0.11」。

極端にかけ離れているわけではないですが、もし愛猫の尿路結石のリスクに配慮してフードの切り替えを検討している場合には、ミネラルバランスの比率が「1:0.8:0.08」に近いフードを選んだ方が安心できるでしょう。

ナチュラルチョイス・キャットフードの総合評価

ナチュラルチョイス(室内猫用 アダルトターキー)と愛猫2

項目 得点
原材料 ★★★★☆
成分 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
食いつき ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆
(3.8点)

まず原材料の評価に関してですが、ナチュラルチョイスは穀物アレルギーに配慮したグレインフリーフードも取り揃えているものの、肉原材料の割合が不明瞭なことを踏まえて辛口に1点減点しています。

成分の評価は「室内猫用 アダルト チキン」の旧商品の情報をもとにしつつ、カルシウムに対してマグネシウムがやや多めな点が気になったので1点減点しました。

そして、安全性の評価もタンパク加水分解物の製造工程が不明なことを考慮して1点減点し、食いつきの評価も口コミの比率と愛猫とのお試し結果を参考にして1点減点。

コスパの評価に関しては、100gあたり約134円という平均的な価格を踏まえて3点としています。

▼最安値をチェックする
楽天・Amazonでナチュラルチョイスの最安値を調査!

成猫・シニア猫の給餌量

体重 給餌量
1kg 25g
2kg 40g
3kg 50g
4kg 60g
5kg 70g
6kg 80g
7kg 90g
8kg 95g
9kg 105g
10kg 115g

「室内猫用 アダルト チキン」のパッケージに書かれている給餌量は上記の通りですが、実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってきます。

そのため、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう!

シニア猫の給餌量に関しては、成猫の給餌量から1~2割減らしたくらいの量を目安にしてみてください。

なお、一般的には成猫のご飯の回数は1日2回が目安になりますが、どうしても餌を食べすぎてしまう猫の場合はご飯の回数を増やすことで空腹を感じにくくさせることができるので、一度試してみてください。

楽天・Amazonでナチュラルチョイスの最安値を調査!

内容量 楽天 Amazon
500g 1,050円 1,041円
2kg 3,240円 2,680円

楽天市場とAmazonで「室内猫用 アダルト チキン」の販売価格を調査してみたところ、500gサイズも2kgサイズもAmazonが最安値という結果になりました!

ペットショップやホームセンターでも取り扱っている店鋪は増えてきましたが、店頭では定価で販売されていることが多いですし、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もあるので、継続購入する場合は通販サイトでまとめ買いするのがおすすめです。

通販ならわざわざ重い袋を運ぶ手間も省けますしね。

 

良質な肉原材料が第一原材料に使われていて、危険性のある人工添加物が使われていないフードの中ではお手頃な価格のナチュラルチョイス。

「愛猫に品質と価格のバランスが取れたコスパのいいフードを与えたい」と考えているなら、ぜひお試ししてみてください。

Amazonで見る

楽天市場で見る