ねこひかり01

国産キャットフードの中には、「ねこひかり」「ねこはぐ」という名前の似た商品があります。

どちらも猫の身体に負担を与える人工添加物が使われていない小麦グルテンフリーフードと、使われている原材料もよく似ているので、どちらを選べばいいのか迷いどころだと思います。

そこで今回は、ねこひかりとねこはぐを徹底比較してみました!

ねこひかりとねこはぐを徹底比較!

まずはねこひかりとねこはぐの基本情報をチェックしていきましょう。

商品名 ねこひかり ねこはぐ
第一原材料 国産鶏肉 国産鶏肉
穀物 使用 使用
小麦グルテン 不使用 不使用
人工添加物 不使用 不使用
内容量 500g 1.5kg
販売価格 2,480円 6,980円
原産国 日本 日本
販売業者 エレメント ペットハグ

これだけ見ると、本当にねこひかりとねこはぐはよく似た商品ですよね。

第一原料に使われているのも国産鶏肉ですし、内容量と販売価格、販売業者くらいしか違いがありません。

ただ、もう少し細かい情報まで比較してみると、2商品の違いがしっかりと分かります。

使われている原材料の詳細

次にねこひかり、ねこはぐに使われている原材料の詳細を見てみましょう!

ねこひかり
鶏肉、玄米、かつお粉、大麦きなこ、菜種油、煮干し、わかめ、昆布、大根葉、ごぼう、ニンジン、ハト麦あわ、キャベツ、きび玄ソバ大豆とうもろこし、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ビール酵母、発酵調味液、ミネラル類(カルシウム、鉄、銅、亜鉛)、ビタミン類(A、E、B2)
ねこはぐ
鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン

分かりやすいように穀物を赤色で表記してみましたが、ねこひかりには全9種類の穀物が、ねこはぐには全5種類の穀物が使われています。

また、ねこはぐには乾燥卵黄が使われていたり、それぞれの商品に使われている野菜類も違っています。

愛猫にこれといった食物アレルギーがないなら神経質にならなくても大丈夫ですが、もし食に敏感なら1つ1つの原材料を確認して選んだ方がいいでしょう。

 

なお、どちらも小麦グルテンフリーで消化吸収しやすい穀物が使われているものの、小麦アレルギーの猫は小麦と似た構造の大麦に対してアレルギーを起こす可能性があることには気をつけてくださいね。

それと、米は食物アレルギーの原因になりにくい原材料ですが、愛猫が穀物全般にアレルギーがあるならグレインフリーのキャットフードを選んであげましょう。

ねこひかりは高タンパク&高カロリー

原材料の次は、ねこひかりとねこはぐの成分の比較です!

成分 ねこひかり ねこはぐ
たんぱく質 32.4%以上 28.5%以上
脂質 13.5%以上 16.0%以上
粗繊維 1.9%以下 0.5%以下
灰分 4.7%以下 6.5%以下
水分 7.0%以下 8.0%以下
代謝エネルギー
(100gあたり)
424kcal 383kcal

ねこはぐに比べるとねこひかりは高タンパク&高カロリーで、一般的な総合栄養食のドライキャットフードと比較してもねこひかりは高カロリーな部類に入ります。

そのため、愛猫が肥満気味で餌の切り替えを検討しているなら、ねこひかりよりもねこはぐを選んであげた方がいいですね。

決定的な違いは対象年齢にあり!

ねこはぐ01

ねこひかりとねこはぐの決定的な違いは対象年齢にあります。

ねこはぐは全年齢対象の総合栄養食ですが、ねこひかりは成猫向けの総合栄養食です。

一部のサイトやブログには「ねこひかりは全年齢対象の総合栄養食」と紹介されていますが、実際には子猫と老猫向けに作られているわけではないので、子猫と老猫に与えるならねこはぐを選んであげましょう。

ねこはぐには購入者限定特典がある

ねこはぐには購入者だけの限定特典があり、ねこはぐ購入者は愛猫の写真が入ったマグカップやオリジナルグッズ、トイレ用品や除菌用品といったケア用品を特別価格で購入することができます。

また、猫の健康維持に役立つ情報が書かれたサポートブックを貰えたりと、購入後のサポートが手厚い印象を受けました♪

内容量と販売価格について

最初に紹介した通り、ねこひかりは1袋500gで販売価格は2,480円、ねこはぐは1袋1.5kgで販売価格は6,980円です。

比較しやすいように100gあたりの価格に置き換えると、ねこひかりは約496円、ねこはぐは約465円と、グラムあたりの価格はねこはぐの方が少しだけ安くなっています。

初回割引・定期割引

ねこひかりとねこはぐはどちらも定期購入割引があり、さらにねこはぐは初回の割引率が高くなっているのが特徴です。

それぞれの割引について順番に説明していきますね。

ねこひかりの割引情報

購入方法 価格 送料
通常購入 2,480円 600円
定期購入
(1袋)
1,980円 600円
定期購入
(3回目以降)
1,782円 600円
定期購入
(6回目以降)
1,683円 600円

ねこひかりの通常価格は2,480円ですが、定期購入した場合は500円オフの1,980円で購入できます。

また、定期コースを3回以上継続すると10%オフの1,782円、6回以上継続すると15%オフの1,683円で購入することができ、さらに3袋以上まとめ買いすると通常600円の送料が無料になるといった特典もあり。

ねこひかりは1袋あたりの内容量が500gと少ないので、主食として毎日食べさせるなら3袋以上まとめ買いした方がお得に購入することができますね。

ねこはぐの割引情報

購入方法 価格 送料
通常購入 6,980円 800円
定期購入
(初回)
3,980円 無料
定期購入
(初回+クレジット決済)
3,480円 無料
定期購入
(2回目以降)
5,980円 無料

ねこはぐを定期購入した場合の割引額は1,000円なのですが、初回に限り割引額が3,000円(43%オフ)と非常に高くなっているのが魅力的です。

また、定期購入だと個数に関わらず送料無料で届けてもらうことができ、クレジットカード決済するとさらに500円引きに。

通常購入した場合と比較して半額近く安くなるので、お試し購入するリスクは低いですね♪

ねこひかりがおすすめな人

ニコニコの猫

  • 成猫用の高カロリーなグルテンフリーフードへの切り替えを検討している
  • 鮮度の高い状態のフードを食べさせたい
  • ローテーション用のフードを探している

ねこひかりの内容量は500gと少なめですが、これは鮮度の高い状態のまま食べ切れるようにメーカーが配慮しているためです。

また、ローテーション用のフードとしては丁度いいくらいのサイズですね。

高カロリーなフードなので少食で細身の愛猫にもおすすめですが、子猫・老猫向けの総合栄養食ではない点に注意してください。

【まとめ割キャンペーン開催中】
▼公式サイトを見てみる▼

ねこひかり公式サイト

ねこひかりの口コミや管理人の評価の詳細はこちら
ねこひかりキャットフードの口コミ・評判を検証!【成猫用の総合栄養食】

ねこはぐがおすすめな人

  • 子猫・老猫用のグルテンフリーフードへの切り替えを検討している
  • 愛猫が肥満気味で餌の量の調整が必要
  • オリジナルグッズやケア用品を特別価格で購入したい

ねこはぐは全年齢対象の総合栄養食なので、歳の離れた猫を多頭飼いしていてもねこはぐだけで対応できます。

また、ねこひかりよりもカロリーが抑えられるため、肥満気味でダイエットが必要な猫にはねこはぐの方がおすすめです。

オリジナルグッズやサポートブック目当てで購入してみるのもアリだと思いますよ♪

【初回限定】
▼43%オフでお試しする▼

ねこはぐ公式サイト

ねこはぐの口コミや管理人の評価の詳細はこちら
ねこはぐキャットフードの口コミ・評判|食べないという声の真相は?