ねこはぐ01

ねこはぐキャットフードの口コミ・評判を徹底検証!

「安心できる原材料が使われている」、「食いつきがいい」といった良い口コミが多い反面、「評判が良すぎて怪しい」といった意見や「うちの猫は食べない」という悪い口コミも見かけるねこはぐ。

気になる口コミ・評判の真相はもちろん、原材料と成分をもとにねこはぐを評価してみたので、ぜひ参考にしてみてください。

ねこはぐキャットフードの基本情報

商品名 ねこはぐ
第一原材料 鶏肉
穀物 大麦、玄米、米ぬか、黒米、赤米
原材料の品質 ヒューマングレード
人工の酸化防止剤 無添加
香料・着色料 無添加
対応年齢 全年齢
原産国 日本
販売業者 ペットハグ
問い合わせ先
電話番号
0120-280-896
(10:00~18:00/土日祝除く)

ねこはぐは私たち人間も食べられるヒューマングレードの原材料を使い、日本国内の工場で製造されている国産のドライキャットフードです。

また、猫の身体に負担をかける人工添加物が使われていないだけでなく、猫の食物アレルギーの原因になりやすい小麦グルテンも使われていません。

 

  • 海外産よりも国産のキャットフードを与えたい
  • 今までに国産のフード選びで失敗した経験がある
  • 安心安全な原材料が使われているフードを食べさせてあげたい

 

もしあなたがこのように考えてこの記事にたどり着いたなら、ねこはぐの購入を検討してみてもきっと後悔はしないはずです。

ちなみに、商品名を「猫ハグ」と勘違いしている方が多いようですが、ひらがなで「ねこはぐ」というのが正式な商品名になります(笑)

【初回43%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

ねこはぐ公式サイト

ねこはぐキャットフードの口コミ・評判

それでは早速、ねこはぐの口コミをチェックしていきましょう!

この投稿をInstagramで見る

うちのねこ、バクバク食べよった💓 この子は我が子の中の一番おちびちゃん💚 妊娠中になんと生後2日のねこちゃん私が拾いました。 いまでは大きくなってくれて、今はこの子は実家にいます❤️(子育てあるけんって、ママがみてくれとる) 実家には週一以上のペースでかえりよるけん、うちのねこみたいなもん(笑) とにかくこれおいしいみたいで、ほかのねこちゃんたちも気に入ってバクバク食べてくれました✨ 人間も食べていい完璧安全なキャットフード! 愛する我が子には安全なものを食べてほしい それが母としての願いでもありますよね #ねこはぐ #キャットフード #ねこ部 #ふわもこ部 @nekohug_jp #instagram #instagood #instcat #ねこ #猫 #cat #愛する我が子 #猫好きさんと繋がりたい

もかてぃんさん(@moca_y88)がシェアした投稿 –

ねこはぐは楽天やAmazonといった通販サイトでは販売されていないので、インスタグラムやツイッターで口コミ・評判を調査してみました。

その結果、原材料の品質や内容に安心できるという口コミが一番多く、その次に食いつきがいいという口コミが多かったです。

今回調査した全61件の口コミの内容をまとめてみたので、こちらも参考にしてみてください。
(※口コミ件数は全61件)

良い口コミ

口コミ内容 件数
安心できる原材料 32件
食いつきがいい 20件
小粒で食べやすそう 2件

安心できる原材料(32件)

人工の酸化防止剤や香料が使われていない無添加キャットフードということに加えて、人間も食べられる品質の原材料に安心感を持っている方が圧倒的でした。

また、日本国内の工場で作られている国産品というのも安心できる要因の一つです。

食いつきがいい(20件)

九州産の鶏肉を主原料に使いつつも、カツオ節を使った豊かな風味が特徴のねこはぐ。

カツオ風味なのは日本に住む猫の嗜好性に合わせたためだと思われますが、愛猫が魚好きならきっと気に入ってくれるでしょう。

小粒で食べやすそう(2件)

良い口コミの中には、小粒で食べやすそうというものもありました。

実際、ねこはぐの粒はおおよそ7~9mmくらいなので、成長期の子猫や歳をとって顎の力が弱ってきた老猫にも食べやすいサイズと言えます。

悪い口コミ

口コミ内容 件数
食いつきが悪い 4件
価格が高い 2件
穀物が気になる 1件

食いつきが悪い(4件)

食いつきがいいという評判の一方で、食いつきが悪いという悪評もあり。

ねこはぐは人工の香料や調味料、動物性油脂でコーティングされていないノンオイルコーティングのキャットフードなので、これらが使われたキャットフードを食べ慣れている猫の食いつきはイマイチかもしれません。

価格が高い(2件)

ねこはぐは原材料にこだわった国産無添加キャットフードということもあり、決してお手頃な価格とは言えないです。

今まで低価格帯の市販のキャットフードしか買ったことがない方なら、販売価格を見た瞬間に販売ページを閉じるかも・・・(笑)

決して冗談で言っているわけではなく、ねこはぐと市販のキャットフードはそれくらい金額がかけ離れています。

穀物が気になる(1件)

中には穀物が使われていることを気にしている方も。

確かにねこはぐには「大麦/玄米/米ぬか/黒米/赤米」といった5つの穀物が使われています。

グレインフリー(穀物不使用)フードを勧めているレビューサイトでは、穀物を一括りにしてダメだと解説しているサイトも少なくありませんが、実は大麦や米は食物アレルギーの原因になりにくい原材料で療法食にも使われています。

穀物全般にアレルギーのある猫にはおすすめできませんが、そうでなければグレインフリーにこだわらなくても大丈夫ですよ(^^)

ステマのような怪しい口コミもある?

ねこはぐはロイヤルカナンやヒルズといった大手メーカーとは違い、楽天市場やamazonといった通販サイトでは販売されていません。

販売ルートが限られていることから必然的に口コミ件数が少なくなるのは自然なことですが、それに対してべた褒めしているレビューブログやランキングサイト、SNSの投稿が目立つのも事実です。

 

厳密に言えばステマという表現は適切ではありませんが、紹介報酬目当てで明らかに猫を飼ってもいない人がレビューしていることもあるので、全ての口コミを鵜呑みにしないよう気をつけてください。

また、ツイッターやインスタグラムの投稿で”モニター”、”promo”といったハッシュタグや”@nekohug_jp”というSNSアカウントを拡散するためのハッシュタグ(#)が付いている場合も怪しいと疑っていいでしょう。

ねこはぐキャットフードを食べない原因

先ほど悪い口コミで紹介したように、食いつきが悪くて中々ねこはぐを食べてくれない猫、全く食べない猫がいるのも事実です。

ねこはぐを食べない原因はいくつか考えられるので、順番に解説していきますね。

キャットフードの急な切り替え

真っ先に考えられる原因はキャットフードの急な切り替え。

猫は警戒心の強い生き物ですし、成長期に食べていた餌を好む猫も多いです。

ねこはぐに限った話ではありませんが、キャットフードを切り替える場合はそれまで与えていたフードに混ぜ込み、少しずつ新しいフードに慣れさせていくのが基本です。

 

また、急な餌の切り替えは消化の負担になり、下痢や嘔吐といった消化不良を起こす原因にもなります。

そのため、餌の切り替えには1週間~10日ほどはかけることをおすすめします。

ノンオイルコーティングのフードを食べ慣れていない

2つ目に考えられる原因は、ノンオイルコーティングのフードを食べ慣れていないこと。

ノンオイルコーティングのキャットフードは素材そのもの香りで風味を整えているので、どうしても人工の香料や動物性油脂で香りを整えたキャットフードよりも食いつきが悪くなりがちで、猫によっては全く食べないこともあります。

ただ、オイルコーティングされたキャットフードは手軽に食いつきをよくすることができる反面、酸化を防ぐために人工の酸化防止剤が使われている”可能性”があります。

 

人工の酸化防止剤が使われていることを断言しない理由は、動物性油脂に使われている酸化防止剤は原材料の欄に表記する義務がないからです。

食いつきよりも安全面を優先するなら、多少時間がかかってでもノンオイルコーティングのキャットフードに慣れさせるしかありません。

香り・味が好みではない

そのほかのねこはぐを食べない原因は、単純にねこはぐの香り・味が好みではないことです。

先ほど説明したようにねこはぐは鶏肉が主原料のキャットフードですが、カツオ節を使って香りが整えられています。

こういった理由もあり、ねこはぐはどちらかと言えば鶏肉好きの猫より魚好きな猫の方が食いつきがいいかもしれません。

【初回43%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

ねこはぐ公式サイト

ねこはぐキャットフードの原材料

ねこはぐ02

原材料
鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン

人間が食べられる高品質な原材料を使用

なんと言ってもねこはぐの一番の特徴は、人間が食べられる高品質な原材料が使われていることでしょう。

主原料として使われているのは九州産の若鶏で、鶏肉には猫が健康な体を維持するために必要な良質な栄養が豊富に含まれているんですよ(^^)

猫の身体に負担をかける人工添加物は不使用

粗悪なキャットフードでは日持ちを良くするためにBHA、BHTといった人工の酸化防止剤が使われていたり、見た目を良くするために赤色3号などの人工の着色料が使われていることがあります。

しかし、それらには発がん性が確認されており、長期的に愛猫に食べさせ続けた場合に悪影響が出ないという保証はありません。

それに対してねこはぐは猫の体の負担となる人工添加物は一切使用しておらず、風味オイルを使って無理やり食いつきを良くしているフードとは違って、天然の原材料そのものの香りで食いつきを良くする工夫がされています。

国産のナチュラルキャットフード

ねこはぐは国産の食材を使って国内工場で生産される、正真正銘の国産のナチュラルキャットフードです。

ねこはぐは品質管理が徹底された国内工場で製造されており、食材は鮮度が高いうちに加工されて梱包されるため、人工の酸化防止剤を使う必要がないというわけですね(^^)

グレインフリーではない

ねこはぐのちょっと気になるデメリットは、小麦グルテンフリーのキャットフードであってグレインフリー(穀物不使用)ではないこと。

米は食物アレルギーの原因にはなりにくいですが絶対に大丈夫というわけではありませんし、小麦アレルギーの猫は小麦と似た構造の大麦でアレルギーを起こす可能性があります。

今までに愛猫が食物アレルギーの経験がないならいいのですが、もし以前に米や大麦が使われているキャットフードを食べて下痢や嘔吐といったアレルギーを起こした経験があるなら、ねこはぐの購入は避けた方がいいでしょう。

ねこはぐキャットフードの成分表

ねこはぐ03

成分表
たんぱく質 28.5%以上
脂質 16.0%以上
粗繊維 0.5%以下
灰分 6.5%以下
水分 8.0%以下
代謝エネルギー
(100gあたり)
383kcal

ねこはぐのマグネシウム量

ねこはぐの公式サイトにはミネラルの含有量が記載されていなかったので、お客様相談室に問い合わせてみました。

その結果、マグネシウム量は0.14%ということが判明。

下部尿路の健康維持に配慮したキャットフードに比べると高めですが、かといって特別高すぎるというわけでもありません。

ねこはぐの塩分量

ナトリウム量に関しては0.33%ということで、塩分相当量に置き換えると0.83gとなります。

口コミの中には鰹節や煮干しが使われているから塩分が高そうという意見もありましたが、実際には一般的な総合栄養食の中では低めな方なので、塩分過多を気にしなくても大丈夫です。

タンパク質量と炭水化物量

ねこはぐのタンパク質量は28.5%と控えめです。

そのため、良質なタンパク質をたっぷりと摂り入れる必要がある成長期の子猫の主食として与えるには物足りません。

また、ねこはぐの炭水化物の割合をざっくりと計算すると約40%ほど。

数値的には市販のドライキャットフードとほとんど変わらず、グレインフリーフードに比べて高めです。

 

これは大麦や玄米といった複数の穀物が使われていることが原因と考えられますが、穀物の量が増えれば植物性タンパク質の割合も増え、動物性タンパク質の割合が少なくなります。

運動量が少ない成猫や老猫に食べさせるならそこまで気にするほどではないでしょうが、成長期の子猫の主食を探しているなら高タンパクな総合栄養食をおすすめします。

それと、ねこはぐは繊維質が0.5%以下と少ないので、前のフードの繊維質量によっては少し固めの便をするようになるかもしれません。

ねこはぐキャットフードの総合評価

振り返る猫

項目 得点
原材料 ★★★★☆
成分(子猫) ★★☆☆☆
成分(成猫) ★★★☆☆
成分(老猫) ★★★★☆
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆
(3.5点)

ねこはぐは小麦グレインフリーのキャットフードですが、グレインフリーではないことを踏まえて原材料の評価を減点しています。

また、成長期の子猫に与えるにはタンパク質量が物足りなく脂質もやや控えめといった成分バランスを考慮して、子猫の成分の評価は少し辛口の2点としました。

 

ただ、ねこはぐはヒューマングレードの原材料を使用しているだけでなく、危険な人工添加物を一切使っていないため、安全面に関しては問題ありません。

食いつきの評価に関しては、”食いつきがいい”という口コミと”食いつきが悪い”、”食べない”という口コミの比率を考慮して平均点の3点としています。

【初回43%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

ねこはぐ公式サイト

ねこはぐキャットフード購入前のQ&A

ねこはぐを購入するにあたって気になる点をまとめてみました!

1日の給餌量の目安

体重 ~生後4ヶ月 生後4~
9ヶ月
0.5kg 37g 31g
1kg 59g 49g
2kg 93g 78g
3kg 123g 102g
4kg 149g 124g
5kg 144g
6kg
7kg
体重 生後9~
12ヶ月
成猫
0.5kg
1kg 39g
2kg 62g 31g~42g
3kg 82g 41g~54g
4kg 99g 50g~66g
5kg 115g 58g~77g
6kg 130g 65g~87g
7kg 72g~96g

公式サイトに書かれている給餌量の目安は上記の通り。

ただし、実際には猫の体質や運動量によって給餌量に差が出るので、こまめに体重の増減をチェックして給餌量を調整することをおすすめします。

開封前・開封後の賞味期限

開封前の賞味期限は製造日から約1年と日持ちします。

ただ、ねこはぐは人工の酸化防止剤を使っていないため、開封後の賞味期限は1ヶ月前後が目安と捉えつつ、直射日光と高温多湿を避けて保存するようにしましょう。

お試しサンプル品の販売状況

ねこはぐはサンプル品の配布、販売はされていません。

ペットハグがサンプル品を販売していないのは、まずは1袋分をじっくりと試して本当に愛猫に合っているかを判断して欲しいから、という意図があるからです。

確かに1袋50g程度のサンプル品だと、食いつきが良いのかどうか確認できませんもんね(苦笑)

ねこはぐキャットフードをおすすめしたい人

  • 外国産よりも国産フードの方が安心感がある
  • 人間も食べられる原材料が使われたフードを食べさせてあげたい
  • 愛猫が穀物アレルギーではない

あなたがこれらの条件に当てはまるのなら、ねこはぐはおすすめできるキャットフードです!

その逆に、国産のキャットフードに特にこだわりがないという場合や、愛猫が穀物アレルギーの場合にはおすすめしません。

ねこはぐは楽天・Amazonでも購入できる?

公式サイト Amazon 楽天
価格 6,980円
送料 800円
(沖縄・離島は1,000円)

ねこはぐは楽天市場やアマゾンでは販売されておらず、店頭で販売している店舗もありません。

公式サイト経由の通販購入のみとなっており、販売価格は1袋(1.5kg)6,980円+送料800円です。

 

ヒューマングレードの国産無添加キャットフードということで、決して安いとは言えませんね。

ただし、“ある方法”を使えばこの価格よりもお得に購入することができるんです!

お得に購入する方法

通常購入すると1袋6,980円のねこはぐですが、定期コースで購入すると今なら初回限定で3,980円+送料無料で購入できます。

また、クレジット決済ならさらに500円オフの3,480円に!

 

これを体重4kgの成猫の餌代に置き換えると、1日あたり116円でねこはぐをお試しできることになります。

定期コースは1回目から解約できますし、解約金や違約金といった費用もかかりません。

これを知らずに通常購入すると3,000円以上の損をすることになるので、ねこはぐをお試しするなら定期コースで申し込んでお得に試してみてくださいね。

【初回43%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

ねこはぐ公式サイト

ねこはぐの解約方法についての詳しい解説はこちら↓

ねこはぐの解約方法を徹底解説!|マイページへのログインは不要