オリジンキャットフードを気にする猫

オリジンキャットフードの口コミ・評判を徹底検証!

「愛猫の健康に配慮してキャットフードを選んでいる愛猫家なら知らない人はいない」

 

こう言い切っても過言ではないオリジンキャットフード。

口コミや評判、原材料と成分を実際に見てみれば市販のキャットフードとの違いがよく分かるはずです。

また、全5種類あるオリジンキャットフードの違いも解説しているので、オリジンの購入を検討しているならぜひ参考にしてみてください。

オリジンキャットフードの特徴

オリジンキャットフードは、肉食動物の猫本来の食生活を再現した最高級のドライキャットフードです。

肉原材料の割合が80~90%と非常に多く、猫の身体に負担をかける人工添加物は一切使われていません。

また、グレインフリー(穀物不使用)というだけではなく、炭水化物量が多い豆類や芋類を使うのを避けているのも大きな特徴で、その結果として炭水化物量が20%まで制限されています。

 

  • 猫本来の食生活を再現した最高級のグレインフリーフードを試してみたい
  • 安心して愛猫に与えられる原材料が使われたフードを探している
  • 猫の健康に配慮した栄養満点のフードを食べさせたい

 

もしあなたがこのように考えているなら、少しだけ時間をとってオリジンの購入を検討してもきっと後悔はしないはずです。

【アウトレットセールで20%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

公式サイト

オリジンキャットフードの口コミ・評判

それでは早速、オリジンキャットフードの口コミをチェックしていきましょう!

この投稿をInstagramで見る

獣医さんのオススメで、ロイヤルカナンからグレインフリーのオリジンに切り替え✨切り替えて数日で柔らかめだった💩が良い💩に!!まだ完全じゃないけど食い付きもすごくいいからしばらくこれで様子を見ようと思います✨👍🏻とろろよかったね🐥💓 . #orijen#orijencat#オリジンキャット#グレインフリー#catandkitten#ロイヤルカナン#どんどん出費が増えますな#とろろ第一 . . #とろろ#ペルシャ猫#ペルシャ#チンチラ#猫#ねこ部#子猫#にゃんすたぐらむ#ねこすたぐらむ#チンチラシルバー#catstagram#persiancat #persiankitten#cat#スコティッシュフォールド#長毛猫

とろごまたんさん(@torogoma_tan)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

うるのごはん変えました☺︎ 〜写真撮ってたら邪魔する子〜 . 注文したお店のお手紙の心遣いにほっこり こうやって間接的にでもうちの子の健康や幸せを 思い浮かべてくれる人がいるのかもと思うと嬉しい 梱包の段ボールも素敵でした♡ . うるは我が家に来る前からロイヤルカナンキトンを 食べていたんだけど、実はおうちに来た時から 💩が少しゆるめで‥環境の変化のストレスかな と思っていたけれど、その後も常にゆるめだったので 2週間前からグレインフリーのオリジンを試してました カナガン,モグニャン,シンプリー,ジャガー,アカナ等 迷った末にオリジンを試してみたけれど 徐々に切り替えていくうちに💩がかなりいい💩に! ということでこのまま継続することにした🐈 今回注文した所の心遣いが嬉しくて またここで頼もうと思います♡ . #uluscogram#うる#猫#仔猫#スコティッシュフォールド#立ち耳スコ#スコティッシュストレート#scottishfold#scottishstraight#ulu#新しいごはん#オリジンキャット#グレインフリー#素敵な心遣い#アムリット動物長生き研究所#お腹の調子も絶好調#ずっと元気でいてほしい#にゃんすたぐらむ#にゃんら部#ねこら部#ねこばか#猫好き#にゃんだふるらいふ#猫を愛でる会#猫好きさんと繋がりたい#ねこは大切な家族#猫のいる暮らし#猫がいる幸せ#catstagram_japan#iPhone

ulu / Scottish Straight(Fold)♂さん(@uluscogram)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

にゃんこのごはんってどれを選んだらいいのか悩んでいたんですが、色々調べて体に良さそうだったのと、全猫種全年齢対象だったので先月、2.27kgを試しに購入。 ・ 今までのごはんもまだ残ってるから少しずつ混ぜてあげてみたらよく食べる! やっぱりおいしいんだねー😊 徐々に増やして、前のがなくなるまでこちらを9割今までのを1割混ぜてあげてます。 今月は6.8kgを購入。 ちょっとお高くておかーちゃんビビってるけど、にゃんこの健康のためなら喜んで!😁 いっぱい食べてねー! #今日のファズとフィズ #先住猫と子猫 #オリジン #オリジンキャット #orijen #キャットフード #ねこ #猫 #にゃんこ #三毛猫 #保護猫出身 #dilutecalico #cat #パステル三毛 #子猫 #キジトラ #browntabby #鍵しっぽ #多頭飼い #catsagram #にゃんすたぐらむ #猫のいる暮らし #みんねこ #ペコねこ部 #picneco #ピクネコ

@ fuzzhascome_0218がシェアした投稿 –

まずはSNSで口コミを調査してみたのですが、どのキャットフードも食いつきに関する口コミが多い中、オリジンは原材料や栄養面についての口コミも目立ちました。

こういった評判の傾向からも、愛猫の健康に配慮して購入している方が大多数を占めていることがよく分かりますね(^^)

そのほか、楽天市場で販売されている”キャット&キティ”の口コミ、評判もまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください!
(※111件の口コミを調査)

良い口コミ

口コミ内容 件数
食いつきがいい 49件
安心できる原材料 18件
毛並み・毛艶が良くなった 10件
便の状態が良くなった 10件
栄養バランスがいい 8件
吐き戻しが減った 1件

食いつきがいい(49件)

一番多かった評判は「食いつき」に関するもの。

オリジンには人工の香料は使われていませんが、肉原材料をたっぷりと使っているため香りはかなり強く、それが食いつきのよさに繋がっています。

また、肉原材料の種類が違う様々なレシピを販売しているので、愛猫の好みに合わせて切り替えられるのも嬉しいポイントです(^^)

安心できる原材料(18件)

やはり愛猫にオリジンを食べさせている方のほとんどは、原材料の安全性を重要視しています。

そもそも、食いつきだけにこだわるのなら市販の低価格帯キャットフードで十分ですからね。

毛並み・毛艶が良くなった(10件)

オリジンは2017年にリニューアルされた時にオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸の比率が見直されました。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸はどちらか一方を摂り入れればいいというわけではなく、バランスよく摂り入れることで猫の皮膚と被毛の健康維持に役立ちます。

実際、オリジンに切り替えてから毛並み・毛艶が良くなったという口コミも多く、長毛種の猫にもおすすめできるドライキャットフードです。

便の状態が良くなった(10件)

オリジンを食べさせた結果、便の状態が良くなったという口コミもあり!

肉食動物の猫は炭水化物の消化吸収が苦手なので、穀物が過剰に含まれたフードを食べると下痢をしたり軟便に繋がってしまうことがあります。

そして、市販の低価格帯キャットフードは穀物が主原料として使われているため、グレインフリーのオリジンに切り替えたことで便の状態が良くなった可能性は十分考えられます。

栄養バランスがいい(8件)

オリジンは猫本来の食生活を再現し、高タンパク質かつ高カロリーなレシピに仕上がっています。

育ち盛りの子猫にはうってつけのキャットフードと言えますし、運動量が多い活発な成猫にもおすすめできる総合栄養食です。

現在、生後5ヶ月の愛猫にオリジンを食べさせているのですが、余計な脂肪はつかずに筋肉質な身体に成長しています(^^)

吐き戻しが減った(1件)

良い評判の中には吐き戻しが減ったという口コミも。

健康な猫が毛玉を吐く以外で餌を吐くのは、消化不良を起こしている時や食物アレルギーが原因になっている時です。

消化不良・食物アレルギーの原因になりやすいのは穀物なので、現時点で穀物主体のキャットフードを愛猫に与えていて吐き戻しに悩まされているなら、オリジンを試してみる価値はありますよ。

悪い口コミ

口コミ内容 件数
食いつきが悪い 11件
軟便・下痢気味になった 3件
口臭がキツくなった 1件

食いつきが悪い(11件)

食いつきがいいという評判の逆に、食いつきが悪いという悪評も見かけます。

一般的には人工添加物を使って風味が整えられたフードの方が食いつきがいい傾向にあるため、素材そのものの香りだけで風味を付けているフードを食べ慣れていない場合、オリジンに切り替えた時に食いつきが悪くなる可能性があります。

こればかりは仕方がないことなので、まずは愛猫の好みの原材料が使われたレシピを試してみて、時間をかけてゆっくりと慣れさせるしかありませんね。

軟便・下痢気味になった(3件)

オリジンに切り替えてから軟便、下痢気味になってしまったという悪評も。

軟便の原因としては、前のキャットフードに使われていた食物繊維源が原因になっている可能性もあります。

キャットフードの中には便を固める目的で”ビートパルプ”という食物繊維源が使われているものが多いですが、オリジンにはビートパルプが使われていません。

 

そのため、オリジンに切り替えてから便が緩くなったと感じる方もいるようです。

完全に下痢をしている場合は餌の急な切り替えや食物アレルギーが考えられるので、急な切り替えが原因なら最低1週間はかけて様子を見るようにしましょう。

口臭がキツくなった(1件)

そのほか、口臭がキツくなったという口コミも見かけました。

猫の口臭はキャットフードの種類でも変わるので、肉原材料がたっぷりと含まれたオリジンを食べた後の口臭が気になる方もいるかもしれません。

私の場合、オリジンを食べさせている愛猫の口臭はそれほど気にはなりませんが、便の臭いはかなり強烈に感じます(苦笑)

【アウトレットセールで20%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

公式サイト

愛猫がオリジンを実食レビュー!

オリジンキャットフードは全年齢対象の総合栄養食なので、生後5ヶ月になる愛猫のレイちゃんにも主食として食べさせられます。

それまではずっと鶏肉ベースのドライフードを食べさせていたため、“キャット&キティ”を試してみることにしました!

オリジンキャットフード(表面)

オリジンはアメリカから輸入していることもあり、袋には英語で説明が書かれています。

ただ、正規品には正規品ラベルが貼られており、日本語で原材料と成分の説明が書かれているので安心です。

オリジンキャットフード(裏面の正規品ラベル)

オリジンを開封した時の香りの印象は、お酒のおつまみのような香りで人間でも食べれそう(笑)

匂いがキツいという口コミもあるものの、動物性油脂でコーティングされたドライフードのような「ウッ」とする嫌な匂いではありません。

愛猫のレイちゃんがオリジンを食べている動画も撮影してみたので、食いつきの参考にしてみてください♪

オリジンの粒の大きさや形はバラバラで、平均すると大体9mm~10mmくらいです。

オリジンキャットフードの粒の大きさ

形はまん丸ではなく平べったいタイプですが、レイちゃんが食べづらそうにしている様子はなく、子猫でも問題なく食べられると感じました(^^)

オリジンキャットフードの種類

オリジンキャットフードは「キャット&キティ」、「シックスフィッシュ」、「レジオナルレッド」、「ツンドラ」、「フィット&トリム」といった5種類のレシピが製造されています。

このうち、ツンドラは日本の正規輸入元であるオリジンジャパンは取り扱っていないのですが、せっかくなのでツンドラも含めた5種類の違いを説明します。

 

と言っても、フィット&トリム以外のレシピの栄養バランスはほとんど同じで、フィット&トリムだけはカロリーが控えめで繊維質が多めに含まれている肥満気味の猫向けフードというだけです。

フィット&トリム以外のフードの明確な違いは肉原材料の種類くらいなので、愛猫の好みに合わせて選んであげればいいでしょう。

それぞれのレシピに使われている肉原材料を抜き出してみたので、参考にしてみてください。

キャット&キティ

  • 鶏肉
  • 七面鳥
  • イエローテイルカレイ
  • 全卵
  • サバ
  • ニシン

シックスフィッシュ

  • サバ
  • ニシン
  • カレイ
  • アカディアンレッドフィッシュ
  • アンコウ
  • シルバーヘイク

レジオナルレッド

  • 牛肉
  • イノシシ肉
  • ヤギ肉
  • 羊肉(ラム・マトン)
  • サバ
  • 豚肉

ツンドラ

  • ヤギ肉
  • イノシシ肉
  • 鹿肉
  • イワナ
  • 鴨肉
  • 羊肉(ラム・マトン)
  • ニジマス
  • サバ
  • イワシ
  • スケトウダラ
  • アオギス

フィット&トリム

  • 鴨肉
  • 七面鳥
  • 全卵
  • アブラガレイ
  • ニシン
  • タラ
  • イワシ

もし愛猫が特に食のこだわりがないなら、定番で人気どころの「キャット&キティ」あたりを試してみるのがおすすめです(^^)

【アウトレットセールで20%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

公式サイト

原材料と成分をもとにオリジンを徹底評価!

オリジンキャットフードと猫

オリジンキャットフードの原材料と成分の詳細はこちら!

オリジンキャットフードの原材料一覧

オリジンキャットフードの成分表

これらの原材料と成分をもとにしながら、オリジンキャットフードを徹底評価していきます!!

肉原材料がたっぷりと使われている

まずはじめに注目したいのが肉原材料の割合です。

市販の低価格帯キャットフードはコストのかかる肉類の割合を減らして穀物でかさ増ししていますが、オリジンは肉原材料の割合が80~90%と、実に一般的なドライキャットフードの約3倍近くもの割合を占めています。

また、獲物を丸ごと食べる猫本来の食生活を再現するために、レバーや軟骨を使っているのも特徴です。

低炭水化物のグレインフリーフード

オリジンは猫がほとんど消化できない穀物が一切使われていないグレインフリーフード。

それだけでなく、オリジンは炭水化物を多く含んでいる原材料を使うのを避け、炭水化物量を20%まで制限しています。

グレインフリーフードと言っても炭水化物が多い芋類・豆類を使ってコストを抑えている商品も少なくない中、オリジンは本当の意味で猫の身体に配慮したグレインフリーフードと言えますね(^^)

高タンパクで成長期の子猫に最適

たっぷりと肉原材料を使いつつも低炭水化物の原材料を配合することで、オリジンキャットフードのタンパク質量は38%~44%、炭水化物量は20%以内と高タンパクかつ低炭水化物に仕上がっています。

ここまで高タンパクなドライキャットフードは非常に少なく、育ち盛りの子猫や活発な成猫の主食にピッタリです。

ヒューマングレードの原材料

オリジンは人間も食べられるヒューマングレードの原材料が使われているだけでなく、仕入先の見える地元産の原材料を使うことにこだわっています。

そして、新鮮な状態で自社工場に運ばれてきた原材料を冷凍や熱処理せず冷蔵のみで保存することで、原材料本来の栄養を損なうことなく猫が本能的に好む自然な香りを残すことができるんですよ♪

猫の身体に負担をかける人工添加物は不使用

市販の低価格帯のキャットフードだけでなく、一部のプレミアムキャットフードにも使われている発がん性のある人工の酸化防止剤

オリジンは猫の身体に配慮して人工の酸化防止剤は使わず、天然の成分を使って酸化を防いでいます。

また、食いつきをよくするために香料や調味料を添加しているキャットフードも少なくありませんが、オリジンは新鮮な原材料そのものの香りで嗜好性が高められているのが特徴です。

ちょっと気になるデメリット

オリジンの原材料と成分を見た限り、デメリットも感じたので順番に解説していきます。

肉原材料が6種類以上使われている

肉原材料がたっぷりと使われているのがオリジン最大の特徴と言えますが、どのレシピにも6種類以上の肉原材料が使われているのはデメリットでもあります。

なぜなら、肉原材料が食物アレルギーの原因になることもあるから。

これまでに愛猫にこれといって食物アレルギーを起こしたことがないならよほど心配ないですが、食に敏感な愛猫に食べさせようと思っている場合は原材料をしっかりと確認することをおすすめします。

老猫には高タンパクすぎる

高タンパクなオリジンは育ち盛りの子猫や運動量の多い成猫にはおすすめできますが、歳を取って消化器官が衰えてきた老猫には消化の負担になってしまう可能性があります。

また、歳を取るにつれて運動量が落ちて消費カロリーが減っていくことから、成猫の頃と同じ感覚でオリジンを食べさせると肥満に繋がってしまうことも。

身体が衰えるスピードには個体差があるので一概には言えませんが、11歳以上の老猫にはもう少しタンパク質と脂質、カロリーが抑えられたキャットフードを検討してみるといいでしょう。

食いつきが悪い可能性もある

オリジンはかなり香りが強めのドライフードですが、やはり一般的には人工添加物を使って風味が整えられたフードの方が食いつきがいい傾向にあります。

そのため、愛猫が普段から香料や調味料が使われたフードを食べ慣れている場合はオリジンの食いつきが悪く、餌の切り替えに苦労するかもしれません。

もしあなたの愛猫が食のこだわりが強いなら好みの主原料が使われているレシピから試してみて、餌の切り替えには1週間から10日かけてゆっくりとオリジンに慣れさせてみてください。

【アウトレットセールで20%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

公式サイト

オリジンキャットフードの基本情報

オリジンキャットフード(裏面)

商品名 オリジンキャットフード
第一原材料 肉類(レシピにより異なる)
穀物 不使用
人工添加物 不使用
内容量 340g/1.8kg/5.45kg
賞味期限 開封前:製造日から1年3ヶ月
開封後:約1ヶ月
原産国 アメリカ
販売業者 オリジンジャパン
問い合わせ先
電話番号
092-408-1122

1日の給餌量の目安

オリジンキャットフードは全年齢対応の総合栄養食ですが、猫の年齢や体重に合わせて給餌量の調整は必要です。

また、子猫や老猫は1度に食べられる量が少ないので、成猫よりも回数を増やして少しずつ食べられるようにしましょう。

猫の年齢や体重別の詳しい給餌量については、こちらの記事を参考にしてみてください。

オリジンキャットフードの子猫~老猫の給餌量について

賞味期限と保存方法

開封前の賞味期限は製造日から約1年3ヶ月と日持ちします。

ただ、オリジンキャットフードは人工の酸化防止剤を使っていないため、開封後に関しては直射日光、高温多湿を避けて1ヶ月程度で食べ切れるのが理想的です。

1ヶ月経ったら食べられないということはないですが、時間が経つにつれて香りが薄れて食いつきが落ちる原因になります。

マグネシウムやリン・pH値について

オリジンキャットフードのリン含有量は1.0%~1.5%とレシピによって違い、マグネシウム含有量は0.10%に統一されています。

また、弱酸性のpH値は5.5に調整されており、ストルバイト結石ができにくい健康的な尿pHの維持をサポートしてくれます(^^)

腎臓病・糖尿病の猫にも与えていい?

まず前提として、オリジンキャットフードは健康な猫向けに作られた総合栄養食であって療法食ではありません。

そのため、腎臓病(腎不全)や糖尿病といった病気の猫に、ご自身の判断だけでオリジンを与えるのは避けるべきです。

もし療法食の食いつきが悪くてオリジンを試してみようと思っている場合には、必ず事前にかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

リコール・製造中止になったことはある?

オリジンキャットフードは今までにリコールされたことはありません。

一部の方が製造中止になったことがあると勘違いしていますが、勘違いの原因はおそらく2017年の大幅リニューアルでしょう。

2017年のリニューアルでアメリカ産に

オリジンは2017年のリニューアル以前はカナダの工場で生産されていましたが、リニューアルを機にアメリカの工場で生産されることになりました。

リニューアル時には原材料や栄養バランスの見直しが行われ、もともと多かった肉原材料の割合がさらに上がることに。

オリジンは猫本来の食生活を追求しつつ猫の健康を維持できるよう、定期的に改良が重ねられています。

お試しサンプル品について

オリジンジャパンではお試しサンプル品の販売は行われていませんが、不定期で独自にサンプル品を販売しているショップはあります。

お金をかけずにお試しできない以上、サンプル品を買っても愛猫が気に入らずに無駄にしてしまう可能性はありますが、サンプル品なら最小限の出費でオリジンを試すことができますね。

お試しサンプル品の販売状況に関しては、こちらの記事を参考にしてみてください。

オリジンキャットフードのお試しサンプル品の配布・販売状況

アカナとの違いは?

アカナとオリジンはどちらもチャンピオンペットフーズ社が製造しているキャットフードですが、「肉の含有量」と「新鮮肉の量」、そして「肉の種類」が違います。

いずれに関してもオリジンの方が多く、オリジンはアカナ以上に高タンパク質・低炭水化物のキャットフードです。

そして、肉原材料の割合が多い分だけオリジンの方が販売価格が高くなっています。

キャットフード・オリジンとアカナの違いを解説!【比較表あり】

オリジンキャットフードの取扱店

最近はオリジンを取り扱うペットショップ、ホームセンターも徐々に増えてきました。

オリジンジャパンの公式サイトには取扱店一覧が紹介されていないので、どこに行けばオリジンキャットフードを購入できると明言はできませんが、どうしても直接オリジンを購入したいというこだわりがあるなら近くのお店のキャットフードコーナーをチェックしてみてください。

ただ、サイズがでかくなると持ち運びが大変ですし、オリジンの取扱店を1店舗1店舗探す手間を考えたらネットで購入した方が遥かにお手軽ですけどね(笑)

オリジンキャットフードがおすすめな人

  • 猫本来の食生活を再現した最高級のグレインフリーフードを試してみたい
  • 安心して愛猫に与えられる原材料が使われたフードを探している
  • 猫の健康に配慮した栄養満点のフードを食べさせたい

あなたがこのように考えているなら、オリジンは自信を持っておすすめできる高品質なキャットフードです。

その逆に、原材料の品質にこだわりがない場合や、穀物・人工添加物が使われていても構わないという場合、愛猫の餌代をできる限り抑えたいと考えている方にはおすすめできません。

最安値は楽天?Amazon?公式サイト??

内容量別の販売価格(税抜)
内容量 楽天 Amazon 公式サイト
340g 912円~ 1,081円~ 1,350円
1.8kg 3,969円~ 4,095円~ 6,300円
5.45kg 9,000円~ 11,341円~ 15,000円

2019年8月時点のオリジンの販売価格を調査してみた結果、最安値で販売されているのは楽天市場でした。

そして、最も高く販売されているのは公式サイトということに。

それなら公式サイトで買うメリットはないんじゃないかとと思うかもしれませんが、公式サイトで注文した場合は絶対に正規品を購入できるという大きなメリットがあります。

公式サイト以外の通販サイトで販売されている激安商品は、管理状態が悪く品質に不安がある並行輸入品や、賞味期限が間近に迫った訳あり品の可能性が高いです。

これらの激安商品はトラブルがあった時に対応してもらうことが難しいため、品質面やアフターフォローがしっかりしている点まで考慮すると、多少高くてもオリジンジャパンの公式サイトで購入するのが一番安心感がありますよ。

 

安さを優先して公式サイト以外の通販サイトで購入するにしても、安く販売している理由を具体的に説明していないショップでの購入には慎重になった方がいいでしょう。

なお、オリジンジャパンが販売している正規品には裏面に正規品ラベルが貼り付けてあるので、パッケージを見れば正規品か並行輸入品の判断は簡単にできます。

オリジンジャパンでアウトレットセールが開催中!

現在、オリジンジャパンの公式サイトではアウトレットセールが開催されており、オリジンキャットフードを20%オフで購入することができます。

アウトレットセールは2019年9月末までで、10月以降に引き続き開催されるかどうかは分かりません。

20%オフが適用された販売価格は下記表の通り。

内容量 販売価格
(税抜)
340g 1,080円
1.8kg 5,040円
5.45kg 12,000円

オリジンは高額なプレミアムキャットフードですが、アウトレットセール中に購入すれば1日あたりの餌代を160円程度まで抑えられます。
(※1.8kgサイズを購入して体重4kgの成猫に主食として食べさせた場合)

実際にはそこまで負担になるような価格ではないので、愛猫の健康に配慮して最高級のプレミアムフードを試してみたいという場合には、ぜひアウトレットセールを活用してお得にオリジンを購入してください。

アウトレットセールは9月末までということもお忘れなく。

【アウトレットセールで20%オフ】
▼お得に購入できる公式サイト▼

公式サイト