ピュリナ最高峰ブランドのプロプランには、腎臓や下部尿路にトラブルのある猫向けに特別に成分バランスが調整された”ベテリナリーダイエット”というシリーズがあります。

ただ、ベテリナリーダイエットは販売ルートが限られていることもあり、「気になっているけど購入方法が分からない」という声も少なくありません。

そこで今回は、ベテリナリーダイエットの購入方法と猫用商品の種類を整理してみました!

プロプラン ベテリナリーダイエットの購入方法

ベテリナリーダイエットはペットショップやホームセンターでは販売されておらず、“ピュリナ プロプラン ベッツサポート”を導入している動物病院を通してのみ購入することができます。

また、購入手続きはベッツサポートの専用ページで行うため、楽天市場やAmazonといった通販サイトでも取り扱いはありません。

具体的な購入の流れですが、まずはベッツサポートが導入されている動物病院で愛猫の診察を受け、獣医師がベテリナリーダイエットを与えた方がいいと判断した場合に購入の権利を得られます。

そして、名前とスマートフォンの電話番号かメールアドレスを動物病院に教えると、ベテリナリーダイエットの購入手続きを行えるURLが添付されたメッセージが届きます。

 

ちなみに、初めてベテリナリーダイエットを購入する時はパソコンかタブレット、もしくはスマートフォンを使って購入手続きを進めないといけませんが、2回目以降は電話でも購入手続きを進められますよ。

詳しい購入方法は動物病院で教えてもらえると思いますが、動物病院に注文してもらって窓口で商品を受け取るのではなく、ご自身の手で購入手続きを完了させないといけないということに注意してください。

▼ベテリナリーダイエットの取り扱い病院検索ページ
お取り扱い動物病院検索|ピュリナ プロプラン ベッツサポート ポータルサイト

ベテリナリーダイエット(猫用)の種類

現在、ベテリナリーダイエットからは5種類の猫用商品が販売されています。

NF|腎臓ケア 初期ステージ対応

「NF|腎臓ケア 初期ステージ対応」は名前の通りの商品で、腎臓にトラブルのある猫向けにリンの含有量が大きく制限されています。

ドライフードとウェットフードが販売されており、愛猫の好みに合わせてどちらかを選べます。

NF|腎臓ケア 中期ステージ以降対応

「NF|腎臓ケア 中期ステージ以降対応」は初期ステージ対応以上にリンの含有量が制限されており、タンパク質も大きく制限されています。

中期ステージ以降対応に関しても、ドライフードとウェットフードが販売されています。

OM|肥満ケア

「OM|肥満ケア」は、肥満の猫向けに脂質とカロリーが控えめに調整されています。

ただ、体脂肪以外の筋肉や骨・血液などの重量の減少を防ぐために、非常に高タンパクなドライフードとなっているのが特徴的です。

UR|下部尿路ケア

「UR|下部尿路ケア」は下部尿路の健康維持に配慮して、尿pHが6.0-6.4になるようにミネラルバランスが調整されています。

URに関してもNFと同じように、ドライフードとウェットフードが1種類ずつ販売されています。

フォーティ フローラ

「フォーティ フローラ」は、ストレスや食事変更などが原因で腸内環境が乱れてしまった猫向けのサプリメントです。

内容量は1g×30包となっており、1日1包をフードに混ぜ込んで与えます。

ベテリナリーダイエットの原材料の特徴

原材料一覧
米、とうもろこし、ツナ、脱脂大豆、牛脂、コーングルテン、ポテトプロテイン、卵、酵母、たんぱく加水分解物、セルロース、魚油、ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、アミノ酸類(リジン、タウリン、メチオニン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

ここからは、「NF|腎臓ケア 中期ステージ以降対応」の原材料と成分をチェックしていきましょう。

ベテリナリーダイエットは流通量の少ない商品ということもあってか、全くと言っていいほど口コミが見当たらかったので、特徴を掴むための参考になれば幸いです。

まず、原材料に関しては通常のプロプランと同じように、ガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料は使われていません。

 

そのほかの原材料の内容にも大きな違いはなく、原材料の割合を変えて成分バランスが調整されていると捉えておけば大丈夫です。

ただ、とうもろこしや脱脂大豆といったアレルギーの原因になりやすい原材料が使われているため、もし愛猫が食に敏感でお腹が弱い場合には獣医師に伝えて判断を仰ぐようにしましょう。

ベテリナリーダイエットの成分の特徴

成分表
タンパク質 26.5%以上
脂質 16%以上
粗繊維 5%以下
灰分 7%以下
水分 12%以下
EPA 0.12%以上
DHA 0.09%以上
カルシウム 0.55%以上
リン 0.44%以下
マグネシウム 0.09%
カロリー
(100gあたり)
約409kcal

猫用ベテリナリーダイエット「NF|腎臓ケア 中期ステージ以降対応」の成分表は上記の通り。

種類別の解説でも触れたようにタンパク質は26.5%、リンは0.44%と大きく制限されています。

リンが制限されている理由は腎臓機能が落ちると余分なリンが体外に排出されにくくなってしまい、体に溜まったリンが腎臓を傷つけて症状を悪化させてしまうためで、タンパク質が制限されている理由は分解される時に窒素性老廃物という毒素が作り出されるためです。

ただ、100gあたりのカロリーは約409kcalと高カロリーになっており、症状が進行して食が細くなった猫でも少量で必要な栄養を摂り入れやすくなっています。

ベテリナリーダイエット(猫用)の販売価格

公式 楽天 Amazon
価格 1,640円
送料 417円

猫用ベテリナリーダイエットの腎臓ケア(ドライフード)の販売価格を調査してみたところ、1袋(500g)税抜1,640円で販売されていました!

また、商品とは別に税抜417円の送料がかかりますが、購入金額が税込4,000円以上なら送料無料で注文できます。

そのほか、代金引換払いだと税抜300円の手数料がかかるので、少しでも安く購入するなら4,000円以上のまとめ買いかつクレジットカードでの支払いがおすすめです。

愛猫にいつまでベテリナリーダイエットを与えるかは獣医師と相談しながらになりますが、1袋あたりの容量が少ないこともあり、まとめ買いする機会は少なくないでしょうしね。