レガリエキャットフードのブランドガイド(表面ロゴ)

レガリエキャットフードの口コミ・評判を徹底検証!

国産のグレインフリー(穀物不使用)フードということで注目が集まっているレガリエですが、2019年2月に販売が開始されたばかりの新商品ということもあり、原材料の品質や安全性、食いつきはいいのか気になっている方は多いと思います。

この記事では口コミだけでなく、原材料と成分をもとにしたレガリエの評価や実際に愛猫に食べさせてみた率直な感想もまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

レガリエキャットフードの基本情報

商品名 レガリエ キャットフード
第一原材料 鶏肉
穀物 不使用
原材料の品質 ヒューマングレード
人工の酸化防止剤 無添加
香料・着色料 無添加
対応年齢 全年齢
原産国 日本
販売業者 オネストフード株式会社
問い合わせ先
電話番号
03-4500-1780

レガリエキャットフードはグレインフリーというだけでなく、ヒューマングレード(人間も食べられる品質)の原材料を使っているのが特徴です。

パッケージには原材料の産地がハッキリと記載されており、品質面での自信の現れが伺えます。

 

また、猫の体に負担をかける原因となる人工の香料や着色料、酸化防止剤といった合成添加物は一切使われておらず、原材料の添加物までチェックするという徹底ぶり!

ここまで猫の体に配慮した国産キャットフードは非常に珍しく、販売開始直後から健康志向の愛猫家を中心に評判が広がっています(^^)

 

  • 原材料の産地が明記された安心感のあるキャットフードを食べさせたい
  • 猫にとって不要な合成添加物が使われたキャットフードは食べさせたくない
  • 国産かつグレインフリーのキャットフードを探している

 

もしあなたがこのように考えているなら、レガリエの購入をじっくりと検討してみても決して後悔はしないはずです。

【初回限定】
▼ワンコインでお試しする▼

レガリエ公式サイト

レガリエキャットフードの口コミ・評判

それでは早速、レガリエキャットフードの口コミをチェックしていきましょう!

この投稿をInstagramで見る

♥.。.:*??? ? 頼まれていないのに勝手に紹介するコーナー????*? ? 愛する我が子には少しでも長生きしてほしい?? その思いから、安心で安全な食事を求めて検索。? ? 『レガリエ』さんにたどり着きました??? ? いろんなものが無添加で、原材料にこだわっていたりと世界一の品質だそうです。? 我が家もできるだけ無添加で良質な食事を心がけているので、これは!!と思いお試し500円を頼みました?*.゚? ? うちはまだ4ヶ月なので、最近ドライフードオンリーになり、そのタイミングでレガリエを??? 1、2回混ぜてあげて、その後はレガリエのみ。? 最初無添加で味が薄いからか食べないと他の方の口コミがあり不安でしたが…? ? 撫子は、大丈夫でした?*。? 普通にバクバク!? 主人が無添加大好物だから、似たのかな!?? ? まず驚いたのはウンチ!? 可愛らしい小さめウンチでしたが、レガリエを食べさせると立派なウンチがでました!笑? ? 人間も無添加で良質なものを食べると、毒素を出す量が増えます。? それと同じで、猫もいろんな毒素が排出されたからだと感じました❤?"? ? 我が家は、これからレガリエさんを愛用したいと思います(^^)? ? 閲覧いただき誠にありがとうございました?? Thank you very much for reading ?? ? 撫子への?ov?..*❤?イイネ&応援フォローを是非是非宜しくお願いいたします????? Please like my posts ????? Please follow nadeshiko ????? ? ?お知らせ?? 撫子のLINEスタンプができました ??? Nadeshiko's English stamp is now available!? ? 大切な毎日に親切で丁寧な敬語スタンプです??・? プロフィールのURLから購入できます??????? 又はクリエイターズから【撫子】で検索をお願いします???*? Please search "nadeshiko" from Creators??? ? ? ???????????????????????? ?? ? #猫??????? ?#子猫??????? #スコティッシュフォールド? #猫のいる暮らし? #猫好き? #レガリエ #もふもふ???? #ふわふわ? #ニャンスタグラム ???? #にゃんこ ? #にゃんすたぐらむ ??? #にゃんだふるらいふ ????? #ネコスタグラム??????? #ねこすたぐらむ ?????? #ねこのきもち ???? ? #ねこ部? #ふわもこ部 ????? #可愛い動物? #ベストキャットオーディション? #にゃんこチャンネル? #ビューティープロコンテスト ? #cat ?????? #catstagram ?????? #catsofinstagram ?????? #cats_of_instagram ???? #cats_of_world ? #bestmeow? #catstagram_japan? #wewantcats? #ig_world_cats

撫子 / nadeshikoさん(@princess_nadeshico)がシェアした投稿 –

レガリエは2019年2月から販売開始されたばかりの商品ということと、楽天市場やAmazonといった通販サイトで販売されていない商品ということもあり、SNS(Twitter・インスタグラム)から口コミを集めてみました。

 

SNSでは食いつきがいい安心できる原材料が使われていると評判ですが、一部で粒の形が長細くて食べづらそうという悪評も。

良い口コミ、悪い口コミの内容をまとめてみたので参考にしてみてください。
(※口コミ件数は全15件)

良い口コミ

口コミ内容 件数
食いつきがいい 6件
安心できる原材料 4件
梱包に愛を感じる 2件

食いつきがいい(6件)

良い口コミで一番多かったのが、食いつきがいいという口コミ。

レガリエは食いつきをよくするためにオイルコーティングがされていないノンオイルコーティングのドライフードで、粒の匂いは人間が嗅いでもそれほどキツくはありません。

それなのに食いつきがいいと評判なのは、付属の鯛パウダーを使って香りを引き立たせることができるからでしょう。

安心できる原材料(4件)

次に多かった口コミが、安心できる原材料が使われているというもの。

レガリエには人間も食べられる品質の原材料が使われているだけでなく、猫の身体に負担をかける人工添加物も一切使われていません。

また、日本ではほとんど栽培されない原材料、海外産の方が安定した品質で仕入れることができる原材料を除いて、ほとんどの原材料が国産というのも安心できる理由の1つ!

オーストラリア産、あるいはアメリカ産の牛肉を使っているのにも理由があり、脂肪が少なく良質なタンパク源である赤身が多いからです。

梱包方法に愛を感じる(2件)

梱包方法に愛を感じるといった内容の口コミも。

具体的には箱の中に猫のイラストが書かれていて可愛いといったものですが、他のキャットフードでは密封性についての口コミは多く見かけるものの、装飾について触れられていることはまずないので、個人的には非常に印象に残りました。

悪い口コミ

口コミ内容 件数
粒の形が悪い 2件
価格が高い 1件

粒の形が悪い(2件)

悪い口コミで多かったのが、粒の形が悪いという口コミ。

レガリエの粒は長細くて大きさにバラつきがあります。

大きな粒だと2cm以上あるので、小柄な猫には食べづらいかもしれません。

ただ、レガリエの粒が一般的なドライフードのようにきれいな円盤状でない理由は、低温で時間をかけて加熱する製法が採用されているためで、見た目が悪い代わりに素材そのものの自然な香りが損なわれないというメリットがあります。

価格が高い(1件)

レガリエは価格が高いという悪評も見られました。

レガリエは国内工場で生産している国産キャットフードなので、海外産のキャットフードとは違って輸送コストは抑えられます。

しかし、調理方法や梱包方法にコストをかけているため、海外産プレミアムフードと価格はそれほど変わりません。

人工の酸化防止剤が使われていたり、穀物が使われているワンランク下のプレミアムフードよりは価格が高いので、今後も安全性を重視するか価格を重視するかで意見が分かれてくるでしょう。

【初回限定】
▼ワンコインでお試しする▼

レガリエ公式サイト

レガリエの原材料

レガリエキャットフードのブランドガイド(見開き1)

原材料
生肉(鶏肉(日本)、牛肉(オーストラリアまたはアメリカ)、金沢港の旬の魚(日本)、豚レバー(日本))、イモ類(ジャガイモ(アメリカ)、サツマイモ(日本))、ヤシ粉末(フィリピン)、ひよこ豆(アメリカ)、カツオとマグロの魚粉(日本)、豚油かす(日本)、アルファルファ(アメリカ)、ひまわり油(日本)、ごま油(日本)、リンゴ(日本)、トマト(日本)、鶏油(日本)、マグロオイル(日本)、乳清(日本)、脱脂粉乳(日本)、カルシウム粉末(日本)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、クランベリー(アメリカ)、海草(ノルウェー)、フラクトオリゴ糖(日本)、乳酸菌(日本)、ビタミン類(B1、B2、パントテン酸、B6、B12、ナイアシン、葉酸、E、K)、ミネラル類(亜鉛、銅)

肉類が主原料のグレインフリーフード

レガリエは猫が消化不良を起こす原因となる穀物を一切使っていない、グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードです。

まだまだ知らない方も多いですが、肉食動物の猫は穀物をそのまま食べる習慣がなかったため、穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手なんですよ。

 

レガリエは穀物を使わない代わりに、猫が健康な体を維持するために必要な栄養が豊富に含まれている鶏肉や牛肉、魚肉や豚レバーといった肉類がふんだんに使われています。

また、安価なキャットフードの中には人間が食べられない粗悪な原材料が使われていることがありますが、レガリエは人間も食べられるヒューマングレードの原材料を使っていると明言していることに加えて、原材料の産地を全て公開しているので安心感がありますね♪

合成添加物不使用で猫の身体に優しい!

レガリエは人工の香料や着色料、酸化防止剤といった猫の体に負担をかける合成添加物が使われていないのもメリットの1つです。

合成添加物が使われていないキャットフード自体はさほど珍しくなくなりましたが、原材料自体の添加物までチェックしているのは凄いですね!

ちなみに、粗悪なキャットフードに香料が使われているのは、素材そのものの香りだけでは猫の興味を惹くことができないからです。

 

・・・というのも、猫は食べ物の見た目ではなく匂いを嗅いで良し悪しを判断しているため、キャットフードの香りが食いつきの良さに大きく関わってきます。

そのため、粗悪なキャットフードは香料や調味料を過剰に使っている、というわけです。

ノンオイルコーティングで自然な香りを引き出す

レガリエとその他の大半のドライキャットフードとの大きな違いは、レガリエは粒が油でコーティングされていないことです。

世の中に出回っている9割以上のドライキャットフードは、食いつきをよくするために匂いが強烈な油をコーティングしています。

ドライフードの袋を開けた途端に「うわっ」と感じる匂いがするのは、このオイルコーティングが原因です。

 

大半のドライキャットフードがオイルコーティングしている理由は、120~180℃の高熱で原材料を加熱するため素材そのものの香りがほとんど残らないから。

しかし、レガリエは80~90℃の低温で時間をかけて加熱しているので、素材の香りや味が残ったままパッケージされるんです!

また、オイルコーティングされたドライフードとは違ってフードボウルがベタつかないので、洗うのが楽なのも飼い主目線で考えればメリットの1つと言えます(^^)

国産のキャットフード

レガリエは国産のキャットフードということも大きなメリット!

キャットフードの品質に関してある程度の知識をお持ちの方なら知っていると思いますが、残念ながら国産で品質重視と言えるキャットフードはほとんどないのが現状です。

それに対してレガリエはグレインフリー、合成添加物不使用という2つの条件をクリアし、さらに安全性と品質管理が徹底された日本国内の工場で製造されています。

 

また、海外産のキャットフードは高額なイメージがあるかもしれませんが、価格が高い理由の1つとして挙げられるのが輸送コストです。
(※商品によっては現地価格の倍近くで販売されることも・・・)

レガリエは国内で生産されているため輸送コストがかかりませんし、輸送コストを抑えた分だけ品質にこだわった原材料を使っているとのこと!

それと、海外産は何週間もコンテナ船で運ばれてくることから鮮度面で不安が残るのも事実ですが、国内生産なら鮮度に関しても安心感がありますね。

ちょっと気になるデメリット

肉原材料が主原料として使われているのはいい事だと説明しましたが、4種類の肉原材料が使われているのはデメリットでもあります。

というのも、猫の食物アレルギーというと穀物アレルギーだけを取り上げていることが多いですが、実際には肉原材料に対してアレルギーを持っている猫もいるんです。

 

そのため、愛猫が鶏肉・牛肉・魚肉・豚肉のいずれかが使われたフードを食べて食物アレルギーを起こした経験があるなら、慎重に購入を検討した方がいいでしょう。

ただ、今までにこれらの肉原材料でアレルギーを起こしたことがない場合、そもそもこれといった食物アレルギーを起こしたことがなければ、安心して与えられる品質のいいキャットフードですよ♪

レガリエの成分表

レガリエキャットフードのブランドガイド(見開き3)

成分
粗タンパク質 31%以上
粗脂肪 15%以上
粗繊維 3%以下
粗灰分 9%以下
水分 10%以下
エネルギー
(100gあたり)
372kcal

AAFCOの栄養基準を満たした総合栄養食

レガリエはAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たした総合栄養食です。

また、全年齢・全猫種に対応していることから、歳の離れた猫を多頭飼いしていても餌を分ける必要がないのもメリットと言えます。

獣医師が”推奨”ではなく”監修”している

獣医師が”推奨”しているキャットフードは多いですが、レガリエは獣医師が”監修”しているという違いがあります。

つまり、獣医師が開発に関わって栄養設計がしっかりと行われているということです。

レガリエを監修しているのは、キャフェリエペットクリニック院長の小林充子先生。

小林先生は食事指導の経験が多いことからキャットフードに対しての知識も豊富ということで、栄養バランスに関してより安心感があります。

子猫にはやや低タンパク低カロリーな成分バランス

先ほど、レガリエは全年齢に対応した総合栄養食と説明しましたが、子猫に与えるにはやや低タンパク低カロリーな成分バランスと感じました。

育ち盛りの子猫は、良質なタンパク質を十分に摂り入れることが重要です。

また、成猫に比べて一度に食べられる量が少ないので、成長期の子猫には少量でもしっかりと栄養を摂れる高カロリーかつ高タンパクなフードをおすすめしています。

ただ、運動量の少ない成猫や老猫にはちょうどいい成分バランスなので、生後1年以上の猫に与えるなら特に気にする必要はないでしょう。

【初回限定】
▼ワンコインでお試しする▼

レガリエ公式サイト

愛猫がレガリエを実食!

愛猫のレイちゃんはまだ生後5ヶ月ほどの子猫ですが、国産無添加グレインフリーフードの食いつきが気になりサンプル品を注文してみることにしました。

サンプル品が届いたのは注文してから3~4日後。

レガリエキャットフードのサンプル(表面)

サンプル品が入った袋の中には「挨拶状」と「食べさせ方案内」、「次回案内」と「ブランド案内」、そして「鯛パウダー」という見慣れない粉が同梱されていました。

レガリエキャットフードの鯛パウダー

ドライキャットフードにパウダーが付いてくるのは初めての経験でしたが、食べさせ方案内を見ると食いつきを良くするために粒に振りかけて使うものでした。

レガリエキャットフードの食べさせ方

鯛パウダーを振りかける前の粒はほとんど香りがありませんでしたが、手順に従ってシャカシャカポテトの要領で粒と鯛パウダーを混ぜ合わせると、袋の中からは人間の食べ物に使われる魚粉のようないい香りが♪

これならレイちゃんも食べてくれるだろうと期待して与えてみた結果・・・

フードボウルに盛り付けた半分近くを残し、その場を離れてしまいました(^^;

レガリエを食べない原因は?

残念ながらレガリエを半分近く食べなかった愛猫のレイちゃん。

食べ始めの様子は悪くなかったですし、レガリエの香りが気に入らないというわけでも無さそうでした。

ただ、食べている様子を見ていると頻繁に口から粒がこぼれていたので、できる限り小さめの粒を選んで口元に運んであげてみたんです。

 

するとレガリエを受け入れ、今度は上手に食べていました。

一連の流れから、レイちゃんがレガリエを食べない原因は粒の形が原因ということが判明!

レガリエの粒は細長くて大きさがバラバラで、子猫のレイちゃんが上手に食べられたのは6~7mm程度の粒でした。

レガリエキャットフードの粒(キブル)

平均1cm以上ある粒を全部砕くのはかなり骨の折れる作業なので、そういった面でも子猫には食べさせづらいと感じました。

仕方なく残ったサンプル品は猫友に譲ったのですが、猫友の愛猫たちは美味しそうに食べていたとのことなので、レイちゃんが大人になってから再検討してみます。

レガリエの総合評価

レガリエキャットフードのお試しサンプル(表面)

項目 得点
原材料 ★★★★☆
成分(子猫) ★★★☆☆
成分(成猫) ★★★★★
成分(老猫) ★★★★★
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆
(4.2点)

レガリエはグレインフリーかつヒューマングレードの原材料を使用していますが、複数の肉原材料を使っていることから肉類にアレルギーがある猫には食べさせられないため、原材料の評価は5点満点中4点としています。

成分は先ほど説明した通り、運動量が少ない成猫や老猫にはちょうどいい成分バランスなものの、育ち盛りの子猫にはやや低タンパク低カロリーなので減点しました。

また、食いつきの評価に関しても粒の形を踏まえて減点していますが、身体の小さい子猫や顎の力が弱った老猫でなければ問題なく食べられるでしょう。

【初回限定】
▼ワンコインでお試しする▼

レガリエ公式サイト

レガリエ購入前のQ&A

レガリエを購入するにあたって気になる点をまとめてみました。

給餌量の目安

体重 生後
2~4ヶ月
生後
4~9ヶ月
成猫
0.5kg 32g
1kg 65g 47g
1.5kg 97g 64g
2kg 129g 79g 32~38g
3kg 107g 43~52g
4kg 133g 53~64g
5kg 157g 63~75g
6kg 72~86g

公式サイトに書かれている給餌量の目安は上記の通り。

ただし、実際には猫の体質や運動量によって給餌量に差が出るので、こまめに体重の増減をチェックして給餌量を調整することをおすすめします。

開封前・開封後の賞味期限

人工の酸化防止剤を使っていないこともあり、レガリエの開封前の賞味期限は製造日から約9ヶ月と短めです。

開封後に関しては直射日光、高温多湿を避けて1ヶ月以内で使い切れるのが理想的です。

レガリエは1回の注文で1.5kgサイズが届きますが、1箱の中に750gサイズでジッパー付きの袋が2袋入った状態で配送されるので、鮮度面はよほど心配ありません(^^)

お試しサンプル品はある?

レガリエは現在、160g(約4日分)のお試しサンプル品を販売しています。

サンプル品にしてはかなりの量が入っているので、愛猫の食いつきをしっかりと確認することができるはずですよ♪

レガリエをおすすめしたい人

  • 国産のキャットフードを食べさせたい
  • 量より質を重視した安心できるフードを食べさせたい
  • 食いつきのいいグレインフリーフードを探している

あなたがこのように考えているのであれば、ぜひレガリエを試してみることをおすすめします!

猫は私たち人間よりもずっと体の小さい動物なので、できる限り品質のいいキャットフードを食べさせてあげたいところですよね♪

 

ただ、キャットフードなんてどれも同じだろうし少しでも安いものが欲しい・・・と考えている方にはおすすめできません。

質より量を重視したキャットフードであれば、近場のスーパーやホームセンターに行けば手に入りますからね。

最安値は公式・Amazon・それとも楽天?

公式サイト Amazon 楽天
価格 5,480円
送料 600円
(※2袋以上まとめ買いで無料)

レガリエはAmazonや楽天では販売されておらず、公式サイトからしか購入することができません。

販売価格は1.5kg(750g×2袋)で5,480円となっていますが、定期コースで注文した場合は22%オフの4,280円で購入できます。

市販のキャットフードに比べれば高額ですが、1日あたりの餌代に換算すると123~148円くらいなので、缶ジュース1本のお金で高品質な国産キャットフードを食べさせてあげられると考えれば非常にコスパがいいと言えますよね♪

レガリエが今なら限定価格で試せる!

財経新聞にも掲載されて愛猫家から注目が集まっているレガリエですが、今ならなんと送料無料500円で試せます!

初回限定のお試しパックの内容量は約4日分の160g。

4日間レガリエを試してもし愛猫が気に入ってくれなかった場合は、定期コースを解約すればそれ以上の料金がかかることはありません。

 

愛猫が気に入らなかったらどうしようと考えると最初から1.5kgサイズを試すのはちょっとした冒険ですが、少量サイズのお試しパックなら最もリスクのない形で試せます。

お試しパックはいつ終了するか分からないので、レガリエを試そうと思ったら終了していた・・・なんてことにならないよう、今すぐ公式サイトから注文しましょう。

【初回限定】
▼ワンコインでお試しする▼

レガリエ公式サイト