猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないだけでなく、厳選した高品質な原材料が使われているイタリア産のキャットフード「Schesir(シシア)」。

そんなシシアを実際に購入した方々の口コミ・評判を68件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、ドライフードの原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

シシアキャットフードの悪い口コミ・評判

シシアキャットフードの悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「市販の国産フードと比べると高い」といった内容のレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、猫は好き嫌いが激しい動物ということだけでなく、シシアには食いつきをよくするための人工添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食べない・食べなくなった(10件)
  • 価格が高い(3件)

という結果になっています。

食べない・食べなくなった

今回調査した68件の口コミ・評判のうち、食いつきの悪さを指摘するレビューが10件ありました。

食いつきがいいというレビューに比べれば少ないですが、どんな猫でも絶対に食いつきのいいフードはまずありえないというのも事実です。

ただ、シシアはドライフードにせよウェットフードにせよ何種類もの風味を取り揃えているのは強みと言えます。

価格が高い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「シシアは価格が高い」というレビューでした。

シシアは危険性のある人工添加物を使用していないだけでなく、厳選された高品質な原材料を使用しているだけあって、市販の激安品と比べるとかなり価格は高いです。

いくら品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、現実的に継続できる価格かどうかということまで考えて購入することをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
シシアキャットフードの総合評価

シシアキャットフードの良い口コミ・評判

シシアキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「品質と価格のバランスが取れている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、シシアからは猫の食の好みに合わせやすいようにたくさんの種類のキャットフードが販売されていることや、猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(42件)
  • 原材料に安心感がある(8件)
  • 成分バランスがいい(3件)
  • お手頃な値段(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

シシアの口コミ・評判で一番多かったのが、「食いつきがいい」というレビューです。

食いつきの悪さを指摘するレビューとの割合を踏まえると、シシアの嗜好性は平均レベルよりもワンランク上と捉えて良さそうですね。

特にウェットフードの食いつきのよさを評価している方が多く、主食として与えているドライフードにトッピングして与えている・・・というレビューも目立ちました。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「原材料に安心感がある」といった内容のレビューです。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、シシアは安全性に配慮してそれらの人工添加物を使っていません。

人工の酸化防止剤は天然由来のものより効果が強力というメリットがあるものの、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫目線で考えれば着色料を使ってまで色味を付ける意味はないです。

猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないシシアは、人間目線ではなく猫目線で作られたキャットフードと捉えることができますね。

成分バランスがいい

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「シシアは成分バランスがいい」といった内容のレビューでした。

シシアはマグネシウム含有量に合わせてリンとカルシウムの含有量がしっかりと調整されていますし、毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスもいいです。

その影響もあるのか、「シシアに切り替えてから毛並みが良くなった気がする」というレビューも確認できました。

お手頃な値段

「価格が高い」というレビューとは対照的に、「お手頃な値段」というレビューもありました。

シシアの100gあたりの価格は約160円と安くはないですが、グレインフリー(穀物不使用)フードはシシアの2倍以上の価格で販売されているものが多く、品質と価格のバランスを考慮してシシアを購入している方も少なくありません。

穀物全般にアレルギーがなければグレインフリーは必須ではないので、お腹が弱い愛猫のためにフードの切り替えを検討している場合にはグレインフリーフードを試す前に、まずはシシアで様子を見てみるのもいいでしょう。

シシアキャットフードの口コミ・評判まとめ

シシアキャットフードの悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「市販の国産フードと比べると高い」といった内容のレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

その一方で、シシアキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「品質と価格のバランスが取れている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、シシアからは猫の食の好みに合わせやすいようにたくさんの種類のキャットフードが販売されていることや、猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食べない・食べなくなった
  • 価格が高い
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • 成分バランスがいい
  • お手頃な値段

Amazonで見る

楽天市場で見る

シシアキャットフードの原材料の評価

原材料一覧
乾燥チキン 28%、米、大麦、精製動物性油脂、ポテト蛋白、コーングルテン、乾燥ビートパルプ、 ビール酵母 1%、亜麻仁、エンドウ豆粉、ヒマワリオイル、フラクトオリゴ糖(FOS)1%、 チコリパルプ 1%、ピロリン酸ナトリウム、塩化カリウム、ユッカシジゲラ 0.1%、 乾燥芳香植物 0.03%(ブドウ、シトラス、クローブ、ウコン、ローズマリー)

※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、シシアキャットフードの原材料の安全性を評価していきます!
(※表は成猫用ドライフードの「チキン」の原材料一覧です)

肉原材料が主原料として使われたキャットフード

原材料の内容よりも価格の安さを重視したドライフードには肉食動物の猫が消化吸収するのが苦手な穀物が過剰に使われていますが、シシアの成猫用ドライフードのチキンには乾燥チキンが主原料に使われています。

米、大麦、コーングルテンといった穀物が含まれていることから穀物全般にアレルギーのある猫には対応できないものの、人間の食品衛生管理システムであるHACCP(ハサップ)認証のキャットフードということから品質面で安心感があります。

 

もちろん、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われているのも評価できる要素の一つです。

ただ、“動物性油脂”には具体的に何の動物の油が使われているのか分からないことと、製造工程で人工の酸化防止剤が使われている可能性があることが不安要素と言えます。

製造工程は私たちには分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるかという問題になってきます。

シシアキャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 33.5%
粗脂質 17.0%
粗繊維 2.2%
粗灰分 5.9%
水分 10.0%
カルシウム 0.9%
リン 0.8%
マグネシウム 0.08%
ナトリウム 0.5%
カリウム 0.6%
オメガ6脂肪酸 3.00%
オメガ3脂肪酸 0.60%
カロリー
(100gあたり)
380kcal

原材料の次は、シシアキャットフードの成分を評価していきます。
(※表は成猫用ドライフードの「チキン」の成分値です)

猫の年齢に合わせて成分バランスを調整

シシアの成猫用ドライフードのチキンのタンパク質は33.5%、脂質は17.0%、100gあたりのカロリーは約380kcalとなっており、一般的な運動量の成猫にはぴったりな成分バランスと言えます。

また、マグネシウム含有量に合わせてカルシウムとリンの含有量がしっかりと調整されていることも見逃せません。

理想的なミネラルバランスは【1:0.8:0.08】と考えられているのに対して、成猫用チキンのミネラルバランスは【1:0.9:0.09】と、ほとんど理想的なバランス通りになっています。

それだけでなく、毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスも、最適と考えられている【5:1】となっていることも評価できます。

 

それと、愛猫のフードを選ぶにあたって塩分量を気にする方も少なくありませんが、成猫用チキンのナトリウム量は0.5%ということから塩分相当量は1.27gとなります。

一般的なドライフードの塩分相当量は100gあたり約0.8~1.3gくらいですし、シシアの塩分量に関してそこまで神経質にならなくても問題ないでしょう。

▼総合評価をチェックする
シシアキャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
400g 691円 1,017円
1.6kg 2,486円 3,417円

シシアの販売状況を調査してみたところ、シシアは公式サイトそのものが作成されていませんでした。

そして、楽天市場とAmazonで成猫用ドライフードの販売価格を調査した結果、400gサイズも1.6kgサイズも楽天が最安値でした!

シシアを店頭で販売しているペットショップやホームセンターは少ないので、シシアを買うなら販売状況も一緒に確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、送料無料となる販売店もありますからね。

シシアキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3/5点
成分 5/5点
安全性 4/5点
食いつき 4/5点
コスパ 3/5点
総合評価 Bランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 691円/400g
2,486円/1.6kg
(ドライフード)
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 ドライフード:イタリア
ウェットフード:タイ

当サイトのシシアキャットフードの総合評価はBランクです。

グルテンフリー・グレインフリーフードではありませんが、厳選された高品質な原材料が使われていることと、猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことは評価できます。

また、食いつきのよさを評価する口コミも多かったですし、穀物が使われている代わりに【肉原材料を贅沢に使ったグレインフリーフードよりも価格が安い】という強みもあります。

たとえ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る

▼当サイトのおすすめキャットフード一覧を見る
キャットフードを徹底評価!おすすめの猫の餌を比較する【ねこらばっ!】