サイエンスダイエット(猫用)と猫1

ペットフードの定番ブランドと言ってもいいくらい知名度が高いヒルズの「サイエンスダイエット」。

今回はそんなサイエンスダイエットを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を151件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、サイエンスダイエットを私の愛猫とお試しした感想や、原材料と成分をもとにしながら総合的な評価をしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

サイエンスダイエット(猫用)の悪い口コミ・評判

サイエンスダイエット(猫用)の悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「我が家の猫には合わなかった」、「リニューアルの度に仕様が変わる」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、サイエンスダイエットには嗜好性を高めるための人工の香料と調味料が使われていないことや、消化不良の原因になりやすい穀物が使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食べない・食べなくなった(17件)
  • 我が家の猫には合わなかった(13件)
  • リニューアルが多い(5件)
  • 値段が高い(5件)
  • 大粒で食べづらそう(3件)

という結果になっています。

食べない・食べなくなった

サイエンスダイエットの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「食べない」、「食べなくなった」といった食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

サイエンスダイエットは天然由来の原材料で風味を整えていますが、一般的には人工の香料や調味料で風味を整えたフードの方が食いつきがいい傾向にあります。

そのため、愛猫が人工添加物で風味が整えられたフードを食べ慣れている場合、餌の切り替えに苦労するかもしれません。

我が家の猫には合わなかった

次に多かった悪い口コミ・評判は「我が家の猫には合わなかった」という内容のレビューで、具体的には「軟便・下痢気味になった」というレビューや「吐く回数が増えた」というレビューを確認できました。

サイエンスダイエットに切り替えて下痢・下痢といった消化不良を起こす理由として考えられるのは、餌の急な切り替えか食物アレルギーです。

餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、サイエンスダイエットに慣れるまで一時的に軟便になったり吐き戻しが増える可能性があります。

 

また、サイエンスダイエットにはトウモロコシや小麦といった穀物が使われていますが、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫は少なくありません。

そのため、小麦グルテンや穀物アレルギーの猫がサイエンスダイエットを食べた結果、下痢・嘔吐に繋がっている可能性が考えられます。

もし食に敏感でお腹が弱い愛猫のフードの切り替えを検討しているのなら、グルテンフリーフードかグレインフリーフードをお試ししてみることをおすすめします。

それと、吐き戻しに関しては一気食いが原因になっている可能性も考えられますね。

リニューアルが多い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「サイエンスダイエットはリニューアルが多い」というレビューです。

実際、サイエンスダイエットはリニューアルの頻度が高く、原材料と成分バランスの見直しが行われたりパッケージの変更が行われています。

そして、「リニューアル後の商品は袋が小分けされておらず、開封後は風味が落ちて食いつきが悪くなった」というレビューも見られました。

値段が高い

調査した口コミ・評判の中には、「サイエンスダイエットは値段が高い」というレビューもありました。

サイエンスダイエットは肉原材料の割合が比較的多く、危険性のある人工添加物を使っていないプレミアムフードなので、安さ重視の激安フードと比較すると高額です。

いくら品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、プレミアムフードを購入する時には現実的に継続できる値段かどうかまで考えておくことをおすすめします。

大粒で食べづらそう

そのほかには、「大粒で食べづらそうにしている」といったレビューも確認できました。

サイエンスダイエットは猫の年齢に合わせた商品を販売しており、年齢に合わせて粒の大きさも調整されているのですが、平均よりも体格が小さな猫には食べづらい可能性はあります。

ただ、小柄な猫でも噛みごたえのあるサイズの粒が好きな猫もいますし、こればかりは試してみないことには分からないというのが正直な感想です。

▼総合評価をチェックする
サイエンスダイエット(猫用)の総合評価

サイエンスダイエット(猫用)の良い口コミ・評判

サイエンスダイエット(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「信頼できるキャットフードブランド」、「我が家の猫には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、サイエンスダイエットからは2種類の風味のドライフードが販売されていることや、流通量が多いメジャーなキャットフードということが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(68件)
  • 信頼できるブランド(17件)
  • 我が家の猫には合っている(12件)
  • 成分バランスがいい(6件)
  • お手頃な価格(3件)
  • 小粒で食べやすそう(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

今回調査した口コミ・評判の中で一番多かったのが、食いつきのよさを評価するレビューでした。

食いつきの悪さを指摘するレビューが17件、食いつきのよさを評価するレビューが68件という比率を踏まえても、サイエンスダイエットの嗜好性は一般的なキャットフードよりワンランク上と捉えて良さそうです。

また、サイエンスダイエットのドライフードには「チキン/まぐろ」の2種類の風味があり、愛猫の食の好みに合わせて選びやすいのも強みと言えます。

信頼できるブランド

次に多かった良い口コミ・評判は、「信頼できるブランド」といった内容のレビューです。

ブリーダーや友達に勧められてサイエンスダイエットを購入し、子猫の頃からずっとサイエンスダイエットを与えているというレビューが目立ち、「キャットフードのことはよく分からないけどサイエンスダイエットなら大丈夫でしょ!」・・・といったレビューも印象的でした。

それに加えてサイエンスダイエットを取り扱っている店鋪は多く、通販でも店舗でも買える手軽さも魅力の一つと言えるでしょう。

我が家の猫には合っている

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していると「我が家の猫には合っている」という内容のレビューがあり、その中でも特に目立ったのが「いい便をするようになった」、「吐く回数が減った」というレビューでした。

いい便が出るようになった理由としてまず考えられるのは、穀物が過剰に使われていたフードからの切り替えです。

穀物は食物アレルギーの原因になりやすいことに加えて、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手という問題もあります。

 

それなのに穀物を過剰に取り入れれば、消化不良を起こして下痢・嘔吐といった消化不良に繋がってしまいます。

こういった理由もあり、穀物が過剰に使われているフードからサイエンスダイエットに切り替えただけで便の形や固さが変わったと実感する方が多いようです。

なお、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのない猫にとってはグルテンフリー、グレインフリーは必須ではありません。

サイエンスダイエットはグルテンフリーフードやグレインフリーよりも安いので、もし愛猫に食物アレルギーがあるかどうか分からない場合には、まずはサイエンスダイエットからお試ししてみるのもいいでしょう。

 

そのほかにも、「毛並み・毛艶が良くなった気がする」というレビューを確認できました。

この理由は、毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量が関係していると考えられます。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは【5:1】くらいがいいのではないかと考えられているので、愛猫のフード選びの参考にしてみてください。

成分バランスがいい

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「サイエンスダイエットは成分バランスがいい」という内容のレビューです。

サイエンスダイエットは猫の年齢や飼育環境に合わせた商品を取り揃えており、「ミネラルバランスが細かく調整されたフードを与えたい」、「食欲旺盛な愛猫にはカロリー控えめなフードを与えたい」といったように、現在の悩みに合わせて商品を選べます。

ブランドの信頼だけでなく、商品の豊富さも子猫の頃からサイエンスダイエットを与えている方が多い理由でしょう。

お手頃な価格

そのほかには、「サイエンスダイエットはお手頃な価格で販売されている」というレビューも見つかりました。

穀物が主原料として使われており、人工の酸化防止剤や着色料が使われている商品と比較すると高額ですが、サイエンスダイエットのドライフードの100gあたりの価格は約100円と、継続して購入しても負担になりにくい価格帯に収まっています。
(※Amazonで調査した価格を参考にしています)

それに対して、肉原材料が贅沢に使われたグレインフリーフードは100gあたり300円近くの価格で販売されている商品も多く、品質と価格のバランスを踏まえてサイエンスダイエットを購入しているというレビューも目立ちました。

小粒で食べやすそう

「大粒で食べづらそう」というレビューとは対照的に、「小粒で食べやすそう」というレビューも確認できました。

子猫用とシニア猫用は成猫用よりも小粒になっていますが、悪い口コミ・評判の項目で説明したように、粒の大きさの好みは猫それぞれで違います。

そのため、食いつき全般に関わるレビューは参考程度に捉えておき、実際に試してみるまで分からないと思っておいた方が無難です。

サイエンスダイエット(猫用)の口コミ・評判まとめ

サイエンスダイエット(猫用)の悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「我が家の猫には合わなかった」、「リニューアルの度に仕様が変わる」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、サイエンスダイエット(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「信頼できるキャットフードブランド」、「我が家の猫には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、サイエンスダイエットからは2種類の風味のドライフードが販売されていることや、流通量が多いメジャーなキャットフードということが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食べない・食べなくなった
  • 我が家の猫には合わなかった
  • リニューアルが多い
  • 値段が高い
  • 大粒で食べづらそう
  • 食いつきがいい
  • 信頼できるブランド
  • 我が家の猫には合っている
  • 成分バランスがいい
  • お手頃な価格
  • 小粒で食べやすそう

Amazonで見る

楽天市場で見る

愛猫とサイエンスダイエットをお試し!

サイエンスダイエット(猫用)の袋の表面

愛猫のレイちゃんと一緒にサイエンスダイエットをお試ししてみました!

レイちゃんは鶏肉が主原料に使われたフードを食べ慣れているので、今回は「成猫用チキン」をお試しすることに。

現在のサイエンスダイエットの原産国はチェコですが、原材料や成分、給餌量といった商品説明は日本語で書かれているので、もしかしたら国産のフードと勘違いしている方もいるかもしれませんね。

サイエンスダイエットはリニューアルが頻繁に行われており、大袋が小分けされている時期と小分けされていない時期があるようですが、私が購入した大袋(1.8kg)は開け口にジッパーが付いていました。

サイエンスダイエット(猫用)の袋の裏面

袋を開けた時の臭いはかなり強烈!!

レイちゃんの食いつきはまずまずだったものの、フードボウルにもベタつきが残ってしまうので、猫だけでなく飼い主目線でも好き嫌いが分かれるフードかもしれません(苦笑)

サイエンスダイエットへの完全切り替え後の実食動画も撮影したので、食いつきの参考にしてみてください。

「成猫用チキン」の粒の大きさは9~10mmくらいで、あまり厚みのない平ぺったい形状をしています。

サイエンスダイエット(猫用)の粒の大きさ

食べづらそうにしているレイちゃんの姿は見かけませんでしたし、一般的なサイズの成猫なら問題なく食べられるでしょう。

サイエンスダイエットのお試しサンプルについて

公式サイトを見た限りでは、お試しサンプルの無料配布や有料販売は行われていませんでした。

ただ、サイエンスダイエットには返金保証制度が設けられており、購入後から30日以内に申し込み書に必要事項を記入して残った商品と一緒に専用窓口に返品すれば返金してもらうことができます。

少量のお試しサンプルだとざっくりとした食いつきしか確認できないので、食いつきや体調の変化をじっくりと確認するために大袋を1袋は購入し、もしもの時に返金保証制度を利用するのがおすすめです。

▼返金保証についての詳しい説明はこちら
サイエンス・ダイエットの返金保証

サイエンスダイエット(猫用)の原材料の評価

原材料一覧
トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、米、コーングルテン、セルロース、チキンエキス、植物性油脂、動物性油脂小麦、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、サイエンスダイエット(猫用)の原材料の安全性を評価していきます!
(※表は成猫用ドライフードの「インドアキャット」」の原材料一覧です)

肉類が主原料のプレミアムフード

サイエンスダイエットの成猫用ドライフード「インドアキャット」は、肉類(チキン、ターキー)が主原料に使われたプレミアムフードです。

トウモロコシ、小麦といった原材料が使われていることから小麦グルテン、穀物全般にアレルギーがある猫には対応できませんが、穀物が主原料に使われたフードよりもワンランク上のフードと言えるでしょう。

ただ、動物性油脂は具体的に何の動物の油脂が使われているのかが分からないことに加えて、動物性油脂に酸化防止剤を使っていても原材料に表記する必要はなく、酸化を防ぐためにガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤が使われている可能性があることが不安な要素。

具体的な原材料や製造方法の詳細はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるのかという問題になってきます。

サイエンスダイエット(猫用)の成分の評価

成分表
タンパク質 33.9%
脂質 8.5%
粗繊維 8.2%
炭水化物 43.2%
カルシウム 0.98%
リン 0.69%
ナトリウム 0.34%
カリウム 0.82%
マグネシウム 0.07%
タウリン 0.21%
ビタミンC 109ppm
ビタミンE 872IU/kg
オメガ6脂肪酸 2.58%
オメガ3脂肪酸 0.19%
灰分 6.3%
ベータカロチン 3.88ppm
ビタミンA 6735IU/kg
ビタミンD 656IU/kg
カロリー
(100gあたり)
315kcal

原材料の次は、サイエンスダイエット(猫用)の成分を評価していきます。
(※表は成猫用ドライフードの「インドアキャット」の原材料一覧です)

カロリーと脂質のバランス

サイエンスダイエットの「インドアキャット」は室内飼いで運動量が少ない猫に配慮して、100gあたりのカロリーは約315kcal、脂質は8.5%と控えめに調整されています。

そして、満腹感を得られやすくするために繊維質が8.2%と豊富に配合されているのが特徴です。

また、マグネシウム含有量に合わせてカルシウムとリンの含有量がしっかりと調整されていることも見逃せません。

 

ただ、炭水化物が43.2%と多いのが気になるところです。

ドライキャットフードの炭水化物は40%以内がいいと考えられており、高炭水化物のフードは下痢や嘔吐といった消化不良の原因になります。

▼総合評価をチェックする
サイエンスダイエット(猫用)の総合評価

サイエンスダイエットとプロの違い

サイエンスダイエットプロ(猫用)の袋の表面

サイエンスダイエットとサイエンスダイエットプロの違いについてですが、原材料の割合や成分バランスに差があり、サイエンスダイエットプロはワンランク上の商品という位置づけになっています。

ただ、サイエンスダイエットプロには肉原材料が主原料に使われていないので、特にこだわりがないならサイエンスダイエットをおすすめします。

動物性タンパク質が多く含まれたフードの方が、肉食動物の猫本来の食事に近いキャットフードと言えますからね。

ロイヤルカナンとサイエンスダイエットの比較

「サイエンスダイエットと同じくらい有名なペットフードは何?」と質問すると、ロイヤルカナンと答える方が多いと思います。

ロイヤルカナンも猫の年齢や体質に合わせた様々な商品を取り揃えていますが、サイエンスダイエットとの大きな違いを1つ挙げるとするなら人工の酸化防止剤を使っているかどうかです。

サイエンスダイエットの原材料を見ると天然の酸化防止剤を使っていますが、ロイヤルカナンはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤を使っています。

 

もちろん定められた基準を超えないように使われていますし、人工の酸化防止剤は天然由来のものより効果が強力というメリットがあります。

とは言え、人工の酸化防止剤を問題視するかどうかは飼い主それぞれで意見が分かれる要素ですし、もし少しでも不安に感じるようならサイエンスダイエットを選ぶといいでしょう。

▼ロイヤルカナンの詳しい解説はこちら
ロイヤルカナン(猫用)の口コミ・評判【キャットフード徹底評価】

ヒルズ サイエンスダイエット(猫用)の給餌量

体重 グラム カップ
2kg 40g 0.4カップ
3kg 50g 0.6カップ
4kg 65g 0.7カップ
5kg 75g 0.8カップ
6kg 85g 0.9カップ
7kg 95g 1.1カップ

サイエンスダイエットのインドアキャットの成猫向けの給餌量の目安は表の通りです。

その他のラインナップもパッケージに体重別の給餌量が掲載されていますが、いずれに関してもあくまで目安量でしかありません。

実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってくるので、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

なお、生後1年未満の子猫には「キトン(子猫用)」を与えるべきですが、育ち盛りの子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間はあまり神経質になりすぎずに欲しがるだけ食べさせて大丈夫ですよ。

最安値は?楽天・Amazon(通販)で価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
800g 892円 787円
1.8kg 1,860円 1,827円
2.8kg 2,597円 2,332円

公式サイトと楽天市場、Amazonで猫用サイエンスダイエットのインドアキャットの販売価格を調査してみたところ、公式サイトでの販売はなくAmazonが最安値という結果になりました。

また、Amazonでは定期おトク便が導入されており、定期おトク便で注文すると10~15%割引された価格で購入できます。

もし実物を確認してから購入したいというこだわりがあるなら、公式サイトの取扱店検索ページで最寄りの取扱店を探してみてください。
取り扱いペットショップを検索

サイエンスダイエットを取り扱っている店鋪は多いですし、おそらく近所のホームセンターやペットショップで購入できると思いますが、通販サイトは定価より安く販売していることに加えてAmazonは2,000円以上の購入で送料無料になるので、継続して購入するならAmazonの定期おトク便を利用するのがおすすめです。

サイエンスダイエット(猫用)の総合評価

項目 詳細
原材料 3/5点
成分 4/5点
安全性 4/5点
食いつき 4/5点
コスパ 4/5点
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量 787円/800g
1,827円/1.8kg
2,332円/2.8kg
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 チェコ
販売会社 日本ヒルズ・コルゲート株式会社

当サイトのサイエンスダイエット(猫用)の総合評価はBランクです。

炭水化物が多いことや動物性油脂の内容が不明瞭なことが気になるサイエンスダイエットですが、グレインフリーフードより価格が安いという強みがあります。

たとえ品質のいい商品を購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思える商品を購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る

▼当サイトのおすすめキャットフード一覧を見る
キャットフードを徹底評価!おすすめの猫の餌を比較する【ねこらばっ!】