サイエンスダイエットプロ(猫用)の袋の表面

「猫を飼っている人なら知らない人はいない」、と言ってもいいくらいメジャーなキャットフードのサイエンスダイエット。

今回はワンランク上のシリーズであるサイエンスダイエットプロの【健康ガード 避妊・去勢】を愛猫に与えている方々の口コミ・評判を128件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとにしながら総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

目次

サイエンスダイエットプロの悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食べない・食べなくなった 24件
軟便・下痢気味になった 7件
小粒で食べづらそう 3件
便秘気味になった 2件
粒の大きさにムラがある 1件
価格が高い 1件

通販サイトで猫用サイエンスダイエットプロの【健康ガード 避妊・去勢】の口コミを調査してみたところ、「食べない・食べなくなった」、「軟便・下痢気味になった」、「小粒で食べづらそう」、「便秘気味になった」、「粒の大きさにムラがある」、「価格が高い」という悪評が見つかりました。

順番にみていきましょう。

なお、SNSの投稿では商品を特定するのが難しいため、口コミ件数からは除外した上で【健康ガード 避妊・去勢】に関わらず埋め込みしています。

食べない・食べなくなった

今回調査した全128件のうち「食べない」、「食べなくなった」という悪評が24件ありました。

一般的には人工の香料や調味料で味や香りを整えたフードの方が食いつきがいい傾向にあるため、そういったフードを食べ慣れている猫はサイエンスダイエットプロを気に入ってくれない可能性があります。

また、サイエンスダイエットプロは風味が限られているので、食にこだわりがある愛猫に初めて与える場合は300gサイズで様子を見た方がいいかもしれません。

軟便・下痢気味になった

サイエンスダイエットプロに切り替えたら軟便、下痢気味になったという悪評もあり。

原因として考えられるのは、餌の急な切り替え食物アレルギーです。

急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、サイエンスダイエットプロに慣れるまで一時的に便が緩くなる可能性があります。

 

また、サイエンスダイエットプロには食物アレルギーの原因になりやすい小麦グルテンが使われています。

もし愛猫が小麦グルテンが含まれたフードを食べて消化不良を起こすようならサイエンスダイエットプロは避け、グルテンフリーフードかグレイン(穀物)フリーフードへの切り替えをおすすめします。

小粒で食べづらそう

そのほかには、「小粒で食べづらそう」という悪評も見かけました。

小柄な猫や口内トラブルで固形物が食べづらい猫にとってはプラス要素と言えますが、メインクーンやラグドールなどの大型種にとっては物足りないかもしれません。

粒の大きさの好みは猫それぞれなので、もし愛猫が小粒なフードが苦手な場合は慎重に購入を検討した方がいいでしょう。

便秘気味になった

「サイエンスダイエットプロ(避妊・去勢)に切り替えたら便秘気味になった」、という悪評も。

成分表を見る限りでは繊維質は8.2%と豊富に含まれているため、便が緩くなることはあっても便秘気味になるのは考えづらいのですが、食物繊維を補うために使われているビートパルプが原因で固めの便をする可能性はあります。

ビートパルプに含まれている不溶性食物繊維は便を固める作用があり、過剰に摂取すると便をお腹の中で固めすぎて便秘の原因になってしまいます。

こういった事情もあり、固めの便をする愛猫に配慮してフードの切り替えを検討しているならそれ以外の原材料で繊維質を補っているフードを選んだ方が無難です。

粒の大きさにムラがある

中には、「粒の大きさにムラがある」という悪評もありました。

サイエンスダイエットプロは製造方法の関係で、ロットによって粒の大きさが違います。

通販サイトでは「前に買った商品は食べたのに今回の商品は粒が大きくて食べない」・・・といったレビューも見かけたので、フードの形状にこだわりがある愛猫用としてはあまりおすすめできません。

価格が高い

「サイエンスダイエットプロは価格が高い」、という悪評もあり。

これはサイエンスダイエットプロに限らず、プレミアムフード全般でよく見かける悪評ですね。

サイエンスダイエットプロにはガンやアレルギーの原因になる人工添加物は使われていませんし、成分バランスもしっかりと調整されています。

 

また、ワンランク上のシリーズということもあり、通常のサイエンスダイエットよりも少し価格が高くなっています。

高品質なフードを食べさせたいからといって継続できなければ意味がないので、プレミアムフードを購入する時には現実的に継続できる価格かどうかまで考えておくことをおすすめします。

▼サイエンスダイエットプロの最安値をチェックする
公式・楽天・Amazonで販売価格を調査!

サイエンスダイエットプロの良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 57件
便の状態が良くなった 6件
小粒で食べやすそう 6件
信頼できるブランド 4件
理想体重に近づいた 4件
吐く回数が減った 3件
成分バランスがいい 3件
お手頃な価格 3件
毛並み・毛艶が良くなった 3件
安心できる原材料 1件

良い口コミに関しては上記のような意見でした。

順番にみていきましょう。

食いつきがいい

良い口コミで一番多かったのが、「食いつきがいい」という評判です。

食べない・食べなくなったという悪評との比率を踏まえると、サイエンスダイエットプロの嗜好性は良くも悪くもない平均レベルと捉えられます。

便の状態が良くなった

“サイエンスダイエットプロに切り替えてから便の状態が良くなった”、という評判もあり。

便の状態が良くなる理由としてまず考えられるのは、穀物が過剰に使われていたフードからの切り替えです。

穀物は食物アレルギーの原因になりやすいことに加えて、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手という問題もあります。

また、軟便気味の猫にとってはビートパルプの配合量がちょうどよく、固すぎず柔らかすぎない便をするようになった可能性も考えられます。

小粒で食べやすそう

小粒で食べにくそうという悪評の一方で、小粒で食べやすそうという評判も。

結局は愛猫の好みや飼い主の判断によって意見が分かれる要素なので、粒の大きさに関する口コミはあまり当てにならないと思っておいた方がよさそうですね。

信頼できるブランド

この投稿をInstagramで見る

モコちゃんコトちゃんちのマイさんがオススメしていたフード、サイエンスダイエットPRO 猫用健康ガード 避妊・去勢 避妊・去勢後を我が家も購入してみました😸✨ 猫用のおもちゃとフードを入れるかわいい袋も付いていて嬉しい💕 フードが入っていた箱も気に入っていて、ギュウギュウに見えるけどミュウが何回も飛び込んでました😁😹 ご飯をお酒に入れると早速二匹並んで食べてくれました❤️ ミュウは少々太り気味かなあと思うのでヘルシーで健康にも良いご飯に切り替えれたら私も嬉しい😆✨✨ #ヒルズペット部 #応募用 #ヒルズ #サイエンスダイエットプロ #サイエンスダイエットPRO #避妊去勢後猫用ヘルシーキット #クルミン #メインクーン #メインクーン部 #ミュウ #ラグドール #ラグドール部 #ねこすたぐらむ #にゃんすたぐらむ #猫 #ねこ部

nenemin(@kurminv3v)がシェアした投稿 –

SNSや通販サイトで口コミを調査してみると、「サイエンスダイエット」というブランドに絶大な信頼を寄せている方も多かったです。

やはり多くのペットショップやホームセンター、そして動物病院で取り扱っているメジャーな商品ということもあり、獣医師や猫友に勧められたのをキッカケにサイエンスダイエットプロを愛猫に与えている方々が目立ちました。

また、サイエンスダイエットよりもワンランク上のフードに切り替えたいと考えて、サイエンスダイエットプロに切り替えた方のレビューも確認できました。

理想体重に近づいた

「避妊・去勢を与え続けた結果、理想体重に近づいた」という評判も見つかりました。

【健康ガード 避妊・去勢】は100gあたりのカロリーが約341kcalまで抑えられており、脂質も12%と控えめです。

また、繊維質を多く配合することで満腹感を得られやすく、ホルモンバランスが変わって太りやすくなる避妊・去勢後の猫にはピッタリの成分バランスと言えます。

吐く回数が減った

サイエンスダイエットプロに切り替えて吐き戻しが減る理由は、便の状態が良くなる理由と同じです。

サイエンスダイエットプロは食物アレルギーに配慮したフードではありませんが、愛猫が小麦グルテンや穀物全般にアレルギーがないなら選択肢に入れてもいいでしょう。

成分バランスがいい

この投稿をInstagramで見る

待ちきれずに食べ始めるムギ。今回はヒルズのサイエンスダイエットプロ。災害時にアルモネイチャーやハッピーキャットは食べられないだろうから、こういうのも食べ慣れておかないと。タンパク質33%の420kcal、タウリンやオメガ脂肪酸がたっぷりだな。 #猫 #ねこ #ネコ #cat #catfood #catstagram #ニャンスタグラム #にゃんすたぐらむ #猫好きさんと繋がりたい #キジトラ #雑種猫 #むぎ #麦 #キャットフード #キャットフードのスペックヲタ #プレミアムフード #デジタル一眼レフ #nikond40 #ヒルズ #サイエンスダイエットプロ #sciencediet

Motoki Watanabe(@wmotoki)がシェアした投稿 –

理想体重に近づいたという評判にも繋がりますが、「成分バランスがいい」というレビューもあり。

【健康ガード 避妊・去勢】は脂質とカロリーだけでなく、下部尿路の健康維持に配慮してミネラルバランスもしっかりと調整されています。

また、サイエンスダイエットプロは猫の年齢や体質に合わせた8種類の商品を取り揃えており、愛猫の状態に合わせて商品を選べるのも強みと言えますね。

お手頃な価格

サイエンスダイエットプロはお手頃な価格で買いやすい、という評判もありました。

サイエンスダイエットプロはグレインフリー(穀物不使用)の商品ではないですが、グレインフリーフードと比べると価格は安いです。

また、同じ価格帯の商品の中にはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤が使われているものもあり、品質と価格のバランスを考慮した結果サイエンスダイエットプロを与えているという方も見られました。

毛並み・毛艶が良くなった

そのほかには、「毛並み・毛艶が良くなった」という評判も。

この理由として考えられるのは、サイエンスダイエットプロには皮膚・被毛の健康維持に関わるオメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸がしっかりと含まれていることです。

キャットフードの中にはどちらか一方だけが多めに含まれているものもありますが、皮膚・被毛の健康維持には両方をバランスよく摂り入れることが大切なんですよ。

安心できる原材料

この投稿をInstagramで見る

ヒルズのサイエンスダイエットプロ。値段的にもロイヤルカナンの対抗本命と思ったけど、うちの子は食べないっていう()。匂いもいいんだけどなあ。 タンパク質31%に404kcal、リンゴ、ニンジン、ブロッコリー、クランベリーなんかも入っていて良さげ。もうちょい粘ってみるかな。 #猫#ねこ#ネコ#にゃんこ#cat#catstagram #にゃんすたぐらむ#ニャンスタグラム#猫好きさんと繋がりたい #キャットフード#プレミアムフード#猫飯#ヒルズ#サイエンスダイエット#サイエンスダイエットプロ#ロイヤルカナン

Motoki Watanabe(@wmotoki)がシェアした投稿 –

「サイエンスダイエットプロには安心できる原材料が使われている」、という評判も見つかりました。

安価なフードや一部のプレミアムキャットフードの中には、フードの酸化を防ぐためにガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤を使っている商品があります。

また、安価な市販のフードには青色●号、赤色●号といった人工の着色料を使って色味を付けていますが、これらの人工添加物はガンやアレルギーを起こす原因になります。

定められた最大基準を超えないよう使われているでしょうが、私たち人間よりも体が小さな猫が長期的に食べ続けて悪影響が出ないという保証はありません。

 

そもそも、猫は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないため、猫目線で考えればドライフードの粒に色味をつける意味がないです。

危険性のある着色料を使ってまで色味をつけるのは飼い主の目を惹くための戦略なので、安全性のある餌を食べさせたいと考えている場合は着色料が使われた商品を選ぶのは避けてください。

▼サイエンスダイエットプロの最安値をチェックする
公式・楽天・Amazonで販売価格を調査!

サイエンスダイエットプロ(猫用)の種類

猫用サイエンスダイエットプロの種類をざっくりと分けると、子猫用・成猫用・シニア猫用の3ステージに分けた商品が販売されていることになり、成猫用は猫の体質や運動量にあわせた4種類の商品を、シニア猫用は3種類の商品を取り揃えています。

【避妊・去勢】、【便通・毛玉】といった分かりやすい商品名が付けられているので、どれを選べばいいのか分からないと迷ってしまうことはないでしょう。

【健康ガード 発育】~12ヶ月/妊娠・授乳期用

第一原材料 チキン
穀物 小麦グルテン、玄米、オート麦、小麦、大麦、オート麦ファイバー
100gあたりのカロリー 418kcal
対象年齢 離乳~12ヶ月頃まで/妊娠・授乳期の母猫
内容量 300g/1.5kg/3kg

「【健康ガード 発育】~12ヶ月/妊娠・授乳期用」は、たくさんの栄養が必要な子猫や母猫に配慮して高タンパク・高脂質・高カロリーになっています。

【健康ガード 活力】1~6歳

第一原材料 小麦
穀物 小麦コーングルテン、玄米、オート麦ファイバー
100gあたりのカロリー 402kcal
対象年齢 1歳以上
内容量 1.5kg/3kg

「【健康ガード 活力】1~6歳」は、【健康ガード 発育】に比べるとややタンパク質・脂質・カロリーが控えめです。

とは言え、一般的な成猫用のドライフードと比較すると脂質とカロリーは高く、運動量が多くて活発な猫向けの成分バランスと言えます。

【健康ガード アクティブシニア】7歳からずっと

第一原材料 玄米
穀物 玄米、コーングルテン、オート麦、小麦
100gあたりのカロリー 387kcal
対象年齢 7歳頃から
内容量 300g/1.5kg

「【健康ガード アクティブシニア】7歳からずっと」は、【健康ガード 活力】よりも脂質とカロリーが控えめに調整されています。

歳を取ると運動量が落ちて消費カロリーが減るので、商品名の通り7歳を目安にシニア用フードの切り替えを検討するといいでしょう。

【健康ガード 避妊・去勢】避妊・去勢後~

第一原材料
穀物 米、コーングルテン小麦グルテン小麦、オート麦ファイバー
100gあたりのカロリー 341kcal
対象年齢 生後6ヶ月以上(避妊・去勢後)
内容量 300g/1.5kg/3kg

「【健康ガード 避妊・去勢】避妊・去勢後~」は、ホルモンバランスが変わって太りやすくなる傾向がある避妊・去勢後の猫向けに、脂質とカロリーが控えめになっています。

また、体脂肪以外の筋肉や骨・血液などの重量の減少を防ぐためか、タンパク質量が一番多くなっているのも特徴です。

【健康ガード 便通・毛玉】1~6歳

第一原材料 小麦
穀物 小麦、コーングルテン、小麦グルテン
100gあたりのカロリー 367kcal
対象年齢 1歳以上
内容量 1.5kg/3kg

「【健康ガード 便通・毛玉】1~6歳」は、便・毛玉の排出をサポートするために繊維質が豊富に含まれています。

【健康ガード 便通・毛玉】7歳~

第一原材料 小麦
穀物 小麦、コーングルテン、小麦グルテン、米、オート麦ファイバー
100gあたりのカロリー 367kcal
対象年齢 7歳頃から
内容量 1.5kg/3kg

「【健康ガード 便通・毛玉】7歳~」は、1~6歳と比べて極端に成分バランスが違っているわけではありません。

ただ、7歳以上のシニア猫の下部尿路の健康維持に配慮してミネラルバランスが調整されているため、特にこだわりがなければ愛猫の年齢に合わせて1~6歳か7歳~のどちらかを選べば問題ありません。

【健康ガード 体重管理】1~6歳

第一原材料 コーングルテン
穀物 コーングルテン、小麦、米、小麦グルテン
100gあたりのカロリー 318kcal
対象年齢 1歳以上
内容量 1.5kg/3kg

「【健康ガード 体重管理】1~6歳」は、【避妊・去勢】以上に脂質とカロリーが控えめになっています。

そのため、愛猫の体重を維持したい場合は【避妊・去勢】を選び、明らかに肥満でダイエットが必要な猫には体重管理を選ぶといいでしょう。

【健康ガード 腎臓・心臓】7歳~

第一原材料 小麦
穀物 小麦、コーングルテン、米、オート麦ファイバー
100gあたりのカロリー 401kcal
対象年齢 7歳頃から
内容量 1.5kg/3kg

「【健康ガード 腎臓・心臓】7歳~」は、7歳以上のシニア猫の腎臓・心臓の健康維持に配慮して、タンパク質やミネラルバランスが調整されています。

ただ、あくまで健康なシニア猫向けに成分バランスが調整された総合栄養食であって、腎不全の猫向け療法食ではないということに注意してください。

もし療法食の食いつきが悪くて【健康ガード 腎臓・心臓】を混ぜ込んでみようと考えている場合には、必ず事前にかかりつけの獣医師に相談するようにしましょう。

サイエンスダイエットプロ(猫用)の原材料の評価

ここからは猫用サイエンスダイエットプロの人気商品、【健康ガード 避妊・去勢】の原材料を評価していきます!

原材料一覧を見る
サイエンスダイエットプロ(猫用)の原材料一覧
※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物は赤色で記載

穀物や品質(内容)が不明瞭な原材料あり

【健康ガード 避妊・去勢】の原材料一覧に目を通してみると、穀物がかなり使われていることが分かります。

主原料に使われている米は食物アレルギーの原因になりにくい穀物ではあるものの、コーングルテンや小麦グルテン、小麦は猫の食物アレルギーになりやすいです。

また、動物性油脂は具体的に何の動物の脂肪が使われているか分かりませんし、動物性油脂に酸化防止剤を使っていても原材料に表記する必要はなく、酸化を防ぐためにガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤が大量に使われている可能性があることも不安な要素。

具体的な原材料や製造方法の詳細はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるのかという問題になってきます。

サイエンスダイエットプロ(猫用)の成分の評価

原材料の次は、猫用サイエンスダイエットプロ【健康ガード 避妊・去勢】の成分を評価していきます。

成分表を見る
サイエンスダイエットプロ(猫用)の成分表

脂質・カロリー控えめでミネラルバランスは理想的

サイエンスダイエットプロの【健康ガード 避妊・去勢】は、ホルモンバランスが変わって太りやすくなる傾向のある避妊・去勢後の猫向けに、脂質とカロリーが控えめに調整されています。

また、下部尿路の健康維持に配慮してミネラルバランスが調整されているのも特徴の一つ。

尿路結石ができにくいミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」と考えられていますが、サイエンスダイエットプロの3つのミネラルの比率は「1:0.8:0.09」と、ほぼ理想的なバランスになっています。

 

ただ、第一原材料と第二原材料に穀物が使われていることを踏まえると、植物性タンパク質の割合がかなり多いと予想できます。

肉食動物の猫が健康な体を維持するには良質な動物性タンパク質をたっぷりと摂り入れることが大切なので、サイエンスダイエットプロは肉食動物の猫本来の食事とはかけ離れたキャットフードと言えますね。

▼サイエンスダイエットプロの最安値をチェックする
公式・楽天・Amazonで販売価格を調査!

サイエンスダイエットとプロの違い

サイエンスダイエットとサイエンスダイエットプロの違いについてですが、原材料の割合や成分バランスに差があり、サイエンスダイエットプロはワンランク上の商品という位置づけになっています。

ただ、サイエンスダイエットプロには肉原材料が主原料に使われていないので、特にこだわりがないならサイエンスダイエットをおすすめします。

肉食動物の猫が健康な体を維持するためには、良質な動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることが大切ですからね。

▼サイエンスダイエットの詳しい解説はこちら
サイエンスダイエット(猫用)の口コミ・評判|キャットフード徹底評価

サイエンスダイエットプロの給餌量

サイエンスダイエットプロ(猫用)の給餌量

【健康ガード 避妊・去勢】の給餌量は表の通りですが、実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってきます。

そのため、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

なお、生後6ヶ月未満の子猫には【健康ガード 発育】を与えるべきですが、成長期の子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間はあまり神経質になりすぎずに欲しがるだけ食べさせて大丈夫です。

また、シニア猫に【健康ガード 避妊・去勢】を与える場合には、成猫の給餌量から1~2割減らしたくらいの量を目安にしてみてください。

サイエンスダイエットプロ(猫用)の総合評価

項目 得点
原材料 ★★☆☆☆
成分 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
食いつき ★★★☆☆
コスパ ★★★★☆
総合評価 ★★★☆☆
(3.4点)

まず、原材料の評価はグレインフリー・グルテンフリーではないことと、穀物が主原料に使われていることを踏まえて2点としました。

成分の項目は【健康ガード 避妊・去勢】の成分をもとに評価しており、ミネラルバランスはしっかりと調整されている反面、植物性タンパク質の割合が多いと考えられることから辛口に1点減点しています。

また、安全性の評価に関しても”動物性油脂”に人工の酸化防止剤が使われている可能性を考慮して1点減点しました!

 

食いつきの評価は、口コミの比率をもとに平均点の3点としています。

そして、コスパの評価は100gあたり約120円と比較的お手頃な価格で販売されていることを踏まえて4点としました。

公式・楽天・Amazonで販売価格を調査!

サイズ 公式 楽天 Amazon
300g 437円 533円
1.5kg 1,800円 2,372円
3kg 3,044円 3,056円

公式サイトと楽天市場、Amazonで猫用サイエンスダイエットプロの【健康ガード 避妊・去勢】の価格を調査してみたところ、公式サイトでは販売されておらず楽天が最安値という結果になりました。
(※サイエンスダイエットプロは2019年3月に値上げされ、それまでよりも2割ほど高くなりました)

ただし、Amazonでは定期おトク便が導入されており、定期おトク便で注文すると10~15%割引された価格で購入できます。

また、Amazonは2,000円以上の購入で送料無料になるので、継続購入するならAmazonの定期おトク便を利用するのがいいでしょう。

もしどうしても実物を確認してから購入したいというこだわりがあるなら、公式サイトの取扱店検索ページで最寄りの取扱店を探してみてください。
取り扱いペットショップを検索

 

穀物の割合が多いことや一部の原材料の品質が不明瞭という不安要素もあるサイエンスダイエットプロですが、グレインフリーフードよりは安くて継続購入しやすいというメリットもあります。

たとえ品質のいい商品を購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思える商品を購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る