ソリッドゴールド(猫用)のパッケージ画像

株式会社ケイエムテイが販売しているアメリカ産プレミアムフードのソリッドゴールド。

今回はそんなソリッドゴールドを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を112件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ソリッドゴールド(猫用)の悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食べない・食べなくなった 13件
値段が高い 6件
吐く回数が増えた 3件
軟便・下痢気味になった 3件

楽天市場とAmazon、SNSで猫用ソリッドゴールドの口コミを調査してみたところ、「食べない・食べなくなった」、「値段が高い」、「吐く回数が増えた」、「軟便・下痢気味になった」といった内容の悪評を確認できました。

順番に見ていきましょう。

食べない・食べなくなった

悪い口コミで一番多かったのが「食べない」、「食べなくなった」といったような食いつきの悪さを指摘するレビューです。

食いつきのよさを評価する口コミに比べれば件数は少ないですが、【どんな猫でも絶対に気に入る嗜好性の高いフードはまずありえない】というのも事実です。

それと、ソリッドゴールドのドライフードは風味の種類が限定されており、食の好みに合わせにくいこともデメリットと言えます。

値段が高い

次に多かったのは、「ソリッドゴールドは値段が高い」という悪評でした。

ソリッドゴールドには猫の消化不良の原因になりにくい原材料が使われているだけなく、危険性のある人工添加物が一切使われていないこともあり、安さ重視の激安フードと比較するとかなり高いと感じるかもしれません。

いくら品質のいいフードを愛猫に食べさせたいからといって、継続して与えることができなければあまり意味がないので、無理なく買い続けることができる値段かどうかという点まで考えてから購入することをおすすめします。

吐く回数が増えた

そのほかには、「ソリッドゴールドに切り替えたら吐く回数が増えた」という悪評も見つかりました。

吐く回数が増える原因として考えられるのは、餌の急な切り替え食物アレルギーです。

まず、餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、ソリッドゴールドに慣れるまで一時的に吐き戻しが増える可能性はあります。

次の食物アレルギーに関してですが、ソリッドゴールドは猫の食物アレルギーの原因になりにくいグルテンフリー・グレインフリーのレシピを採用しているものの、猫によっては特定の肉類やイモ類・豆類がアレルギーの原因になることもあります。

軟便・下痢気味になった

ソリッドゴールドに切り替えて軟便・下痢気味になるのも、吐く回数が増える理由と同じです。

餌の切り替えが急すぎると消化不良の原因を特定しづらくなってしまうので、1週間から10日はかけてゆっくりと餌を切り替えることをおすすめします。

食物アレルギーが原因で消化不良を起こしている場合には、グルテンフリーの商品がダメなら次はグレインフリーの商品を試し、それでもダメなら今度は肉類の種類が限定されたフードを・・・といったように、地道にアレルギーの原因を特定していくしかありません。

ソリッドゴールド(猫用)の良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 46件
原材料に安心感がある 14件
お手頃な値段 12件
便の状態が良くなった 7件
皮膚・被毛の状態が良くなった 5件
吐く回数が減った 3件

良い口コミに関しては「食いつきがいい」、「原材料に安心感がある」、「お手頃な値段」、「便の状態が良くなった」、「皮膚・被毛の状態が良くなった」、「吐く回数が減った」といった内容の評判が見つかりました。

食いつきがいい

今回調査した口コミで一番多かったのが、食いつきのよさを評価する口コミでした!

食いつきの悪さを指摘する悪評が13件、食いつきがいいという口コミが46件という比率を踏まえても、ソリッドゴールドの嗜好性は一般的なキャットフードよりもワンランク上と捉えてよさそうです。

ソリッドゴールドには人工の香料・着色料が使われていないのに、これだけ食いつきがいいという評判が多いのは、天然由来の肉原材料そのものの香りでしっかりと嗜好性が高められている証拠と言えるでしょう。

原材料に安心感がある

次に多かったのは、「ソリッドゴールドは原材料に安心感がある」といった内容の評判です。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、ソリッドゴールドは安全性を優先してそれらの人工添加物を使っていません。

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はないです。

猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないソリッドゴールドは、人間目線ではなく猫目線で作られたナチュラルフードと捉えることができますね。

お手頃な値段

そのほかには「お手頃な値段で販売されている」、「コスパがいい」といった評判も確認できました。

ソリッドゴールドからは穀物が一切使われていないグレインフリーのドライフードが販売されていますが、100gあたりの値段は約180円と購入しやすい価格帯に収まっています。

これに対して、2倍近くの値段で販売されているプレミアムフードも珍しくありません。

当然、販売価格が高くなればなるほど製造工程にひと手間かけたり、肉原材料の割合が増えたりといった傾向はありますが、【品質と価格のバランスが取れたフードを与えたい】と考えている方にとっては、ソリッドゴールドは有力候補の一つになるでしょう。

便の状態が良くなった

調査した口コミの中には「軟便が解消された」、「便秘が解消された」といった内容の評判も見つかりました。

悪い口コミの項目でも説明した通り、ソリッドゴールドには猫の消化不良の原因になりにくい原材料が使われているので、穀物が過剰に使われたフードから切り替えるだけで飼い主にも分かるくらい便の状態が変化する可能性はあります。

また、ソリッドゴールドのドライフードには繊維質も適度に配合されているため、便秘気味の愛猫の毎日のスッキリをサポートしたいという場合にもおすすめです。

皮膚・被毛の状態が良くなった

「ソリッドゴールドに切り替えたら皮膚の状態が良くなった」、「ソリッドゴールドを食べるようになってから毛並みがフワフワになった」という評判もあり。

食物アレルギーは下痢や嘔吐といった消化不良だけでなく、猫によっては皮膚炎を起こすこともあるため、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫に配慮されたソリッドゴールドに切り替えることで皮膚炎がおさまる可能性はあります。

 

次の被毛の状態が変化した理由として考えられるのは、ソリッドゴールドには皮膚・被毛の健康維持をサポートするオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がしっかりと含まれていることです。

参考までに、”インディゴムーン”の2つの脂肪酸の数値を取り上げてみると、オメガ6脂肪酸は3%、オメガ3脂肪酸は1%と掲載されています。

そして、皮膚・被毛の健康維持をサポートする理想的なバランスは「オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=5:1」と考えられており、”インディゴムーン”の比率は「3:1」と、まずまずのバランスになっています。

吐く回数が減った

ソリッドゴールドに切り替えて吐く回数が減るのも、便の状態が変化した理由と同じです。

もし穀物が使われたフードを与えている愛猫の下痢や嘔吐が気になるようなら、ソリッドゴールドのようなグルテンフリー・グレインフリーフードをお試ししてみる価値はあるでしょう。

▼ソリッドゴールドの最安値をチェックする
楽天・Amazonの取扱店・公式サイトで価格を調査

ソリッドゴールドの訴訟・リコール情報

2018年にソリッドゴールドの一部のキャットフードから有害な貴金属や科学物質が検出され、アメリカ内で訴訟問題に発展したことがありました。

訴訟問題の結果としては、キャットフードから重金属が検出されたこと自体は間違いないものの、原材料を通して自然の中に存在する微量の金属が含まれていただけで、ペットフード安全法の基準を大幅に下回る量だったとのことです。

当時ソリッドゴールドを愛猫に与えていた方々にとっては衝撃的な出来事でしたが、商品の安全性には問題ないという結果を受けてホッと胸をなで下ろしたことでしょう。

そのほかには、2012年にソリッドゴールドを製造している工場でサルモネラ菌が検出されたことにより、同一ラインで製造されていた一部のドッグフードがリコールされたことがありましたが、そのほかには特にリコール情報は見当たりませんでした。

キャットフード「ソリッドゴールド」の種類

タイプ 商品名
ドライ インドアキャット
フィット アズア フィドル
インディゴムーン
カッツフランケン
ウェット
(パウチ)
ツナ&ココナッツミルク
ビーフ&ココナッツミルク
チキン&ココナッツミルク
サーモン&ココナッツミルク
ウェット
(缶詰)
イワシ&ツナ
タイ&ツナ
サバ&ツナ
ブレンド ツナ

ソリッドゴールドからは現在、4種類のドライフードと4種類のパウチタイプのウェットフード、そして4種類の缶詰タイプのウェットフードが製造・販売されています。

どれに関しても毎日の主食として与えることができる総合栄養食ですが、ドライフードの”インドアキャット”と”フィット アズア フィドル”は成猫向けに成分バランスが調整された商品ということに注意してください。

そのほかの商品に関しては、子猫にもシニア猫にも与えることができます。

ソリッドゴールドの原材料から安全性を評価

原材料一覧
ドライチキン・ポテト・カノラオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・えんどう豆・チキン・乾燥卵・ドライオーシャンフィッシュ・天然風味料・ニンジン・塩化コリン・パンプキン・サーモンオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・ビタミン類(ビタミンE・L-アスコルビル-2-ポリリン酸(ビタミンC源)・ナイアシン・パントテン酸カルシウム・リボフラビン・ピリドキシン塩酸塩・チアミン硝酸塩・ビタミンA・ビタミンB12・ビタミンD3・ビオチン・葉酸)・タウリン・ミネラル類(硫酸亜鉛・硫酸第一鉄・硫酸銅・硫酸マンガン・キレート亜鉛・キレートマンガン・キレート銅・亜セレン酸ナトリウム・ヨウ化カルシウム)・ブルーベリー・クランベリー・DLメチオニン・塩化カリウム・乾燥チコリ根・ローズマリーエキス・ラクトバチルスアシドフィルス・エンテロコッカスフェシウム・ラクトバチルスカゼイ

ここからは、”インディゴムーン”の原材料をもとにしてソリッドゴールドの安全性を評価していきます!

安全性と食物アレルギーに配慮されたフード

口コミの項目でも説明した通り、ソリッドゴールドにはガンやアレルギーの原因になる人工添加物が一切使われていません。

また、”インディゴムーン”は穀物が一切使われていないグレインフリーフードなので、穀物全般にアレルギーのある猫にも安心して与えることができます。

それだけでなく、鶏肉と魚肉以外の肉類が使われていないことから、牛肉や豚肉にアレルギーのある猫にも対応できることも強みです。

 

原材料に関して気になる点を挙げるとすれば、肉原材料の割合が記載されておらず、第二原材料に炭水化物が多いポテトと記載されていることです。

グレインフリーフードの中ではかなりお手頃な価格で販売されていることを踏まえると、肉原材料の割合は飛び抜けて多くはないだろうと予想できますね。

▼ソリッドゴールドの最安値をチェックする
楽天・Amazonの取扱店・公式サイトで価格を調査

ソリッドゴールド(猫用)の成分の評価

成分表
粗タンパク質 42.0%以上
粗脂肪 20.0%以上
粗繊維 3.0%以下
粗灰分 8.0%以下
水分 10.0%以下
オメガ6脂肪酸 3.0%以上
オメガ3脂肪酸 1.0%以上
カルシウム 1.5%
リン 1.0%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.3%
カロリー
(100gあたり)
398.5kcal

原材料の次は、猫用ソリッドゴールドの成分を評価していきます。
(※表は”インディゴムーン”の成分値です)

子猫向きの高タンパク・高カロリーなフード

“インディゴムーン”のタンパク質は42%、脂質は20%、100gあたりのカロリーは398.5kcalと、高タンパク・高脂質・高カロリーになっています。

こういった成分バランス上、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫や、運動量が多くて活発な成猫の主食としてぴったりです。

また、少量で必要なエネルギーを摂り入れやすい高カロリーなフードは、食が細くてたくさんの量が食べられない猫にもおすすめできます。

 

その逆に、運動量が控えめで消費カロリーが少ない成猫や、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい肥満気味の猫用としておすすめできませんが、ソリッドゴールドからは脂質とカロリーが控えめなキャットフードも販売されています。

具体的には”インドアキャット”の脂質は16%、100gあたりのカロリーは370kcal、”カッツフランケン”の脂質は12%、100gあたりのカロリーは352.5kcal、”フィット アズア フィドル”の脂質は9%、100gあたりのカロリーは311kcalと、段階的に脂質とカロリーが控えめになっています。

そのため、愛猫の運動量や食事量に合わせてドライフードを選びやすいです。

カルシウム・リン・マグネシウムのバランス

“インディゴムーン”のカルシウムは1.5%、リンは1.0%、マグネシウムは0.09%と掲載されています。

尿路結石ができにくいミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」と考えられており、”インディゴムーン”は「1:0.7:0.06」と理想的なバランスに近いです。

カルシウムに対してマグネシウムが控えめになっていることを踏まえると、ソリッドゴールドはストルバイト結石のリスクに配慮されたキャットフードと捉えることができますね。

腎臓にトラブルのあるシニア猫向けではない

もしかしたら食に敏感でお腹が弱いだけでなく、腎臓にトラブルのあるシニア猫にソリッドゴールドを与えたいと考えている方もいるかもしれませんが、ソリッドゴールドは健康な猫向けに作られた総合栄養食であって療法食ではありません。

腎臓機能が低下すると余分なリンが体外に排出されにくくなってしまい、身体に溜まったリンが腎臓を傷つけて腎臓病を悪化させてしまうという問題があるため、腎臓にトラブルのある猫向けドライフードはリン含有量が0.3~0.6%程度まで制限されています。

それに対して、ソリッドゴールドのドライフードのリン含有量は一番低い”フィット アズア フィドル”でも0.9%と多すぎます。

 

また、腎臓病が進行するにつれてタンパク質を段階的に制限しなければならない、という問題もあります。

もし療法食の食いつきが悪くてソリッドゴールドを混ぜ込んでみようと考えている場合には、必ず事前にかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

キャットフード「ソリッドゴールド」の総合評価

項目 得点
原材料 ★★★★☆
成分 ★★★★★
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆
(4.2点)

ソリッドゴールドはグルテンフリー・グレインフリーのレシピを採用しているものの、肉原材料の割合は飛び抜けて多くはないと予想できるため、原材料の評価は少し辛口に4点としました。

ただ、猫の体質や運動量に合わせたキャットフードを製造・販売していることを評価して、成分の項目は文句なしの満点です!

安全性の項目に関しても、ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が一切使われていないことを踏まえて満点としています。

そして、食いつきの評価は調査した口コミの比率をもとに4点とし、コスパの評価は100gあたり約180円という価格を考慮して平均点の3点としました。

楽天・Amazonの取扱店・公式サイトで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
500g 1,100円
1kg 2,000円
2kg 3,600円
6kg 9,600円

公式サイトと楽天市場、Amazonでソリッドゴールドの”インディゴムーン”の価格を調査してみたところ、公式サイトでは販売されておらず、楽天とAmazonでは同じ価格で販売されていました!
(※公式サイトには定価だけが掲載されており、公式サイトで直接購入することはできません)

ソリッドゴールドは取扱店が少ないプレミアムフードなので、お試し購入するなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがおすすめです。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、まとめ買いで送料無料になる販売店もありますからね。

ただ、「どうしても店舗で実物を確認してから購入したい」というこだわりがあるなら、総輸入代理店のケイエムテイ公式サイトの取扱店検索ページで最寄りの取扱店を探してみてください。
ソリッドゴールド 取扱店舗一覧|株式会社ケイエムテイ

 

ガンやアレルギーの原因になる人工添加物が一切使われていないだけでなく、猫の消化不良の原因になりにくい原材料が使われているのにも関わらず、比較的お手頃な価格で販売されているソリッドゴールド。

「愛猫に品質と価格のバランスが取れたコスパのいいフードを与えたい」と考えているなら、ぜひ一度お試ししてみてください。

Amazonで見る

楽天市場で見る