ネットの検索窓に”キャットフード おすすめ”、”キャットフード ランキング”と打ち込んでみると、必ずと言っていいほどカナガンやモグニャン、ジャガーといったプレミアムフードがランキング上位に掲載されているサイトが見つかります。

でも、「カナガンのステマサイトに騙された」「モグニャンのレビューはステマだらけ」といった酷評も少なくなく、「それじゃあ本当に良いキャットフードは何なの?」と困惑してしまいますよね。

この記事ではステマという声が多いキャットフードの悪評の具体的な内容と共通点、ステマサイトのレビューの特徴を解説していくので、愛猫にとって本当に良いキャットフード選びの参考になれば幸いです。

ステマという悪評が多かったのはカナガン

ランキングサイトやレビューブログではべた褒めされていることが多いカナガンですが、Amazonのレビューや知恵袋、2chではアフィリエイト報酬目的のステマサイトばかりという悪評が目立ちます。

そして、悪評の1件1件に目を通してみると・・・

  • アフィリエイトサイトに騙されて購入したものの、うちの猫は全然食べない
  • 何を食べても大丈夫だった猫が下痢や嘔吐をするようになり、血便が出て病院へ連れて行った
  • 餌を切り替える前の毛並みはツヤツヤだったのに、カナガンに切り替えてから一気にボサボサになった

といったような散々な内容でした。

 

また、「仮に品質が良いフードでも似たりよったりの内容が書かれたステマサイトを見ると買う気が無くなる」、といった悪評も。

確かに、ネット上にはステマと思われても仕方がないようなサイトが乱立しています。

そのほかには、「カナガンを解約しようとしたらモグニャンのお試しを促されてしつこい」・・・という悪評も見られました。

▼カナガンの詳しい解説はこちら
カナガンキャットフードの口コミ・評判|Amazon・楽天で販売価格も徹底調査!

ジャガーもステマをしているという悪評あり

ジャガーに関しても、”ステマ”というネガティブなレビューが見られました。

悪評の内容は、

  • ランキング上位を鵜呑みにして買ったものの、家の猫には合わなかった
  • 食いつき100%というレビューを信じて買ってみたけど全く食べようとしない

といったものです。

 

この記事ではやんわりとした表現に書き換えていますが、実際にはかなり攻撃的な内容の悪評もありました。

さすがにそれはちょっと言い過ぎでしょ・・・と思えるような悪評もありますが、誇張したステマ記事を信じて購入して期待を裏切られるような結果になれば、怒りに身を任せて悪評を書き込む気持ちも分からなくはないです。

“食いつき100%”という表現は明らかに誇張ですからね。

猫は好き嫌いが激しい動物なので、どんな猫でも食いつきのいいフードなんてまずありえません。

▼ジャガーの詳しい解説はこちら
ジャガーキャットフードの口コミ・評判|お試し品はある?楽天の販売状況も調査!

モグニャンにもステマ疑惑が・・・?!

モグニャンというキャットフードに関しても、カナガンとジャガーと同じような悪評が目立ちました。

実際にモグニャンをレビューしている記事を手当り次第チェックしてみましたが、酷いレビューだと“腎臓病の猫にも与えられる”といったようなめちゃくちゃな内容が書かれています。

腎臓病の猫には腎臓の負担を抑えるために、タンパク質とリンの含有量が制限された療法食を与えるべきです。

確かにモグニャンのタンパク質とリンの数値は控えめになっているものの、それでも腎臓病の猫向けの療法食には及びません。

 

また、腎臓病の猫向け療法食は少量でも必要なエネルギーを摂取できるように高カロリーに仕上げられていますが、モグニャンはカロリーが控えめで少食の猫向けの成分バランスではないです。

猫の命を軽んじて自分さえ儲かればいいと考えている人の自己中心的なレビューを見かけると、正直に言って愛猫家としては非常に腹立たしく感じます。

▼モグニャンの詳しい解説はこちら
モグニャンキャットフードの口コミ・評判|愛猫家の評価を徹底検証!

カナガン・ジャガー・モグニャンの共通点

睨みつける猫

カナガンとジャガーとモグニャンに共通しているのは、アフィリエイトプログラムを導入しているということ。

アフィリエイトというのは自分のブログやサイトを経由して商品が購入されると、購入金額の一部が成果報酬として支払わる仕組みのことです。

そして、カナガンとジャガーとモグニャンは1袋購入されると3,000円以上もの報酬を得られます。

ちなみに、ロイヤルカナンやサイエンスダイエットといった商品も楽天市場やAmazonを通してアフィリエイトできますが、料率が低くて1袋購入されても数十円~数百円程度の報酬しか得られません・・・(苦笑)

 

こういった背景があれば、報酬が高い順にランキング付けしているサイトが目立つのも納得できるでしょう。

また、カナガンとジャガーとモグニャンのほかの共通点として、全てレティシアンという会社が販売しているキャットフードということも挙げられます。

そして、目先の利益だけを考えてランキングを作成したサイトが乱立したことが原因で、”販売会社が怪しい”といった悪評や”販売会社の対応が悪い”といった悪評にも繋がっていると考えられます。

ステマレビューに惑わされないためには

ステマという悪評が目立ちますが、実際のところはカナガンもジャガーもモグニャンも決して品質の悪いキャットフードではありません。

ですが、同じくらいの品質と価格の商品はほかにもありますし、私が愛猫と一緒にお試ししてみた限りでは別格に食いつきがいいというワケではなかったです。

キャットフードのレビューを参考にする場合には、内容にしっかりとした根拠が含まれているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

 

“獣医師監修”、”専門家が評価”と書かれている記事も見かけますが、本当に獣医師や専門家が関わっているかは分かりません。

中には明らかに猫を飼ったこともないような人が書いているだろうと思われる記事も見かけるので、怪しいレビューに惑わされないよう十分気をつけてください。

メリットしか説明していないレビューは怪しい

報酬だけが目的のサイトは、メリットだけを押し出してデメリットには触れていないケースがほとんどです。

本当に中立的な立場で商品をレビューしたいのであれば、メリットだけではなくデメリットも説明するのが当たり前ですからね。

例えば、香料や調味料が使われていないフードは香料や調味料を使って風味を整えたフードよりも食いつきが悪い傾向がありますし、鶏肉が好きな猫もいれば魚肉が好きな猫もいます。

 

また、猫の食物アレルギーの原因を穀物だけに限定しているレビューを見かけますが、実際には特定の肉原材料にアレルギーのある猫も少なくありません。

その逆に、穀物全般にアレルギーのない猫なら穀物が含まれたフードを与えても問題ないのに、半ば強引にグレインフリー(穀物不使用)フードを勧める記事も鵜呑みにしない方がいいでしょう。

それと、キャットフードの中には全年齢に対応した総合栄養食もありますが、実際には年齢によって最適な成分バランスは異なります。

それなのに【子猫から老猫全てにおすすめ】といったような内容が書かれている場合も、あまり参考にはならないと思っていいです。

オリジンもアフィリエイトを導入している

実は、オリジンジャパンが販売しているオリジンもアフィリエイトプログラムを導入しています。

そして、オリジンをランキング1位に推しているサイトもあります。

でも、「オリジンはステマだ!」という悪評は全然見かけませんよね。

 

オリジンの原材料の内容と成分バランスはジャガーと似ていますが、ここまで評価が対象的なのは単純にブランドイメージでしょうね。

また、オリジンは店鋪で取り扱うペットショップも増えてきていますし、”市販されている商品なら安心だ”という心理も働いていると思います。

▼オリジンの詳しい解説はこちら
オリジンキャットフードの口コミ・評判|種類や子猫の給餌量まで徹底解説!

まとめ

どんなに評価の高いフードがあったとしても、全ての猫に最適なフードというわけではありません。

キャットフードを選ぶにあたって一番大切なのは、愛猫にあったフードを見つけることができるかどうかです。

そのためには愛猫の食の好みや体質、その時点の状態をしっかりと把握しておく必要があります。

それと、どんなに品質がよくて食いつきがいいフードでも継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかまで考えてフードを選ぶことをおすすめします。