シンプリーキャットフードと猫1

骨抜き生サーモンを主原料に使ったグレインフリーのキャットフード「シンプリー(symply)」。

そんなシンプリーキャットフードを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を87件調査してみたところ、高評価の口コミと低評価の口コミが極端に分かれました。

また、私が愛猫と一緒にシンプリーをお試しした感想と、原材料と成分をもとにして総合的な評価もしているので、シンプリーの購入を検討しているならぜひ参考にしてみてください!

シンプリーキャットフードの悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
宣伝方法が怪しい 21件
全然食べない 15件
軟便・下痢になった 7件
価格が高い 7件
吐き戻しが増えた 5件
密封性が低い 2件

SNSとAmazonでシンプリーの口コミを調査してみたところ、「宣伝方法が怪しい」、「全然食べない」、「軟便・下痢になった」、「価格が高い」、「吐き戻しが増えた」、「密封性が低い」といった悪評が見つかりました。

宣伝方法が怪しい

今回調査した口コミで一番多かったのが”宣伝方法が怪しい”、”ステマっぽい”といった悪評でした。

ネットでシンプリーの情報を検索するとシンプリーをべた褒めしているレビューブログやランキングサイトで溢れかえっていますが、Amazonの購入者レビューを見ると辛口な評価が目立ちます。

シンプリーの原材料と成分を見る限りでは決して品質が悪いわけではありませんし、実際に愛猫と試してみても悪い商品だとは思いませんが、紹介報酬目的でいい加減なレビューをしているサイトやブログが乱立しているのも事実です。

 

おそらく、そういったサイトやブログの情報を信用してシンプリーを購入したものの期待はずれの結果になり、怒りに身を任せて辛口なレビューを書いているのだと思います。

これはシンプリーに限った話ではありませんが、紹介報酬だけを目的にしたレビューブログ、ランキングサイトは商品のメリットだけを押し出してデメリットには触れていないことがほとんどなので、いいことばかりが書かれたレビューは決して鵜呑みにしないよう気をつけてくださいね。

全然食べない

その次に多かった悪評は”日が経つにつれて食べなくなった”、”前の餌と混ぜているけどシンプリーだけ全然食べない”といた食いつきの悪さに関する悪評です。

一般的には香料や調味料で風味を整えたフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、愛猫が香料・調味料が使われていないフードを食べ慣れていない場合は餌の切り替えに苦労するかもしれません。

これは私たち人間に置き換えてみた場合、ナチュラルフードよりもジャンクフードの方が好きな人がいるのと一緒ですね。

 

また、シンプリーは魚を主原料としたレシピの1種類だけしか販売されていないため、愛猫が魚風味のフードが苦手な場合は避けた方がいいでしょう。

ちなみに、シンプリーの販売業者は鶏肉が主原料のカナガンも販売していますが、成分バランスはどちらもそれほど変わらないので、鶏肉風味のフードが好きな愛猫にはカナガンの方がおすすめ度は高いです。

カナガンキャットフードの総合評価と口コミ・評判の詳細はこちら
カナガンキャットフードの口コミ・評判|我が家の子猫の評価は上々!

軟便・下痢になった

シンプリーに切り替えたら”軟便になった”、”下痢をした”という口コミもあり。

シンプリーに切り替えて軟便になる理由として考えられるのは、食物アレルギーか急な餌の切り替えです。

猫の食物アレルギーというと穀物だけに焦点をあてている記事が目立ちますが、実際には肉原材料が原因になっていることも少なくありません。

 

食物アレルギーは食べさせてみないと分からないので、肉原材料が魚肉のみのシンプリーがダメなら次は魚肉が使われていない商品をお試し・・・といったように、地道に原因を特定していくことになります。

また、急なご飯の切り替えは消化の負担になり下痢や嘔吐に繋がるので、1週間~10日ほどかけてゆっくりご飯を切り替えることをおすすめしています。

価格が高い

シンプリーは”価格が高い”という悪評もあり。

ただ、これは高級なプレミアムキャットフードのレビューでほぼ必ずと言っていいほど見かける悪評です。

特にシンプリーはグレインフリー、ヒューマングレード(一部を除く)、猫に必要のない人工添加物不使用という3つの要素を満たしたフードなので、安さ重視の猫餌に比べて価格が高いと感じてしまうのは仕方がないことです。

いくら高品質な猫餌と言っても継続できなければ意味がないので、シンプリーをお試しする前には無理なく継続できるかどうかまで考えておくといいでしょう。

吐き戻しが増えた

そのほかには、シンプリーに切り替えたら”吐き戻しが増えた”という口コミも見かけました。

この理由として考えられるのは、軟便の項目で触れた食物アレルギーと餌の急な切り替えによる消化不良です。

餌を急に切り替えてしまうと消化不良の原因が特定しづらくなってしまうので、餌の切り替え期間には余裕を持っておきたいところですね。

密封性が低い

これはお試しした私自身も感じたことですが、シンプリーの袋は”密封性が低い”という悪評も。

このクラスのプレミアムフードの大袋には保存しやすいようにジッパーが付いていることが多いですが、シンプリーにはジッパーが付いていません。

開け口をそのままにしておくと酸化が早くなりますし、内容量が1.5kgの大袋だけしか販売されていないので、ジップロックに小分けしたりフードストッカーに移し替えて保存することを前提に購入した方がいいでしょう。

なお、シンプリーの開封前の賞味期限は製造日から約1年ほどで、開封後の賞味期限は1ヶ月程度が目安になります。

シンプリーキャットフードの良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 16件
安心できる原材料 9件
毛並み・毛艶が良くなった 3件
コスパがいい 2件

良い口コミに関しては「食いつきがいい」、「安心できる原材料」、「毛並み・毛艶が良くなった」、「コスパがいい」といった評判が見つかりました。

順番に見ていきましょう。

食いつきがいい

良い口コミで一番多かったのは、”食いつきがいい”という評判です。

シンプリーには人工の香料や調味料は使われていませんが、骨抜き生サーモンをはじめとした魚肉をたっぷりと使っており、原材料そのもの香りで嗜好性が高められています。

もしあなたの愛猫が魚風味のフードが好みなら、シンプリーを気に入ってくれる可能性は高いでしょう。

安心できる原材料

シンプリーのようなプレミアムフードを購入するにあたって食いつき以上に重要視するのは、安心・安全な原材料が使われているかどうかではないでしょうか?

市販のフードや一部のプレミアムフードの中には酸化を防ぐためにガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤が使われていたり、人工の着色料を使って色味をつけている商品があります。

それに対して、シンプリーは安全性を優先して猫の体に負担を与える危険な人工添加物を使っていません。

 

それだけでなく、ヒューマングレード(人間も食べられる品質)の原材料を使っているため、大切な愛猫に安心して与えることができます(^^)

また、以前のシンプリーには穀物が使われていましたが、レシピがリニューアルされてグレインフリー(穀物不使用)フードに変わったのも強みです。

肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手で、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫も少なくありません。

そのため、現在愛猫に穀物が使われているフードを食べさせていて下痢、嘔吐といった消化不良に悩まされているならシンプリーをお試ししてみる価値はあるでしょう。

毛並み・毛艶が良くなった

シンプリーに切り替えてから”毛並み・毛艶が良くなった”という口コミもあり。

この理由としては、シンプリーには皮膚・被毛の健康維持をサポートするオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているからでしょう。

特にシンプリーは魚肉メインのドライキャットフードということから、オメガ3脂肪酸の配合量が多くなっているのが特徴です。

コスパがいい

そのほかには、”コスパがいい”という口コミも見られました。

小麦グルテンフリーのキャットフード、肉原材料がメインに使われているものの猫の身体に負担をかける人工添加物が使われたキャットフードの中には、シンプリー以上の価格で販売されているものも少なくありません。

さすがにホームセンターやスーパーで売られている安価なキャットフードに比べれば高額にはなりますが、プレミアムフードの中ではシンプリーのコスパは決して悪くないです。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

シンプリー公式サイト

シンプリーのお試しサンプル品の配布・モニター募集状況

シンプリーキャットフードはお試しサンプル品の配布やモニター募集は行っていません。

ただ、公式サイトでは定期購入コースが導入されており、定期コースを利用すれば10~20%割引された価格でシンプリーを購入できます。

 

ちなみに、定期購入コースと聞くと「最低○回は継続しないといけない」といったイメージが強いかもしれませんが、シンプリーの定期購入コースは1回きりで解約することができますし、解約の際に解約金や違約金といった費用もかかりません。

そのため、シンプリーをお試しするなら定期コースで1袋だけ注文するのがおすすめです(^^)

我が家の子猫とシンプリーをお試し!

シンプリーキャットフードの表面

我が家の子猫のレイちゃんには鶏肉ベースのフードばかり食べさせていたので魚肉ベースのシンプリーを食べてくれるか少し心配でしたが、色々なフードを食べて欲しいという思いもありシンプリーを注文してみました!

シンプリーはイギリス産のキャットフードですが、裏面には日本語で説明が書かれている点は親切だなぁと感じました(^^)

シンプリーキャットフードの裏面

袋を開けた時の匂いは金魚の餌のような印象を受けましたが、思わず鼻をつまみたくなるほど強烈な香りではありません。

むしろ、お酒のおつまみに合うのではないかと思ったくらいです(笑)

 

いつものように10日ほどかけて餌の切り替えをしましたが、初日からシンプリーの食いつきは悪くなく、スムーズに切り替えすることができました。

実際にシンプリーを食べている動画も撮影してみたので、食いつきの参考にしてみてください。

シンプリーの粒の大きさ、形には多少バラつきがあるものの、平均すると7~8mm程度の小粒サイズです。

シンプリーキャットフードの粒(キブル)

そのため、ドライフードを食べ始めた子猫や小柄な猫にも食べやすいと思います♪

原材料と成分表をもとにシンプリーを徹底評価!

原材料
骨抜き生サーモン(31%)、サツマイモ、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、ジャガイモ、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ
成分表
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗繊維 1.50%
粗灰分 9.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 1.33%
オメガ3脂肪酸 3.89%
カルシウム 1.89%
リン 1.32%
カリウム 0.60%
マグネシウム 0.13%
ナトリウム 0.80%
代謝エネルギー
(100gあたり)
約380kcal

ここからは、シンプリーキャットフードの原材料と成分表をもとに徹底評価していきます!

魚肉が主原料のドライフード

危険性のある人工添加物が使われていないこと、ヒューマングレード(人間も食べられる品質)の原材料が使われていること、穀物が一切使われていないグレインフリーフードという3つの要素を満たしたシンプリーキャットフード。

動物性タンパク質が豊富に含まれたシンプリーは猫本来の食生活に近く、人間目線ではなく猫目線で作られた健康志向のフードと言えます。

また、シンプリーには魚肉以外の肉類が使われていないため、穀物アレルギーだけでなく鶏肉や豚肉、牛肉にアレルギーのある猫にもおすすめです(^^)

成長期の子猫に最適な成分バランス

成長期の子猫の健康的な身体作りには、良質な動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることが大切です。

シンプリーキャットフードには骨抜き生サーモン、乾燥ニシン、サーモンオイル、乾燥白身魚、生マス、サーモンスープが贅沢に使われており、動物性タンパク質の占める割合は73%以上と非常に高くなっています。

子猫用フードは粗タンパク質が32%程度、粗脂質が16%程度のものが多いですが、シンプリーの粗タンパク質は37%、粗脂質は20%とそれ以上に高タンパク&高脂質になっており、成長期の子猫向きの成分バランスということが一目瞭然です。

 

また、シンプリーキャットフードの100gあたりのカロリーは約380kcalと、一般的な成猫用キャットフードに比べてやや高カロリーに仕上げられています。

そのため、まだ一度にたくさんの餌が食べられない子猫や歳を取って食が細くなった高齢猫でも必要なエネルギーを摂り入れやすいです。

ちなみに、高タンパク&低炭水化物のフードは体脂肪も増えづらいため、給餌量さえ間違えなければ避妊・去勢後の体重維持用フードとしても問題なく食べさせられますよ(^^)

尿路結石ができにくいミネラルバランス

シンプリーのマグネシウム含有量は0.13%。

マグネシウム含有量だけ見ると多いように感じるかもしれませんが、マグネシウム含有量に合わせてカルシウムとリンの含有量がしっかりと調整されており、それぞれの比率は「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.7:0.07」となっています。

尿路結石ができにくいミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」とされていることからも、下部尿路の健康維持にしっかりと配慮されていることがわかりますね。

腎臓にトラブルがある猫向けの成分バランスではない

シンプリーは健康な猫向けに成分バランスが調整されたドライフードであって療法食ではないので、ご自身だけの判断で腎臓にトラブルがある猫にシンプリーを食べさせるのはおすすめしません。

腎臓にトラブルのある猫はタンパク質とリンの量を制限しなければいけないので、もし愛猫が腎不全の場合は腎不全の猫用の療法食を食べさせるべきですよ。

もし療法食の食いつきが悪くて他のキャットフードへの切り替えを検討しているなどの事情がある場合には、必ずかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

シンプリーキャットフードの総合評価

シンプリーキャットフードと猫2

項目 得点
原材料 ★★★★★
成分 ★★★★★
安全性 ★★★★★
食いつき ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆
(4.5点)

シンプリーキャットフードはヒューマングレード(一部を除く)、グレインフリー、猫に必要のない人工添加物不使用という3つの要素をクリアしたドライフードということで、原材料と安全性の評価は文句なしの満点です。

また、肉食動物の猫が健康な身体を維持するために必要な動物性タンパク質がたっぷりと含まれている点、下部尿路の健康維持に配慮してミネラルバランスもしっかりと調整されていることを踏まえて成分の評価も満点に!

そして、食いつきの評価はSNSと通販サイトの評判の比率、そして愛猫のレイちゃんの食いつきを参考にして平均点の3点としました。

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

シンプリー公式サイト

販売は公式サイトとAmazonだけ|楽天での取り扱いはなし

公式サイト Amazon 楽天
販売価格
(税抜)
3,960円 4,600円
送料
(税抜)
640円 無料

シンプリーキャットフードはペットショップやホームセンターで店鋪販売されておらず、通販でのみ購入することができます。

また、正規輸入代理店のレティシアン以外の販売店はなく、シンプリーを購入できるのは公式サイトかAmazonだけです。

楽天市場などの通販サイトでシンプリーが販売されていた場合は転売品ですし、Amazonにも転売業者が紛れ込んでいる可能性があるので、必ず販売業者(販売店)が正規輸入代理店の”レティシアン”になっているかどうかを確認するようにしてください。

 

転売品は利益を出すために正規品より高額で販売されていることがほとんどですし、激安価格で販売されていれば賞味期限が近かったり管理状態に不安のある商品の可能性が高いです。

なお、公式サイトとAmazonの販売価格を見ると公式サイトの方が安くなっていますが、送料込みで見ればAmazonで購入しても総額は変わりません。

ただ、公式サイトでシンプリーを注文する場合には確実に正規品を購入できるというメリットのほかに、まとめ買い割引などを利用すればAmazonよりも安く購入できるというメリットがあります。

公式サイト限定の割引情報

まず、シンプリーの通常販売価格は3,960円(税抜)となっていますが、定期購入コースで注文すると10%オフの3,564円で購入することができます!

そして、まとめ買いすればするほど割引率が上がっていき、最大割引率が20%となっています。

定期購入コースの割引率と割引後の販売価格は下記の通りです。

個数 割引率 販売価格
(税抜)
1袋 10%オフ 3,564円
2袋以上 15%オフ 3,366円
6袋以上 20%オフ 3,168円

また、3袋以上まとめ買いすると送料&代引手数料が無料になるといった特典も!

配送周期は最大13週間まで設定できるので、もし愛猫がシンプリーを気に入ってくれたらまとめて注文した方がお得に購入できますね。

 

そのほかにも、定期購入コースは2回目の配送時にフードスクープを貰えるといった特典もあります。

そのため、まずは定期コースで1袋お試し注文してみて、愛猫の食いつきや状態を確認しながら継続するか解約するかを検討するのがおすすめです(^^)

【最大20%割引】
▼お得に購入できる公式サイト▼

シンプリー公式サイト