人間でも食べられる品質の原材料を使用、猫にとって必要のない人工添加物は不使用、消化不良の原因になりにくいグルテンフリーフードという3つの要素を満たしたアメリカ産のペットフード「VeRUS(ヴェラス)」。

今回はそんなヴェラスを愛猫に食べさせている方々の口コミ・評判を調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとにして総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ヴェラスキャットフードの悪い口コミ・評判

ヴェラスキャットフードの悪い口コミ・評判は、「そのほかのキャットフードと比べると値段が高い」といった内容のレビューを確認できました。

このようなレビューが目立った理由は、ヴェラスには厳選した高品質な原材料が使われているだけでなく、消化不良の原因になりにくいグルテンフリーのレシピが採用されていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の具体的な件数は、

  • 値段が高い(3件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は楽天市場とAmazonとSNSで調査しましたが、ヴェラスは流通量の少ないペットフードということもあってか通販サイトではほとんどレビューが書かれておらず、確認できた口コミ・評判の件数は全20件と非常に少なかったです。

値段が高い

ヴェラスキャットフードの口コミ・評判を調査した結果、「値段が高い」というレビューを3件確認できました。

ヴェラスにはアメリカ産のプレミアムフードというだけあって、安全性に配慮して猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていませんし、人間でも食べられる高品質な原材料が使われています。

さらに、小麦グルテンフリーのレシピを採用していることもあり、100gあたりの値段は約286円と安くはありません。
(※1.81kgサイズの販売価格を参考にしています)

いくら品質のフードを愛猫に食べさせたいからといっても継続できなければ意味がないので、無理なく継続購入できる値段かどうかということも含めて購入を検討することをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
ヴェラスキャットフードの総合評価

ヴェラスキャットフードの良い口コミ・評判

ヴェラスキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「飼い主にも分かるくらいの変化があった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ヴェラスは良質な原材料そのものの香りで嗜好性が高められていることや、余計な人工添加物が使われていないグルテンフリーフードということが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(8件)
  • 原材料に安心感がある(4件)
  • 吐く回数が減った(2件)
  • 便の形・固さが変わった(2件)
  • 毛並み・毛艶が変わった(1件)

という結果になっています。

食いつきがいい

今回調査した口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

それに対して、食いつきの悪さを指摘するレビューが全く見つからなかったことを踏まえると、ヴェラスの嗜好性は一般的なドライキャットフードよりもワンランク上と捉えることができます。

ただし、ヴェラスはレビュー件数自体が少ないこともあり、食いつきに関わるレビューはほとんど当てにならない・・・・というのが率直な感想です。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の着色料や酸化防止剤が使われていますが、ヴェラスは安全性に配慮してそれらの人工添加物を一切使っていません。

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫の立場になって考えれば危険性のある着色料を使ってまで色味をつける意味はないです。

人工の酸化防止剤に関しては、天然由来の酸化防止剤よりも効果が強力というメリットがあるものの、長期的に食べさせ続けて何の影響も出ないという保証もないことから、安全性を最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは避けられがちな傾向があります。

吐く回数が減った

通販やSNSで口コミ・評判を調査していると、「ヴェラスに切り替えたら吐く回数が減った」というレビューも見つかりました。

ヴェラスは良質な肉原材料が主原料として使われているグルテンフリーフードなので、穀物が過剰に使われているフードから切り替えることで吐く回数が減る可能性はあります。

何故かと言うと、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化不良が苦手で、高炭水化物のフードは下痢・嘔吐といった消化不良の原因になるからです。

 

また、小麦グルテンにアレルギーのある猫も少なくありません。

もし穀物が過剰に使われているフードや、小麦グルテンが含まれているフードを与えている愛猫の消化不良が気になるようなら、ヴェラスのようなグルテンフリーフードをお試ししてみる価値はあるでしょう。

便の形・固さが変わった

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「ヴェラスに切り替えてからいい便が出るようになった」というレビューです。

便の形・固さが変わるのも、吐く回数が減る理由と同じです。

また、ヴェラスには繊維質も適度に含まれているので、愛猫の毎日のスッキリに配慮したいと考えている場合にもおすすめできます。

毛並み・毛艶が変わった

良い口コミ・評判の中には、「毛並み・毛艶が良くなった気がする」というレビューもありました。

この原因は毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が関係していると考えられますが、残念ながら成分表には2つの脂肪酸の含有量が掲載されていませんでした。

ちなみに、2つの脂肪酸の理想的なバランスは、【オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=5:1】と考えられているので、愛猫のフード選びの参考にしてみてください。

ヴェラスキャットフードの口コミ・評判まとめ

ヴェラスキャットフードの悪い口コミ・評判は、「そのほかのキャットフードと比べると値段が高い」といった内容のレビューを確認できました。

その一方で、ヴェラスキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「飼い主にも分かるくらいの変化があった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ヴェラスは良質な原材料そのものの香りで嗜好性が高められていることや、余計な人工添加物が使われていないグルテンフリーフードということが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • 吐く回数が減った
  • 便の形・固さが変わった
  • 毛並み・毛艶が変わった

Amazonで見る

楽天市場で見る

ヴェラスキャットフードの原材料の評価

チキン, 玄米, チキンオイル(ミックストコフェノール保存), ミレット, 乾燥卵, 全粒オーツ麦, ピープロテイン, メンヘーデンフィッシュ, 乾燥ビール酵母, 亜麻仁, 天然香料, メンヘーデンフィッシュオイル, 乾燥テンサイ, トマトポマス, 鶏肉, チコリエキス, タウリン, 乾燥クランベリー, ユッカ・シジケラエキス, ペディオコッカス菌, 塩, ビタミンEサプリメント, 炭酸カルシウム, ナイアシン サプリメント, 硝酸チアミン, ビオチン, ビタミンAサプリメント, ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6), リボフラミン サプリメント, D-パントテン酸カルシウム, ビタミンB12サプリメント, 葉酸, ビタミンD3サプリメント, エプソムソルト, 塩化カリウム, 亜鉛タンパク質, 鉄タンパク質, マンガンタンパク質, 銅タンパク質, 亜セレン酸ナトリウム, ヨウ素酸カルシウム

参照:ヴェラスキャットフード・ライフアドバンテージ[800g]|ヴェラスキャットフード

ここからは、ヴェラスキャットフードの原材料を評価していきます。

高品質な原材料が使われたグルテンフリーフード

ヴェラスには人間でも食べられる品質の原材料が使われているだけでなく、消化不良の原因になりやすい小麦グルテンが含まれていません。

玄米・オーツ麦といった穀物が含まれていることから、グルテンフリー(穀物不使用)フードではありませんが、玄米・オーツ麦は食物アレルギーの原因になりにくい原材料なので、食に敏感でお腹が弱い愛猫にも対応しやすいです。

また、小麦グルテンのほかにアレルギーの原因になりやすい大豆が使われていないことも見逃せません。

 

そして、主原料には良質な鶏肉が使われているので、猫にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

もちろん、猫にとって必要のない人工添加物は一切使われていませんし、人間目線ではなく猫目線で作られたキャットフードと捉えることができますね。

ヴェラスキャットフードの成分の評価

成分表
タンパク質 32.0%以上
脂質 20.0%以上
繊維質 3.0%以下
水分 10.0%以下
灰分 9.50%
カルシウム 2.0%以下
リン 1.5%以下
マグネシウム 0.10%以上
タウリン 0.15%以上
カロリー
(100gあたり)
約418.5kcal

原材料の次は、ヴェラスキャットフードの成分を評価していきます。

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ヴェラスのタンパク質は32%、脂質は20%、100gあたりのカロリーは418.5kcalと、適度にタンパク質を含みつつ高脂質、高カロリーなドライフードになっています。

こういった成分バランス上、運動量が多い活発な猫や食が細くてたくさんの量が食べられない猫用フードとしてぴったりです。

その逆に、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい猫用フードとしては向いていません。

ただ、カルシウム含有量に対してマグネシウム含有量が控えめに調整されていますし、給餌量さえ間違えなければ室内飼いで運動量が少ない猫用フードとしても問題なく与えることができます。

▼総合評価をチェックする
ヴェラスキャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
800g 2,420円
1.81kg 5,170円 6,270円 4,980円
5.44kg 11,000円 13,200円 10,800円
11.33kg 19,800円 21,780円 19,700円

公式サイトと楽天市場、Amazonでヴェラスキャットフードの販売価格を調査してみたところ、800gサイズは公式サイトでしか販売されておらず、1.81kg・5.44kg・11.33kgサイズはAmazonが最安値という結果になりました!

ヴェラスは取扱店が少ないプレミアムフードなので、ヴェラスを買うなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、送料無料となる販売店もありますからね。

ヴェラスキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4/5点
成分 4/5点
安全性 5/5点
食いつき 4/5点
コスパ 2/5点
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量 2,420円/800g
5,170円/1.81kg
11,000円/5.44kg
19,800円/11.33kg
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
正規総販売店 一般社団法人カーロ

当サイトのヴェラスキャットフードの総合評価はBランクです。

猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないだけでなく、高品質な原材料が使われたグルテンフリーフードというのは魅力的です。

ただ、完全室内飼いで運動量が少ない成猫用フードとしてはカロリーが高めなことや、決して安いとは言えない販売価格も総合評価に影響しています。

どれだけ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る

▼当サイトのおすすめキャットフード一覧を見る
キャットフードを徹底評価!おすすめの猫の餌を比較する【ねこらばっ!】