ワイルドレシピ(キトン チキン)と猫1

高品質な肉原材料を主原料に使いつつ、危険性のある原材料や穀物を使っていない高タンパクなグレインフリーフードの「ワイルドレシピ」。

今回はワイルドレシピを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を110件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、ワイルドレシピを愛猫とお試しした感想や、原材料と成分をもとにしながら総合的な評価をしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ワイルドレシピ(猫用)の悪い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食べない・食べなくなった 8件
大粒で食べづらそう 2件
皮膚の状態が悪くなった 1件
袋を小分けにして欲しい 1件
結石ができた 1件
成分バランスが悪い 1件
軟便(下痢)気味になった 1件
吐き戻しが増えた 1件

通販サイトやSNSで猫用ワイルドレシピの口コミを調査してみたところ、上記のような悪評が見つかりました。

順番に見ていきましょう。

食べない・食べなくなった

今回調査した110件の口コミのうち「食べない」、「食べなくなった」という悪評が8件ありました。

割合としては非常に少ないものの、一般的には人工の香料や調味料で味や香りを整えたフードの方が食いつきがいい傾向にあるため、愛猫がそういったフードを食べ慣れていると期待していたほど食いつきは良くないかもしれません。

こればかりは食べさせてみないことには分かりませんが、ワイルドレシピの成猫用フードは「チキン・白身魚・サーモン」といった3種類の風味を取り揃えているので、愛猫の好みに合わせて選びやすいのは強みと言えます。

大粒で食べづらそう

「ワイルドレシピは大粒で食べづらそう」、といった悪評もあり。

ただ、大粒で食べごたえがあるという口コミも見かけたので、大粒というのが一概に食べづらい要素というわけでもありません。

また、大粒のドライフードをよく噛んで食べることで歯垢除去に期待できますし、メインクーンやラグドールといった大型種なら食べづらいほどのサイズではないはずです。

 

逆にシンガプーラなどの小型種にお試してみようとしているなら、場合によっては粒を砕いたりふやかして与えないといけないかもしれません。

なお、子猫用に関しては小粒になっていますし、子猫用の口コミを見る限りでも食べにくいという悪評は見つからなかったので、固形物を食べ始めた子猫にも問題なく与えられるでしょう。

皮膚の状態が悪くなった

中には、「皮膚の状態が悪くなった」という悪評も。

原因として考えられるのは食物アレルギーです。

猫の食物アレルギーと言えば穀物を連想する方が多いですが、実際にはそのほかの原材料が原因になっていることも少なくありません。

 

例えば、鶏肉やサーモンといった肉原材料。

食物アレルギーは食べさせてみないことには分からないので、グレインフリーフードがダメなら今度は肉原材料が限定されたフードを・・・といったように、地道にアレルギーの原因を特定するしかありません。

袋を小分けにして欲しい

「袋を小分けにして欲しい」という悪評もあり。

2kgサイズは保存しやすいようにジッパーがついているものの、完全な真空状態で密封するのは難しいです。

とは言え、直射日光や高温多湿を避けて保存した上で、1ヶ月程度で使い切れるのならよほど心配はありません。

単頭飼いしていて別のフードとローテーションしているなら2kgサイズは多すぎるので、半分のペースで使い切れる1kgサイズを購入するといいでしょう。

結石ができた

ワイルドレシピに切り替えたことが直接的な原因になったのかは分かりませんが、「尿路結石になった」という悪評も見つかりました。

慢性的にマグネシウムを過剰摂取するとストルバイト結石が、カルシウムを過剰摂取するとシュウ酸カルシウム結石ができる原因になります。

そこで、ワイルドレシピのミネラルバランスを確認したかったのですが、残念ながらワイルドレシピの公式サイトやパッケージにはマグネシウム量しか掲載されていませんでした。

ただ、マグネシウム量は0.12%と下部尿路の健康維持に配慮したフードよりも多めなので、尿路結石のリスクに配慮してフードの切り替えを検討しているならワイルドレシピは避けた方がいいかもしれません。

成分バランスが悪い

「成分バランスが悪い」という悪評は、マグネシウム量に注目した方のレビューです。

下部尿路の健康維持に配慮したフードのマグネシウム量は0.06~0.09%くらいまで抑えられている商品が多いため、0.12%という数字を見ただけで悪い印象を持ったのでしょう。

なお、ワイルドレシピは全体的に高タンパク・高脂質・高カロリーな成分バランスになっているので、運動量が多い活発な猫向きの成分バランスと言えます。

軟便(下痢)気味になった

そのほかには、「軟便(下痢)気味になった」という悪評あり。

原因として考えられるのは、餌の急な切り替え食物アレルギーです。

急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、ワイルドレシピに慣れるまで一時的に便が緩くなる可能性があります。

 

また、食物アレルギーの場合は下痢や嘔吐といった消化不良に繋がります。

もしワイルドレシピで食物アレルギーを起こす場合には、肉原材料の種類が限定された商品を試してみてください。

吐き戻しが増えた

吐き戻しが増えてしまう原因も、餌の急な切り替えによる消化不良や食物アレルギーです。

餌の急な切り替えが原因か食物アレルギーが原因かをしっかりと判断するために、餌の切り替えには最低でも1週間はかけることをおすすめします。

おすすめなのは1日1割ずつ新しいフードの割合を増やしていく方法で、これならちょうど10日で餌の切り替えが完了します(^^)

▼ワイルドレシピの最安値をチェックする
最安値は?楽天・Amazonで値段を調査!

ワイルドレシピ(猫用)の良い口コミ・評判

口コミ内容 件数
食いつきがいい 72件
便の状態が良くなった 11件
安心できる原材料 5件
皮膚・被毛の状態が良くなった 3件
お手頃な価格 2件
吐き戻しが減った 1件

良い口コミに関しては「食いつきがいい」、「便の状態が良くなった」、「安心できる原材料」、「皮膚・被毛の状態が良くなった」、「お手頃な価格」、「吐き戻しが減った」という評判が見つかりました。

食いつきがいい

今回調査した口コミのうちの7割近くが、「食いつきがいい」という評判でした。

食いつきが悪いという悪評の件数との差は一目瞭然で、ワイルドレシピは良質な肉原材料そのものの香りで嗜好性が高められたフードと捉えていいでしょう。

愛猫が香料や調味料が使われていないフードを食べ慣れていない場合も、時間をかけてゆっくりと餌を切り替えれば気に入ってくれる可能性は高いと思います。

便の状態が良くなった

「ワイルドレシピに切り替えたら便の状態が良くなった」、という評判もあり。

小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫は少なくありませんし、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手なので、穀物が過剰に使われているフードを食べると下痢や嘔吐といった消化不良の原因になります。

こういった事情もあり、穀物が主原料のドライフードからワイルドレシピに切り替えてから便の状態が良くなったと実感する方が多いようです。

安心できる原材料

そのほかには、「ワイルドレシピには安心できる原材料が使われている」と評価する方も。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われていますが、ワイルドレシピには危険性のある人工添加物は使われていません。

また、肉類をはじめとした原材料にも厳しい品質基準が設けられていますし、穀物不使用のグレインフリーフードというのも強みですね。

皮膚・被毛の状態が良くなった

「ワイルドレシピに切り替えたら皮膚・被毛の状態が良くなった」、という評判も見つかりました!

この理由として考えられるのは、ワイルドレシピには皮膚・被毛の健康維持に関わるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がしっかりと含まれていること。

また、食物アレルギーが原因で皮膚炎を起こしていた愛猫のフードをワイルドレシピに変えた結果、症状がおさまった可能性も考えられますね。

お手頃な価格

中には、「お手頃な価格」という評判もあり。

市販の激安品に比べれば高額なワイルドレシピですが、そのほかのグレインフリーの商品と比較した場合、ワイルドレシピは決して高くはありません。

価格差があるのは肉原材料の割合に違いがあるためだと思われますが、品質と価格のバランスを重視したい方にとっては手に取りやすいフードと言えるでしょう。

吐き戻しが減った

ワイルドレシピに切り替えて吐き戻しが減るのも、便の状態が良くなる理由と同じです。

もし穀物が使われたフードを与えている愛猫の下痢や嘔吐が気になるようなら、ワイルドレシピのようなグレインフリーフードをお試ししてみる価値はありますよ。

▼ワイルドレシピの最安値をチェックする
最安値は?楽天・Amazonで値段を調査!

ワイルドレシピ(猫用)の種類

ワイルドレシピは年齢や嗜好性に合わせて原材料と成分バランスを調整したドライフードと、成猫向けに成分バランスが調整されたウェットフードを取り揃えています。

ドライフード

ワイルドレシピのドライフードは「キトン チキン」、「アダルト チキン」、「アダルト 白身魚」、「アダルト サーモン」、「エイジングケア チキン」の5種類です。

1歳未満の子猫にはキトン、1歳以上の成猫にはアダルト、7歳以上の中高齢~シニア猫にはエイジングケアを選んであげましょう。

キトン チキン

「キトン チキン」はたくさんの栄養が必要な子猫に配慮して、成猫用ドライフードよりも高タンパク質・高脂質・高カロリーになっています。

アダルト チキン

「アダルト チキン」は、子猫用に比べてややタンパク質とカロリーが控えめです。

成猫用フードの成分バランスはほとんど変わらないので、基本的には愛猫の食の好みに合わせて選べば問題ありません。

アダルト 白身魚

「アダルト 白身魚」はそのほかの成猫フードに比べて脂質が少しだけ控えめになっている分、繊維質が多めに配合されています。

そのため、長毛種の猫の毛玉ケアや毎日のスッキリに配慮したい場合に試してみるのもいいですね。

アダルト サーモン

成分表を見る限りでは、「アダルト サーモン」と「アダルト チキン」の成分値はほぼ同じです。

魚好きの愛猫には白身魚かサーモンを選ぶといいですが、全てのドライフードにチキンミール(鶏肉)が含まれており、鶏肉アレルギーには対応できない点には注意してください。

エイジングケア チキン

「エイジングケア チキン」は、7歳以上のシニア猫向けに成分バランスが調整された商品です。

シニア猫用と言っても体脂肪以外の筋肉や骨・血液などの重量の減少を防ぐためか、タンパク質が42%と非常に高くなっているのが特徴的です。

ウェットフード

  • サーモン(パテタイプ)
  • サーモン&トラウト入り(パテタイプ)
  • チキン&ビーフ(パテタイプ)
  • サーモン&トラウト入り(ざく切りタイプ)
  • チキン(ざく切りタイプ)
  • チキン&ビーフ(ざく切りタイプ)

猫用ワイルドレシピのウェットフードは全6種類で、どれも使い切りサイズ(37.5g×2食)のトレイタイプです。

形状はパテタイプとざく切りタイプの2種類で、愛猫の食感の好みに合わせて選べます。

また、ワイルドレシピのウェットフードは総合栄養食なので、トッピングやご褒美としてだけでなく口内トラブルや食欲不振でドライフードを食べられない時の代替品としても与えられますよ。

愛猫と一緒にワイルドレシピをお試し!

ワイルドレシピ(キトン チキン)の表面

愛猫のレイちゃんと一緒にワイルドレシピを実際にお試ししてみました!

レイちゃんはまだ1歳未満だったので、「キトン チキン」を購入することにしました。

ワイルドレシピはアメリカ産のキャットフードですが、原材料や成分、給餌量などの説明は日本語で書かれているので英語が苦手な私でも安心です(笑)

ワイルドレシピ(キトン チキン)の裏面

今回購入した2.0kgサイズはちょうど1ヶ月くらいで食べ切れるくらいの量で、保存がしやすいようにジッパーが付いているのも嬉しいポイントと言えます。

ワイルドレシピへの完全切り替え後の実食動画も撮影したので、食いつきの参考にしてみてください。

キトンの粒の大きさは6mmくらいの小粒サイズなので、まだ固形物を食べ慣れていない子猫にも食べやすそうです。

ワイルドレシピ(キトン チキン)の粒の大きさ

レイちゃんの食いつきも抜群で、品質と価格と嗜好性の全てのバランスが取れたコスパのいいフードと感じました!

▼ワイルドレシピの最安値をチェックする
最安値は?楽天・Amazonで値段を調査!

ワイルドレシピの原材料から安全性を評価

原材料一覧
チキン(肉)、チキンミール、エンドウタンパク、エンドウマメ、鶏脂*、タピオカ、ビートパルプ、ポテトタンパク、フィッシュミール、サーモンミール、アルファルファミール、タンパク加水分解物、亜麻仁、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)*ミックストコフェロールで保存

※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料、危険性のある原材料は赤色で記載

ここからは、ドライフードの「アダルトチキン」の原材料をもとに、猫用ワイルドレシピの原材料の安全性を徹底評価していきます!

穀物アレルギーに配慮されたグレインフリーフード

安全性を優先してガンやアレルギーの原因になる人工添加物が使われていないこと、高品質な原材料が使われていること、穀物が一切使われていないグレインフリーフードという3つの要素を満たしたワイルドレシピ。

動物性タンパク質が豊富に含まれたワイルドレシピは猫本来の食生活に近く、人間目線ではなく猫目線で作られた健康志向のフードと言えます。

ただ、使われている肉原材料の割合がはっきりと分からないこと、製造工程によっては発がん性物質を作り出す”たんぱく加水分解物”が使われていることが不安要素で、製造工程に関してはメーカーをどこまで信頼できるかという問題になってきます。

なお、”ミール”という原材料を見て人間用の食肉としては出回らない肉骨粉(副産物)を連想する方もいるかもしれませんが、厳しい品質基準をクリアした原材料が使われているので安心してください。

ワイルドレシピ(猫用)の成分の評価

成分表
タンパク質 40.0%以上
脂質 18.0%以上
粗繊維 4.0%以下
灰分 10.0%以下
水分 10.0%以下
ビタミンE 150IU/kg以上
タウリン 0.18%以上
オメガ6脂肪酸 3.0%以上
オメガ3脂肪酸 0.3%以上
マグネシウム 0.12%
カロリー
(100gあたり)
約380kcal

原材料の次は、ワイルドレシピの成分を評価していきます。
(※表はアダルトチキンの成分値です)

高タンパク質なキャットフード

ワイルドレシピのドライフードのタンパク質は40~42%以上と非常に高く、猫が健康な体を維持するために必要な動物性タンパク質がたっぷりと含まれています。

タンパク質が豊富で低炭水化物のフードは体脂肪が増えづらいので、引き締まった健康的な体づくりをサポートしてくれるでしょう。

なお、高タンパク質すぎるフードは腎臓の負担になるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、健康な猫であれば特にタンパク質を制限する必要はありません。

実際、エイジングケア チキンのタンパク質量は42%と、子猫用並に高くなっています。

高カロリー・高脂質で運動量が多い猫向け

ワイルドレシピのドライフードは100gあたりのカロリーが約380~390kcal、脂質が16~18%と高カロリー・高脂質になっているのも特徴の一つ。

育ち盛りの子猫や運動量が多い活発な猫には最適な成分バランスと言えますし、歳を取って食が細くなった老猫も少量で必要な栄養を摂り入れやすいです。

ただし、高カロリーなフードを欲しがるだけ与えれば肥満に繋がってしまうため、食欲旺盛でダイエットが必要な猫にワイルドレシピを与えるのはおすすめしません。

マグネシウム・リン・カルシウム量について

口コミの項目でも触れましたが、ワイルドレシピのドライフードのマグネシウム含有量は0.12%と掲載されているものの、リンとカルシウムの含有量は掲載されていません。

リンとカルシウム含有量が分からないことにはハッキリとしたことは言えませんが、マグネシウム含有量は下部尿路の健康維持に配慮した商品よりも多いです。

尿路結石ができにくいとされるミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」とされています。

そのため、愛猫の尿路結石のリスクに配慮してフードの切り替えを検討している場合は各ミネラル含有量がしっかりと掲載されており、ミネラルバランスの比率が「1:0.8:0.08」に近いフードを選んだ方が安心できるでしょう。

腎臓にトラブルのある猫向けフードではない

もしかしたら高カロリーなワイルドレシピを、腎臓にトラブルがあり食欲不振に陥った愛猫に与えようと考えている方もいるかもしれませんが、ワイルドレシピは健康な猫向けに作られた総合栄養食であって療法食ではありません。

ワイルドレシピは肉原材料をたっぷりと使って高タンパク質に仕上げられていますが、タンパク質が分解される時には窒素性老廃物という毒素が作り出されることから、腎臓病が進行した猫向け療法食はタンパク質が30%以内に制限されています。

 

また、腎臓機能が低下すると余分なリンが体外に排出されにくくなってしまい、身体に溜まったリンが腎臓を傷つけて腎臓病を悪化させてしまうという問題も。

ワイルドレシピはリン含有量が掲載されていませんが、肉原材料がたっぷりと使われたフードはどうしてもリン含有量が高くなってしまいます。

もし療法食の食いつきが悪くてワイルドレシピを混ぜ込んでみようと考えている場合にも、必ず事前にかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

▼ワイルドレシピの最安値をチェックする
最安値は?楽天・Amazonで値段を調査!

ワイルドレシピ・キャットフードの総合評価

ワイルドレシピ(キトン チキン)と猫2

項目 得点
原材料 ★★★★★
成分 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
食いつき ★★★★★
コスパ ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆
(4.2点)

ワイルドレシピは高品質な原材料が使われたグレインフリーフードということで、原材料の評価は満点としました。

ただ、成分の評価はミネラルバランスが分からないことから辛口に1点減点。

安全性の評価に関しても、”タンパク加水分解物”の製造工程が不明なことを考慮して1点減点しています。

 

食いつきの評価は、口コミの比率や愛猫とお試しした結果をもとに満点としました!

コスパの評価に関しては、100gあたり約138円という平均的な価格を踏まえて3点としています。

ワイルドレシピの給餌量について

体重 給餌量
1kg 25g
2kg 35g
3kg 45g
4kg 55g
5kg 65g
6kg 75g
7kg 85g
8kg 90g
9kg 100g
10kg 110g

「アダルト チキン」の給餌量は表の通りですが、実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってきます。

そのため、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

なお、子猫には「キトン チキン」を与えることをおすすめしますが、成長期の子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間は愛猫にあげる量にあまり神経質になりすぎずに欲しがるだけ食べさせて大丈夫です。

また、シニア期に差し掛かる前の愛猫に「アダルト チキン」を与える場合には、成猫の給餌量から1~2割減らしたくらいの量を目安にしてみてください。

最安値は?楽天・Amazonで値段を調査!

内容量 楽天 Amazon
400g 697円 1,011円
1kg 1,435円 2,082円
2kg 2,759円 3,428円

楽天市場とAmazonで「アダルト チキン」の販売価格を調査してみたところ、500gサイズも1kgサイズも2kgサイズも楽天市場が最安値という結果になりました!

ペットショップやホームセンターでも取り扱っている店鋪は増えてきましたが、店頭では定価で販売されていることが多いですし、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もあるので、ワイルドレシピを購入するなら通販サイトで注文するのがおすすめです。

通販ならわざわざ重い袋を運ぶ手間も省けますしね。

 

グレインフリーフードの中ではお手頃な価格のワイルドレシピ。

「愛猫に品質と価格のバランスが取れたコスパのいいフードを与えたい」と考えているなら、ぜひお試ししてみてください。

Amazonで見る

楽天市場で見る