ペット先進国ドイツのプレミアムキャットフード「WILDCAT(ワイルドキャット)」。

今回はワイルドキャットを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を40件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けてまとめてみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ワイルドキャット(猫用)の悪い口コミ・評判

ワイルドキャットの悪い口コミ・評判は「期待していたほど食いつきがよくない」、「市販の国産フードと比べてめちゃくちゃ高い」といったレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ワイルドキャットには人工の香料や調味料が使われておらず、天然由来の原材料の香りで風味が整えられていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食べない・食べなくなった(11件)
  • 値段が高い(2件)

という結果になっています。

食べない・食べなくなった

悪い口コミで一番多かったのは「食べない」、「食べなくなった」といった食いつきの悪さを指摘する悪評です。

一般的には人工の香料や調味料で風味を整えているフードの方が嗜好性が高い傾向にあるため、ワイルドキャットのように天然の原材料そのものの香りで風味を整えているフードを食べ慣れていない猫の場合、餌の切り替えに苦労するかもしれません。

ただ、ワイルドキャットからは主原料が違う6種類のドライフードが販売されており、愛猫の食の好みに合わせやすいのはメリットと言えます。

値段が高い

そのほかには、「ワイルドキャットは値段が高い」といった内容の悪評も見つかりました。

ワイルドキャットは肉原材料が贅沢に使われたグレインフリー(穀物不使用)フードということもあり、100gあたりの値段は約360円と安くはありません。

いくら品質のいいフードを愛猫に与えたいからといって継続できなければあまり意味がないので、現実的に継続購入できるかどうかという点まで考慮して購入を検討することをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「ワイルドキャット」の総合評価

ワイルドキャット(猫用)の良い口コミ・評判

ワイルドキャットの良い口コミ・評判は「美味しそうにガツガツ食べてくれる」、「安心して愛猫に食べさせられる」といったレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ワイルドキャットには人間でも食べられる高品質な肉原材料が贅沢に使われていることや、安全性に配慮して余計な人工添加物が一切使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数に関しては、

  • 食いつきがいい(20件)
  • 原材料に安心感がある(7件)

という結果になっています。

食いつきがいい

今回調査した口コミの中で一番多かったのは、食いつきのよさを評価する口コミでした。

とは言え、食いつきの悪さを指摘する悪評が11件、食いつきのよさを評価する口コミが20件という比率を踏まえると、ワイルドキャットは一般的なキャットフードよりも嗜好性が低めという印象を受けます。

ワイルドキャットからは馬肉が主原料のバドラ、ウサギ肉が主原料のカルーといった癖の強い風味も販売されているので、はじめは魚が主原料のアンドラや鶏肉が主原料のエトーシャあたりからお試しした方が無難かもしれません。

原材料に安心感がある

「ワイルドキャットは原材料に安心感がある」、といった内容の口コミも確認できました。

一部のキャットフードにはガンやアレルギーの原因になる人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、ワイルドキャットは安全性を優先してそれらの人工添加物を一切使っていません。

人工の酸化防止剤は天然由来のものより効果が強力というメリットがあるものの、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫目線で考えれば危険性のある着色料を使ってまで色味を付ける意味がないです。

猫の体に負担を与える人工添加物が使われていないワイルドキャットは、人間の立場ではなく猫の立場になって作られたナチュラルフードと捉えることができますね。

ワイルドキャット(猫用)の口コミ・評判まとめ

ワイルドキャットの悪い口コミ・評判は「期待していたほど食いつきがよくない」、「市販の国産フードと比べてめちゃくちゃ高い」といったレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ワイルドキャットの良い口コミ・評判は「美味しそうにガツガツ食べてくれる」、「安心して愛猫に食べさせられる」といったレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ワイルドキャットには人間でも食べられる高品質な肉原材料が贅沢に使われていることや、安全性に配慮して余計な人工添加物が一切使われていないことが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食べない・食べなくなった
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある

Amazonで見る

楽天市場で見る

キャットフード「ワイルドキャット」の種類

ワイルドキャットからは6種類のドライフードが販売されており、どの商品も成猫向けに成分バランスが調整された総合栄養食です。

また、肉原材料の割合が多いこともあってか全体的に高タンパク・高カロリーな商品が多く、中にはタンパク質量が40%を超える商品もあります。

アンドラ

アンドラは魚が主原料のグレインフリーフードでタンパク質は40%、脂質は20%、100gあたりのカロリーは約398kcalと、高タンパク・高脂質・高カロリーな成分バランスになっています。

アンドラには魚以外の肉原材料が使われていないため、穀物だけでなく鶏肉や牛肉といった特定の肉原材料にアレルギーのある猫にも対応できます。

バドラ

バドラは馬肉が主原料のグレインフリーフードでタンパク質は32%、脂質は15.5%、100gあたりのカロリーは約371kcalと、ワイルドキャットの中ではヘルシーな成分バランスになっています。

こういった成分バランス上、室内飼いで運動量が少ない猫におすすめです。

チーター

チーターは鹿肉が主原料のグレインフリーフードでタンパク質は47%、脂質は18%、100gあたりのカロリーは約395kcalと、非常に高タンパクなドライフードとなっています。

高タンパクで低炭水化物のフードは消化吸収率が高いので、お腹が弱い愛猫にも与えやすいです。

エトーシャ

エトーシャは鶏肉が主原料のグレインフリーフードでタンパク質は53%、脂質は24%、100gあたりのカロリーは約430kcalとなっています。

ワイルドキャットの中で最も高タンパク・高脂質・高カロリーなエトーシャは、食が細くてお腹が弱い成猫や運動量が多い活発な成猫向けの成分バランスと言えますね。

カルー

カルーはウサギ肉が主原料のグレインフリーでタンパク質は43%、脂質は18%、100gあたりのカロリーは約390kcalと、チーターに近い成分バランスになっています。

ラニ

ラニはキジ肉が主原料に使われたグレインフリーフードでタンパク質は31%、脂質は15.5%、100gあたりのカロリーは約375kcalと、パドラに近い成分バランスです。

そのため、運動量が少ない愛猫には食の好みに合わせてバドラ、ラニのどちらかを選んであげるといいでしょう。

ワイルドキャット(猫用)の原材料の評価

原材料一覧
馬肉29.5%、乾燥馬肉25.5%、サツマイモ22%、カボチャ、馬脂肪7%、ミネラル類、チキンストック1%、フェンネル、パースニップ、キクイモ、イヌハッカ、ホウレン草、ブラックベリー、ラズベリー、ブルーベリー、黒スグリ、エルダーベリー、チョークベリー、亜麻仁、マンナンオリゴ糖(プレバイオティクス)、フラクトオリゴ糖(プレバイオティクス)、パセリ、タイム、オレガノ、マジョラム、セージ、ビート根、イラクサ、サンザシ、高麗人参、タンポポ

ここからは、ワイルドキャットのバドラの原材料を評価していきます!

肉原材料が贅沢に使われたグレインフリーフード

危険性のある人工添加物が使われていないこと、厳選した高品質な原材料が使われていること、穀物が一切使われていないグレインフリーフードという3つの要素を満たしたワイルドキャット。

また、バドラは肉原材料の種類が馬肉だけに限定されているため、魚アレルギーや鶏肉アレルギーの猫にも対応できます。

それと、グレインフリーフードの中には肉原材料の割合が掲載されておらず、イモ類や豆類を使ってかさ増ししている商品もありますが、ワイルドキャットは肉原材料の割合が明記されているので安心感がありますね。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「ワイルドキャット」の総合評価

ワイルドキャット(猫用)の成分の評価

成分表
粗タンパク質 32%以上
粗脂質 15.5%以上
粗繊維 2%以下
粗灰分 13.5%以下
水分 7%以下
ナトリウム 0.64%
カルシウム 2.86%
リン 1.77%
マグネシウム 0.1%
カロリー
(100gあたり)
371.5kcal

原材料の次は、ワイルドキャット(バドラ)の成分を評価していきます。

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

種類の項目でも触れた通り、バドラのタンパク質は32%、脂質は15.5%、100gあたりのカロリーは約371kcalと、運動量が控えめで消費カロリーが少ない室内飼いの猫向けの成分バランスになっています。

運動量が多くて活発な猫や、食が細くてたくさんの量を食べられない猫にはバドラよりも高タンパク・高脂質・高カロリーなチーターやエトーシャ、カルーやアンドラを選んであげるといいでしょう。

マグネシウム・リン・カルシウム含有量

バドラのマグネシウム含有量は0.1%、リン含有量は1.77%、カルシウム含有量は2.86%と、一般的な総合栄養食のドライフードに比べてリンとカルシウムの含有量がかなり多くなっています。

これはバドラに限った話ではなく、ワイルドキャットのキャットフードは全体的にリンとカルシウムの含有量が多いです。

なお、尿路結石ができにくいミネラルバランスは「カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08」と考えられています。

それに対して、バドラのミネラルバランスは「1:0.6:0.03」と、カルシウムに対してマグネシウムの割合がかなり少ないのが気になるところです。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
500g 1,800円

公式サイトと楽天市場、Amazonでワイルドキャットの価格を調査してみたところ、公式サイトでは販売されておらず、楽天もAmazonも同じ価格で販売されていました。
(※公式サイトには定価だけが掲載されており、公式サイトで直接購入することはできません)

ワイルドキャットは取扱店が少ないプレミアムフードなので、ワイルドキャットを買うなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、送料無料となる販売店もありますからね。

キャットフード「ワイルドキャット」の総合評価

項目 詳細
原材料 5/5点
成分 4/5点
安全性 5/5点
食いつき 2/5点
コスパ 1/5点
総合評価 Cランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 1,800円/500g
対応年齢 成猫用
原産国 ドイツ
販売会社 株式会社フロントベル

当サイトのワイルドキャットの総合評価はCランクです。

高品質な肉原材料が贅沢に使われているグレインフリーフードということに加えて、猫にとって必要のない人工添加物が一切使われていないのは大きな魅力と言えます。

ただ、100gあたりの価格が約360円とかなり高く、食いつきの悪さを指摘するレビューが目立ったのが気になるところです。

とは言え、愛猫の好みではない風味を選んでしまった可能性もありますし、【品質を最優先に考えて愛猫のフードを選びたい】と考えているならおすすめできるドライフードです。

Amazonで見る

楽天市場で見る